富山湾を車椅子で空中散歩 新湊大橋あいの風プロムナード バリアフリー情報

富山県射水市の富山新港に架かる「新湊大橋」には、車椅子で散歩ができる歩道があります。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年5月の取材に基づいています。

 

○あいの風プロムナードの概況

新湊大橋は、観光地「海王丸パーク」がある富山新港に架かる、全長3.6km、主塔の高さ127mの、日本海側最大級の斜張橋です。

上部が車道、下部が無料歩行者通路で480mに及ぶ海上散策路です。

歩行者通路の愛称は「あいの風プロムナード」。2013年に開通したバリアフリー歩道です。橋の両側にエレベーターがあります。

新湊大橋の歩道は、自転車が利用出来る設計の生活道路です。橋が開通する以前の2013年5月まで、近隣住民は渡し船で通勤通学をしていました。自転車利用可の設備設計は、生活からの必然的なニーズに基づきます。

あいの風プロムナードの概況

○駐車場のバリアフリー状況

車椅子で空中散歩を楽しむなら、アクセスは車が便利です。

橋の両側に無料駐車場があります。

東側の「堀岡緑地」の駐車場は普通車33台を収容し、内2台分が障害者用駐車区画です。

西側の「海岸緑地」の駐車場は普通車20台を収容。障害者用駐車区画はありませんが、空いていれば問題なく利用出来るフラットな駐車場です。

駐車場には公衆トイレがあり、障害者用トイレが用意されています。

駐車場のバリアフリー状況

○エレベーターのバリアフリー状況

自転車の利用を前提にしている施設なので、駐車場からエレベーターまで、段差なく移動できます。

橋の両側にあるエレベーターは、自転車利用可の大型タイプです。したがって、車椅子での乗降も楽々余裕です。

ちなみに橋上の『あいの風プロムナード』では、自転車は押して歩くのがルールです。

 

○あいの風プロムナードのバリアフリー状況

眺望を楽しむことが設計の前提になっているので、足元からアクリル板で外部が観える構造です。車椅子からの低い目線でも、橋上からの眺望を楽しめます。

あいの風プロムナードのバリアフリー状況

無料でバリアフリーな「あいの風プロムナード」。歩道の全長は480m。往復すると約1kmあります。

「あいの風プロムナード」は中心部が最高地点になる傾斜歩道で、それなりの傾斜角度があります。どこまで行くか、どこで引き返すか、ご自身やご家族の体力に応じて判断して下さい。

富山県内では黒部ダムに次ぐ高さの構造物ということ。歩道の両側に窓があり、車椅子で富山新港からの眺望を楽しめます。

あいの風プロムナードのバリアフリー状況

○シンボルは帆船海王丸

隣接する「海王丸パーク」のシンボルは帆船海王丸。「あいの風プロムナード」から海王丸がよく観えます。海王丸が帆を広げた状態、総帆展帆の時がベストビューです。

シンボルは帆船海王丸

新湊大橋自体もビューポイントです。観光ガイドブックに掲載される海王丸パークからみる新湊大橋の写真は、総帆展帆の海洋丸の先に新湊大橋、そのバックが立山連峰です。これは天候条件が揃わないと観られない光景です。

シンボルは帆船海王丸

新湊大橋の「あいの風プロムナード」は、車椅子で海の上を散策できる、高さ47mの無料歩行者通路です。