岩下の新生姜ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

岩下の新生姜ミュージアム 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県栃木市の「新生姜ミュージアム」は車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年1月の取材に基づいています。

 

○ミュージアムの概要

「岩下の新生姜」の世界を表現した展示、アトラクションを核にした施設です。

入館は無料、駐車場も無料です。

他にカフェ、ショップ、そして新生姜づくりの体験施設があります。

テーマ色は新生姜のピンク。館内外は新生姜色で彩られています。

また館内では、岩下の新生姜のコマーシャルソングが、3カ所で鳴りっぱなしです。それぞれバージョンが異なり、一つの場所でも数種類のバージョンが流れます。

「新生姜ミュージアム」は、オンリーワンの企業ミュージアムです。

 

○駐車場の状況

栃木駅から徒歩12分の案内です。アクセスは車が便利です。

ミュージアム入口前の第一駐車場は、障害者優先駐車場で8台分のスペースがあります。内1台分は障害者用駐車区画で、それ以外の7台分は一般駐車区画と同等の駐車スペースです。施設の両脇に第二・第三駐車場、道を挟んで第四駐車場があります。

距離よりも乗降スペースを重視したい車椅子利用者は、第一駐車場1台分の障害者用駐車区画が満車の場合は、第二・第三駐車場を狙うのも作戦です。

 

○エントランス周辺のバリアフリー状況

エントランスは階段で、ややきつい傾斜の迂回スロープがあります。

出入口はバリアフリーで車椅子での出入りに問題はありません。

エントランスにあるのは、中に入って記念撮影ができる「巨大新生姜パッケージ」。

出入口の幅が十分ではなく重度障害者の大型車椅子では、車椅子ではやや出入りに苦戦します。

また中に入ったとしても、背もたれを立てた状態にしないと、パッケージの中に顔が出ません。

一般的な車椅子で、座位がしっかり取れる方なら、中に入って記念撮影ができます。

巨大新生姜パッケージ

○主なアトラクションのバリアフリー状況

「巨大新生姜パッケージ」以外にも、数多くのアトラクションがあります。

「世界一大きな新生姜ヘッド」は、その気があれば車椅子でも潜り込める構造です。

「新生姜の部屋」には、車椅子で入室可能。

「ジンジャー神社」は車椅子で参拝可能です。

 

○障害者トイレの状況

障害者トイレは「ジンジャー神社」の奥にあります。関係者以外立入禁止のロープを外して奥に進みます。

今回取材時、照明が消えていましたが、わかりやすい位置にスイッチがあるので、トイレの利用に問題はありませんでした。

スペースに余裕がある、綺麗な障害者トイレです。

 

○カフェとショップのバリアフリー状況

食事&喫茶コーナーは「カフェ・ニュージンジャー」。

スペース全体はフラット構造で、カフェ中央部は可動式のテーブルと椅子なので、車椅子での利用は可能です。

このカフェコーナーに入る動線は通路が狭く、椅子やベンチに座っている人にどいていただきながらの通行になりました。

今回はカフェで「新生姜ソフト」をいただきました。新生姜の味がします。

またカフェでは、新生姜が皿に盛られて食べ放題になっています。

 

隣接する売店「ミュージアムショップ」は、あまりスペースに余裕はありません。少し混み合うだけで、売店の奥のスペースは車椅子での移動に苦戦します。

 

○ミュージアムの歴史

新生姜発売20周年を記念して、2007年に入館料300円の有料美術館「岩下記念館」が誕生しました。

それが2015年に改装されて「岩下の新生姜ミュージアム」に変りました。

 

新生姜ミュージアムは、車椅子で利用できるオンリーワンの企業ミュージアムです。