茨城 牛久沼 車椅子観光ガイド バリアフリー情報

茨城県の牛久沼には観光スポットとして「牛久観光あやめ園」、2012年に完成した「牛久沼かっぱの小径」、「雲魚亭」、「河童の碑」などがあります。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

○牛久観光あやめ園

あやめ園の駐車場には2台分の身障者用駐車区画が用意されています。

茨城 牛久沼

駐車場に隣接する公衆トイレには、バリアフリートイレが1つあります。

茨城 牛久沼

あやめ園内には、段差を下りなくては行けません。車椅子では道路からの鑑賞になります。道路からでも河童の像はみえます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

○牛久沼かっぱの小径

このあやめ園を起点にして「牛久沼かっぱの小径」が始まります。

茨城 牛久沼

牛久沼に沿って約1㎞続く散歩道です。沼沿いの木道はあやめ園から1㎞先です。途中に「雲魚亭」に行くルートが整備されましたが、階段なので車椅子では通行できません。したがって沼沿いを往復で2㎞歩く車椅子散歩になります。体力と時間が必要です。

茨城 牛久沼

○雲魚亭と河童の碑

車椅子で「雲魚亭」に行くには、車で移動するのが便利です。「雲魚亭」と「河童の碑」のための無料駐車場があります。

茨城 牛久沼

駐車場から「河童の碑」へは、途中からは未舗装路面を通行しますが、極端なデコボコはないので、少し無理をすれば車椅子で移動できます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

「河童の碑」は車椅子で見学できます。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

駐車場から「雲魚亭」への通常ルートは、未舗装路ですが無理をすれば途中までは車椅子で行くことができます。

茨城 牛久沼

ただし最後に段差があります。

茨城 牛久沼

段差の手前に「カッパ松」があるので、ここまで来て見学する価値はあります。

茨城 牛久沼

「雲魚亭」へ行くには、車椅子では駐車場から迂回して「雲魚亭」へつながる車道を通行します。ただし「雲魚亭」の周囲はやや深い砂利路面で、車椅子での通行は苦戦します。

茨城 牛久沼

「雲魚亭」の内部は無料公開されていますが、屋内は段差構造のため車椅子では見学できません。内部はこのように公開されています。

茨城 牛久沼

茨城 牛久沼

体力的にあまり無理をしないで車椅子観光ができるスポットは、「牛久観光あやめ園」と「河童の碑」および「カッパ松」です。ご自身やご家族の障がいの状況に応じて、無理のない牛久沼観光をお楽しみください。

国重要文化財指定で近代化産業遺産認定の「牛久シャトー」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

群馬の菖蒲園「あずま水生植物公園」車椅子バリアフリー情報

群馬県伊勢崎市にある、車椅子でカキツバタや花菖蒲が楽しめる、入園無料の小規模な水生植物園です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

土地勘がないとわかり難い場所にある公園です。住所は「東小保方町3300番地」です。公園に近づくと、案内看板が何か所か設置されています。

駐車場は神社の横で、一見神社の駐車場に見えます。隣接する「大東神社」は、段差のある神社で、車椅子で境内に立ち入ることは困難です。

舗装路面の無料駐車場は広く、整列すれば50台くらいは収容可能です。身障者用の駐車区画はありません。

駐車場からフラットな路面の移動で、水生植物公園へ向かうことができます。その途中に仮設の公衆トイレがあり、仮設のバリアフリートイレがありました。

群馬の菖蒲園「あずま水生植物公園」車椅子バリアフリー情報

水生植物公園の状況です。カキツバタが1万5千株で、見ごろは5月。

花菖蒲は1万株で、見ごろは5月下旬から6月。最盛期は5月下旬で、2万株超のお花の競演になります。開花ピーク時には「あやめまつり」が開催されます。

群馬の菖蒲園「あずま水生植物公園」車椅子バリアフリー情報

大きく2つの植栽ゾーンに分かれ、それぞれ木製の歩行路が設置され、花畑の中を散策できます。この木製歩行路は、出入り箇所に段差があるため、車椅子での利用は厳しい通路です。

