車椅子で行く川越~観光名所のバリアフリー情報

観光客に人気の街「川越」。主な観光スポットのバリアフリー状況を紹介します。

 

「川越蔵造りの町並み」

○好天の週末は大混雑

「仲町」の交差点から「時の鐘」付近までのメインストリートがもっとも混雑します。歩道はバリアフリーに整備されていますが、車道との境界はフラットなので、人ごみで車椅子が車道に押し出されないように注意が必要です。大混雑時にこの区間のお店を車椅子で利用するのは困難です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○食べ歩きは一本裏道がお薦め

「中央通り」の一本東側の一方通行の裏道から「大正浪漫夢通り」にかけても、お店があります。この付近は車の通行は少なく、混雑時もそれほどの混乱はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○菓子屋横丁の路面はデコボコあり

「菓子屋横丁」は車の通行がないので、大混雑時でも車椅子で安全に散策できます。しかし横丁の路面はデコボコがある舗装で、車椅子に衝撃がきます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○まつり会館横の新公衆トイレがお薦め

大きくて清潔な公衆トイレが「菓子屋横丁」の近く、「川越まつり会館」の横にあります。旧トイレ棟と新トイレ棟があり、両方に障害者用トイレが併設されています。また新トイレ棟には休憩スペースが併設されています。

「川越まつり会館」の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ただし、完全なバリアフリー施設ではありません。

 

 

「喜多院」

○参道はバリフリー改修済み

「喜多院」表参道はバリアフリーですが、境内はほとんどが未舗装です。それでも固い路面なので、車椅子での通行は出来ないことはありません。

障害者用駐車区画は駐車場の奥、寺院への出入口付近に3台分用意されています。駐車料金の障害者減免はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○本堂階段脇にスロープ

本堂は階段の上。車椅子用の簡易スロープが架けられていますが、車椅子での利用は難しいスロープです。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○五百羅漢は路面がデコボコ

五百羅漢の参拝は有料。路面がゴツゴツしているので、車椅子での鑑賞は快適ではありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用トイレ有り

境内には公衆トイレ棟があり、障害者用が併設されています。内部の設備は新しく、ウォシュレット付きです。

 

 

「成田山川越別院」

「別院」は境内まではフラットな舗装路ですが、本堂へは階段でスロープ無し。車椅子での参拝は困難です。

 

川越~観光名所のバリアフリー情報

「川越城本丸御殿」

段差があり、下足を脱いで見学する復元施設です。車椅子で見学する場合は、スタッフに連絡して昇降機の用意をしていただきます。

 

「川越市立美術館」

○バリアフリー美術館

2002年の開館。障害者手帳の提示で、入館料は本人と介助者1名が無料に減免されます。

B1から2Fまでの3フロア構造でエレベーターは一基。メインの展示室はB1。1Fは受付と「相原求一朗記念室」「市民ギャラリー」そして「タッチアートコーナー」。2Fは多目的ホール。各階に障害者用トイレが配備されています。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用駐車スペースは美術館の横

川越城二の丸跡に建設された市立美術館で、隣接して市立博物館もあります。両施設共通の障害者用駐車スペースが美術館の横にあり、無料で利用できます。

美術館から博物館に向かうルートは、車椅子に衝撃がくる石畳風の路面です。

 

 

「川越市立博物館」

○館内全域バリアフリー

1990年に開館した博物館ですが、ほとんど段差のない設計です。一か所だけ段差のある展示物がありますが、スロープが設置されています。

障害者用トイレは1カ所。障害者手帳の提示で本人と介助者1名は入館料が無料に減免されます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○川越を学ぶ博物館

博物館では縄文・古墳時代の川越の様子から展示があります。以下概略を紹介します。

平安時代に荘園として発展し、その支配者が「河越(かわごえ)氏」。

次に上杉一族が支配。太田道灌に命じて川越城を築城。鎌倉時代後期に後北条氏に支配が移り、さらに小田原攻めで豊臣秀吉のものに。

そして徳川幕府になってからは、江戸の北の守りとして重視され、有力譜代の大名が藩主を歴任。川越藩からは老中が8人も排出しています。同時の経済の要所としても発展。水運も整備され“小江戸”として繁栄しました。

“蔵の町”として名高い川越は、江戸時代に何度も火災の被害に合い、防火対策として建築費用が高くつくにも関わらず、蔵の建設が盛んになりました。川越で培われた、蔵の建設技術の様子が「民族」の展示コーナーでは紹介されています。

そして「川越まつり」のこと。これらを学べる博物館です。

 

 

「ヤオコー川越美術館」

○小さいながらもスタイリッシュ

川越氷川神社の近くにある美術館で正式名称は「ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館」。画家の三栖右嗣氏の作品を展示する、2012年開館の新しい美術館です。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

設計は建築家の伊東豊雄氏。建設候補地の選定から、伊東氏は積極的に関わったそうです。ワンフロア構造の小さな美術館で、館内はバリアフリー。障害者用トイレはあります。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○ゴツゴツした路面のアプローチ

美術館前には5~6台分の駐車スペースがあり、障害者用駐車スペースも設置されています。

車椅子での通行は可能ですが、エントランスへのアプローチの路面が少しゴツゴツしています。また駐車場からエントランスまでは庇はありません。

 

 

「あぐれっしゅ川越」

○JA系産直ショップ

川越市内観光用の無料駐車場に隣接した、「JAいるま野」の直営ショップです。敷地面積が約900坪。店舗面積は300坪超。店舗屋上には、太陽光発電設備を設置しています。ここから「時の鐘」までは約1kmの距離です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○通路幅が広い店内

2010年に開業したワイド通路でフラットな売り場、店舗の裏側に障害者用トイレを完備した、バリアフリーショップです。

「サツマイモ」他の地場産商品がとても多いショップ。川越の「おかし横丁」さながらの、昔懐かしいお菓子の品揃えも充実。お茶ブランドの「狭山」は隣町なので、お茶の品揃えも豊富です。

 

 

車椅子での川越観光の最大の問題は混雑です。周辺道路の渋滞も深刻です。混雑を前提にした、無理のない行動計画が必要です。