印旛沼漁協直営レストラン 水産センター バリアフリー情報

千葉県成田市の印旛沼にある「漁協直営レストラン水産センター」は、安くて旨い鰻が自慢のお店です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年4月の取材に基づいています。

印旛沼漁協直営レストラン 水産センター 

○アクセスは車

印旛沼に近い水産センターにあるレストランです。

60台を収容する広い無料駐車場があります。障害者用のスペースはありませんが、フラットな舗装路面なので、空いていれば車椅子での利用に苦労することはない駐車場です。

 

○店舗内へはスロープで

店舗の入口は段差があります。

ややラフな構造ですが、簡易的な段差回避スロープが設置されています。

一般的な車椅子利用者と介助者なら、快適ではありませんがなんとか利用出来るスロープです。

 

○半分はテーブル席

店内はテーブル席と小間上がり座敷席がほぼ半々あります。

テーブル席は一般的な可動式なので、車椅子での利用は可能です。

 

○障害者用トイレはなし

障害者用トイレはなく、設備が古い洋式トイレがあります。

安い旨いが自慢ですが、早くはありません。一般的な鰻屋さんと同じように、料理の提供にはある程度時間がかかります。

 

○レストランメニュー

メニューは、鯉、鯰、ドジョウ、川エビ、そして鰻です。鯰の天丼など、珍しいお料理メニューがあります。

鰻は印旛沼でとれた天然ものではなく、この地でシラスから育てられた養殖ものです。

鯉、鯰、ドジョウ、川エビなどは、印旛沼で捕れた天然ものです。店内にはイイ匂いが漂います。

お土産もあります。店内入口近くのショーケースには、鰻の骨揚げ、鰻の煮込み、季節ものの生きた川カニまでもが販売されていました。

 

○印旛沼の漁業の状況

印旛沼の漁業は衰退の一途をたどっているそうです。

それでも取材時点では、漁協の登録者は兼業者が多いながら200名以上います。

この鰻の養殖事業者は、今では少なくなった漁業専従者ということです。

印旛沼の漁業

車椅子利用者は、トイレは別の施設で借りてから、沼の漁協レストランを利用して下さい。

茨城の産直 ポケットファームどきどきつくば牛久店 バリアフリー情報

茨城県牛久市の「ポケットファームどきどきつくば牛久店」は、2010年に誕生した車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2018年7月の取材に基づいています。

 

○施設の全体構成

広い敷地に複数の施設がある「JA全農いばらき」の産直ショップです。

直売所は大型店舗で、農産物の他に、精肉、精米、惣菜コーナーなどがあります。

ビュッフェ形式の一軒家レストランがあり、ランチタイム営業をしています。

バーベキュー施設は完全予約で、手ぶらでも、持ち込みでも利用できます。

施設全般、段差構造がないフラット設計です。

この他にソーセージなどを作る「手作り体験教室」施設、土づくりから始める「体験農園」施設があります。

施設の全体構成

○アクセス方法

徒歩圏内に駅はありません。車の利用が便利です。

広い駐車場があり、直売所の入口前に屋根無しの障害者用駐車区画があります。スペースに余裕がある駐車区画です。

 

○障害者用トイレの状況

障害者用トイレは直売所棟にあり、外側から利用するトイレです。

トイレ内スペースは十分にあります。

ポケットファームどきどきつくば牛久店

○直売所のバリアフリー状況

店内はフラットで広く、通路幅は余裕があります。車椅子での買い物に大きな問題はありません。農産物の売場がメインです。

精肉コーナーは茨城の「常陸牛」や「ローズポーク」が対面販売で売られています。ハム・ソーセージなどの加工品も充実しています。

店内の一角に惣菜屋さんが出店しています。ショップ名は「創菜ya」。コンセプトがそのままショップ名称になっています。弁当類もあり、ここでお弁当やお惣菜を買って、屋外のベンチやテーブルでいただくことが出来ます。

店内には「精米工場」という一角があり、複数の地元ブランド米をその場で精米して販売します。お米のブランド毎の特徴が記された説明書きがあり、お好みのお米を選べます。

この精米したてのお米は、レストランでも利用されているそうです。

直売所のバリアフリー状況

○レストランのバリアフリー状況

レストランは11時オープンです。

旬の野菜料理を中心にしたビュッフェレストランで、アルコール類はありません。

地場産の野菜を中心に、体に優しいメニューが人気です。

料理を持ってくる必要がありますが、フラットな構造でスペースに余裕があるテーブル席なので、車椅子で利用できます。

 

○バーベキューコーナーのバリアフリー状況

2018年に増設された施設です。屋内のバーベキュー施設なので、雨天でも利用できます。

席は車椅子仕様ではありませんが、床面はフラットなので、車椅子での利用は可能です。

バーベキューコーナーのバリアフリー状況

ポケットファームどきどきつくば牛久店は、車椅子で利用し易い産直ショップです。

羽生水郷公園・さいたま水族館・キヤッセ羽生 バリアフリー情報

埼玉県羽生市には「羽生水郷公園」、隣接して「さいたま水族館」、道を渡り「キヤッセ羽生」と、3つの施設が並ぶ観光エリアがあります。車椅子からみた各施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年9月の取材に基づいています。

