車椅子で行く軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

軽井沢の観光スポット「旧三笠ホテル」は、館内に入るには階段を上り下足を脱ぐ仕様、2階建て構造でエレベーターはありません。車椅子のままでのホテル内覧は不可。車椅子からは外観だけの見学になります

しかしながら障害者手帳の提示で入館料は無料に減免されます。現地の状況を詳しく紹介します。

 

○アクセスは車

旧三笠ホテルは旧軽銀座から2km離れた場所に建ちます。自転車でのアクセスが人気ですが、車椅子利用者は車の利用が便利です。

敷地内には障害者用も含めて駐車スペースはありません。旧軽銀座方面から行くと、旧三笠ホテルを通り過ぎて200mほどの場所に、専用無料駐車場があります。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○駐車場は砂利路面で傾斜あり

この駐車場は未舗装で砂利面、近道の出入口は階段、車出入口は傾斜あり。車椅子には辛い駐車場です。健常な同行者が運転できるなら、車椅子利用者は旧三笠ホテル正面で乗降することをお薦めします。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○手帳で入館無料、障害者用トイレ有り

敷地入口に受付があり、ここで障害者手帳を提示すると本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

敷地内はフラット路面なので、車椅子で外観を見学することは出来ます。

トイレは敷地内に一戸建ての公衆トイレがあり、障害者用トイレが併設されています。

車椅子で訪れ、無料で入館し、ホテル外観を鑑賞し、トイレを借りて帰る。このような車椅子観光は可能です。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○外観は心配になるほど

遠目でみると解りませんが、近づいて観ると心配になるほどボロボロです。建物の内部も手が入っているとは言い難い管理状況です。

保存修理工事は、1Fが1982年、2Fが1984年、外部塗装が1989年、屋根葺替は2003年に実施。屋根はまだともかく、内部と外壁はメンテナンスされてから、それなりの年月が経過しています。また現在の建築基準に適合する耐震工事は、実施されていません。

旧三笠ホテルは、軽井沢町が管理する国の重要文化財です。

軽井沢~旧三笠ホテル バリアフリー情報

○ホテルの歴史

三笠ホテルは明治39年開業のホテルです。歴史の概略を紹介します。

設立者は音楽家山本直純氏の祖父。開業して5年で山津波に襲われ日本館が流出。赤字続きで大正期に明治屋が買収。戦時中は外務省軽井沢出張所に。敗戦でGHQが接収。その2年後には米軍の失火により別館が焼失。1952年ホテル業再開。赤字続きで1970年廃業。長銀に差し押され、1980年に軽井沢町に寄贈される。1983年に一般公開開始。ホテルの歴史は波乱万丈です。

 

 

旧三笠ホテルは車椅子での内覧は出来ませんが、外観の見学は可能です。

車椅子で行く横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

横浜の歴史的建造物である「旧横浜市外電話局」にある二つの施設「横浜ユーラシア文化館」と「横浜都市発展記念館」のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

 

「旧横浜市外電話局」

○昭和4年の建物

現在二つの施設がある旧横浜市外電話局は、昭和4年に横浜中央電話局の局舎として建てられました。戦後も電話局として使用されてきましたが、横浜市の施設になり、平成12年に歴史的建造物に指定されています。場所は日本大通り駅の上に位置します。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

○フロアの概要

現在の旧横浜市外電話局は4フロア構成です。

1Fが受付とミュージアムショップ。2Fが「横浜ユーラシア文化館常設展」。3Fは両施設共用の企画展示室。4Fが「横浜都市発展記念館常設展」です。

建物1F周辺には、いくつもの歴史的な遺構が展示されています。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報○障害者用トイレは1F

古い建物なので元々はバリア構造ですが、全館車椅子でも何とかなるように、バリアフリーに改修されています。障害者用トイレは1Fに後付設置。古い意匠の玄関の先にあるので、周囲とのデザインギャップが面白いトイレです。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

