埼玉県立近代美術館 車椅子バリアフリー情報

埼玉県立近代美術館 車椅子バリアフリー情報

埼玉県さいたま市の「埼玉県立近代美術館」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年2月の取材に基づいています。

 

1982年竣工の美術館

北浦和公園の一角に建つ「埼玉県立近代美術館」は、黒川紀章氏設計の素敵なデザインの美術館です。設計が1978年、竣工が1982年。バリアフリーの概念が薄い時代の建物ですが、改修されて車椅子での利用は十分に可能です。元々は段差のある設計なので、車椅子での利用に注意すべき箇所はあります。

埼玉県立近代美術館

障害者専用駐車場の運用ルール

障害者手帳の提示で、美術館のコレクション展入館料は本人と介助者1名が無料に減免されます。企画展の入館料は個別設定なので、減免措置については企画毎に確認してください。

一般駐車場はありません。搬入口から入る裏庭に1台分障害者用駐車区画があります。予約制で運用ルールは当日の申し込み。事前予約は受け付けていただけません。来館日の当日、おおよその到着時間を決めて電話を入れます。その場で空いていればOK。車種と車の色だけが確認されます。

搬入口は美術館西側の狭い一方通行の道にあります。敷地入口に守衛所はありません。すぐ見える場所のブルーの駐車区画を利用。建物裏口の横です。この裏口に管理室がありスタッフが常駐。室内からこちらを見つめ、どうぞ、という合図を出します。このような運用になります。駐車料金は無料です。

埼玉県立近代美術館

手動ドアが2か所あり

この駐車場から館内へ移動する通路には、手動ドアがあります。介助者がいれば問題ありませんが、車椅子利用者だけの場合は、スタッフの助けを借りてください。

もう一か所、1Fのコレクション展会場から屋外展示場に出入りする箇所が手動ドアです。今回チェックした限り、車椅子で問題があるポイントはこの2か所だけでした。

埼玉県立近代美術館

スロープが多い

館内はエレベーターあり。障害者用トイレあり。基本的には車椅子での利用に大きな問題はありません。

B1が一般利用できる展示ホール。1Fが年に4回ほど展示替えがあるコレクション展会場。2Fが年間6本ほど開催される企画展会場。3Fが資料閲覧室です。

そもそもバリアフリー設計ではないので、スロープ対応の箇所が多い美術館です。

埼玉県立近代美術館

レストランは車椅子利用可

1Fにはミュージアムショップとレストランが入店。こちらも車椅子で利用できます。レストランは美術館半券の提示で5%OFFサービスあり。障害者手帳の提示で無料入館すると、半券はもらえません。

館内各所に美術館が蒐集したデザインに秀でた椅子があり、自由に鑑賞し、座ることができます。

レベルの高いコレクションを有しています。建物自体のデザインも素敵です。「埼玉県立近代美術館」は、車椅子で利用できる美術館です。