浜焼きの名店 九十九里浜茶屋向島 バリアフリー情報

千葉県九十九里町の「浜茶屋向島」は、障害者用トイレがある浜焼きの名店です。お店のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2017年12月の取材に基づいています。

 

・安い旨い、焼いて楽しい

九十九里海岸にあるお店です。お刺身、いわしフライなどのお料理が美味しい。各テーブルにはコンロがあり、ハマグリやイカ、丸干しなどを焼いて美味しい。安い、旨い、楽しいで大人気です。お店の入口に行列が出来ることも珍しくありません。

浜茶屋向島

・車椅子では1Fのテーブル席狙い

お店の周囲が駐車場。店舗正面入口の前が障害者用の駐車スペースです。混雑日には駐車場の誘導スタッフがいるので、車椅子利用の旨を申告相談してください。

店舗への入り口はスロープ。店内の席は、1Fの半分がお座敷、半分がテーブル席。そして2F席。2Fへは階段のみ。したがって車椅子では、1Fのテーブル席の利用になります。

 

1Fに障害者用トイレあり

障害者用トイレはあります。設備はやや古く広さもいま一つですが、実用に耐えるトイレです。

 

・予約がお薦め、先ずは相談を

空いていれば何の問題もないのですが、混雑日の混雑時間帯の場合、車椅子利用可能席が1Fの半分だけなので、運が悪いと長時間待つことになります。

車椅子利用者はどうするべきか、お店の人に聞きました。その日の混雑予想、利用時間、利用人数などにより予約を受けられない場合もあるそうですが、予定が決まったら連絡をして下さい、ということです。先ずは電話をしてみましょう。

浜茶屋向島

・クーポン券は制度が変りました

永年にわたりホームページにあるクーポン券での「丸干し」サービスがありました。現在では「焼きはまぐりを注文の方に限り」のサービスになっています。

九十九里の浜茶屋向島は、上手に利用すれば車椅子で美味しいお食事が楽しめます。

天体観測・食事・産直 バリアフリーな複合施設 加須未来館

埼玉県加須市の利根川沿いにある「加須未来館」は、車椅子で利用出来る複合施設です。施設の内容と現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2014年の取材で初稿を執筆し、2019年8月に加筆修正しました。

 

○どんな施設か

「加須未来館」はスーパー堤防の上に建ち、雄大な利根川の流れと、周辺の自然環境を眺望できる施設です。ゴールデンウィークの加須市恒例イベント「ジャンボこいのぼり」の会場はすぐ近くです。

館内にはプラネタリウム、天体観測室、科学実験室などがあります。

また農産物加工室、調理実験室、レストラン、産直ショップなど食に関わる施設があります。

雄大な利根川の流れと、周辺の自然環境を眺望できる施設です。

○車椅子でのアクセス方法

アクセスは車です。50台以上を収容する無料駐車場があります。

一般駐車場はスーパー堤防の下にあり、そこから加須未来館へは階段を上がります。そのまま道なりに堤防の上まで進むと、そこにも駐車場があります。取材した時点では、障害者用駐車区画が2台分と、一般駐車区画が10台分程度ありました。

堤防の上の駐車場から館内へはフラットな動線で、車椅子で問題なく移動できます。

 

○館内及び障害者用トイレの状況

加須未来館は3フロア構造で、屋上部の一部が「屋外観察スペース」になっています。

エレベーターがあり車椅子での1Fから3Fまでの上下階移動は可能ですが、「屋外観察スペース」へは階段のみです。

各フロア内はフラット構造で、車椅子での利用は可能です。

障害者用トイレは1Fと2Fに用意されます。この内1Fの障害者用トイレは、内部が変形構造で一部出っ張っている箇所があり、大型の車椅子ではやや利用し難い構造です。

 

○1Fの主な施設の状況

プラネタリウムの入口は1Fです。有料ですが障害者手帳の提示で本人と介助者1名の観覧料が無料に減免されます。プログラムは土日で1日3回の上映。平日は1回です。

1Fの「レストランコスモ」は、フラットでスペースの余裕がある店内に可動式のテーブルと椅子席を配置したレストラン。車椅子での利用は可能です。加須名物のうどんメニューなどがあります。

エントランスから広がる「交流ホール」には、宇宙に関わる展示物が置かれています。

 

○天体観測室は車椅子可

2Fは実験室などがあるフロアです。他にテラスがあります。

3Fが「天体観測室」です。傾斜型のドームで、現地の案内では車椅子のまま宇宙観測が出来ると紹介されています。

 

○産直ショップのバリアフリー状況

農産物直売所は別棟です。

場所はスーパー堤防の下。一般駐車場の隣です。したがって車椅子利用者は、下の駐車場へ車で移動して産直ショップを利用します。

大きなお店ではありませんが、車椅子での買い物ができる通路幅と店内スペースは確保されています。

 

「加須未来館」は、雄大な利根川の流れを楽しめる車椅子で利用出来る複合施設です。

旅客機が頭上を飛ぶ産直ショップ 空の駅風和里 バリアフリー情報

千葉県芝山町、成田空港の近くにある産直ショップ「空の駅風和里(ふわり)」は、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年8月の取材に基づいています。

 

○障害者駐車区画は店舗の横

アクセスは車です。緩やかな傾斜地に建つ施設で、一般駐車場は店舗棟よりも低い位置にあり、スロープを上り施設へ向かいます。

スロープを上り施設へ向かいます

障害者用駐車区画は一般駐車場とは別に、店舗棟の横に2台分用意されます。ここを利用出来れば、傾斜路を通らずに店舗へ移動できます。

障害者駐車区画は店舗の横

○施設の全体構成

一般駐車場の横には小型プロペラ機が展示されています。

一般駐車場の横には小型プロペラ機

店舗は農産物直売所と「レストランFUWARI」。そしてBBQガーデン、芝生広場があります。

トイレは農産物直売所とレストランの間にあり、外から利用するタイプ。障害者用トイレは1つ用意されます。

トイレは農産物直売所とレストランの間

2012年にオープンした施設です。全体的に車椅子で利用できない決定的なポイントはありません。

 

○農産物直売所のバリアフリー状況

約200軒の農家が地物商品を納めます。店内はフラットで、通路は車椅子で通行できる幅が確保されています。混雑していなければ、車椅子での買い物は可能です。

「ふわりベーカリー」のコーナー、イートインコーナーがあり、車椅子で利用できます。無料のお茶サービス機も利用できます。

農産物直売所のバリアフリー状況

○レストランのバリアフリー状況

「レストランFUWARI」はバイキングレストラン。店内はフラットで可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

人気店で週末のランチタイムは、よくウェイティングがかかります。車椅子で利用出来る待合コーナーは特に用意されていません。順番が来ると施設全体に流れる放送で呼び出すので、離れた場所で待つことは可能です。

 

○頭上を飛行機が横切る

空の駅風和里の最大の特徴は、頭上を飛行機が飛ぶことです。成田空港から離陸した直後の飛行機が、日中なら5分おき程度で頭上横切ります。ほぼ真下から機体を見上げるポジションです。もちろん爆音が鳴るので、大きな音量が苦手な障がいのある人はご注意ください。

 

空の駅風和里は、千葉の美味しい農産物と出会えて、車椅子から離陸直後の飛行機を見上げることが出来る、バリアフリーな産直ショップです。