車椅子で行く群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

群馬県富岡市は「富岡製糸場」が有名ですが、バリアフリーな観光施設ではありません。車椅子での富岡観光にお薦めできるのは「自然史博物館」と「妙義ふるさと美術館」です。両施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

「群馬県立自然史博物館」

○駐車場のバリアフリー状況

自然史博物館は「もみじ平総合公園」内に、1996年に開館した高品質なミュージアムです。車椅子利用での課題は駐車場の混雑です。

もみじ平総合公園は人気の施設で、週末は駐車場がたいへん混み合います。公園の一般駐車場は、美術館側と自然史博物館側の2か所。そして遠くに臨時駐車場が2か所あります。障害者用駐車区画は、自然史博物館側の駐車場入口近くにある、大型車駐車場の中にあります。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○一般駐車場が満車の場合

一般駐車場が満車の場合、進入路入口でスタッフが立ち臨時駐車場へ誘導します。臨時駐車場は坂道の先で距離があり、かつ未舗装です。車椅子で臨時駐車場を利用するのは大変なので、満車の場合でもスタッフに車椅子利用の旨を相談してください。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○障害者用区画が満車の場合

障害者用区画が満車だった場合は、その先にある一般駐車場を利用するしかありません。傾斜地のため、一般駐車場は一段低い場所にあります。博物館へは階段ルートですが、スロープルートもあるので、車椅子で通行できます。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○屋外展示物を見る

障害者用区画に車を停めて自然史博物館へ車椅子で向かいます。駐車場から博物館までの移動距離は100m以上あるので、雨の日の車椅子でのお出かけはお薦めしません。

駐車場から博物館へ向かう歩道の脇には、自然史博物館らしい展示物が多数あります。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○障害者減免有り

県立自然史博物館は「かぶら文化ホール」を併設した建物です。建物入口付近に「総合案内」があるので、ここで障害者手帳を提示してください。本人と介助者1名まで無料の入館券を発行していただけます。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○障害者トイレはホール側

障害者用トイレは「かぶら文化ホール」側に一つだけ設置されています。博物館内にはありません。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○2Fへはスタッフ誘導で

博物館の展示は2フロア構成で、上下階移動は階段利用です。

車椅子利用者は1F展示の最終コーナーまできたら、近くのスタッフに声をかけてください。エレベーターは有料エリアを出た先の無料エリアにあるので、スタッフの誘導で利用するルールです。2Fから1Fへ戻り博物館を退出する際は、自分だけでエレベーターを利用できます。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○通路は広く車椅子で見やすい

膨大な標本、剥製などの収蔵品を展示。展示の切り口は工夫され、詳しい解説。動いて吠える恐竜の模型など、子どもを楽しませる企画も随所にあります。幅広い層の知的好奇心を刺激するバリアフリー博物館です。

 

 

「富岡市立妙義ふるさと美術館」

○バリアフリー状況

アクセスは車です。冬季は滑り止め装置やスタッドレスタイヤの装着をお薦めします。側道に入り坂道を上りきった先が「妙義ふるさと美術館」です。駐車場は広く、障害者用駐車区画の用意があります。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

エントランスはスロープ対応で、ドアは自動ドア。障害者用トイレが有ります。

3F構造で、エレベーターは2F・3Fは前ドアから降りて回廊を一周し、後ろドアから乗るバリアフリー設計です。

開館は1994年ですが、バリアフリー面での大きな問題はありません。

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

 

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○本物と絵画で妙義山を楽しむ美術館

昭和58年から毎年開催されている「妙義山を描く絵画展」の入選作が展示されている美術館です。1Fの展示室で多くの画家を魅了する妙義山を絵画で楽しみます。春夏秋冬それぞれの季節の妙義山を描いた作品群です。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

そして3Fにある「展望写生室」で本物の妙義山を楽しみます。いずれも車椅子で利用出来る、静かでゆとりのある空間です。

美術館前のお庭は、いくつかのオブジェや装飾、展望台のようなポイントなどがあり、季節によってはお花が咲きます。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○雄大な自然と一級の建築

奇勝妙義山を眼前に見る高台に建つ美術館です。上質で上品、そして良い意味で贅沢な空間。自然と芸術を愛する大人向きの施設です。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

 

「富岡市立妙義ふるさと美術館」のすぐ近くに、「道の駅みょうぎ」と「妙義神社」があります。バリアフリー状況を簡単に紹介します。

 

「道の駅みょうぎ」と「妙義神社」

○妙義神社は山岳神社

「道の駅みょうぎ」は妙義神社の駐車場でもあります。創建は537年と伝えらえる社で、参拝者の絶えない神社です。

妙義神社は妙義山中腹に建つ山岳神社で、段差構造神社です。車椅子利用者は遠くからの参拝しか出来ません。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

○古いタイプの道の駅

「道の駅みょうぎ」が施設として誕生したのは1990年代。トイレは独立一戸建て公衆トイレ方式でインドアトイレはありません。

施設棟のドアはすべて手動ドア。産直ショップの通路幅は狭く、車椅子での通行はギリギリです。食事処の席の70%はお座敷で、可動式のテーブル席は4人×4テーブルです。施設のハードは今どきのバリアフリー設計ではありません。

一方、産直品や食事処のメニューは地物感がいっぱいで、地産地消の魅力が溢れる施設です。

群馬富岡~博物館美術館バリアフリー情報

 

「自然史博物館」と「妙義ふるさと美術館」は、車椅子で利用出来るバリアフリー施設です。