相模原 藤野芸術の家 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

藤野芸術の家

神奈川県相模原市、相模湖から近い山中に建つ施設です。芸術棟、宿泊棟、レストラン、野外スペースがあり、工房でアート体験が出来ます。バリアフリー仕様ですが、傾斜地にあるので、施設内には段差があります。車椅子で利用する際に、知っていると役立つ現地の状況を紹介します。

〇アクセスは車が便利

アップダウンがある山中にあり、徒歩圏に駅はなく、バスの運行本数は少ないので、アクセスは車が便利です。相模湖ICからは、渋滞がなければ10分ほどの距離です。

観光地である相模湖に近い場所ですが、藤野芸術の家に近づくと、一部狭い山岳道路を通行します。逆方向の津久井湖方面からアクセスすると、本格的に狭い山岳道路の区間を通行します。気を付けて運転してアクセスしてください。

 

〇駐車場の状況

約70台を収容する舗装された無料駐車場があり、障害者用駐車区画は屋根なしで2台分用意されています。

藤野芸術の家

そこからほぼフラットな舗装区間を通行して芸術棟のエントランスに向かうことができます。出入口は自動ドアです。

野外スペースを利用する場合は、そこにある駐車場の利用が便利です。

藤野芸術の家

芸術棟を正面からみて、右側の道が野外スペース駐車場に通じる車道です。

藤野芸術の家

〇芸術棟のバリアフリー状況

半円形の自動ドアです。車椅子で問題なく通過できます。

藤野芸術の家

中に入ると広いロビー空間があります。右手が受付及び事務所スペースです。

藤野芸術の家

シンボルツリーなのか、吹き抜けの天井までとどきそうな巨木が迎えてくれます。

藤野芸術の家

事務所の横に、車椅子で利用できるバリアフリー施設であることが、掲示されています。

藤野芸術の家

エントランスがあるのは、芸術棟の最上階3Fです。奥に進む通路は音のプロムナードで、人感センサーで通行人を認識すると、様々な音が鳴ります。

藤野芸術の家

3Fの奥には音楽スタジオなどがあり、また演奏ができるイベントスペースもあります。障がい者施設のレクリエーションにも、利用されています。

藤野芸術の家

芸術棟には1基エレベーターがあります。車椅子ではこれを利用して、2Fのクリエーションホール、1Fの工房にアクセスします。どちらも構造的には車椅子で利用できます。体験プログラム及びイベントなどに車椅子で参加できるかは、その人の障がいの状況や企画次第です。個別に確認して利用してください。

藤野芸術の家

1Fから野外ステージへのルートは、未舗装段差路で車椅子では移動できません。

バリアフリートイレは3Fと1Fにあります。写真は3Fのトイレ。今回取材時の状況では、懐かしい形状の便器が備えられていました。ウォシュレットはありません。ユニバーサルベッドもありません。

藤野芸術の家

〇宿泊棟の概要

障がい者施設の宿泊にも利用される施設です。和室と洋室あわせて17室あり、最大で100名宿泊可能です。3Fから5Fまでの3フロア構造で、バリアフリートイレは3Fに用意されています。利用者の障がいの状況次第ですが、手頃な価格で施設の外泊イベントに利用できる可能性がある宿泊施設です。

藤野芸術の家

〇レストランの状況

駐車場がある高さはレストランの2Fで、食事をするスペースはその下の1Fです。

一般ルートは、駐車場から屋外階段路を下りて、レストランのエントランスに向かいます。階段の下がレストランのエントランスです。

藤野芸術の家

車椅子の場合、芸術棟または宿泊棟のエレベーターを利用して、1Fに下ります。芸術棟からのアクセスルートは、手動ドアを通過して外に出ます。このドアは狭く、ドアの下には小さな段差があるので、車椅子での通過はやや苦戦します。

レストラン内の席は可動式のテーブル席が中心です。車椅子での利用が可能です。

 

傾斜地に建つ施設なので、初めての車椅子での利用では、上下階の移動方法がポイントです。またレストランのアクセスルートも、わかり難いかもしれません。藤野芸術の家は、基本的にはバリアフリー施設です。スタッフに移動ルートを確認して利用してください。

(本稿は2021年4月に執筆しました)