人混みを避けてお出かけ 埼玉県の駐車場がある屋外型バリアフリー施設

密閉、密集、密接を避けることができる、埼玉県の穴場スポットお出かけ情報です。

駐車場があり、ピークを避ければ混雑を回避でき、車椅子やベビーカーで利用できるバリアフリーな公園、観光地、神社などをピックアップしました。

 

上尾丸山公園(上尾市)

面積は約15ha。昭和53年に開園した2.4haの大きな池がある、水と緑豊かな自然公園です。北口駐車場には2台分障害者用駐車区画があり、駐車場から公園へは段差が完全に解消されたルートを通ります。施設全般、バリアフリー改修は進んでいます。

自然学習館と天体観測棟は屋内型施設です。

上尾丸山公園

 

鷲宮神社(久喜市)

2007年アニメのヒットで話題になった神社で、一時期は混雑しましたが、祭典の日や正月以外は、極端な混雑はありません。

境内はほとんどが未舗装路面ですが、薄い砂利で固い路面なので、車椅子で移動できます。拝殿に段差はありません。車椅子で参拝できます。

鷲宮神社

 

久喜菖蒲公園(久喜市)

大きな池を中心に散策路が整備された公園です。釣りができる有料コーナーと無料コーナーがあります。池には大噴水があり、30分おきに10分間、音楽に合わせて姿を変えながら水面から噴水が上ります。

車椅子で釣りが出来る 久喜菖蒲公園バリアフリー情報

 

八丁湖公園(吉見町)

「八丁湖」は一周約1,600mの人造湖で、湖畔を巡る舗装された周回路がウォーキングコースになっています。多少のアップダウンはありますが車椅子で散策できます。

八丁湖公園

 

県営和光樹林公園(和光市)

20haの大きな自然公園です。樹林の周囲に整備された赤いウォーキングコースは、クッション性のある舗装路面で、車椅子で快適に移動できます。駐車料金は障害者手帳の提示で無料に減免されます。

県営和光樹林公園

 

聖天宮(坂戸市)

5千頭の龍が昇る台湾道教のお宮です。基本は段差構造ですが、要所にスロープが設置されているので、車椅子でお宮のほぼすべてを見学することができます。

屋内空間はごく一部で、ほとんどはオープン構造のお宮です。

聖天宮

 

新しい村(宮代町)

「山崎山」という里山を開発して、2001年に公園として開園しました。

市民農園や収穫体験が出来る田や畑、集会所、釣りが出来る調整池、芝生広場など、里山の景観を残した空間が広がります。

里山エリアは未舗装でアップダウンがあり、車椅子では無理のない範囲での利用になります。核施設として屋内施設の産直ショップ「森の市場結」と「森のカフェ」があります。

新しい村

 

難波田城公園(富士見市)

中世の城跡の復元、移築した古民家、そして資料館がある公園です。資料館は屋内型施設です。

お城の復元エリアはバリアフリーです。古民家エリアは未舗装ですが、固い路面なので気を付けて進めば車椅子で移動できます。

難波田城公園

 

奥秩父もみじ湖(秩父市)

山梨県との県境に近い山中にある人造湖です。整備された駐車場と公園のようなスペースがあり、車椅子で奥秩父の眺望を楽しめます。駐車場の横の崖に積まれた大きな岩積みは、見ごたえのある景観です。

奥秩父もみじ湖

 

ようばけ(小鹿野町)

「ようばけ」とは、秩父地方の方言で「陽の当たる崖」。高さ100m、幅400mに及ぶ地層の大露頭。国指定の天然記念物です。1,500万年前に堆積した地層が観察できます。

「おがの化石館」の駐車場に車を停めて、無理なく見やすい場所から見学します。

ようばけ

 

両神国民休養地(小鹿野町)

季節の花やハイキングが楽しめる自然公園です。公園内の奥深くに駐車場があります。福寿草園などがある方向へは、アップダウンはありますが舗装路が整備されています。フクジュソウの他には、早春のロウバイやヤマザクラ、ハナショウブなどが見事です。

両神国民休養地

 

大天白神社(羽生市)

