御殿場 秩父宮記念公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

静岡県御殿場市にあった秩父宮殿下のご別邸が公園として公開されています。秩父宮両殿下が昭和16年から約10年間お住まいになられたご別邸で、妃殿下のご遺言で御殿場市に寄贈され、平成15年に開園しました。記念館、庭園、そして管理棟などがある有料の公園です。

秩父宮記念公園

アクセスは車が便利です。記念公園の前に身障者用駐車スペースがある有料の駐車場が整備されています。駐車料金の障がい者減免制度はありません。秩父宮記念公園内の売店で買い物をすると駐車料金の減免サービスがあります。

秩父宮記念公園

駐車場から道路を横断して秩父宮記念公園正門に進みます。

秩父宮記念公園

正門から先の森の中の通路は砂利路面の未舗装路です。そのため車椅子利用者は左方向に公園沿いの道路を迂回し「西門」から入園します。

秩父宮記念公園

西門から入園すると目の前に管理棟があります。段差迂回スロープを上がり管理棟に入ります。

秩父宮記念公園

管理棟内に受付、売店、休憩所があります。秩父宮記念公園は入園料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

バリアフリートイレは管理棟内のトイレとその横にあるトイレ、駐車場にあるトイレにあります。

秩父宮記念公園

管理棟から出て園内の散策路に進みます。散策路はすべて段差回避できるバリアフリー改修が行われています。傾斜路や路面の舗装が荒れている箇所はありますが、園内は車椅子で散策できます。

秩父宮記念公園

元車庫であった建物が内部公開されています。車椅子で見学できます。

秩父宮記念公園

ロックガーデンは舗装散策路から見学できます。

秩父宮記念公園

散策路の一部は車椅子で動きやすいウッドデッキ仕様です。

秩父宮記念公園

両殿下用の防空壕が部分的に公開されていますが、階段で防空壕の中に入ります。車椅子では見学できません。

秩父宮記念公園

記念館は平成4年築の新館の一部を改装して公開されています。入口は自動ドアです。記念館内にはトイレはありません。

秩父宮記念公園

記念館内は土足を脱いで観覧します。車椅子のために段差解消スロープ、エレベーターが用意されています。車椅子のタイヤを拭いて入館してください。

秩父宮記念公園

館内には様々な資料が展示解説されています。展示室は車椅子で観覧できます。

秩父宮記念公園

茅葺の母屋は享保8年の築で、母屋内部のごく一部が公開されています。母屋のリビングは英国風の部屋です。家具やカーテンは英国から取り寄せたものです。

秩父宮記念公園

母屋は段差構造でバリアフリーではありません。母屋内部は車椅子では見学できません。

秩父宮記念公園

坂道を上がりますが母屋の外側に回り、車椅子から外観を見学することはできます。

秩父宮記念公園

防空壕と母屋の内部は車椅子では見学できませんが、秩父宮記念公園はバリアフリーな施設です。

秩父宮記念公園

静岡県小山町にある「富士浅間神社富士山東口本宮」、別称「須走浅間神社」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)

館林 田山花袋記念文学館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

「蒲団」「田舎教師」などの作品で知られる、明治から昭和にかけて活躍した文学者「田山花袋」は群馬県館林市の出身で、館林の「つつじが岡公園」に車椅子で観覧できるバリアフリー施設「田山花袋記念文学館」があります。アクセスは車が便利です。つつじが岡公園の無料駐車場「尾曳駐車場」の利用が便利です。

田山花袋記念文学館

尾曳駐車場は身障者用駐車スペースがあります。駐車場からスロープを通り田山花袋記念文学館へ向かいます。100mほどの距離です。

田山花袋記念文学館

記念文学館の前にあるのは「館林第二資料館」で、この敷地の奥に田山花袋の生家が移築されています。ただし館林第二資料館内は未舗装路面で車椅子での移動は苦戦します。

田山花袋記念文学館

記念文学館に隣接して「向井千秋記念子ども科学館」があります。

田山花袋記念文学館

田山花袋記念文学館のエントランスは階段構造ですが、段差迂回スロープが設置されています。

田山花袋記念文学館

田山花袋記念文学館は有料施設ですが観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内はバリアフリーで、車椅子で問題なく観覧できます。バリアフリートイレは、やや狭いサイズの個室で、設備はシンプルなトイレです。

田山花袋記念文学館

記念文学館は中庭を取り囲むような平屋構造で、常設展示室と企画展示室があります。常設展では田山花袋の略歴、作品、同時代の作家たちとの交友などが紹介されています。復元された書斎の展示もあります。田山花袋は明治4年に生まれ、昭和5年に58歳で没しました。

田山花袋記念文学館

館林市役所敷地内にある観覧無料の「館林市第一資料館」を別稿で紹介しています。ご参照ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)

深谷市 渋沢栄一記念館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

渋沢栄一氏は現在の深谷市の出身。生家のすぐ近くに平成7年に開館した無料公開されている記念館です。記念館の北側テラスにある巨大な渋沢栄一像は、論語を手に赤城山を望んでいます。

約180台を収容する広い来館者用無料駐車場があります。身障者用駐車スペースは、一般駐車場内とエントランスの横に設けられています。

渋沢栄一記念館

エントランスへは段差回避スロープを通ります。緩やかな角度のスロープです。

渋沢栄一記念館

入口は自動ドアです。検温、手指消毒をして受付に進み、簡単な記帳をして入館します。

渋沢栄一記念館

体育館であったスペースで、渋沢栄一氏の仕事と生涯を紹介するDVDがリピート放映されています。先に映像を見てから展示室を見学したほうが、理解が深まると思います。

渋沢栄一記念館

展示室には様々な資料が展示されています。解説スタッフがいらっしゃるので、展示内容に関する質問ができます。通常の見学コースは1F展示室中央部の螺旋階段を上がり2Fへ進み、別の階段で1Fに戻ります。

渋沢栄一記念館

車椅子利用者は1F展示室の入口からいったん出て、エレベーターで2Fへ上がります。

渋沢栄一記念館

2Fは小さな展示室と渋沢栄一氏の肉声が聞ける展示マシン、別室ではアンドロイドによる渋沢栄一氏の講義の再現が楽しめます。

渋沢栄一記念館

バリアフリートイレは1Fと2Fにあります。下の写真は2Fのトイレです。一般的なサイズの個室でウォシュレット付き便器が備えられています。深谷市の渋沢栄一記念館は、車椅子で見学ができる施設です。

渋沢栄一記念館

渋沢栄一氏にゆかりのある深谷市の「誠之堂・清風亭・旧煉瓦製造施設」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年12月に執筆しました)