車椅子で行く富士見市 難波田城公園 バリアフリー情報

埼玉県富士見市の「難波田城公園」は、中世の城跡の復元、移築した古民家、そして資料館がある公園で、その多くの施設が車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

難波田城公園

○無料駐車場あり

「難波田城公園」は、中世にこの地で活躍した難波田氏の城館跡を整備して、2000年に開園した入園無料の公園です。アクセスは車が便利。無料駐車場が2か所用意されています。

難波田城公園

「城跡ゾーン」側の駐車場がメインで障害者用駐車区画の用意があり、障害者用トイレがある公衆トイレもあります。

難波田城公園

「古民家ゾーン」側の駐車場は狭く収容は4台ほど。満車の場合は隣接地に臨時駐車場となるスペースがあります。

難波田城公園

○「城跡ゾーン」はスロープ対応

「城跡ゾーン」側の駐車場から公園内に入る箇所はスロープあり。城館跡なので園内は「水堀」「土塁」「木橋」などがありますが、散策路は舗装され、段差箇所にはすべてスロープがあるので、全域を車椅子で散策できます。堀を臨む東屋も車椅子で利用できます。

難波田城公園

難波田城公園

○蓮池、菖蒲田あり

「城跡ゾーン」には「蓮池」「菖蒲田」があります。どちらも周囲は舗装されフラットなバリアフリー通路。車椅子での鑑賞は可能です。

難波田城公園

○「古民家ゾーン」もほぼバリアフリー

「城跡ゾーン」から「古民家ゾーン」へ移動します。「古民家ゾーン」は、散策路、広場などは未舗装面です。しかし固い路面でほぼフラットなので、多少のデコボコが我慢できるなら、ゾーン内のほとんどの場所を車椅子で移動することができます。

難波田城公園

○2軒の古民家と門、蔵

「古民家ゾーン」には、市内に残されていた明治時代の古民家2軒、表門1棟、穀蔵1棟が移築されています。

難波田城公園さらに古民家風の売店が1店あり、お土産やお団子が売られています。竹馬やコマなど、昔遊びができる用意もあります。

難波田城公園○古民家は立入可

古民家内へ立ち入ることが出来ます。入口の段差に雑な仕様ですがスロープがあり、頑張れば車椅子で土間に進むことができます。座敷に上がることもできますが、段差の上で土足禁止です。

難波田城公園

○展示室機能あり

表門と穀蔵は展示資料館機能付き。表門内は農具の展示があり、頑張れば車椅子で見学が可能です。穀蔵内は伝統行事などの展示がありますが、段差があり土足禁止なので、車椅子での立ち入りは出来ません。

難波田城公園

○資料館はバリアフリー

資料館は入館無料。常設展示室では、中世から近現代までの富士見市の変遷が展示解説されます。館内はすべて車椅子で利用可。障害者用トイレの用意はありますが、現時点ではウォシュレット無しのトイレです。

難波田城公園

難波田城館は、現公園の3倍以上の規模があったそうです。城跡、古民家の施設としては、とてもバリアフリーに整備されています。「難波田城公園」は車椅子で利用できます。

車椅子で行く秩父 アグリマルシェよこぜ バリアフリー情報

埼玉県横瀬町の「JAちちぶ アグリマルシェよこぜ」は、車椅子で買い物ができる産直ショップです。現地のバリアフリー情報を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

○国道299号線沿い

「JAちちぶ」が2017年に開業した大型産直ショップです。場所は横瀬駅から約1kmの国道299号線沿い。観光地羊山公園の近くになります。

新しいショップなのでバリアフリー。障害者用駐車区画の用意があります。

アグリマルシェよこぜ

○地域一番店

施設内全域バリアフリー、店舗出入口などに段差はありません。店舗は100坪強の広さがありフラット構造で、店内の通路幅は余裕があり、車椅子で楽に店内回遊ができます。秩父から芦ヶ久保にかけての観光エリアの中で、もっとも大きく、バリアフリーな産直ショップです。

アグリマルシェよこぜ

○障害者用トイレ有り

トイレは店舗の外側から利用するタイプで、障害者用トイレが有ります。広くて綺麗なトイレです。

アグリマルシェよこぜ

○ピザとソフトクリーム

店舗の外向きに、ピザとソフトクリームを販売する窓口があります。車椅子での購入が可能な高さの窓口です。

アグリマルシェよこぜ

道の駅も含めて秩父・芦ヶ久保エリアの中で、「アグリマルシェよこぜ」は最も車椅子で利用しやすい産直ショップです。

車椅子で行く秩父 西武秩父祭りの湯 バリアフリー情報

埼玉県秩父市。西武秩父駅直結の「西武秩父駅前温泉祭りの湯」は、2017年に誕生した日帰り温泉施設で、土産コーナーとフードコートは車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

西武秩父祭りの湯

○駅直結の日帰り温泉

西武秩父駅直結ですが、駐車場があるので車での利用も便利です。専用駐車場が満車で提携駐車場を利用しても、ややラフな路面や緩やかな傾斜路はありますが、車椅子での移動はそれほど辛くはありません。施設利用による駐車料金の減免サービスがあります。

西武秩父祭りの湯

○温泉内は車椅子不可

2017年の施設ですからバリアフリー設計です。温泉棟は2フロア構造で温泉は2F。エレベーターがあります。

館内は土禁で靴を脱いで利用します。車椅子利用者は、館内専用の車椅子に乗り換えての利用。杖は消毒をして館内で利用できます。

1Fの食事処は、広くてフラットなレストラン。2Fお風呂内の車椅子利用は不可。無駄な段差は少なく手摺があるなど、今どきの一般的なバリアフリー対応はあるので、介助歩行が可能な人なら入浴できます。

西武秩父祭りの湯

○プレミアムラウンジで宿泊可

有料の半個室タイプの「プレミアムラウンジ」があり、座席指定のリクライナーでゆっくりくつろげます。週末はここで宿泊することも可能。ただし車椅子利用者への特別な配慮はない設計です。

西武秩父祭りの湯

○物販エリアはバリアフリー

温泉施設以外に、入場無料の物販施設とフードコートがあります。

物販施設は「ちちぶみやげ市」。駅前から繋がる屋内施設です。施設内はフラットで、店内通路幅は余裕のある設定。車椅子での買い物は可能です。綺麗な障害者用トイレの用意があります。

電車利用のお客さんが多いので、レッドアロー出発時刻前は、レジが集中的に混雑する傾向があるようです。

西武秩父祭りの湯

○フードコートは混雑次第

物販エリアの先はフードコート「呑食処祭の宴」。「わらじかつ」のお店など7店舗と、専用テーブル席がある焼肉屋が入ります。

フードコートの設計はフラットでバリアフリーですが、一般的な通路幅なので、混雑時は奥のテーブルには車椅子では行くことが出来ません。またお店から買った商品を車椅子で運ぶ、特別なツールの用意はありません。空いていれば、車椅子での利用は可能なフードコートです。

西武秩父祭りの湯

日帰り温泉の入浴は、車椅子のための特別な設備はありません。物販施設はバリアフリーで、フードコートは空いていれば車椅子で利用できます。新しい施設なので「西武秩父駅前温泉祭りの湯」は、とても綺麗です。