デザインハブ 「ゼミ展」 車椅子バリアフリー情報

デザインハブ 「ゼミ展」 車椅子バリアフリー情報

東京ミッドタウン内のデザインハブで2018年9月1日から同24日の開催。「ゼミ展」に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

○学生は何を学んでいるのか

「ゼミ展」は、入場無料の企画展です。デザインを学ぶ10大学のゼミの活動の実際を紹介する企画展です。

大学で学生は何を学んでいるのか。各ゼミの狙い、考え方、学生の作品などが、ゼミ単位で展示されています。

東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」

○会場はバリアフリー

東京ミッドタウンはバリアフリー施設。デザインハブもバリアフリー。「ゼミ展」の展示も、車椅子での見学に大きな問題はありません。

テントの中に靴を脱いで入る展示があります。これだけは車椅子で入ることが出来ません。

東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」

○美大だけではありません

本展に参加したゼミは、藝大、女子美、多摩美、武蔵美が専門大学。他に、東北大学、法政、東京工芸大学、京都工芸繊維大学、そして慶応大学からは2つのゼミが参加。デザインを学ぶといっても、その視点、手法は様々です。その違いを知る企画展です。

東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」

○ゼミのテーマ

京都工芸繊維大学のテーマは「映画ポスターデザイン・フォトデザイン」。慶大は「風景を切り取るツールの獲得」と「移動住居の設計・開発」。東北大学は「アブダビに美術館を設計する」です。

各ゼミで取り組まれているデザイン教育は、それぞれです。

東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」

これらのゼミで学んだ学生が、デザインで社会に役立つ日が来ます。バリアフリーで面白い企画展です。

東京ミッドタウンデザインハブ「ゼミ展」