池沢早人師 サーキットの狼ミュージアム 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

茨城県神栖市にあるスーパーカーをテーマにした博物館です。バリアフリートイレはありませんが、車椅子で観覧できます。アクセスは車が便利。来館者用の広い駐車スペースが設けられています。身障者用駐車スペースの設定はありませんが、乗降しやすい場所に停めれば問題ありません。

サーキットの狼ミュージアム

エントランスは段差構造ですが、段差回避簡易スロープが設置されています。

サーキットの狼ミュージアム

エントランスの右側が受付です。積極的に案内されていませんが、入館料の障がい者減免制度があり、本人が無料に減免されます。現時点では、開館は土日祝日の10時から16時です。

サーキットの狼ミュージアム

ミュージアムの出入口は自動ドアです。ワンフロア構造で、館内はフラットでスペースに余裕があります。

サーキットの狼ミュージアム

館内には往年のスーパーカーを中心に約20台が展示されています。車椅子で問題なく見学できるミュージアムです。

サーキットの狼ミュージアム

ナンバー付きの車両は公道を通行できます。またミュージアムの周回スペースは、全長約280mのデモ走行コースです。

サーキットの狼ミュージアム

バリアフリートイレはありませんが、サーキットの狼ミュージアムは車椅子で観覧できる施設です。

(本稿は2023年10月に執筆しました)

「神栖市歴史民俗資料館」のバリアフリー状況を別稿で掲載しています。ご参照ください。

千葉の農村指導者 大原幽学記念館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

千葉県旭市にある国指定史跡「大原幽学遺跡史跡公園」内にある施設です。大原幽学は江戸時代の農村指導者。独自の学問「性学」を説き、現在の旭市で農村改革を行った偉人で、その活動拠点が昭和27年に国の史跡指定を受け、大原幽学遺跡史跡公園として整備されています。

大原幽学記念館

史跡公園はバリアフリーではありません。昔のままの景観を残しているので、未舗装で坂や段差、急斜面があります。史跡公園の車椅子での散策は困難です。

大原幽学記念館

大原幽学記念館はバリアフリー施設です。しかしアップダウンがある史跡公園内にあるので、来館者用の一般駐車場からは急坂を上がりアクセスします。車椅子では記念館横の身障者用駐車スペースを利用します。

大原幽学記念館

周辺には案内看板が複数個所設置されています。バス10台、普通車70台を収容する大駐車場ではなく、普通車15台程度を収容するスペースがある小駐車場を目指します。小駐車場を通り抜け、そのまま急坂を進むと大原幽学記念館のエントランス横に着きます。エントランス横にある車一台分のスペースが身障者用駐車スペースです。周囲のスペースに余裕がないので、車庫入れが難しい駐車スペースです。ここに駐車できれば、エントランスまでフラットな舗装路面を通り移動できます。

大原幽学記念館

大原幽学記念館の出入口はフラットな自動ドア。有料の施設ですが入館料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。1Fは郷土資料室、2Fが幽学展示室でエレベーターが設置されています。最初に1Fエントランスホールで大原幽学を紹介する映像コンテンツを鑑賞できます。

大原幽学記念館

館内はバリアフリー仕様で、1Fと2Fの展示室は車椅子で観覧できます。大原幽学が活躍した時代、この地は「長部村」。郷土の歴史と大原幽学の思想と農村改革の内容を学ぶことができます。

大原幽学記念館

バリアフリートイレは1Fにあります。やや狭いスペースの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

大原幽学記念館

大原幽学記念館は車でアクセスして身障者用駐車スペースを利用できれば、車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2023年9月に執筆しました)

旭市にある「道の駅季楽里あさひ」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

伊勢 山田奉行所記念館 車椅子見学ガイド バリアフリー情報

大岡越前が4年間勤務したことがある、三重県伊勢市にある江戸時代の奉行所を再現した無料公開施設です。場所は伊勢神宮からは少し離れた御薗町、伊勢湾に近い宮川沿いです。山田奉行所は海上保安庁のような機能も有していました。約40台を収容する来館者用の無料駐車場があります。

正面出入口は段差構造です。車椅子では横のバリアフリールートから入館します。

山田奉行所記念館

記念館横の駐車場がバリアフリールートの入口です。

山田奉行所記念館

身障者用駐車スペースに指定されている箇所にある、裏木戸門のような入口から入ります。閉まっている場合は、正面入口からスタッフに声をかけてください。

山田奉行所記念館

記念館の裏側に段差解消スロープが用意されています。

山田奉行所記念館

スロープは緩やかな傾斜で、車椅子で問題なく利用できます。

山田奉行所記念館

スロープを上がると建物裏の入口があります。館内は土足禁止です。今回取材時は管理スタッフがこの付近にシートを広げて、車椅子での入館をサポートしてくださいました。

山田奉行所記念館

館内には数多くの興味深い資料が展示されています。

山田奉行所記念館

江戸時代の奉行所とは畳敷きの部屋が広がる構造でした。

山田奉行所記念館

車椅子で屋外からの見学も可能です。

山田奉行所記念館

バリアフリートイレは、正面出入口近くにあるトイレ棟にあります。やや狭い個室で且つ固定バーが設置されているので、車椅子1台が入るかどうかギリギリのトイレです。ウォシュレット付き便器が備えられています。

山田奉行所記念館

伊勢市の山田奉行所記念館は、裏木戸門からアクセスすれば車椅子で見学できる施設です。

(本稿は2023年6月に執筆しました)

三重の大規模商業リゾート「VISON」を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。