いわむらかずお絵本の丘美術館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

いわむらかずお絵本の丘美術館

栃木県那珂川町にある美術館です。開館は1998年。絵本作家のいわむらかずお氏が、自ら建てた個人美術館で、館内はバリアフリー仕様です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

 

○山中の細道の先へ

アクセスは車です。えほんの丘、里山と紹介されていますが、感覚的には山中に建つ美術館です。

里山には「えほんの丘フィールド」「えほんの丘農場」があると紹介されていますが、この2つは車椅子での利用は困難なワイルドな施設です。

県道から山中への道へ入ります。美術館への道は、舗装路ですが途中から狭くなり、車のすれ違いができない区間が約1.5km続きます。ところどころにあるすれ違い可能な箇所を利用して、譲り合って運転して下さい。

美術館のかなり手前に、P4の案内があります。そのまま進むとP3、P2、そして美術館に最も近いP1があります。一般車両はP1までが進入可能域です。

P1から美術館エントランスまでは、傾斜のきつい坂道です。障害者用駐車スペースが1台分だけ、エントランスの横に用意されています。車椅子利用者は一般車両進入禁止の掲示板の横を通行して、障害者用駐車スペースを目指してください。駐車スペースは広く、車椅子で余裕をもって乗降できます。

いわむらかずお絵本の丘美術館

○エントランスは自動ドア

障害者用駐車スペースからは、ほぼフラットな舗装通路を移動して美術館エントランスに移動できます。出入口は自動ドアです。

いわむらかずお絵本の丘美術館

館内に入るとすぐ右側に障害者用トイレが1つあります。設備はシンプルですが、綺麗なトイレです。ユニバーサルベッドはありません。

受付で入館手続きを行います。いわむらかずお絵本の丘美術館は、観覧料の障害者減免制度はありません。

 

○展示室のバリアフリー状況

展示室は、子供向けのプレイルームが1室、展示室が3室あります。床面はフラットでスペースや通路幅は余裕があります。展示室内の車椅子での移動、展示の鑑賞に大きな問題はありません。

興味があれば大人でも十分に楽しめる展示ですが、基本的には子供向けの美術館です。小さな子どもを連れた家族の来館が多いようです。

 

○ショップとカフェのバリアフリー状況

受付の先の左側の一段低いフロアがミュージアムショップとカフェです。低いフロアへはスロープで移動します。

いわむらかずお絵本の丘美術館

ショップとカフェはスペースに余裕があり、かつフラットな床面で、車椅子で利用できます。

いわむらかずお絵本の丘美術館

いわむらかずお絵本の丘美術館

カフェの窓からは、美しい里山の風景を臨むことができます。

いわむらかずお絵本の丘美術館

車でアクセスして、障害者用駐車スペースを利用できれば、「いわむらかずお絵本の丘美術館」は車椅子で問題なく利用できる美術館です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)