 

「横浜ユーラシア文化館」

○ユーラシアは広くその歴史は永い

いったい何の施設なのか、名称を見ただけではなんだか解らない「横浜ユーラシア文化館」。対象エリアは中央アジアを中心にしてアジアヨーロッパ全域。歴史はシュメール文明から現代まで。あまりにも広く、永い歴史文化をテーマにした施設です。

 

○車椅子での見学は可能

エレベーターで2Fへ上がります。有料施設ですが、障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料は無料に減免されます。受付で手帳を提示して手続きをしてださい。常設展示室内はバリアフリーで、車椅子での見学に大きな問題はありません。

 

○モンゴル生活展示は写真撮影可

2Fでエレベーターを下りると、モンゴルの家「ゲル」を再現した「スーホの部屋」という展示があります。館内展示は写真撮影不可ですが、ここはだけ可です。

この先の展示も、エリア的には現在のモンゴルから中国西部の砂漠地帯及び中東にかけてのエリアの文化がメインです。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

○多彩な展示資料群

常設展示は概ね題材別で、馬やラクダを題材にした土器類、衣服類、人形などに区分けされた展示です。

ただ展示資料はかなりクロスオーバーします。紀元前のシュメール文明の逸品から、近現代に近いものまでと多彩です。よく理解するには、ほぼ人類史全般にわたる基礎知識が必要です。

 

○個人コレクションが文化館のもと

この膨大な資料は、横浜市に在住した学者江上氏(1906年~2002年)が蒐集して横浜市に寄贈したもの。コレクションは、資料系が約2,500点、文献は25,000点ということ。「横浜ユーラシア文化館」で今見ている資料は、そのほんの一部にしかすぎません。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

 

「横浜都市発展記念館」

○バリアフリー施設

4Fの常設展はワンフロアで小規模ですが、基本的にバリアフリーです。有料施設ですが、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

 

○横浜の歴史を知る

名称の通り、明治以後の横浜の発展を紹介した資料館です。常設展示は「都市形成」「市民のくらし」「ヨコハマ文化」の3部構成。それぞれコンパクトにポイントが整理された展示です。

 

○関東大震災、横浜大空襲が2大悲劇

常設展をみると、関東大震災と横浜大空襲が2大悲劇。発展して破壊され、また発展して焼野原に。続く敗戦後の米軍占領が横浜のエポックになった歴史を知ります。

 

○横浜球場でのベーブルースの写真

昭和9年に大リーグ選手団が来日して、横浜公園球場で試合をした写真の展示があります。ホームランを2本打ったベーブルースが、バッドをもってポーズをとっています。

 

○良く知る場所の昔の写真

馴染み深い場所の昔の写真は面白い。特に昭和30年代、今から50年前くらいの写真は、現在の姿と比較可能です。中華街や関内、桜木町、元町などの、往時の様子を知ることが出来ます。

横浜ユーラシア文化館・横浜都市発展記念館 バリアフリー情報

 

歴史的建造物「旧横浜市外電話局」はバリアフリーに改修されています。「横浜ユーラシア文化館」と「横浜都市発展記念館」は、車椅子での利用が可能です。

車椅子で行く恵比寿~ヱビスビール記念館バリアフリー情報

ビール工場の跡地を再開発した恵比寿ガーデンプレイス内にある「ヱビスビール記念館」。どんな施設でバリアフリーなのか。車椅子目線での現地現場の実際を紹介します。

 

○2フロア構成でバリアフリー

施設の構造はバリアフリーで、車椅子での利用は可能です。入口は三越のB1フロアの高さで、その下に展示と試飲のフロアがある2フロア構成。車椅子のためのエレベーターがあり、フロア内はフラット構造。障害者用トイレもあります。