羽生水郷公園

○駐車場の選択とバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。駐車場の利用は無料です。

「羽生水郷公園」と「さいたま水族館」を利用する場合は、水郷公園の「北側駐車場」の利用が便利です。

駐車場の選択とバリアフリー状況

駐車場のもっとも「さいたま水族館」に近い場所に、障害者用駐車区画が8台分ほど並んで用意されています。

駐車場の選択とバリアフリー状況

駐車場の選択とバリアフリー状況

水郷公園にはもう一つ「南側駐車場」があります。「花の広場」には近い駐車場です。

「キヤッセ羽生」は、水郷公園の「北側駐車場」から道を挟んだ反対側にあります。「北側駐車場」から徒歩で移動出来る距離です。ただし、この間の歩道は舗装路ですがデコボコが激しく、車椅子での移動は快適ではありません。また駐車場内の車道を通り「キヤッセ羽生」に向かうと、最後の出口箇所に段差があります。車で移動して「キヤッセ羽生」の駐車場を利用することをお薦めします。

「キヤッセ羽生」の障害者用駐車区画は、産直ショップ「むじなも市場」前の駐車場に1台分あります。

キヤッセ羽生の障害者用駐車区画は

もう一か所はわかり難い場所ですが、「地ビール工房」の裏側の見えにくい場所に1台分あります。

キヤッセ羽生の障害者用駐車区画

○障害者用トイレの状況

「羽生水郷公園」には6つの公衆トイレがあります。そのすべてに障害者用トイレがあります。

「さいたま水族館」には、水槽展示がある「本館」内に1つ、別棟「特別展示室棟」の外側から利用するトイレに1つ、障害者用トイレがあります。

「特別展示室棟」トイレの設備は新しく、大型のベッドの用意があります。

障害者用トイレの状況

障害者用トイレの状況

「キヤッセ羽生」は事務所棟と「むじなも市場」棟に、外側から利用する男女別トイレがあります。どちらのトイレも、男女別トイレの中に、車椅子が入る大きなサイズの個室が用意されています。独立個室の障害者用トイレはありません。

障害者用トイレの状況

障害者用トイレの状況

障害者用トイレの状況

○羽生水郷公園のバリアフリー状況

「三田ヶ谷池」を中心に複数の池や水路があり、そのなかに広場などがある公園です。地形としてほとんどアップダウンがなく、主要な散策路は舗装路です。道を選べば公園内の広範囲を車椅子で散策できます。

羽生水郷公園のバリアフリー状況

羽生水郷公園のバリアフリー状況

羽生水郷公園のバリアフリー状況

「水鳥の池」と「宝蔵寺沼」の間をつなぐ、木製の橋があります。段差解消部は雑な造りで、かなりデコボコな箇所もありますが、無理をすれば車椅子で通行できる水上の橋です。

羽生水郷公園のバリアフリー状況

天然記念物「ムジナモ」が自生するエリアは立ち入り禁止です。見学用の展望デッキがありますが、階段を上がります。

 

○さいたま水族館のバリアフリー状況

有料の施設ですが障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。窓口で手帳を提示して、無料入館券の発行を受ける運用です。

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館の入館券の印刷内容は複数のパターンがあり、それぞれ違う生物の紹介情報や、水族館の情報などが掲載されています。

さいたま水族館のバリアフリー状況

淡水魚の展示水槽が並ぶ展示です。館内の通路はほとんどがフラットで、2か所ある段差箇所にはスロープがあります。

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

各水槽の前には、低い踏み台機能を果たす段差が設けられています。車椅子での水槽鑑賞は、この段差の手前からになります。

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

屋外にも展示コーナーがあります。ほとんどの段差箇所には迂回スロープがあります。「チョウザメ池」には、階段を下りて池の水中を横から見学する場所があります。ここにはスロープはありません。

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

さいたま水族館のバリアフリー状況

○キヤッセ羽生のバリアフリー状況

正式名称は「羽生市三田ヶ谷農林公園」です。体験農園エリアや「四季の丘」などのアウトドア施設は、未舗装で傾斜やデコボコがあります。

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

体験棟やビール工房施設もありますが、車椅子で利用する施設としては、産直ショップの「むじなも市場」と、食事処です。

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

「むじなも市場」のエントランスおよび店内には、決定的な段差箇所はありません。出入口は手動の開き戸で、小さな段差はあります。店内通路は、車椅子で通行できる幅が確保されています。

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

食事処「むじな庵」は、小さな段差は各所にある施設ですが、車椅子で利用できない決定的な段差はありません。席を選べば車椅子での利用は可能です。

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

屋外バーベキュー広場はフラット構造ではありませんが、車椅子で利用できるレベルのデコボコ路面です。

キヤッセ羽生のバリアフリー状況

羽生水郷公園、さいたま水族館、キヤッセ羽生は無理をしない範囲で、車椅子で利用できる施設です。人気のエリアなので、週末は混雑に注意して下さい。