道の駅いたこ 車椅子からみたバリアフリー情報

茨城県潮来市の「道の駅いたこ」は、2017年に産直ショップを新築、2019年は重点道の駅に選定された人気施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

○産直ショップは2.6倍に

2002年に開業した「道の駅いたこ」。2017年に「新鮮市場伊太郎」を新築。旧来の産直ショップに比べて売り場面積は2.6倍になりました。出入口のドアは幅広の自動ドアが2カ所。店内の通路幅は広くなり、バリアフリー面は大幅に改善されました。

道の駅いたこ

○グラスハウスはリフォーム物件

2018年には休憩コーナーとして「グラスハウス」をリニューアルオープン。温室をリフォームした物件で、出入口は手動の横開き扉です。暑さ寒さをしのげる、フリーテーブルがある屋内休憩施設です。

道の駅いたこ

道の駅いたこ

○障害者用駐車区画は屋根付き

障害者用駐車区画は3台分。内2台分は屋根付きの区画です。段差解消スロープを通り、施設内へ向かいます。

道の駅いたこ

○障害者用トイレは男女別

トイレは独立トイレ棟だけで、屋内トイレはありません。障害者用トイレは男女別トイレの入口付近にそれぞれあります。男女別トイレ内に一歩入った場所にあるので、異性介護での利用は難しい構造です。

 

○物産館は「うるおい館」

土産品やテイクアウトコーナーがある物産館「うるおい館」は、大きな改修は行われていません。車椅子での利用に決定的な問題はありませんが、食事処「おふくろ亭」寄りの出入口は手動ドアです。

道の駅いたこ道の駅いたこ○情報棟は変りなく

観光情報などを紹介する「情報棟」も改修は行われていません。それでも車椅子の利用は可能です。道の駅いたこ

○裏手はグランドゴルフ場

「新鮮市場伊太郎」の裏手には40ホールのグランドゴルフ場があります。

道の駅いたこ

○平成30年度重点道の駅に選定

2019年1月に、国土交通省が「平成30年度重点道の駅」に選定しました。選ばれたのは全国で15の道の駅。今後の発展が期待されます。

道の駅いたこ

 

「道の駅いたこ」は産直ショップが新築されてバリアフリーレベルが上がり、車椅子で買い物がしやすい施設に進化しています。

 

 

車椅子で利用する かんぽの宿潮来 バリアフリー情報

茨城県潮来市の「かんぽの宿潮来」は、バリアフリー客室があり、車椅子でレストランの利用が出来るホテルです。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年2月の取材に基づいています。

○北浦を臨む高台のホテル

水郷潮来周辺では、車椅子で利用しやすい施設の一つです。アクセスは車が便利。北浦を臨む高台に建つホテルで、広々した駐車場があります。エントランス近くに障害者用駐車区画が2台分。屋根無し駐車区画ですが、フラットにホテル入口まで行くことができます。

かんぽの宿潮来

○1Fはバリアフリー

バリアフリー改修が進んでいるホテルです。1Fはフロントとロビー、そしてレストランや宴会場があるフロア。ロビーから北浦の雄大な眺めを楽しめます。フラットな構造で、車椅子で利用しやすいフロア。障害者用トイレがあります。

かんぽの宿潮来

かんぽの宿潮来

○レストランは車椅子可

レストランは改装されて、とても綺麗です。床面はフラットでテーブル席。車椅子での利用は可能です。

宿泊時の利用だけではなく、ランチタイムの日帰り利用が出来ます。北浦周辺では、車椅子で利用出来る希少なレストランです。

かんぽの宿潮来

かんぽの宿潮来

○移動介助レールがあるお部屋

バリアフリー対応客室はツインタイプで2室。ベッドからお風呂まで、天井吊り下げタイプの移動介助レールが用意されています。

○眼下は「白鳥の里」

「かんぽの宿潮来」から北浦に下りたところは「白鳥の里」。冬には白鳥など数多くの渡り鳥が越冬のために飛来する場所です。

10台程度の駐車スペースが用意されています。餌付け場は段差の下になりますが、北浦の護岸から渡り鳥の姿を車椅子で観察するとが出来ます。

かんぽの宿潮来

かんぽの宿潮来

かんぽの宿潮来

「かんぽの宿潮来」は改装された、車椅子で利用できるホテルです。