益子町と真岡市を車椅子で巡る 栃木県のバリアフリーなドライブコース

陶芸の里「益子」、SLの街「真岡」には、車椅子で利用できるバリアフリーな観光スポットがあります。障がいのある家族と一緒にドライブを楽しめる、北関東自動車道の真岡ICを起点にしたバリアフリーなドライブコースを紹介します。

 

真岡鉄道SLキューロク館

真岡ICから約5km、真岡鉄道の真岡駅に隣接する無料施設です。無料駐車場があり、障害者用トイレの用意があります。

蒸気機関車と客車や貨車などが展示されています。車椅子での見学は可能です。車両に乗り込むのは階段なので車椅子では出来ません。

真岡駅舎の4FにはSLギャラリーがあり、真岡鉄道の歴史などが紹介されています。子供向きの展示が充実しています。

真岡鉄道SLキューロク館

 

久保記念観光文化交流館

SLキューロク館から約1km移動します。2014年に開業した施設で、記念館、美術館、物産館、イベントホール、レストランがあります。

明治大正昭和の真岡の繁栄を伝える観光施設です。この内「久保記念館」は、1Fと2Fとも、段差構造で車椅子では利用できません。

久保記念観光文化交流館

 

益子焼窯元共販センター

久保記念観光文化交流館から東へ約10km移動します。大きな狸がシンボルの陶芸の町益子の中心施設です。共販センターがある通りは「城内坂」で、益子焼のお店が多数並ぶメインストリートです。傾斜はなだらかな坂で、歩道が整備され車椅子で散策できます。

益子焼窯元共販センター

 

益子陶芸美術館

共販センター第三駐車場から急坂を上がります。距離は1kmほどですが、傾斜が強いので車で移動してください。途中に4か所ほど一般駐車場があります。美術館の正面入口前に、縦列駐車で2台分の障害者専用駐車スペースがあります。

美術館はバリアフリー仕様で、車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

益子陶芸美術館

 

道の駅ましこ

陶芸美術館から約7km、益子の郊外に移動します。2016年に誕生した道の駅で、段差のない構造です。

新鮮な農産物、美味しい加工品、地産地消レストラン、陶器をはじめ各種の工芸品などが豊富にあるバリアフリー施設です。

道の駅から北関東自動車道の真岡ICまでは、約10kmの距離です。

道の駅ましこ

車椅子で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

茨城県筑西下妻エリアの車椅子で楽しめるバリアフリードライブコース

茨城県の筑西市から下妻市にかけてのエリアには、車椅子で利用できる美術館や道の駅、産直ショップなど、バリアフリーなドライブでの立ち寄り先があります。障がいのある家族とのお出かけ先にお薦めできる、ドライブコースを紹介します。

2019年に開業したバリアフリーな道の駅を起点にして、筑西市から下妻市へ南下するルートです。

道の駅グランテラス筑西

筑西市の国道50号下館バイパス沿いにある「北関東最大級のハイブリッド道の駅」です。

芝生広場を中心に、物販棟など4棟が並ぶ施設で、施設全般全く段差のないバリアフリー設計です。

駐車場は広く、屋根付きの障害者用駐車区画が6台分あります。

2Fの「渡り廊下デッキ」へエレベーターで上がることができます。

車椅子で買い物、食事、休憩、なんでもできるバリアフリー施設です。

道の駅グランテラス筑西

板谷波山記念館

グランテラス筑西から約3km、下館駅の北側にある記念館です。

陶芸界の巨匠、板谷波山は下館の生まれです。1872年に波山が生まれた生家、制作活動をしていた東京田端の工房の再現施設、そして小さな展示館があります。

有料施設ですが入館料の障害者減免制度があります。一部を除き車椅子で観覧可能な記念館です。

駐車区画が整備されていない、記念館の前庭のようなスペースが駐車場です。

板谷波山記念館

しもだて美術館

板谷波山記念館から約400m、公共施設「アルテリオ」の3Fにある美術館です。美術館利用者は無料で使用できる地下駐車場があります。施設全般、そして美術館内は、車椅子で利用しやすいバリアフリー設計です。車椅子での利用、美術館の鑑賞に問題はありません。

