東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

東京都港区白金台「東京都庭園美術館」の企画展「ルネ・ラリック」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

本展は2020年2月1日から4月7日の開催です。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○障害者減免制度の変更点

東京都庭園美術館は、観覧料の障害者減免制度があります。本展より、障害者本人と介助者2名までが無料に減免されるようになりました。

敷地内に来園者用の有料駐車場があります。駐車場も障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。庭園入口のスタッフに障害者手帳を提示して、誘導に従い園内に車を進めます。

2020年2月現在で、HPには「障害者の利用は事前に連絡してください」という案内が掲載されていますが、今回確認したところ事前連絡は不要で直接来園して構わないそうです。

制度内容は今後も変更される可能性があるので、最新情報を確認して利用して下さい。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

○美術館内のバリアフリー状況

庭園と旧朝香宮邸そして新館で構成される美術館です。

企画展「ルネ・ラリック」は、旧朝香宮邸と新館の館内で開催されています。

館内への出入口は旧朝香宮邸の正面玄関です。ここには段差があるので、スタッフが用意してくれる簡易スロープを2本通り、館内に入ります。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

旧朝香宮邸は一部3フロア構造で、1Fと2Fを結ぶ外付けのエレベーターがあります。ただし2F内に段差があり、ここも簡易スロープを通ります。

屋上階3F「ウインターガーデン」は「ルネ・ラリック」では非公開です。公開されている時でも、階段のみで車椅子では上ることはできません。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

旧朝香宮邸内の各部屋の出入口は、小さな段差があります。近年段差箇所にカーペットを敷くなど細かい改修が行われて、以前よりは車椅子への衝撃が少なくなりました。それでも完全なフラット構造ではなく、部屋によってはそれなりの段差が残っています。特に2F「北の間」の出入箇所は段差があります。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

新館はバリアフリー仕様、車椅子で問題なく利用できます。

障害者用トイレは旧朝香宮邸1Fと新館に用意されています。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」車椅子観覧ガイド 

○旧朝香宮邸でアール・デコを楽しむ

アール・デコの館、旧朝香宮邸内に、アール・デコの代表作家ルネ・ラリックの作品が展示される企画展です。これ以上はない環境での展示です。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

展示される作品の多くは諏訪の「北澤美術館」の所蔵品で、東京都庭園美術館の秘蔵品も展示されます。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

テーブルウエア、香水瓶、カーマスコット、花瓶、ランプなど、展示作品のジャンルは多彩。その作品に合った部屋での演出がある展示です。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

一部の小型展示品は、車椅子からの目線では真横から鑑賞する高さになります。それでも車椅子から見難い、気になる展示はありませんでした。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

新館では作品の展示と、ルネ・ラリックに関するガイドビデオのリピート上映があります。

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

東京都庭園美術館「ルネ・ラリック」

「ルネ・ラリック」は東京都庭園美術館に相応しい企画展です。途中で簡易スロープを通りますが、車椅子で鑑賞出来ます。