車椅子で三越のB1フロアから「ヱビスビール記念館」に向かう場合、三越の出入口は手動ドア。車椅子でバリアなのは途中にある三越のドアだけです。

以下、施設の詳細を紹介します。

ヱビスビール記念館

○アクセスは良好、雨の日OK

恵比寿駅からはスカイウォーク経由で10分弱の距離。車椅子での移動は可能なルートです。車利用なら、恵比寿ガーデンプレイスの地下駐車場へ。障害者用駐車区画があり、車椅子で利用出来る駐車場です。ただし「ヱビスビール記念館」では、駐車料金のサービスは行っていません。

駅からでも、地下駐車場からでも、「ヱビスビール記念館」は雨の日に濡れずに利用出来る施設です。

ヱビスビール記念館

○見学コースを決めておく

「ヱビスビール記念館」は、試飲付きの有料ガイドコースと、自由に見て回る無料見学コースがあります。

現時点での料金は、有料コースの参加費は500円で、試飲2杯付き。40分コースで、1時間に2~3回の出発になります。有料コースの車椅子での参加は可能。未成年でも参加は可能です。

無料コースで自由にまわる場合、有料のちょい飲みコーナー「テイスティングサロン」では、一枚400円の「ヱビスコイン」を購入してビール一杯。おつまみも含めて、すべてメニューはこの値段です。

「テイスティングサロン」で2杯飲むと、「ヱビスコイン」2枚で800円。有料コースなら500円。2杯飲みなら、有料コースのほうが、お得です。入館前に、有料コースか無料コースかは、決めておきましょう。

ヱビスビール記念館

○銅像や碑を見学する

施設入口手前の両サイドに銅像や碑があります。ほとんどの人が、銅像が誰なのか知りません。東洋のビール王と呼ばれた、ヱビスビール中興の祖の像です。

ヱビスビール記念館バリアフリーヱビスビール記念館バリアフリー

施設内に入るとすぐ右手が、いかにも記念写真を撮りたくなるような、縁起物スポットになっています。

見学コースに入る手前で、このような見学ができます。

ヱビスビール記念館バリアフリー

 

○有料コースを選択すると

入館すると受付スタッフがにこやかにお迎えしてくれます。ここでコースを選択。有料コースを選択した場合は、料金を支払い、出発時間まで地階で待ちます。

有料ツアーは最初にガイド付きで「ヱビスギャラリー」を見学。次いで、「コミュニケーションステージ」で試飲。乾杯の言葉は「ハイ、ヱビス」。そして試飲終了後に解散です。

最後に自由見学で「ショップ」へ。ここでしか手に入らない、ヱビスグッズが多数あります。

ヱビスビール記念館

○恵比寿はビールが語源の駅名、地名

「ヱビスギャラリー」はバリアフリー上の大きな問題はなく、無料コースでも車椅子で自由に見学できます。以下、展示内容を要約します。

 

この地にビールの醸造会社が設立されたのは、明治20年。当時は山林のなかに、畑が点在していた状況だった。

明治23年にビールの生産が開始され、「ヱビスビール」と命名された。まだ冷蔵庫が無い時代。明治の皆さんは、ぬるいビールを楽しんでいた。

そして鉄道が通り、誕生した駅は「恵比寿」。町の住所が付けられて「恵比寿」。恵比寿はビールが語源の駅名、地名。

そのビール工場の跡地を再開発したのが「恵比寿ガーデンプレイス」。明治20年から数えて、120年後のこと。

 

「ヱビスギャラリー」を見学すると、こういうことが学べます。

そして「テイスティングサロン」や「ショップ」もバリアフリー。車椅子での利用に大きな問題はありません。

 

歴史を学び、ビールを飲み、お土産が買えます、「ヱビスビール記念館」は、バリアフリーに車椅子で楽しめる記念館です。

恵比寿ガーデンプレイス全体のバリアフリー状況は、別項「車椅子で行く恵比寿ガーデンプレイス バリアフリー情報」をご参照ください。リンクして別タブが開きます。