茅ヶ崎市美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

茅ヶ崎市美術館

神奈川県茅ケ崎市の美術館です。開館は1998年。小高い丘の上に建つ施設で、エントランスまでのアプローチは長い傾斜路です。車椅子でのアクセス方法を中心に、現地のバリアフリー状況を紹介します。

茅ヶ崎市美術館

○一般的なアクセスルート

茅ヶ崎駅から徒歩8分の案内です。高砂通りを進みます。この区間は、ほとんどアップダウンはありません。

茅ヶ崎市美術館

市立図書館を過ぎ、「高砂緑地」から美術館に向かうのが一般的なルートです。

茅ヶ崎市美術館

「高砂緑地」から美術館エントランスまで、約70mの蛇行傾斜路を通行します。

茅ヶ崎市美術館

この道の傾斜はそれほど強くはありません。元気な車椅子利用者と介助者なら、無理なく通行できる坂道です。したがって車椅子でも、坂道が苦手でなければ、一般的なアクセスルートが利用可能です。

茅ヶ崎市美術館

○通用口が車椅子専用入口

70mの蛇行傾斜路が苦手な人のために、車椅子専用入口が用意されています。美術館の入口をイメージすると迷います。「市立図書館」の入口から図書館の敷地に入ります。

茅ヶ崎市美術館

そのまま「関係者以外立入禁止」の先に進みます。

茅ヶ崎市美術館

突き当りが美術館の通用口です。

茅ヶ崎市美術館

車利用の場合、この付近に車を駐車することができます。

茅ヶ崎市美術館

ドアの左手にあるインターフォンで、車椅子での来場を伝えてください。スタッフが来て、誘導していただけます。ここから入ると美術館のB1です。

茅ヶ崎市美術館

○駐車場の状況

車利用の場合、車椅子専用入口を利用する場合は、車で美術館通用口の前まで進んでください。スタッフの誘導に従って、その付近に車を駐車することができます。予約は不要です。

一般来館者用の無料駐車場が高砂緑地入口の横にあります。一般的なアクセスルートを利用する場合は、ここに駐車します。身障者用駐車区画が1台分用意されています。収容台数は少ない駐車場で、満車の場合は利用できません。

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館

○館内のバリアフリー状況

一般ルートで正面入口から入った場合を想定して、館内の状況を紹介します。通用口から入館した場合は、スタッフの誘導に従ってください。

1F正面入口は自動ドアです。エントランス周辺には車椅子で気になる段差はありません。

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館

美術館はB1から2Fの3フロア構造です。

茅ヶ崎市美術館

エレベーターは1基、サイズは大型です。

茅ヶ崎市美術館

バリアフリートイレは1Fにあります。スペースは一般的で、設備はシンプルなトイレでした。

茅ヶ崎市美術館

1Fの受付で入館手続きを行います。茅ヶ崎市美術館の観覧料は障害者減免制度があり、本人と介助者が無料に減免されます。2020年度より、介助者2名までが無料になったそうです。受付で障害者手帳を提示して、無料鑑賞券を発行していただきます。

茅ヶ崎市美術館

一般見学者の上下階移動は階段利用がメインです。

茅ヶ崎市美術館

展示室は1Fに1室、B1に2室あります。いずれもフラットな構造の展示室です。

茅ヶ崎市美術館

2Fには「美術館カフェ」があります。店内はフラットでテーブル席。車椅子での利用は可能です。

茅ヶ崎市美術館

○退館ルート

一般ルート利用の場合は1Fから出て、スロープ路を下ります。

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館

通用口から出る場合は、B1でスタッフに声をかけて誘導を受けてください。

茅ヶ崎市美術館は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。

(本稿は2020年11月に執筆しました)