車椅子で行く富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

車椅子から見る絶景ポイント、バリアフリーな観光施設など、車椅子で富士五湖観光を楽しむドライブコースを紹介します。

本稿は、富士吉田エリアから忍野八海経由で山中湖方面へ進むルート上にある、車椅子での立ち寄りスポットをピックアップします。

 

○いちやまマート城山店

富士山に一番近いスーパーマーケットです。駐車場が富士山の記念撮影スポットです。店舗は平屋で段差が全くないバリアフリー設計。障害者用トイレ完備。屋根無しですが障害者用駐車スペース有り。車椅子に優しい構造です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

 

○ふじさんミュージアム

元々は昭和54年に開館した「富士吉田市郷土館」。後には「民俗歴史博物館」。2015年に「ふじさんミュージアム」としてオープンしました。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

駐車場は国道に面した第2Pと、側道から入る第1Pがあります。車椅子利用者は第1Pへ。そして第1Pの奥の通路の先に段差のない裏口があり、その前に一台分だけ障害者用駐車区画があります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が半額に減免されます。館内はバリアフリーで障害者用トイレがあり、通路幅は広く、展示物周辺のスペースは余裕があります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

蓄積された豊富な資料とハイテクを駆使した展示で、富士山と富士吉田の人々の繋がりがしっかりと理解できます。車椅子から見やすい展示方式です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

エレベーターで上がる屋上部が、屋内テラスと屋外空間で構成される「ふじさんラウンジ」。眼前には富士。反対方面は富士吉田の街並み。屋内屋外から眺望を楽しめます。このコーナーは飲食可。休憩スペースとして車椅子で利用できます。

 

 

○道の駅富士吉田

アウトドアショップ、地ビールレストラン、富士山アリーナ、富士山レーダードーム館など、複数の観光施設がある「リフレふじよしだ」内の道の駅です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

道の駅としては、産直ショップ、物産館、軽食コーナー、観光情報コーナーという一般的な構成です。障害者駐車スペースは屋根なし。施設は段差の上でスロープ利用。トイレは別棟タイプです。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

「吉田のうどん」はお座敷席が主力のお店が多いなか「桜織のりとるきっちん」は車椅子で利用できます。「桜織」は富士吉田市の観光PRキャラクターの名前です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

季節が良い好天の週末ともなると大混雑。メインの駐車場が満車になり、遠くの駐車場に誘導されることも珍しくありません。

 

 

○四季の杜おしの公園

忍野八海の近くに建つ一棟の美術館「岡田紅陽写真美術館」と「小池邦夫絵手紙美術館」が入ります。入館料は二館共通券のみ。2004年にオープンした施設で、基本設計はバリアフリーです。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

駐車場は20台分ほどのスペース。特別な障害者用スペースの設定はないので、乗降しやすい場所を利用します。オフロードの路面に見えますが、ナチュラル志向の舗装路なので車椅子での通行は可。駐車場から建物までの間は屋根無しで50mほどです。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

エントランスから館内全域、段差構造なし。障害者用トイレあり。入館料は障害者手帳の提示で本人は無料に減免されます。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

岡田紅陽氏は富士山を愛した写真家。美術館の展示作品は、富士山が中心です。

小池邦夫氏は絵手紙の創始者。詩・書・画三位一体の作品です。

いずれも小規模ながら品の良い上質な美術空間。車椅子から作品を鑑賞出来ます。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

真正面に富士山をいだく立地で、美術館はそれを計算した設計。天気が良ければ美術館内外からの富士山を楽しめます。館内からの富士山ビューポイントは二つ。「岡田紅陽写真美術館」内の小窓から眺める富士山。そして二つの美術館の間にある企画展示ホールの大きな窓から仰ぐ富士山。どちらも車椅子で館内から富士山を楽しめます。

 

 

○山梨県立富士湧水の里水族館

「さかな公園」の中にある有料施設で、別称は「森の中の水族館」。淡水魚専門の小さな水族館です。水槽に使用されている水は透明度の高い富士の湧水です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

施設のエントランス脇に障害者専用駐車スペースあります。屋根はありません。駐車場は無料です。

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

館内は全般的に狭く、受付から水槽ゾーンに下りるスロープは傾斜です。障害者用トイレはエントランス近くにあります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

1Fの鑑賞エリアは中央部に回遊水槽、周辺部にも複数の水槽を配置。いずれも車椅子から淡水魚たちを鑑賞できます。魚との距離が近い水族館です。

エレベーターで2F回遊水槽の上へ。水槽の上部を横断する通路は車椅子でも利用可。真上から回遊水槽を鑑賞できます。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

2Fには各種の企画展示とシアターホールがあります。シアターホールは車椅子で利用可。最前列で映像を楽しめます。

 

 

