神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

2019年10月にリニューアルオープンした「神奈川県立美術館鎌倉別館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2020年2月の取材に基づいています。

 

○神奈川県立美術館と鎌倉別館の歴史

神奈川県立美術館は、日本最初の公立近代美術館として、1951年に鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に開館。1966年には隣接して新館と学芸員棟が増築されました。

本稿で紹介する「別館」は、1984年に現在の地に開館しました。

2003年には「葉山館」が開館。この時点の神奈川県立美術館は「鎌倉館」「鎌倉別館」「葉山館」の3館体制になりました。

2007年に、鎌倉館新館が耐震性の問題で公開を停止。そして2016年に鎌倉館は閉館となりました。

2019年に鎌倉別館がリニューアルオープン。現在神奈川県立美術館は「葉山館」と「鎌倉別館」の2館体制です。

 

○鎌倉別館への車椅子でのアクセス方法

鶴岡八幡宮境内の北側、鎌倉駅と北鎌倉駅の中間付近に建つ美術館です。

鎌倉駅からは約1kmの距離。極端なアップダウンはないルートですが、鶴岡八幡宮の鳥居の先は、交通量の多い歩道のない道を進みます。

美術館には1台分障害者用駐車場が用意されています。利用は早い者勝ちの予約制です。美術館に電話で申し込みます。原則として利用は90分単位です。

美術館駐車場入口は扉が閉じられています。現地に着いたらインターフォンか、電話で到着を連絡します。スタッフが扉を開けて誘導していただけます。

美術館のエントランスは階段があり、段差回避スロープが用意されています。車椅子の場合、障害者用駐車場を利用したとしても、いったん扉の外に出直して、スロープを上ります。バリアフリールートは迂回路になるので、雨天の場合は30m以上屋根無しの区間を通ることになります。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○館内のバリアフリー状況

エントランス周辺はフラットな構造で車椅子での移動に問題はありません。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

館内への出入口の横に、チケット販売窓口があります。鎌倉別館の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。展示室入口で障害者手帳を提示する運用なので、チケット販売窓口に立ち寄る必要はありません。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

館内に入ると正面右側に総合受付、その先を左に進むと2Fへ上るエレベーターがあります。

1Fと2Fの構造で、各フロア内は車椅子で移動できるバリアフリー仕様です。

2Fの展示室内はスペースに余裕のあるフラットな空間です。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

今回取材時は20歳で夭逝した天才画家「関根正二展」が開催中でした。全ての展示品を車椅子から鑑賞できます。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○障害者用トイレの状況

1Fと2Fそれぞれに障害者用トイレがあります。2Fはウォシュレット無しのやや古い設備のトイレです。

1Fのトイレは新しく綺麗です。ユニバーサルベッドがあります。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

○カフェのバリアフリー状況

1Fのトイレの先に、カフェ「ピナコテカ」があります。出入口は手動ドア。店内は明るくフラットな構造で、可動式のテーブル席が用意されています。ドアを通過できれば、車椅子での利用は可能です。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド 

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド バリアフリー

大きなガラス窓から、お庭と屋外彫刻が楽しめます。

神奈川県立美術館鎌倉別館 車椅子利用ガイド  鶴岡八幡宮の賑わいを抜けた先の、鎌倉の閑静な住宅街にある美術館です。神奈川県立美術館鎌倉別館は、リニューアルでバリアフリーになりました。