蔵王ハイライン「お釜」車椅子観光ガイド バリアフリー情報

蔵王ハイライン お釜

宮城県と山形県の県境にある蔵王の「お釜」は、車椅子観光ができます。周辺の名所「駒草平」や「滝見台」などと共に、車椅子での蔵王観光の状況を紹介します。

蔵王ハイライン お釜

○蔵王ハイラインの障害者減免制度

ハイラインは日中営業時間帯は有料の道路です。HPや現地の料金所に案内はなにもありませんが、障害者減免制度があります。今回取材時は、身体障害者手帳の提示で通常550円が280円に減免されました。料金所で手帳を提示して減免措置をうけます。

蔵王ハイライン お釜

○駐車場のバリアフリー状況

車を蔵王ハイラインの終点まで進めます。山頂付近に近づくと、途中に第4から始まる駐車場があります。最も「お釜」に近いのは第1駐車場です。車椅子利用者専用の駐車区画が「蔵王山頂レストハウス」の入口横に2台分用意されています。駐車場スタッフに車椅子利用を申告して、誘導を受けてください。なおこの駐車区画の利用はレストハウスの営業時間内に限られます。

蔵王ハイライン お釜

○お釜へのバリアフリールート

レストハウス横の駐車場から「お釜」が見える展望台まで車椅子で移動可能です。レストハウスを正面からみて左側に進みます。そのままやや傾斜のある舗装路を上がります。1分から2分程度で展望台まで問題なく車椅子で移動できます。

蔵王ハイライン お釜

蔵王ハイライン お釜

今回取材時はガスが発生して「お釜」を見ることは出来ませんでした。またお釜付近は風が強いことが多く、気温は平地よりも10℃以上低いことが珍しくありません。特に身体障がいがある人は、夏場でも十分な防寒対策をするようにご注意ください。

蔵王ハイライン お釜

○レストハウスのバリアフリー状況

「お釜」観光の拠点「蔵王山頂レストハウス」はバリアフリー施設です。正面と裏側の2ヵ所の出入口は、それぞれ段差回避スロープが用意されています。

蔵王ハイライン お釜

蔵王ハイライン お釜

館内は2フロアでエレベーターがあります。各フロア内は目立つ段差はありません。

バリアフリートイレは1Fに1つあります。設備はシンプルなトイレでウォシュレットはついていません。個室の広さは一般的なサイズですが、今回取材時は室内外に掃除機などモノが多く置かれていて、やや利用に不便な状況でした。

 

○噴火口見学台の状況

お釜以外の観光スポットのバリアフリー状況を紹介します。

「蔵王山頂レストハウス」から蔵王ハイラインを少し下った地点に、噴火口を見学できる施設があります。ここは階段構造で、階段の下からは火口をのぞくことはできません。

蔵王ハイライン お釜

○駒草平の状況

更に蔵王ハイラインを下ると「駒草平」があります。「駒草平」内の散策エリアは、段差、デコボコがひどく車椅子での移動は困難です。

蔵王ハイライン お釜

蔵王ハイライン お釜

ただし道路横の舗装路面から、ある程度は駒草平を眺めることはできます。

蔵王ハイライン お釜

ここから遠目になりますが、噴火口を臨むことができます。

蔵王ハイライン お釜

○滝見台の状況

三階滝などを眺望する「滝見台」は、段差のある未舗装路を通行するので、展望スポットには車椅子では行くことが出来ません。今回取材時は、木々の葉が邪魔をして、駐車場からは滝を臨むことは出来ませんでした。

蔵王ハイライン お釜

蔵王ハイライン お釜

蔵王ハイライン お釜

車椅子では十分に観光ができないスポットはありますが、蔵王の「お釜」は車椅子観光が可能です。車椅子専用駐車場からお釜展望台までは、舗装路で70mほどの距離です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)