藝大「七感で楽しむシアター」車椅子観覧バリアフリー情報

「藝大アーツスペシャル 障がいとアーツ」の後継プログラムとして2019年12月1日に開催されました。車椅子からみたイベント内容と会場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

藝大「七感で楽しむシアター」

○有料企画に変更

2011年から毎年開催された「障がいとアーツ」から大きく変わった企画です。

「障がいとアーツ」は無料企画でしたが、「障がいとアーツ」は有料で全席指定です。

各種の障害者手帳保有者は、一般料金の半額「アクセシブル券」で観覧できます。

藝大「七感で楽しむシアター」

また介助者1名との並び席になる「ペア券」が購入できます。料金は一般料金+半額料金です。

車椅子席の用意があります。ステージ前の座席が取り外され、今回は8組分のスペースが用意されました。車椅子利用者と介助者1名までが利用できます。介助者は折畳み椅子が用意されます。

藝大「七感で楽しむシアター」

また「就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください」となっています。

藝大「七感で楽しむシアター」

○会場のバリアフリー状況

会場は上野公園藝大キャンパス内の奏楽堂です。

藝大キャンパス内の奏楽堂

JR上野駅公園口からは、アップダウンの少ないルートで来場できます。

車利用の場合は、身体障害者の利用に限り、事前の許可がとれれば、キャンパス内に駐車することができます。

藝大キャンパス内の奏楽堂

奏楽堂のエントランスは階段構造ですが、段差回避スロープがあります。

奏楽堂内はフラットで車椅子での移動は可能です。車椅子席までは段差なく移動できます。エレベーターが1基あり、B1から2Fをむすびます。

藝大キャンパス内の奏楽堂

トイレはB1にあります。男女別トイレの内部に、それぞれ障害者用トイレが1つ用意されています。異性介護では利用が難しいトイレです。

藝大キャンパス内の奏楽堂

またトイレの洗面施設は、車椅子の足が入る台はなく、車椅子からの手洗いは苦戦します。

藝大キャンパス内の奏楽堂

○プログラムの概要

3部構成のプログラムです。

藝大「七感で楽しむシアター」車椅子観覧バリアフリー情報

第一部は谷川俊太郎氏の詩による「サン=サーンス(動物の謝肉祭)」。演奏は藝大フィルのメンバー、障がいのあるプロのダンサーによるパフォーマンス、視聴覚特別支援学校の生徒と普通小学校の児童による朗読で、14曲の構成です。

第二部は義足のパフォーマーを中心にした藤倉大氏による「Sounding Seven Senses」の世界初演。演奏、音響にもトッププロが参加します。

第三部は第二部の関係メンバーによるトークセッション「音楽と肉体」。作品の製作過程や、各人が考えるこれからのアーツについて、約30分間のトークが行われました。

七感で楽しむシアター

○「七感で楽しむシアター」は後継ではなく新企画

有料企画に変っただけに「七感で楽しむシアター」のプログラムは、洗練されたプロの表現に進化しています。一般的にいえば正常進化です。

七感で楽しむシアター

「藝大アーツスペシャル 障がいとアーツ」の一部のプログラムに合った、子供向きの解りやすい企画が無くなったことや、トークショーがあることが、知的あるいはコミュニケーション面で重い障がいのある人にとっては、大きな変化かもしれません。それをどう感じるかは、その人次第です。

七感で楽しむシアター

これまでの企画の後継ではなく、「七感で楽しむシアター」は2019年からの新企画です。

藝大アーツ2017 「障がいとアーツ」 バリアフリー情報

「藝大アーツ」2017年は12月2日と3日の開催。会場は上野藝大キャンパス内の奏楽堂です。

金澤翔子さんの揮毫は「光」。ゲストに夢枕獏氏が登場。タイから盲目の「ケーン」奏者が来日。2017年も盛会でした。

藝大アーツ・スペシャル2017「障がいとアーツ」

・コーラスは「ハレルヤ」

今年も八王子特別支援学校の生徒がコーラスに挑戦。昨年は「第九」。今年は「ハレルヤ」に挑戦。舞台裏でスタンバイする生徒たちの近くにいましたが、皆やや緊張気味。でも本番のステージでは大きく口を開けて頑張りました。

 

・鼓笛隊は「ラデツキー行進曲」

筑波大学附属聴覚特別支援学校の生徒たちは、昨年に引き続き「ラデツキー行進曲」に挑戦。精鋭5人の鼓笛隊です。タブレットの表示が鼓笛の合図。とても上手に太鼓を叩けました。

 

・ステージで聴くのは「白鳥の湖」

障害のある人や子どもたちがステージに上がって聴く曲は「白鳥の湖」。指揮の田中先生が「いろいろな楽器が派手になりますが、本気で行きます」と宣言。確かに大迫力。途中で泣き出す子も。でも他では出来ない貴重な経験です。

藝大アーツ・スペシャル2017「障がいとアーツ」

・アート作品が会場中に展示

絵画、工芸など障害のあるひとのアート作品の展示もあります。昨年までよりも多彩なジャンルの作品が開場中に展示。台東区の小学生校特別支援学級の生徒の作品などが中心。力作が目立ちます。

藝大アーツ・スペシャル2017「障がいとアーツ」

「障がいとアーツ」は無料のイベント。主催の藝大の皆さん、ボランティアの皆さん、後援企業により支えられています。2018も開催予定です。