車椅子で行く奈良~飛鳥歴史公園バリアフリー情報

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

国営飛鳥歴史公園は5地区60haの広大な公園です。車椅子で行くことが出来る施設を中心に、現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

「キトラ古墳壁画体験館四神の館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報・2016年オープン

キトラ古墳壁画の保存とその紹介を行う施設が「キトラ古墳壁画体験館四神の館」です。文化庁の施設で2016年の開館。利用は無料。全館バリアフリー仕様です。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・第一駐車場に障害者用駐車スペース有り

アクセスは車が便利。施設に近い第一駐車場はバス6台、普通車20台の収用。ここに障害者用駐車スペースが2台分あります。

駐車場から施設へは、緩やかな下り坂を進みます。傾斜は緩いので、車椅子での移動は問題ありませんが、駐車場から施設までの約70mは屋根無しなので、雨の日は濡れます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・入口はB1、展示室はハイテク

施設の周囲は、明日香村の風景にマッチした公園として整備されています。施設の入口手前にはミュージアムショップがあり、車椅子での利用は可能です。

入口は建物のB1になります。B1がキトラ古墳を紹介する「展示室」。1Fが壁画を保存している「保存管理施設」です。

B1の展示室は通年開館で休館日あり。予約不要で無料で利用できます。先端のハイテクを導入した、素晴らしくバリアフリーな展示です。B1には障害者用トイレがあります。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・壁画特別公開も車椅子可

今回、保存管理されているキトラ古墳壁画の特別公開に参加しました。事前予約が必要です。

B1から1F保存室へは健常者は階段。車椅子利用者はエレベーターに誘導されます。

特別公開の見学制限時間は10分。1回に10名程度が展示室に案内されます。展示室内はバリアフリー。車椅子での壁画見学は可能です。

 

 

 

「国営飛鳥歴史公園館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・飛鳥の見どころを学ぶ

飛鳥歴史公園の高松塚周辺地区にある、入館無料の資料館です。1990年代の施設ですが、スロープ対応、障害者用トイレの設置など、最低限のバリアフリー要件は満たしています。無料駐車場があり、障害者用駐車区画が2台分用意されています。

飛鳥の歴史、見どころを紹介する資料館。飛鳥の知識を深めることができます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・ジオラマ、写真パネル、タッチパネル

国営飛鳥歴史公園館の展示は、明日香村周辺のジオラマ、有名スポットの写真パネル、知りたい情報を検索できるタッチパパネルなどです。タッチパネルを操作すると、飛鳥の四季の写真を楽しむことも出来ます。オーソドックスな資料館をイメージして間違いありません。奇をてらったところのない、真面目な資料館です。

 

 

 

「高松塚壁画館」

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・飛鳥美人の復元画がある小さな資料館

高松塚壁画館は昭和52年に開館した施設。想像するよりも古くて小さな資料館です。広さは20坪ほど。入口から入ってパッと見渡すと、全てが見えます。

ワンフロアで入口に段差はありません。館内はフラット。まだバリアフリーの概念が無い時代に誕生した施設ですが、車椅子での利用は可能です。

入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

・車椅子のアクセスは歴史公園館から

アクセスは車が便利。「国営飛鳥歴史公園館」の無料駐車場を利用します。

そこから歴史公園館の横に下り、車道の下を通る地下道で高松塚地区へ進んで下さい。車道の横断は危険とされていますし、バリアフリールートが確保されていません。地下道ルートの利用をお薦めします。

駐車場から高松塚壁画館までは、スロープ迂回路の距離も含めて500mほど。10分弱のイメージです。

飛鳥歴史公園バリアフリー情報

 

 

明日香村周辺の観光スポットを車椅子で巡るのは、簡単ではありません。有名スポットで決定的なバリアがあるのは「石舞台古墳」と「甘樫丘」。段差があるので車椅子では行けません。

また「鬼の雪隠」「鬼の俎板」など石造物へのルートは、特別なバリアフリー面での整備はありません。

車椅子での飛鳥歴史公園観光は、「キトラ古墳壁画体験館四神の館」「国営飛鳥歴史公園館」「高松塚壁画館」、そして別稿で紹介する「県立万葉文化館」などの施設利用を中心に計画することをお薦めします。