車椅子で行く軽井沢タリアセン バリアフリー情報

塩沢湖の周囲に広がる複合リゾート「軽井沢タリアセン」。軽井沢らしい素敵な景観、洒落た洋館・美術館などからなる施設です。

しかしながら園内通路はオフロードで坂道あり、一部の施設は土足厳禁で階段構造ありと、車椅子での利用は苦戦します。主な施設の状況を詳しく紹介します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○アクセスと障害者減免

アクセスは車が便利です。駐車場は無料ですが、夏休みなどトップシーズンは有料で障害者減免はありません。

入園は有料で「ペンネ美術館」など別に入館料が必要な施設があります。料金は障害者手帳の提示で本人のみ半額に減免。また12月と1月は入園無料になり、別料金の施設の利用料も割引価格になります。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○中央ゲート付近はバリアフリー

ショップやレストランがある中央ゲート付近はバリアフリーです。障害者用トイレは「レストラン湖水」の中にあります。

このバリアフリーエリアからの眺めだけでも、軽井沢らしい素敵な景観を楽しむことができます。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

以下、車椅子では苦戦する主な施設を紹介します。

 

○「ことりがよぶ道」はデコボコ

中央ゲートほど近くから始まる「ことりがよぶ道」。素敵な名称の遊歩道ですが、車椅子では苦戦するデコボコルートです。「睡鳩荘」までの道のりは、車椅子ではかなり無理しての通行になります。ゆっくり慎重に車椅子を進めてください。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「睡鳩荘」は土禁でエレベーターなし

タリアセンの景観を引き締める素敵な洋館が「睡鳩荘」。昭和6年築のヴォーリス建築です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報ここは土足禁止でスリッパに履き替えての入館。1Fエントランス部はスロープ対応あり。車椅子を拭いて手動ドアを開けて入館します。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

館内1Fには、ヴォーリス建築風の障害者用トイレがあるので必見です。

2Fのバルコニーからの眺望は素晴らしいのですが、階段のみで車椅子では上れません。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「明治四十四年館」は急坂の上

「野の花美術館」と「レストランソネット」がある「明治四十四年館」は、明治44築の元軽井沢郵便局。ここへのアクセスは「睡鳩荘」横の「近道」からは階段路。「遊園地」経由のルートは急坂路。車椅子では近づくことが難しい場所です。

夏休みなどピーク時は隣接する「北口」がオープン。ただ「北口」から入ると、逆に車椅子で他のエリアに向かうのが困難です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「ペイネ美術館」は土禁、入口は段差あり

「ペイネ美術館」は軽井沢に最初に建てられた別荘を利用した施設。入口には段差があり、土足禁止です。館内の中二階へはスロープですが、車椅子には辛い急坂スロープ。館内1Fの通路も狭い。車椅子ではかなり苦労する美術館です。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

○「イングリッシュローズガーデン」は段差路を回避

6月から9月の間バラが咲き続ける「イングリッシュローズガーデン」。散策路を進むと段差路に誘導されますが、周回路なので平路を進んで下さい。帰りも同じルートです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

未舗装路もありますが、ここは車椅子でもなんとか通行できるデコボコレベルです。

軽井沢タリアセン バリアフリー情報

 

軽井沢タリアセンは、車椅子では苦戦する箇所が多いリゾート施設ですが、中央ゲート付近は無理なく車椅子で利用できます。

車椅子で行く軽井沢発地市庭バリアフリー情報

「発地市庭」の読み方は「ほっちいちば」。「発地」は地名で「市庭」は造語です。2016年に開業した農産物産直ショップと複数の食事処、イベントスペースなどがある郊外型施設。車椅子での利用に大きな問題はありません。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全域バリアフリー設計

広い駐車場、フラット路面、ワイド通路。施設全域が段差の無いバリアフリー設計。車椅子での利用に大きな問題はありません。

大規模な施設です。延床面積は2,000㎡超。ランダム且つ斜めに建つ列柱とうねる大屋根が印象的な外観。そのイメージは軽井沢の森や浅間山の尾根。新しい南軽のランドマークにふさわしい規模とデザインの施設です。

障害者用トイレは2か所に用意。広くて綺麗なバリアフリートイレです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○道の駅ではない

オーナーは軽井沢町で、運営は民間委託されています。

ビジネスモデルは完全に「道の駅」です。でも「道の駅」認定は受けていません。軽井沢町のスタッフが、2013年頃より全国の先進事例の研究に励み、計画を練ったとのことです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○ブランド名は「軽井沢霧下野菜」