神社と公園が一体化したような構造で、公園にある藤棚が見事です。中央の噴水池を囲むようにおよそ60本の紫と白の藤棚があります。例年GWの頃には、大和町町内会と観光協会の共催で「大天白藤まつり」が開催されます。

大天白神社

 

水城公園(行田市)

大きな池は「しのぶ池」。その周囲にフラットな舗装路があり、車椅子で散策できます。ただし公園内には段差箇所もあります。

「あおい池」は「ホテイアオイ」が栽培されている池です。この池の横も車椅子で通行可能な舗装路があります。季節には綺麗な花を楽しめます。

水城公園

 

古代蓮の里(行田市)

屋外公園の散策路は舗装路で極端な傾斜はなく、ほぼ全域を車椅子で散策できます。公園には蓮だけではなく、ロウバイ、梅、ボタン、桜など、多様な花木が植栽され、四季折々の花を楽しめます。蓮のトップシーズンでも、人混みになるほどの混雑には滅多になりません。

田んぼアートを眺望する展望室がある「古代蓮会館」は、屋内型施設です。

古代蓮の里

 

さきたま古墳公園(行田市)

9基の大型古墳がある「埼玉古墳群」を中心に整備された公園です。とにかく広いので、混雑に悩まされることは少ない公園です。古墳の間を通る平坦な舗装路から、車椅子で大型古墳の実物を観ることが出来ます。

「さきたま史跡の博物館」は、屋内型施設です。

さきたま古墳公園

埼玉の穴場的なバリアフリー屋外施設で、楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

神奈川県相模原エリア 車椅子バリアフリードライブコース

相模原には車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に楽しめる、ドライブでの立ち寄り先に適した施設や公園、産直ショップなど観光スポットを紹介します。

 

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原には宇宙研究開発機構(JAXA)のキャンパスがあります。その中にある、無料公開の展示館です。

