車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

愛知県長久手市の「トヨタ博物館」は、車椅子で見学が可能なバリアフリー博物館です。現地の状況を詳しく紹介します。

本稿は2019年4月の取材に基づいています。

 

 

○クルマ館と文化館

開館30周年を迎える2019年に、本館と新館の名称が「クルマ館」と「文化館」に変りました。また「文化館」内に「クルマ文化資料室」が新設されました。

両館ともバリアフリー構造で車椅子での見学は可能です。

障害者用トイレはクルマ館の1F、文化館の1Fと3Fに用意されます。

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

○障害者駐車区画はクルマ館の裏側

アクセスは車が便利です。

300台以上を収容する無料駐車場があります。障害者駐車区画はクルマ館の裏側「P1」に8台分を用意。駐車場はやや下がった場所になるので、スロープを上りクルマ館1Fのエントランスに向かいます。その途中には屋外展示があります。

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

傾斜路が苦手な方、また雨天の場合は、エントランス前で車椅子利用者が乗降することは可能です。

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

○入館料の障害者減免制度

2019年4月現在の入館料は1,000円ですが、障害者手帳の提示で本人は300円に減免、介助者1名は無料に減免されます。

エントランスの自動販売機ではなく、有人窓口で入館手続きを行ってください。

 

○クルマ館1Fはシンボルゾーン

クルマ館1Fの「情報コーナー」および「ミュージアムレストラン」は無料エリアです。

有料エリアに入ると、1936年製「トヨタAA型」のレプリカの展示があります。専任のガイドスタッフがいるので、興味があれば詳しい解説を聞くことが出来ます。

クルマ館の2Fと3Fがメイン展示室です。障害者用トイレは1Fだけなので注意して下さい。

 

○2Fは1950年代までの車

トヨタ博物館のクルマ館は3フロア構造です。一般利用者はエスカレーターで上下階を移動。車椅子、ベビーカーは1基あるエレベーターの利用になります。

2Fは「自動車の黎明期から日本車の誕生」のフロア。蒸気自動車から1950年代のスポーツカーまでが展示されます。

フロア内はフラット構造で展示車両間の通路は広く、車椅子での見学に大きな問題はありません。

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

○3Fは1950年代以後の車

2Fから3Fへエレベーターで移動します。

3Fは「モータリゼーションの進展と多様化」のフロア。戦後の米国大型車両から最新車両までの展示です。

このフロアも車椅子で問題なく見学ができます。

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

車椅子で行くトヨタ博物館 バリアフリー情報

○文化館への移動ルート

次に「文化館」へ。文化館は別棟です。

1Fからいったん外部に出てアクセスすることもできますが、クルマ館と文化館は2Fが連絡デッキで結ばれています。

連絡デッキへは、クルマ館の有料エリアを出て「情報ギャラリー」に向かます。その先にエレベーターがあるので2Fへ移動。そこから先が連絡デッキで、文化館2Fへ直結します。

 

○文化館のバリアフリー状況

文化館は3フロア構造で、2Fは有料エリアです。2F入口で再度チケットを提示します。

2Fは企画展示室とクルマ文化資料室。フロア内はフラット構造で車椅子での見学に大きな問題はありません。

3Fは無料施設の「ライブラリー」。自動車関連の書籍などがあり閲覧できます。資料棚の間は少し狭いスペースになりますが、一般的な車椅子なら移動可能です。

1Fはミュージアムショップとカフェがあり、どちらもフラットでスペースに余裕があり、車椅子での利用は可能です。

 

 

クルマ館の展示車両は約140台。トヨタ博物館は、貴重な歴史的な車を車椅子で見学できる施設です。

車椅子で行く愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

2005年に開催された「愛知万博」の会場が公園として開放されています。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお、本稿は2019年4月の取材に基づいています。

 

 

○モリコロパークの概要

190haの広大な公園です。園内のおおよそ半分は森林や緑地で、サイクリングコースが整備され、園内バスが運行されます。

広さに加えて園内はアップダウンがあるため、車椅子で公園全体を散策するのはかなり大変です。

スポーツ施設、芝生広場、観覧車などがあり、池やお花畑が整備されています。見学施設としては「愛・地球博記念館」と「サツキとメイの家」があります。

園内の全てのトイレに障害者用が併設されています。

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

○アクセス方法

有料駐車場は3カ所。広い公園なので目的地に近い駐車場の利用が便利です。駐車場には、障害者用駐車区画の用意があります。

電車は愛知万博のために整備された「リニモ」が現在も運行しています。

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

○障害者減免制度

駐車料金は障害者手帳の提示で無料に減免されます。入場時にスタッフに手帳を提示する方式です。スタッフが不在の時は、ゲート精算機の呼び出しボタンを押してスタッフに連絡します。

「サツキとメイの家」の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ただし「サツキとメイの家」内は段差構造のため、車椅子での内部見学は出来ません。また「サツキとメイの家」は時間予約制です。定員に達した時間帯は入館できません。

大観覧車の利用料金は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が半額に減免されます。

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

○車椅子でのお薦めコース

車椅子で利用出来る施設は、お花畑と「愛・地球博記念館」です。園内北側にあるので、車利用なら「北駐車場」を利用。「リニモ」利用なら駅から公園北入口へ。そこから季節のお花や池を眺めながら「愛・地球博記念館」を見学するコースは、車椅子で無理なく移動できます。

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

○愛・地球博記念館のバリアフリー状況

「愛・地球博記念館」は入館無料です。エントランス周辺から館内にかけて、すべてフラットな構造で車椅子での利用に大きな問題はありません。館内に障害者用トイレの用意があります。

館内はアプローチ展示から始まり、ギャラリーやシアターとして6つの部屋があり、愛知万博の展示品や当時の映像を視聴できます。

「あの感動に、もう一度出会える場所」がキャッチコピーです。

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

愛地球博記念公園(モリコロパーク)バリアフリー情報

○園内の散策は体力の範囲で

広い園内は園内バスが通る舗装路が整備され、サイクリングロードがあります。車椅子でもその気になれば園内を一周することは可能です。

公園北口から「サツキとメイの家」まで、徒歩で約20分かかる距離があります。アップダウンもあるので、車椅子での園内散策は無理のない範囲で楽しんで下さい。

 

愛地球博記念公園(モリコロパーク)は、車椅子で利用出来る公園です。