江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都墨田区両国「江戸東京博物館」の特別展「江戸ものづくり列伝」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

会期は2020年2月8日から4月5日までです。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○江戸博のバリアフリー状況

JRまたは地下鉄両国駅から江戸博エントランスまでは、車椅子で2~3分の距離です。

来館者用の駐車場があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。駐車場は屋根の下なので雨天でも濡れずに利用できます。

会場は1Fの特別展示室です。エントランスから展示室入口まで、段差のないフラットなルートです。

1Fには障害者用トイレが2つあり、内1つにオストメイトとウォシュレットが付いています。ユニバーサルベッドはありません。

特別展「江戸ものづくり列伝」の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者2名までが無料に減免されます。特別展示室入口受付で手帳を提示して減免措置を受けます。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○音声ガイド券のプレゼント

スポンサー企業の提供で、1日先着10名に限り、各種障害者手帳を持っている人とその介助者1名まで、無料で音声ガイドを借りることができます。

受付で「音声ガイド券」をいただき、すぐ横の貸し出しコーナーに提示して音声ガイド機を借ります。

音声ガイドのナビゲーターは「神田松之丞」氏で、講談が聞けるボーナストラックがあります。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○車椅子で鑑賞できる展示方法

展示は6パートの構成です。展示物は絵画、工芸品、小物、実用品など多彩ですが、車椅子からの目線で決定的に見えない展示品はありません。車椅子目線で真横の高さに展示されている小さい展示品はあります。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

会場内の移動スペースは余裕があり、多少の混雑程度なら車椅子で困ることはありません。鑑賞動線は、途中で逆走するなど非合理的なルート設定はありません。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド 

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○江戸職人の再認識

明治初期に世界一周の旅をして日本を訪れたヨーロッパ貴族「バルディ伯爵」の紹介と、「ベニス東洋美術館」所蔵の氏のコレクション展示から始まります。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

第三章から第六章までは、5人の名工の作品を中心に展示されます。5人とも知る人ぞ知る名工。江戸博の所蔵品を中心に、みごとな「ものづくり」を鑑賞できます。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

この世界に詳しい人でない限り、伯爵のコレクションをはじめ、ほとんどの展示品は初見の名品だと思われます。

江戸東京博物館「江戸ものづくり列伝」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

あまり知られていない「ものづくり」の世界を車椅子で観覧できます。「江戸ものづくり列伝」は、江戸博らしい面白い企画です。