角上魚類小平店 車椅子での買い物ガイド バリアフリー情報

東京都小平市にある大型鮮魚店です。フラットな広い売場で、車椅子で買い物ができます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

角上魚類小平店

○アクセスは車

小平霊園の近く新青梅街道沿いにあるお店です。アクセスは車が便利。第1から第4までの無料駐車場があります。

店舗前のスペースが第1駐車場で、障害者用駐車区画が2台分設定されています。ただし区画の広さは一般区画と同じで広くはありません。

第2から第4までの駐車場を利用した場合は、駐車場から車道への出入口に段差があります。注意して移動して下さい。

角上魚類小平店

角上魚類小平店

○店舗のバリアフリー状況

ワンフロアでフラット構造の店舗です。出入口に段差はありません。ドアは自動ドアです。

店内通路は余裕のある幅で、車椅子で移動できます。商品台の高さは低く、車椅子から手が届きます。

極端に混雑している状況でなければ、車椅子で問題なく買い物ができます。

角上魚類小平店

角上魚類小平店

○障害者用トイレの状況

店舗の横に独立棟トイレがあり、障害者用トイレが1つ用意されています。

一般的な広さ、設備のトイレで、実用に耐えるトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

角上魚類小平店

○敷地内の青果店

同一敷地内に青果店があります。フラットな構造のお店で、店内はやや狭くなりますが、車椅子での買い物は可能です。

角上魚類小平店

○混雑に注意

人気のあるお店で猛烈に混雑することがあります。混雑日は年末年始および敬老の日など、家庭でご馳走いただきたくなる日です。

広い駐車場が満車になり、店内が大混雑することがあるので、車椅子での利用は注意して下さい。

角上魚類小平店は、極端に混雑していなければ、車椅子で買い物ができる大型鮮魚店です。

伝統工芸 青山スクエア 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都港区、青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」は、日本各地の伝統的工芸品を展示販売する施設です。車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年11月の取材に基づいています。

伝統工芸 青山スクエア 

○施設の概要

1974年に制定された「伝産法」に基づき、経産省指定の伝統的工芸品232品目を展示販売する施設です。

運営は一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会で、商品は定期的に入れ替わり、常時130品目、3,500品程度が展示販売されています。

池袋メトロポリタンプラザにあった「全国伝統的工芸品センター」が前身で、この青山の地に移転したのが2012年です。

伝統工芸 青山スクエア 

○アクセスの状況

来場者用の駐車場はありません。

青山一丁目駅から徒歩3分の案内です。青山方面からアクセスすると、アップダウンの少ないルートです。赤坂方面からは、坂道を上ります。

エントランスに段差があります。段差解消箇所は正面からみて左側です。

伝統工芸 青山スクエア 

○店内のバリアフリー状況

出入口のドアは自動ドアです。店内はフラットで段差はありません。

実用的な工芸品が並ぶ「常設展示」。その時々で企画される「特別展示」。実演で職人の熟練の技を見る「匠コーナー」などがあります。

店内の通路は車椅子で移動出来る幅が確保されています。車椅子で利用できないコーナーはありません。

トイレはビル供用で、障害者用トイレはありません。

青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」

青山通りに沿いにある「伝統工芸 青山スクエア」

○展示販売の様子

「全国各地の伝統的工芸品が一堂に集まる日本唯一のギャラリー&ショップ」です。

販売される商品は、高額の逸品から百円単位の商品まであります。買わずに見るだけでも問題はありません。

買い物をする場合は、友の会への入会が検討事項です。入会金・年会費は無料。ポイントは5%の還元率。次回の利用から1ポイント1円で使用できます。年間10万円以上の利用でプラチナ会員になると、ポイントが10%になります。

全国各地の伝統的工芸品が一堂に集まる日本唯一のギャラリー&ショップ

伝統工芸 青山スクエアは、障害者用トイレはありませんが、車椅子で利用出来る施設です。

茨城のバリアフリーな専門店 船納豆本店 車椅子利用ガイド

「船納豆本店」は、茨城県常陸大宮市にある、車椅子で買い物ができる納豆の専門店です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年7月の取材で初稿を執筆し、2019年10月に一部加筆修正しました。

 

○茨城の「ごちそう納豆」

「舟納豆」は高品質の高級納豆。茨城の「ごちそう納豆」ブランドです。

製造販売しているのは丸真食品(株)。地元茨城産の良質な大豆を材料に、伝統の製法、そしてブランド名の「舟」をモチーフにしたデザインのパッケージが特徴です。

メーカーは、ご飯にのせて食べるばかりでなく「ぜひそのまま食べてください」とアピールしています。

 

○駐車場とトイレの状況

バイパス沿いの店舗です。広い駐車場があり、障害者用駐車区画が用意されています。

駐車場内に独立棟トイレが2棟あり、障害者用トイレがあります。

駐車場から店舗にかけては、フラットな舗装路面です。

店舗のバリアフリー状況

○店舗のバリアフリー状況

店舗の出入口は広い自動ドアで段差はありません。店内もフラット構造です。

店内は30坪ほどで、それほど広くはありません。そこに多種多彩な納豆商品が陳列販売されています。

今回訪問した時は、商品の試食が豊富にあり、また納豆の試食を味わった口に嬉しいお茶のサービスがありました。

納豆は「そば入り」「大麦入り」、黒豆で作った「黒船」などのバリエーションがあります。

加工商品も多彩で、甘党向きのお菓子系や辛党向きのつまみ系など、豊富な商品が並びます。

 

船納豆本店は、車椅子で茨城の名品と出会えるバリアフリーな専門店です。