展覧会の観覧料は障害者減免制度があります。

しもだて美術館

日本ハム下館工房

しもだて美術館から約2km、下館駅の南側にある工場内の施設です。

ソーセージ作りが出来る工房と、売店、レストランがあります。平屋構造で段差のない施設ですが、障害者用トイレはありません。一般的な洋式トイレです。

工房は予約制、売店ではここでしか買えないオリジナル商品があります。レストランのメニューはサンドイッチが中心です。

日本ハム下館工房

道の駅しもつま

日本ハム下館工房から約10㎞南下、下妻市に移動します。

「道の駅しもつま」は2015年に大規模リニューアル。段差解消されて車椅子で利用しやすい道の駅になりました。ショップ、食事処、コンビニなどが入ります。

施設3F部に展望ギャラリーがありますが、ここへは階段でしか上がれません。

道の駅しもつま

下妻市ふるさと博物館

道の駅しもつまから約8km、戦国時代の居城をイメージした建物の博物館です。

施設全般バリアフリーで、入館料は障害者減免制度があります。市の博物館としては、とても内容の濃い施設です。見学フロアは1Fで2Fは収蔵庫です。

下妻市ふるさと博物館

大宝八幡宮

下妻市ふるさと博物館から約5km、関東最古の八幡様です。

舗装路面の駐車場があり、拝殿までのルートは段差箇所にはスロープがあり、車椅子で参拝が出来ます。

本殿は16世紀に再建された国の重要文化財、参道沿いには珍しい狛犬が並ぶ古社です。

大宝八幡宮

やすらぎの里しもつま

大宝八幡宮から南へ約8km、産直、食事処、公園がある施設です。道の駅ではありません。

産直ショップと食事処内は、あまりスペースに余裕がありませんが、混雑していなければ車椅子で利用できます。

広い公園には、わんぱく広場、芝生広場、花のエリア、そして合計で200mの「フジの回廊」があります。公園内にはフラットな舗装散策路が用意されています。

やすらぎの里しもつま

以上、筑西市から下妻市にかけてのドライブコースと施設です。家族や本人の障がいの状況に応じて、立ち寄り先を選択してドライブをお楽しみください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

茨城県 車椅子で行く県北エリア お薦めバリアフリードライブコース

大子町、常陸太田市、常陸大宮市、北茨城市、日立市など、茨城県県北エリアには、袋田の滝や竜神大吊橋などの観光地、バリアフリーな産直ショップや設備が新しい道の駅があります。障がいのある家族とのドライブで利用できる、お薦めの主なバリアフリー施設を紹介します。

 

「常陸大宮から袋田の滝へのドライブルート」

〇道の駅常陸大宮へ

常磐自動車道の「那珂インターチェンジ」から「袋田の滝」までは約45km、1時間前後のドライブです。

その中間点付近「那珂インターチェンジ」から約20kmの地点に「道の駅常陸大宮」があります。2016年に開業した施設で、全く段差のない構造のバリアフリーな施設です。車椅子で利用できる、フラットでスペースに余裕がある産直ショップと食事処があります。

道の駅常陸大宮へ

〇袋田の滝へ

「袋田の滝」は舗装路を通り車椅子で見学できます。最も近くまで車で行くなら、一般車両が通行できる終点にある土産物屋の駐車場を利用します。買い物や食事をすると利用できます。

観曝トンネルの手前に距離の短い急坂があります。ここが通過出れば、そのあとは緩やかな傾斜路です。観曝料金は障害者減免制度があります。

トンネルの中に第一観曝台、エレベーターで上がると第二観曝台があります。

袋田の滝へ

〇茨城県植物園に寄り道

帰り道に時間があるなら、那珂インターチェンジの手前に「茨城県植物園」があります。入園料は障害者減免制度がある、車椅子で利用できる植物園です。

茨城県植物園に寄り道

 

