河口湖 ほうとう不動東恋路店 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県富士河口湖町の個性的な外観が目立つ「ほうとう不動東恋路店」は、車椅子で食事が出来るほうとう専門店です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年12月の取材に基づいています。

河口湖 ほうとう不動東恋路店 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○車椅子でのアクセス方法

アクセスは車が便利です。駐車場は店舗の正面入口側と裏側、そして道を挟んだ第二駐車場があります。

障害者用駐車区画は、店舗の正面入口側に1台分用意されています。週末のランチタイムなど混雑時は、駐車場に誘導スタッフがいるので、車椅子利用を申告して誘導を受けて下さい。

河口湖 ほうとう不動東恋路店 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○店舗入口の段差回避方法

ドーム型店舗の通常の出入口は、一段の段差があります。

車椅子ではその横にある出入口の引き戸を開き、店内に入ります。通常は店舗スタッフが気付いてサッと誘導していただけます。

河口湖 ほうとう不動東恋路店 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○店内はテーブル席のみ

店舗はデザイナー建築ですが、店内のテーブルと椅子もデザイナーによる作品です。

座敷席はありません。全席テーブル席ですが、テーブルと椅子の形状は数種類あります。席を選べる状況であれば、ご自分やご家族の障がいの状況に応じて、車椅子で利用しやすい形状の席を選んでください。

河口湖 ほうとう不動東恋路店 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

ほうとう不動東恋路店

○障害者用トイレの状況

店内に障害者用トイレが1つ用意されています。

開店当初はドアが折り戸でしたがその後カーテン式に変更され、現在では一般的な車椅子なら十分に入ることが出来るトイレ内スペースが確保されています。(写真は開店当初の状況です)

ほうとう不動東恋路店

○ほうとう店では希少なバリアフリー店舗

山梨の郷土料理「ほうとう」を提供する専門店は多々ありますが、車椅子で利用しやすいお店はあまりありません。

出入口に段差がない店舗でも、席の過半がお座敷席のお店が主流です。また障害者用トイレがある店舗はほとんどありません。

河口湖の「ほうとう不動東恋路店」は、フラットな店内に、テーブル席が約300席、そして障害者用トイレがある、希少な「ほうとう専門店」です。

ほうとう不動東恋路店

近年は団体客や海外からのお客様が増えて、混雑することが多くなりました。「ほうとう不動東恋路店」は、富士山を仰ぐ人気のバリアフリー店舗です。

バリアフリーな一軒家レストラン 地魚料理 魚敬三浦海岸本店

「魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店」は、神奈川県三浦半島の東京湾を臨む三浦海岸にある、車椅子で利用できる一軒家レストランです。お店のバリアフリー状況詳しく紹介します。

なお本稿は2019年12月の取材に基づいています。

魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店

○お店の場所

三浦海岸駅から約900m。目の前は海水浴場になる三浦海岸の砂浜です。

地魚料理 魚敬三浦海岸本店

お店の近くに広い無料駐車場があります。障害者用駐車区画はありませんが、混雑していなければ車椅子での乗降に問題はありません。

地魚料理 魚敬三浦海岸本店

駐車場からお店まで30mほど車道を通ります。車椅子で通行出来る舗装路ですが、ガードレールがなく、車両の交通量はそれなりにあるので、注意して移動して下さい。

地魚料理 魚敬三浦海岸本店

○エントランス周辺のバリアフリー状況

お店は1Fがレストラン、2Fが宴会個室で、2Fへは階段の利用になります。

1Fレストランの入口は、正面左側に段差回避スロープがあります。

魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店

店舗入口のドアは、1枚目が自動ドア、2枚目は手動開閉ドアで、段差なく店舗内に移動できます。

魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店

○レストラン内のバリアフリー状況

店内はフラット構造で、可動式のテーブル席が配置されています。

またスペースに余裕がある障害者用トイレが1つ用意されています。ユニバーサルベッドはありません。

魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店

他に分煙のための喫煙ルームが用意されています。

店内の窓から三浦海岸と東京湾を眺めることが出来ます。

魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店

「魚敬 地魚ダイニング 三浦海岸本店」は、車椅子で美味しい魚料理を楽しめるバリアフリーレストランです。

印旛沼漁協直営レストラン 水産センター バリアフリー情報

千葉県成田市の印旛沼にある「漁協直営レストラン水産センター」は、安くて旨い鰻が自慢のお店です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年4月の取材に基づいています。

印旛沼漁協直営レストラン 水産センター 

○アクセスは車

印旛沼に近い水産センターにあるレストランです。

60台を収容する広い無料駐車場があります。障害者用のスペースはありませんが、フラットな舗装路面なので、空いていれば車椅子での利用に苦労することはない駐車場です。

 

○店舗内へはスロープで

店舗の入口は段差があります。

ややラフな構造ですが、簡易的な段差回避スロープが設置されています。

一般的な車椅子利用者と介助者なら、快適ではありませんがなんとか利用出来るスロープです。

 

○半分はテーブル席

店内はテーブル席と小間上がり座敷席がほぼ半々あります。

テーブル席は一般的な可動式なので、車椅子での利用は可能です。

 

○障害者用トイレはなし

障害者用トイレはなく、設備が古い洋式トイレがあります。

安い旨いが自慢ですが、早くはありません。一般的な鰻屋さんと同じように、料理の提供にはある程度時間がかかります。

 

○レストランメニュー

メニューは、鯉、鯰、ドジョウ、川エビ、そして鰻です。鯰の天丼など、珍しいお料理メニューがあります。

鰻は印旛沼でとれた天然ものではなく、この地でシラスから育てられた養殖ものです。

鯉、鯰、ドジョウ、川エビなどは、印旛沼で捕れた天然ものです。店内にはイイ匂いが漂います。

お土産もあります。店内入口近くのショーケースには、鰻の骨揚げ、鰻の煮込み、季節ものの生きた川カニまでもが販売されていました。

 

○印旛沼の漁業の状況

印旛沼の漁業は衰退の一途をたどっているそうです。

それでも取材時点では、漁協の登録者は兼業者が多いながら200名以上います。

この鰻の養殖事業者は、今では少なくなった漁業専従者ということです。

印旛沼の漁業

車椅子利用者は、トイレは別の施設で借りてから、沼の漁協レストランを利用して下さい。