JAXA宇宙科学探査交流棟

収容台数は少ないですが無料駐車場があります。

屋外展示は、実物または実寸大模型のロケット。屋内では月探査機や大気圏突入技術など、JAXAの活動が紹介されます。

JAXA宇宙科学探査交流棟

施設全般バリアフリー仕様で、車椅子で見学可能です。交流棟内には障害者用トイレがあります。

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原市立博物館

JAXA宇宙科学探査交流棟の隣接地にある博物館です。相模原の歴史民俗を紹介する常設展は無料公開。プラネタリウムは有料ですが、観覧料の障害者減免制度があります。

相模原市立博物館

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様で、車椅子での見学に大きな問題はありません。

市立の歴史民俗博物館としては、施設の設備、展示内容とも、ハイレベルな博物館です。

相模原市立博物館

相模川ふれあい科学館

相模川の自然を展示する施設です。魚類の展示が多いので、科学館というよりも水族館のような施設です。

相模川ふれあい科学館

無料駐車場があり、入館料の障害者減免制度があります。

ワンフロア構造のコンパクトな施設です。全館車椅子で見学できます。

相模川ふれあい科学館

相模湖記念館

ダム湖である相模湖の建設の歴史や意義を展示する無料施設です。相模湖の近く「相模湖交流センター」の2Fにあります。

相模湖記念館

駐車場は、観光シーズンは有料になりますが、障害者用駐車区画は年中無料で利用できます。

展示物は13種類。すべて車椅子で見学できます。展示は子供向けの内容です。

相模湖記念館

相模の大凧センター

江戸時代から伝わる、相模の大凧揚げ文化を紹介する無料施設です。公民館「れんげの里あらいそ」内にあります。

相模の大凧センター

吹き抜け構造のアトリウム天井に大凧を展示。1Fは大凧の解説展示。2Fは回廊ギャラリーに日本各地、世界各国の凧が展示されます。

1F、2Fとも車椅子で見学できます。

相模の大凧センター

女子美アートミュージアム

相模原には女子美術大学のキャンパスがあります。その中にある美術館で、年間6本程度の無料企画展が開催されます。

女子美アートミュージアム

一般来館者用の駐車場はありませんが、障害者用駐車区画が1台分用意されています。一般的には隣接する「相模原麻溝公園」の無料駐車場を利用します。

館内はバリアフリー仕様で、車椅子での展示室内の鑑賞は可能です。

女子美アートミュージアム

相模原麻溝公園

相模原には大きな公園があります。その一つがここで、障害者用駐車区画がある無料駐車場があります。

相模原麻溝公園

広さは21ha。高さ38mの展望台「グリーンタワー相模原」は、エレベーターがあり車椅子で利用できます。

丘陵の公園なので、散策路はゆっくりした傾斜があります。

散策路の路面など、設備面では老朽化が進んでいます。この点を除けば、車椅子で散策ができる公園です。

相模原麻溝公園

神奈川県立相模湖公園

相模湖畔の公園です。駐車料金は障害者手帳の提示で1時間無料になります。

神奈川県立相模湖公園

園内の段差箇所にはスロープがあり、障害者用トイレがあります。

相模湖を眺めながら、車椅子で散歩を楽しめる公園です。

1964年の前回東京オリンピックでは、カヌー競技の会場になった公園です。

神奈川県立相模湖公園

農産物直売所「ベジたべーな」

相模原には車椅子で買い物ができる産直ショップがあります。JA相模原市の「ベジたべーな」は、2014年に開店した産直ショップで、バリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画があり、障害者用トイレがあります。

農産物直売所「ベジたべーな」

農産物直売所「あぐりんずつくい」

津久井湖の近くにあるJA神奈川つくいの「あぐりんずつくい」は、2013年の開店でバリアフリー仕様です。

障害者用駐車区画あり、障害者用トイレありで、店内の通路幅は余裕があります。

農産物直売所「あぐりんずつくい」

以上相模原エリアで、障がいのある家族とのドライブ立ち寄り先に、お薦めできる主な施設です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

三浦半島 車椅子で利用できるバリアフリー施設を巡るドライブコース

神奈川県の三浦半島には、車椅子で利用できる施設が数多くあります。横須賀港から葉山へと、海沿いのルートを中心に三浦半島を一周するドライブコースで、障がいのある家族と一緒の出掛け先にお薦めできる、バリアフリー施設やお店、観光スポットを紹介します。

横須賀港

〇大型商業施設と公園が並ぶ「横須賀港」

横須賀駅の海側にあるのは「ヴェルニー公園」。車椅子で散策が出来る無料公園で、駐車料金は障害者減免制度があります。

ヴェルニー公園

その隣は商業施設「ショッパーズプラザ横須賀」。フルリノベーションされて2020年4月には「コースカベイサイドストアーズ」として生まれ変わる予定です。

沖合に猿島を臨む新港には「三笠公園」。記念艦三笠の上甲板および艦橋以外は車椅子で利用できます。ここも駐車場料金の障害者減免制度があります。

三笠公園

三笠公園の横の「よこすかポートマーケット」は2021年にリニューアルオープン予定です。

よこすかポートマーケット

その先の海沿い馬堀海岸まで、家電、DIY、スーパー、飲食などの大型店舗が立ち並びます。

 

〇観音崎でバリアフリーを極める「横須賀美術館」

馬堀海岸を過ぎると、観音崎公園エリアになります。公園の有料駐車場は障害者減免制度がありますが、公園自体はあまりバリアフリーではなく、車椅子での散策可能範囲は限定的です。ただし2016年に誕生した「観音崎パークセンター」はバリアフリーで、綺麗な障害者用トイレがあります。

観音崎パークセンター

観音崎でバリアフリーな施設は「横須賀美術館」です。車椅子で快適に利用できます。駐車料金、展覧会の観覧料とも、障害者減免制度があります。地下屋内駐車場があるので、雨天でもまったく濡れずに利用できます。

横須賀美術館

〇グルメを楽しむ「三崎生鮮ジャンボ市場」

観音崎から横須賀港を通過します。

開国橋の先の「ペリー公園」は、公園はフラット構造ですが、記念館にはエレベーターはありません。

ペリー公園

その先にある「くりはま花の国」は、アップダウンが激しい公園で、あまり車椅子向きではありません。

くりはま花の国

野比海岸を抜けると三浦海岸です。そのまま134号線を進むと、三崎のマグロ卸鈴木水産が直営する「三崎生鮮ジャンボ市場」があります。地下駐車場があり、1Fが生鮮スーパー、2Fはレストラン、車椅子で利用できます。レストラン内に障害者用トイレがあります。