「発地市庭」では野菜のブランド化に取り組んでいます。ブランド名は「軽井沢霧下野菜」で商標登録しています。

軽井沢は朝から発生した霧が野菜を優しく包み込む「霧下気候」の土地。そのため表面が霧に守られ豊富な水分を含んだみずみずしい野菜が育つ。「軽井沢霧下野菜」の幕やポスターがあちらこちらに掲示。地元軽井沢産の野菜が魅力な直売所です。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○野菜以外も高品質

野菜だけではなく、フルーツ、お菓子、ジャムなどの各種加工品、ソフトクリーム、地場産蕎麦など、「発地市庭」は高品質なコダワリの食が集まっています。

飲食店等は、ビュッフェレストラン、蕎麦屋、チーズ自慢のカフェ、豆腐工房。やはり高品質な軽井沢ブランドを志向しています。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○開放的な芝生広場

バリアフリーなデッキスペースで囲まれた施設です。建物横には開放的な芝生広場が設けられています。当初この芝生広場がバーベキュー場になる案内もありましたが、現時点までBBQの営業はなく、広場として活用されています。

 

 

軽井沢発地市庭は、車椅子で高品質な軽井沢ブランドの食を楽しめる、バリアフリー施設です。

車椅子で行く軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

軽井沢を代表するクラシックホテル「万平ホテル」は、宿泊、食事に限らず、ショップの利用、資料室の見学、周辺の散策などを楽しむことができます。万平ホテルのバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○アクセスと駐車場

万平ホテルは軽井沢駅から約2km。趣のある並木道を抜けた先に建ちます。車椅子利用者は車の利用が便利です。途中の並木道は広さに余裕がありません。対向車が来た場合は譲り合って通行してください。

駐車場は敷地内4カ所。夏休みや週末はかなり混み合い、広い乗降スペースの確保が出来ないこともあります。またホテルエントランスはやや高台なので、どの駐車場に停めても少し坂を上ります。駐車場混雑時は車椅子利用で苦戦する可能性があります。その場合は車寄せに行き、フロントスタッフに相談してください。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○館内全般のバリアフリー状況

クラシックな万平ホテルですが、リノベーションによりほぼ全館バリアフリー。車椅子で利用できるバリアフリーホテルになっています。障害者用トイレの用意もあります。

観光地軽井沢原点の施設。建物が放つ伝統の威厳。そして最高のおもてなし。宿泊、食事、喫茶、そして周辺散策。何をしても軽井沢を満喫できるホテルです。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○客室のバリアフリー状況

万平ホテルの客室は「アルプス館」「別館」「アタゴ館」「ウスイ館」があり、他にコテージが3棟あります。

この内、いわゆるバリアフリールームは「ウスイ館」に3室用意されています。ただしこの3室以外も、ほとんどの客室は無駄な段差はありません。障がいの状況によっては、幅広く客室を選ぶことができます。

別様のコテージには段差があります。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○レストランのバリアフリー状況

レストランは、メインダイニングと中華料理、そして和食のお店が本館内にあります。いずれもバリアフリー、車椅子で利用できます。

ジョン・レノンが愛したカフェにはスロープの用意があり、車椅子でテラス席が利用できます。

離れ別館の京懐石のお店は、エントランスまで石畳で、店内には段差があります。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○ショップのバリアフリー状況

本館1Fのショップは、フラットで通路幅にも余裕がありバリアフリーです。アップルパイ、ジャム、紅茶など、万平ホテルの逸品が販売されています。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○資料室のバリアフリー状況

資料室はアルプス館の横、パブリックスペースにある入場無料の施設です。

ジョン・レノン一家の写真や彼が気に入ったピアノ。田中角栄首相とキッシンジャー国務長官のツーショット。古き時代のパーティーメニュー。狭い空間ですが100年を超えるホテルの歴史が展示されています。

元々は段差構造であったと思われますが、すべてスロープ対応でバリアフリー。車椅子で見学できます。

軽井沢~万平ホテル バリアフリー情報

○車椅子でのハッピーヴァレイへの行き方

名所「ハッピーヴァレイ」は、別荘地の中にある石畳の一本道です。万平ホテルの近くにあるのですが、行き方が解りにくいので、現地でホテルスタッフに確認することをお薦めします。

段差を避けて車椅子で行く場合は、万平ホテルのコンベンションホールである「ザ・ハッピーヴァレイ」の横から回り込み、その先オフロードの横道を左折してください。30mほどオフロードを進むと、「ハッピーヴァレイ」の起点につきます。

素敵な道ですが、路面は石畳でゴツゴツなので、車椅子での通行は快適ではありません。道の起点付近で先を眺めて引き返すことをお薦めします。

 

 

軽井沢万平ホテルは、バリアフリーにリノベーションされたクラシックホテルです。一部の施設を除き、車椅子で利用できます。