「常陸太田から竜神大吊橋へのドライブルート」

〇道の駅ひたちおおたへ

「竜神大吊橋」へも常磐自動車道「那珂インターチェンジ」からのアクセスが便利です。距離は約32km、50分程度のドライブです。

那珂インターチェンジから約10kmの地点に「道の駅ひたちおおた」があります。この施設も2016年に誕生したバリアフリーレベルの高い道の駅です。

このエリアは常陸秋そばで有名な金砂郷。道の駅ではフードコート形式の本格そば店が営業しています。

道の駅ひたちおおたへ

〇産直ショップ「こめ工房」に立ち寄る

「道の駅ひたちおおた」から、さらに8kmほど竜神大吊橋方面へ進むと、JA系の産直「物産センターこめ工房」があります。

ショップと食事処があり、食事処では常陸秋そばや、「特別栽培米みずほちゃん」をいただけます。テーブル席があるので、席を選べば車椅子で食事ができます。障害者用トイレはあります。

産直ショップ「こめ工房」に立ち寄る

〇竜神大吊橋へ

「こめ工房」から「竜神大吊橋」へは、約20kmの距離です。

竜神大吊橋はフラットな舗装通路を通る観光施設で、車椅子で利用できます。

第一駐車場に障害者用駐車区画があり、そこからならアップダウンなく車椅子で橋まで移動できます。竜神大吊橋の入場料は障害者減免制度があります。

観光シーズンの週末は、駐車場が満車になることがあります。その場合、第二第三駐車場に誘導されることがあります。第二第三駐車場からは、急坂を上がります。誘導スタッフに車椅子利用を申告して、第一駐車場を利用してください。

竜神大吊橋へ

 

「鵜の岬から北茨城五浦美術館へのドライブルート」

〇国民宿舎鵜の岬へ

人気のある国民宿舎です。常磐自動車道の「日立北インターチェンジ」からアクセスします。インターチェンジからは約6km、15分程度で到着します。

県営国民宿舎、別棟のレストラン、日帰り温泉、コンベンションセンター、海の散歩道、森の遊歩道、谷の散歩道、スイレン池とアヤメ池、遊具広場「わんぱく砦」、海鵜の飼育ケージなどがあります。

レストランは車椅子で利用できます。海・森・谷の各遊歩道は、すぐに段差があるので、車椅子では行けるところまでの利用になります。

国民宿舎鵜の岬へ

〇産直「鵜喜鵜喜」に立ち寄る

鵜の岬のすぐ近くにJA系の産直ショップ「十王物産センター鵜喜鵜喜(うきうき)」があります。バリアフリー上の特別な配慮はありませんが、エリア最大規模の産直ショップで、車椅子での買い物は可能です。

産直「鵜喜鵜喜」に立ち寄る

〇天心記念五浦美術館へ

海沿いの道を走り「天心記念五浦美術館」を目指します。鵜の岬からの距離は約25km、45分前後で到着します。

天心記念五浦美術館は、バリアフリーで眺望も素晴らしい県立美術館です。

美術館へ向かう脇道に入ると急こう配の坂になり、坂を上ると無料駐車場があります。障害者専用駐車場は更にその上に、6台ほどの駐車スペースが用意されています。ここからなら、ほとんどアップダウンなく美術館に向かうことができます。

美術館の観覧料は障害者減免制度があります。

天心記念五浦美術館から最も近い高速道路のインターチェンジは、常磐自動車道の「北茨城インターチェンジ」です。インターチェンジまでの距離は約12km、20分程度かかります。

天心記念五浦美術館へ

岡倉天心が暮らした「六角堂」がある「茨城大学五浦美術文化研究所」は、激しい段差と傾斜路があり、車椅子での見学は困難な施設です。

茨城大学五浦美術文化研究所

茨城県県北エリアは、バリアフリーに車椅子ドライブを楽しめます。

(本稿は2020年3月に執筆しました)