○道の駅すばしり

富士山の登山口「須走」。東富士五湖道路の終点、須走ICの出入口にある、富士山に一番近い道の駅です。これ以上富士のすそ野に近づくと、近すぎて富士山が見えなくなるぎりぎりの距離にあります。住所は静岡県です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

2011年の開業。傾斜地にある施設ですが、エレベーターがあるので施設全体を車椅子で利用できます。障害者用駐車スペースは3台分。独立棟方式の公衆トイレ内と施設内に障害者用トイレがあります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

1Fが産直・お土産ショップと観光案内、2Fが食事処と地域交流用の研修室、2F屋外に足湯もあります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

2Fの食事処の店名は「ふじやま食堂」。富士山方面が全面ガラス張りで、富士山を仰ぐカウンター席もあります。傾斜地を上手に利用した設計で、食事処から外に出るとテラス席と広場があり、富士山の眺めを楽しめます。

 

○花の都公園

標高1000m。広大なお花畑、子供も遊べる水もの中心の公園部分、そして屋内型フローラルドームなそで構成される公園です。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

無料エリアと有料エリアがあり、また有料エリアの入場料はシーズンで変わり、障害者手帳の提示で割引減免があります。冬場の利用は無料です。駐車料金の障害者減免制度はありません。障害者用トイレの用意はあります。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

この公園内から12月から1月にかけて夕日のダイヤモンド富士が見えます。車を停められる場所からビューポイントまでバリアフリーに移動可能。ダイヤモンド富士がみられる時期は、公園は入場無料です。

 

 

○山中湖のビューポイント

北岸一帯で湖越しに富士山が見えます。条件が揃うと「逆さ富士」が湖面に映えます。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

湖北岸に2か所の無料駐車場があり、障害者駐車区画の設定もあります。この駐車場は混雑していると駐車にかなりのテクニックが必要です。出入口のスペースも狭いので注意してください。

富士五湖ドライブコース~富士吉田から忍野八海、山中湖へ

 

河口湖から本栖湖方面へ国道を進むルートは「車椅子で行く富士五湖ドライブコース~河口湖ICから朝霧高原へ」をご覧ください。

そこから河口湖方面へ戻るルートは「車椅子で行く富士五湖ドライブコース~本栖湖から湖北ビューラインへ」をご覧ください。

車椅子で行く三浦半島~三崎生鮮ジャンボ市 バリアフリー情報

三崎のマグロ卸鈴木水産が直営する「三崎生鮮ジャンボ市」は、1Fが生鮮スーパーで、2Fはレストランです。三崎生鮮ジャンボ市は、車椅子で利用出来るのか。現地現場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場は3フロア構造

三崎生鮮ジャンボ市は、国道134号線沿い。アクセスは車が便利です。

駐車場は1F、B1、B2の3フロアにあり、1Fが一番混みます。

各階ともはっきりとした障害者用駐車区画の設定はありませんが、広い区画もあるので、車椅子で乗降しやすい場所を選んでください。

館内には広さに余裕のあるエレベーターが一基あるので、地階に停めても車椅子での上下階移動は可能です。また地階駐車場なら雨天でも濡れません。

 

○2Fレストランのバリアフリー状況

三崎生鮮ジャンボ市2Fレストラン「グルメ館豊魚」のバリアフリー状況です。

グルメ館豊魚の店内はフラット構造。障害者用トイレが有り、車椅子のまま利用出来る、広いテーブル席があります。車椅子で快適に利用できるレストランです。

三崎生鮮ジャンボ市 バリアフリー情報

○週末ランチはウエイティングを覚悟

メニューもちろん海鮮自慢。ただし人気店なので混みます。休日のランチ時は、ウエイティングを覚悟してください。

三崎生鮮ジャンボ市 バリアフリー情報

隣接地には寿司割烹の直営店があり、こちらも人気です。

 

○1Fスーパーは改装済み

1Fの生鮮スーパーは、生簀があり鮮魚が泳ぐ売り場です。店内は改装されて綺麗になりました。通路幅は一般的なレベルで、フロア内はフラット構造です。

売り場内の通路は直線的で長く、横への移動ルートは少ない設定です。したがって混雑時は、車椅子での店内回遊にやや苦戦します。空いていれば、車椅子で快適に買い物が出来ます。

三崎生鮮ジャンボ市 バリアフリー情報

○豊富な品揃え

都内にも積極的にテナントを出している、鈴木水産の基幹店。1F生鮮スーパーも人気です。

メインは魚介類。マグロの柵はもちろん、鮮魚、冷凍もの、干物、乾物系などなど豊富な品揃えです。精肉、青果、菓子などの一般食品も扱っています。

三崎生鮮ジャンボ市 バリアフリー情報

 

車椅子利用者が、三浦でグルメ・ショッピングがワンストップでできる施設はここだけです。三崎生鮮ジャンボ市は、駐車場、レストラン、生鮮スーパーのいずれも、車椅子で利用できます。ただし人気店なので、混雑することがあります。