生越 うめその梅の駅 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

生越 うめその梅の駅

梅林で名高い埼玉県生越市。生越梅林の近くにある、道の駅のような施設で、産直ショップ、カフェ、トイレがあります。

生越 うめその梅の駅

近年改装して名称が変わりましたが、自然休養村センターとして歴史ある施設なので、今どきのバリアフリー設計ではありません。

アクセスは徒歩でのハイキングか車です。駐車場の奥に、障害者用駐車区画が2台分あります。

生越 うめその梅の駅

施設エントランスは階段構造で、段差回避スロープが設置されています。

生越 うめその梅の駅

施設の出入口は自動ドアで、段差はありません。

生越 うめその梅の駅

入口からみて左側が、梅関連商品などが並ぶ産直ショップのメイン売り場です。改装されて綺麗になりました。通路幅が確保されているので車椅子で買い物が出来ます。

入口からみて右奥がカフェ。その手前は花卉などの販売コーナーです。カフェや花卉コーナーも、フラットなので車椅子で利用できます。

屋内トイレがありますが、段の上にある構造でバリアフリートイレはありません。バリアフリートイレは、駐車場にある独立トイレ棟に1つあります。

生越 うめその梅の駅

今回取材時の状況は、スペースは余裕がありますが全体的に古いトイレで、便器設備はシンプルなものでした。ユニバーサルベッドはありません。

生越 うめその梅の駅

梅林の町生越にふさわしく、梅干しを中心に梅関連商品が豊富に販売されています。うめその梅の駅のショップは、車椅子で買い物が出来るお店です。

(本稿は2021年2月に執筆しました)