茨城の産直 JAつくば市筑波農産物直売所 バリアフリー情報

茨城県つくば市の「JAつくば市筑波農産物直売所」は、車椅子で買い物ができる産直ショップです。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年8月の取材に基づいています。

・全員がエコファーマー

JAつくば市の産直ショップ「筑波農産物直売所」。今どきのネーミングではありませんが、直売所が増設されたのは2010年。歴史は浅いショップです。

減化学肥料、減農薬による栽培で安心安全な農作物を提供する。生産者全員がエコファーマーの資格を取得。おいしい筑波の恵みに出会えるお店です。

 

・皇室献上米、その名は筑波北条米

一番のブランド商品はお米。

水田に適した土壌、ミネラルを豊富に含んだ湧水、筑波山に守られた地勢。以上の条件に合致した、小田、北条、田井、筑波の4地区で栽培されるお米だけが、筑波北条米とよばれます。

皇室に献上されたこともあるブランド米。お米にうるさい方は見逃せないブランド米です。

筑波北条米

・トイレは難あり

駐車場は広々しています。障害者用駐車区画の設定はありませんが、広くてスペースに余裕があるので、駐車に問題はありません。

直売所の出入口や店内の床面はフラット。特別なバリアフリーへの配慮はありませんが、車椅子での利用は可能です。

トイレは別棟に併設で障害者用は無く、車椅子でのトイレ利用は不能です。

 

・狭いながらも一通りのアイテムあり

店内の絶対的なスペースは広くはありません。惣菜、お弁当、精肉などは、あるにはありますが商品ボリュームはありません。野菜と果物は豊富にあります。狭いながらも一通りの必須アイテムは販売しています。試食は豊富です。

 

「JAつくば市筑波農産物直売所」は、全体としてバリアフリー水準は高くはありませんが、それでも車椅子での利用は可能です。

埼玉の産直 JA埼玉ひびきの こだま館直売所 バリアフリー情報

埼玉県本庄市の「JA埼玉ひびきの こだま館直売所」は、車椅子で買い物ができる産直ショップです。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2015年2月の取材で初稿を執筆し、2019年8月に加筆修正しています。

 

○アクセスの状況

関越自動車道の本庄児玉インターチェンジの近くにあります。アクセスは車が便利。広々した駐車場があります。

広々した駐車場があります。

○トイレの状況

トイレは店舗外向きの建物ビルドインタイプ。女性用トイレが障害者用共用の広い個室になっています。異性介護でも利用できます。

トイレにはベビーシートは用意されています。大型のベッドはありません。

 

○店舗のバリアフリー状況

駐車場、店外売場、店内売場、すべてフラット構造で、車椅子の利用に問題はありません。店内の通路幅は余裕があり、車椅子での店内移動はできます。

 

○「JA埼玉ひびきの」について

平成9年4月に、JA埼玉本庄・JA上里町・JA埼玉美里・JA児玉町・JA神川・JA神泉村の6JAが合併して誕生したJAです。積極艇に直売所事業にも取り組まれています。旗艦店は「アグリパーク上里」です。

 

「JA埼玉ひびきの こだま館直売所」は、施設全体に段差がなく平面で、店内通路の幅は広く、使える大きさの障害者用トイレがある産直ショップです。

埼玉の産直ショップ 「いなほてらす」のバリアフリー情報

埼玉県東松山市のJA埼玉中央「いなほてらす」は、新築移転して2015年11月に開業した産直ショップです。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年10月の取材に基づいています。

 

○施設の全体概況

産直ショップ、フードコート、市民交流コーナーで構成されています。

立地環境はまさに「いなほてらす」。この施設は盛り土の上にあるので、隣に広がる田んぼを、少し高い目線から眺めることができます。

内装は地元の木材を多用したウッディな演出。天井は高く、採光も巧みで、建物内は産直ショップらしい、自然の恵みが似合う良い雰囲気です。

 

○駐車場の状況

広い駐車場があります。施設の入口近くに屋根無しで障害者用駐車区画が3台分用意されます。

田んぼを臨む方向にある屋外の駐車場の一部区画は、あえて舗装をせずに芝生を植えています。

 

○障害者用トイレの状況

トイレは建物ビルドイン構造ながら、外から利用する設計です。トイレの入口は建物の裏側。一般の男女別トイレの間に、障害者用トイレが1つ用意されています。

1

○産直ショップのバリアフリー状況

産直ショップ内の床面はフラットで段差はありません。通路幅は車椅子での通行はできますが、それほど広くはありません。混雑すると車椅子での移動はやや苦戦します。

ショップの一角にお豆腐屋さんがあります。ミニキッチン付きで、試食が出せる豆腐コーナーです。

 

○フードコートのバリアフリー状況

フードコートの車椅子での利用は可能です。床面はフラットで、テーブルと椅子は動かせます。

蕎麦・ラーメンの店、たこ焼き・軽食の店、おむすびの店が入ります。

 

○市民交流コーナーのバリアフリー状況

市民交流コーナーは、観光パンフレットなどが置いてあるコーナーです。車椅子での利用は可能です。

 

○屋外スペースに小さな段差あり

屋外の所どころ小さな段差箇所があります。気を付ければ車椅子で乗り越えることが出来る程度の2~3cmの段差です。

特に駐車場から建物の裏のトイレに向かう動線上に、小さな段差が多数あります。

 

東松山直売所は、2015年に車椅子で利用出来る「いなほてらす」に生まれ変わりました。