三重県総合博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

三重県津市にある「三重の自然と歴史・文化に関する資料を収蔵している」施設です。開館は2014年。バリアフリーな車椅子で観覧できる博物館で、観覧料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。

津駅からは徒歩25分の案内。来館者用の無料駐車場があるので、アクセスは車が便利です。三重県総合博物館は雨天でも濡れずのアクセスできます。雨天時のルートを詳しく紹介します。

三重県総合博物館は「総合文化センター」の一角にあり、利用できる駐車場が複数あります。雨天時のルートは「立体駐車場A-3」の1F または2Fの身障者用駐車スペースを利用し、そこから駐車場内のエレベーターを利用して屋上階に上がります。屋上階のエレベーターホールから三重県総合博物館のエントランスまで、道路を横断する屋根付きの連絡橋が整備されています。三重県総合博物館前のA-2駐車場、立体駐車場A-3の屋上階には屋根がないのでご注意ください。

三重県総合博物館

三重県総合博物館の館内はバリアフリー設計です。受付は2Fで展示室は3F、両フロアにバリアフリートイレがあり、エレベーターが1基あり上下階移動できます。

三重県総合博物館

常設の「基本展示室」は三重の自然と歴史、文化などを紹介。企画展示室では2023年度は年間4本の企画展が開催されます。車椅子から見難い気になる展示はありませんでした。三重県総合博物館は車椅子で観覧できるバリアフリーな施設です。

三重県総合博物館

(本稿は2023年6月に執筆しました)

日立市郷土博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

茨城県日立市の郷土博物館です。かねみ公園の入口に1975年に開館しました。スペースに余裕がある大型の施設で、無料公開されています。

傾斜路に建つ施設で一般の駐車スペースからは傾斜路を上がります。身障者用駐車スペースは、ややわかりにくい場所ですが、エントランスの横に設けられています。

日立市郷土博物館

身障者用駐車スペースからはフラットな舗装路面を通り郷土博物館に入館できます。

日立市郷土博物館

出入口はフラットな構造の自動ドアです。車椅子で問題なく入館できます。

日立市郷土博物館

入館すると広々としたロビーがあります。展示室は1F と2F の2フロアです。日立の歴史、民俗や産業が紹介されています。

日立市郷土博物館

業務用を兼ねる大型のエレベーターが一般利用できます。車椅子で問題なく上下階移動できます。

日立市郷土博物館

2Fには彫像が展示された展望ロビーがあり、日立市街の眺望を楽しめます。

日立市郷土博物館

バリアフリートイレは1F にあります。一般的なサイズの個室でウォシュレット付き便器が、オストメイト装置が備えられています。とても綺麗なトイレです。

日立市郷土博物館

日立市郷土博物館は車椅子で観覧できるバリアフリーな施設です。

(本稿は2023年5月に執筆しました)

すぐ近くにある「かねみ動物園」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ぜひご覧ください。

観音崎自然博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

神奈川県横須賀市鴨井、観音崎公園内にある博物館です。開館は1953年。「東京湾集水域と三浦半島の自然と人をつなぐ博物館」として半世紀以上の歴史があり、「観音崎に残っていた希少海岸植物を増殖し、博物館の庭への植栽事業や三浦半島における水生昆虫、両生類等、淡水域に生息する水生生物の調査もおこなって」いる「リアルな自然と生態」が体感できる博物館と自己PRしています。

観音崎自然博物館

アクセスは車が便利。観音崎公園第5駐車場の利用が便利です。観音崎公園駐車場は駐車料金の障がい者減免制度があり、有料日でも無料に減免されます。第5駐車場には身障者用駐車スペースが1台分設けられています。そこから傾斜路を通り段差回避して博物館のエントランスに移動できます。

観音崎自然博物館

博物館の横はレストラン&ワインショップが営業しています。

観音崎自然博物館

博物館の出入口は手動ドアですが、今回取材時は開放されていました。段差なく館内に入館できます。ただし館内にバリアフリートイレはありません。

観音崎自然博物館

観音崎自然博物館の入館料は障がい者減免制度があり、本人の入館料が16歳以上は100円に減免されます。

館内は段差のない構造で、通路幅は余裕があります。車椅子での移動、展示解説の鑑賞は可能です。

観音崎自然博物館

館内から手動ドアを通り屋外の「タッチプール」に行くことができます。ドアは狭く路面は傾斜がありますが、車椅子でもなんとか移動できます。タッチプールの周囲はフラットな舗装路面です。

観音崎自然博物館

ヒトデなどがいるタッチプールの高さは低く、車椅子で手が届きます。車椅子で海の生物を体感できる施設です。

観音崎自然博物館

タッチプールの先は芝生広場です。東京湾の眺望を楽しめます。

観音崎自然博物館

芝生広場にはハンモックや記念撮影ポイントが用意されています。タッチプールから車椅子で芝生広場へ移動できます。

観音崎自然博物館

館内の展示物の高さは低く、車椅子から見難い気になる展示はほとんどありません。

観音崎自然博物館

小型水槽は車椅子目線でしっかり観察できます。

観音崎自然博物館

標本展示も車椅子から見やすい展示です。

観音崎自然博物館

歴史ある博物館なので、ハード構造は今どきのバリアフリー設計ではありませんが、観音崎自然博物館は車椅子で観覧できる施設です。ただしバリアフリートイレはないので、注意してください。

(本稿は2023年5月に執筆しました)

綺麗なバリアフリートイレがある「観音崎パークセンター」を別稿で掲載しています。ご参照ください。