三崎生鮮ジャンボ市

〇マグロの聖地の代表施設「三崎うらり」

三浦海岸から国道を離れ半島の南岸を目指すと三崎に着きます。車椅子で買い物ができる施設は「三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり」。1Fは「さかな館」で2Fは「やさい館」、予約制の手ぶらでバーベキューもあります。

三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり

近隣施設としては油壷の「ホテル京急油壷観潮荘」は、海を眺めながら車椅子で食事が楽しめるレストランがあります。

ホテル京急油壷観潮荘

〇大海原を車椅子で見渡す「城ヶ島公園」

三崎から城ケ島大橋を渡ると「城ヶ島」です。城ケ島には6つの「ワンデーパス駐車場」があり、駐車料金の障害者減免制度があります。

「城ヶ島公園」は一部エリアと施設を除き、車椅子で散策ができます。

城ヶ島公園

千畳敷の岩場「長津呂(ながとろ)の磯」への歩道は、快適なバリアフリールートではありませんが、途中に決定的な段差はなく、車椅子で千畳敷岩場が見える場所まで行くことが出来ます。

長津呂(ながとろ)の磯

〇三浦で一番の大型産直ショップ「すかなごっそ」

城ヶ島から三浦半島に戻り134号線を北上します。三崎口駅を通過してそのまま進むと、「JAよこすか葉山」の大型産直ショップ「すかなごっそ」があります。2011年に開業したバリアフリーショップです。障害者用トイレが用意されています。

すかなごっそ

この近くには漁港や牧場があります。「すかなごっそ」には「さかな館」があり、また牧場の地産地消ソフトクリームが味わえます。

すかなごっそ

〇広い空と青い海を楽しむ公園「ソレイユの丘」

「すかなごっそ」から相模湾沿い荒崎方面に向かいます。高台にある公園は「ソレイユの丘」。入園は無料で、駐車料金は障害者減免制度があります。

収穫体験、大型遊具、日帰り温泉など様々な施設がある公園ですが、園内の散策路は車椅子で移動できる舗装路で、そこからは相模湾を眺望します。

すかなごっそ

海沿いに下りると「荒崎公園」があります。ここも入園は無料で、駐車料金は障害者減免制度があります。園内の歩道は車椅子で通行可能で、波が打ち寄せる岩場まで車椅子で行くことが出来ます。

荒崎公園

〇空間と景観で上質な美を味わう「県立近代美術館葉山」

国道134号線に戻り更に北上します。

葉山町に入る海沿いに「葉山公園」があります。入園は無料、駐車料金は障害者減免制度があります。車椅子で散策可能です。

葉山公園

葉山御用邸の隣接地に「葉山しおさい公園」があります。駐車場は無料、入園料は障害者減免制度があります。園内の散策路は車椅子向きではありませんが、「葉山しおさい博物館」は車椅子で利用できます。

葉山しおさい公園

その先、一色海岸沿いの建つのは「県立近代美術館葉山」。素晴らしいバリアフリー美術館で、駐車料金や観覧料は障害者減免制度があります。屋外展示も車椅子で鑑賞できます。また眺めの良いレストランが併設されています。

県立近代美術館葉山

〇マリンスポーツ、ヨットの聖地「葉山マリーナ」

134号の旧道になる海沿いの県道を進みます。森戸海岸には「森戸神社」があります。葉山郷の総鎮守「森戸大明神」で、バリアフリーではありませんが、参拝者用無料駐車場があり、本殿はスロープ対応です。

森戸大明神

その先に「葉山マリーナ」があります。改修されてバリアフリーになりました。B1に障害者用トイレがあります。

葉山マリーナ

〇葉山の名店が出店する「葉山ステーション」

国道134号から逗葉新道に向かいます。ゲートの手前にあるのは「葉山ステーション」。葉山の地元名店が多数出店する、美味しいもの出会えるバリアフリー商業施設です。

障害者用駐車区画は1台分、障害者用トイレは1つ用意されています。

葉山ステーション

以上、三浦半島の海沿いコースを中心にした、バリアフリー施設の紹介でした。

(本稿は2020年3月に執筆しました。)