邸宅・庭園・美術を楽しむ 公益財団法人 遠山記念館 見学ガイド

遠山記念館

日興証券の創立者遠山元一氏が昭和11年に再興した生家を公開し、遠山氏が蒐集したコレクションを展示する美術館がある記念館です。

遠山記念館は未舗装路面や凹凸のある路面、階段や段差があり、車椅子での見学は困難ですが、杖を使えばある程度の自立歩行ができるレベル人なら、なんとか見学ができる可能性があります。現地の状況を紹介します。

遠山記念館

場所は埼玉県比企郡川島町。徒歩圏に駅はなく、最寄りのバス停から徒歩15分の案内です。記念館から道路を渡った先に、来館者用の広い無料駐車場が用意されています。

遠山記念館

記念館の前の濠は、蓮の池です。開花の季節は、蓮の花が美しく咲き誇るそうです。

遠山記念館

記念館の入口は立派な長屋門。門の手前の路面は、小粒の石がまかれた深い砂利路面です。

遠山記念館

見学の順路は、美術館、邸宅内、庭園です。長屋門から美術館までは、砂利路面の一部に舗装通路が整備されています。美術館に行く途中に、資料館唯一のトイレがあります。バリアフリートイレはありませんが、洋式トイレです。

遠山記念館

美術館の受付で観覧料金を支払います。遠山記念館の観覧料は障がい者減免制度があり、本人が200円引きになります。

美術館のエントランスは階段です。スロープはありません。

遠山記念館

入口の上にはアートがあります。

遠山記念館

エントランスホール内のアートです。よく観察すると、天井や壁、ドアなどに様々なアートが仕掛けられています。

遠山記念館

美術館はワンフロアで展示室は2室。館内は段差のない構造です。

遠山記念館

今回取材時は「織の世界に遊ぶ心」展が開催されていました。

遠山記念館

美術館の横に休憩所があります。スペースに余裕はありませんが、段差は無い構造の施設です。

遠山記念館

その横の奥に「遠山稲荷」が鎮座しています。参道はデコボコの石畳です。

遠山記念館

次に邸宅に移動します。途中までは舗装通路が整備されています。

遠山記念館

邸宅に近づくと砂利路面の道になります。

遠山記念館

玄関がある東棟は重厚な茅葺き屋根です。家屋内への入口で靴を脱ぎ、段差を上がります。スリッパの用意はないので、気になる方は持参してください。

遠山記念館

邸宅内の見学コースは、多くは段差のないルートですが、とことどころ一段低い箇所があります。建具や家具などに触ってはいけないルールです。各部屋には「奥天井は熊本の楠」など、その部屋に使用されている全国から集められた銘木の産地と銘柄の解説が掲示されています。

遠山記念館

屋内から見た庭園の眺めです。

遠山記念館

部屋の一部は美術館企画と連動したコレクション展示室になっています。

遠山記念館

邸宅内部は周回コースではなく、玄関に戻る見学コースです。次は庭園の見学になります。庭園入口は大きな石が敷かれています。

遠山記念館

庭園から見た中棟。2階には応接室があり、通常は非公開ですが、公開日があります。

遠山記念館

庭園内の多くは飛び石を歩きます。

遠山記念館

庭園からみた手前が西棟、奥が中棟です。

遠山記念館

庭園内の狭い散策路に入ります。小川が流れる緑が深いエリアです。

遠山記念館

その先が出口。段差のある構造です。長屋門の横に出ます。

遠山記念館

以上が遠山記念館の見学コースの状況です。キャッチコピーは「遠山邸の重厚さと典雅。美術館の優雅さと静寂。」。車椅子での見学は困難ですが、自立歩行が可能な人なら、無理のない範囲で見学ができます。

(本稿は2021年10月に執筆しました)