都立水元公園菖蒲園 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

東京都葛飾区の都立水元公園には、車椅子で利用できる大規模な菖蒲園があります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

都立水元公園

都立水元公園は親水公園。水郷のような景観が特徴の、広大な面積を有する都立公園です。

場所は東京都と埼玉県、千葉県の県境。アクセスは車が便利です。有料駐車場が複数あり、都立公園なので駐車料金の障がい者減免制度があります。

公園内に1万4千株の菖蒲が咲く大規模な菖蒲園があります。その全域が車椅子で散策できます。車椅子利用者にお薦めできる入園無料の菖蒲園です。

公園内はほとんど高低差がなくフラットな地形です。一般的な車椅子利用者なら、移動に苦労するポイントはありません。

大規模な菖蒲田が幾つも繋がっています。鑑賞路はすべて舗装路。いくつかの菖蒲田内には木製の歩道が整備され、花の中を車椅子で散策できます。木製歩道はフラットで幅は十分にあるバリアフリー仕様。車椅子で問題なく利用できます。

広い菖蒲園なので、満開の週末でも見学が出来ないことはあり得ません。現地に行けば車椅子でも何とかなる、絶対的なスペースの余裕があります。以上のように素晴らしい菖蒲園ですが、古くからある公園なので、車椅子利用者にはいくつかの注意点があります。

駐車場は3カ所で300台以上収容可。菖蒲満開の時期の週末は、満車になることが多いようです。身障者用駐車区画は全てで9台分と案内されています。第一駐車場は2台分でした。身障者用駐車区画が満車の可能性が高い駐車場です。

園内のほとんどの公衆トイレには、バリアフリートイレが併設されています。トイレのレベルとしては、いわゆる公衆トイレのレベルです。清掃は行われていますが、ウォシュレットなどの設備はありません。トイレットペーパーは置かれています。この種のトイレでは利用が難しい障がいのある方は、近隣の商業施設などでトイレを借りてから来園されることをお薦めします。

広い公園の中の大規模な菖蒲園です。数多くの菖蒲田を鑑賞すると、かなりの距離を移動することになります。晴れた日は暑さに注意。菖蒲開花時期の直射日光は強烈です。園内のには木陰になる場所もありますが、菖蒲田内に日よけはありません。炎天下を歩くことも多くなります。日傘、帽子をかぶるなど、暑さ対策を忘れずに用意してください。

公園内には売店と食事処があります。どちらも施設のハードが古く、今どきのバリアフリー設計ではありません。車椅子で利用できるかは、その人の障がいの状況次第ですが、あまり利用を当てにしないで来園されることをお薦めします。

現地には都内最大の菖蒲園という案内があります。都立水元公園には、大規模で且つバリアフリーな菖蒲園があります。

関東のバリアフリーな菖蒲園を別稿でまとめて紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2018年5月の取材に基づいています)

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷 バリアフリー情報

東京都江戸川区の江戸川河川敷に整備された入園無料の施設です。菖蒲田は約4,900㎡。そこに約50,000本の花菖蒲が栽培されています。散策路はフラットな舗装路で、車椅子で楽しめるバリアフリー菖蒲園です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

江戸川駅から徒歩5分の案内です。車利用の場合は、河川敷グランド利用者と共用の無料駐車場を使用します。駐車場には蔵前橋通りの両方向からアクセス可能。お帰りの際も、出口を選択して、東京方面、千葉方面、どちらにも向かうことができます。ゲート開放時間は夏季で8:30から18:30です。

河川敷駐車場は未舗装路面に広がり300台を収容しますが、小岩菖蒲園の身障者用駐車スペースの周囲だけは舗装されました。広くて使いやすい駐車区画が4台分用意されています。ここから舗装路面だけを通り、小岩菖蒲園に移動できます。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

菖蒲園散策路のバリアフリー状況です。河川敷なのでアップダウンはありません。ほぼフラットな舗装通路を通りながら、車椅子で菖蒲を楽しめます。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

各地に菖蒲園がありますが、未舗装、段差、飛び石路などがあり、車椅子で鑑賞できないことが珍しくありません。小岩菖蒲園はバリアフリー菖蒲園です。車椅子からみて素晴らしい菖蒲園ですが、以下に3点、利用上の注意点を記します。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

菖蒲の開花は例年6月。梅雨の晴れ間の日に散策に訪れる人もいるかと思われます。小岩菖蒲園は、日差しを遮るものがありません。気温が上がる予報の日は、暑さ対策に気をつけて来園してください。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

すぐ近くに京成電鉄の鉄橋があり、頻繁に電車が通ります。この時、それなりの騒音が発生します。大きな音に弱い障がいのある人は、電車の騒音に注意してください。

小岩菖蒲園 車椅子で行く江戸川河川敷

江戸川区のHPでは「車椅子用手洗所あり」と案内されています。どこかにトイレがあるはずですが、現地では確認できていません。

6月の菖蒲田の中は、数多くのオタマジャクシが泳いでいます。小岩菖蒲園は河川敷に整備されたバリアフリー施設です。

関東地方の車椅子で楽しめる花菖蒲やあやめ園を別稿でまとめて掲載しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2021年6月に書き直しました)

三浦半島 横須賀しょうぶ園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

三浦半島の中央部、丘陵の住宅街にある横須賀市立「横須賀しょうぶ園」は、車椅子で花菖蒲鑑賞ができます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

「横須賀しょうぶ園」の開園は1988年。園内2か所の「しょうぶ苑」の周囲はバリアフリーで、オフロードや段差がありません。14万株の花菖蒲が車椅子で楽しめますただし「ふじ苑」や「展望台」など、園内には段差のある箇所もあります。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

7月から3月は入園無料です。

4月から6月は駐車場利用と入園が有料になりますが、障がい者減免制度があり障害者手帳等の提示でどちらも無料に減免、入園料は介助者1名も無料に減免されます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

菖蒲開花期の問題は混雑、特に駐車場の混雑です。臨時駐車場まで含めると、それなりの収容台数がある駐車場なのですが、平日でもすぐに満車になり、それが続きます。

周辺道路の渋滞まで起こるので、市では公共の交通機関の利用を呼び掛け、バスのピストン輸送を実施しています。6月の花菖蒲開花ピーク時は、この混雑は覚悟してください。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

4月から6月、特に6月がピークですが、「横須賀しょうぶ園」は、通年見どころがあります。

代表的なもので、1月はスイセン、ロウバイ、2月は菜の花、3月はウメにモクレン。4月はサクラにシャクナゲ、5月はフジにボタン。7月はスイレン、8月はサルスベリ。9月はヒガンバナ、10月と11月はバラ、12月はカンツバキ。

6月のピーク期以外は、空いていて車椅子で利用しやすいことが多い「横須賀しょうぶ園」です。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

営業が4月から6月に限定されますが、管理棟の1Fに食事処があり、車椅子での利用は十分に可能なバリアフリー店舗です。

バリアフリートイレは、管理棟内と屋外の公衆トイレにあります。2017年時点では、どちらもそれほど綺麗ではありませんが、実用には耐えます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

「しょうぶ苑」は車椅子で快適ですが、「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」は、アップダウンや一部段差ルートがある、バリアゾーンです。それなりに車椅子で鑑賞できますが、快適なバリアフリー散策ではありません。

「横須賀しょうぶ園」の「しょうぶ苑」周辺はバリアフリーです。「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」周辺は、少し車椅子で苦戦します。菖蒲開花期は混雑を覚悟してください。

三浦半島の真ん中にある私設現代美術館「カスヤの森現代美術館」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2017年7月の取材に基づいています)