それほど広い公園ではなく、パッと全体が見渡せる程度の規模ですが、手入れが行き届いている公園で、園内はとても綺麗です。

あずま水生植物公園は、車椅子でお花を楽しめる穴場的な菖蒲園です。

薄紅色の中国蓮の大輪が開花する「あかぼり蓮園」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2016年6月の取材に基づいています)

群馬 赤堀花しょうぶ園 車椅子鑑賞ガイド バリアフリー情報

6月には2万4千株の菖蒲が咲き誇る、群馬県伊勢崎市の「赤堀花しょうぶ園」は車椅子で鑑賞可能なバリアフリー菖蒲園です。

2016年6月3日から6月24日開催の「花しょうぶ園まつり」を取材しました。車椅子からみた、現地の状況を紹介します。

関東地方ではトップレベルの植栽面積11,400㎡を誇る、細長い地形の菖蒲園です。

一般に菖蒲園は、デコボコで車椅子では苦戦することが多いのですが、ここは舗装路から、菖蒲園全体を見廻ることができます。「赤堀花しょうぶ園」は入場無料です。

群馬「赤堀花しょうぶ園」車椅子鑑賞ガイド バリアフリー情報

駐車場があり「花しょうぶ園まつり」期間中は有料と案内されています。

駐車場に向かうと、やや南側の場所に「障害者←」という小さな看板がありました。身障者用駐車場の案内と判断し、細い脇道に入ると、50台は収容できそうな、無料の身障者用駐車場がありました。HPなどでは「イベント会場」と告知されている場所です。

全く何の告知もされていないので、毎年、毎日、身障者用駐車場として開放されているのかは不明です。

身障者用駐車場は舗装された駐車場で、細長い「赤堀花しょうぶ園」の中央部にあります。

この駐車場から舗装路を通り、「赤堀花しょうぶ園」脇を通る舗装路にそのまま行くことができます。車椅子での移動に問題はありません。

今回取材時、高齢者福祉施設の2団体が来園していました。みなさん、車椅子で花菖蒲を楽しんでいます。

群馬「赤堀花しょうぶ園」車椅子鑑賞ガイド バリアフリー情報

頑張れる車椅子利用者には、より花に近づくルートがあります。

舗装された道路の脇に赤堀しょうぶ園はありますが、舗装路は赤堀花しょうぶ園よりも1mほど高く、花菖蒲を見下ろす鑑賞になります。

赤堀花しょうぶ園の反対側は、未舗装の散策路。この未舗装路は赤堀花しょうぶ園と同じ高さで、より近くで花菖蒲を楽しむことが出来ます。

未舗装路ですが、多少のデコボコや傾斜を我慢できる人なら、車椅子で通行可能なレベルです。

一番の難所は、舗装路から未舗装路側に渡る「橋」で、菖蒲園内に何本も橋が架かっていますが、ほとんどが段差のある橋です。その中で、車椅子でギリギリなんとか渡れる橋が一本だけありました。

橋の乗り継ぎ箇所や両脇にやや段差があり、橋自体は緩い傾斜橋です。これを乗り越えられたら、「赤堀花しょうぶ園」と同じ高さの未舗装路側に、車椅子でも行くことができます。前出の高齢者福祉施設の皆さんも、渡っていました。

群馬「赤堀花しょうぶ園」車椅子鑑賞ガイド バリアフリー情報

「赤堀花しょうぶ園」は、「国指定史跡 女堀(おんなほり)」にあります。

以下「女堀」を紹介します。

1108年に浅間山が噴火し、火山灰でこの周辺の土地が荒廃。土地再生のために、12世紀に造られた農業水路の跡で、全長は13km近くになるそうです。

調査の結果、残念ながら用水路として機能した形跡はなく、未完の用水路に終わったとされています。中世の人が挑戦し、挫折した灌漑施設の遺構です。

身障者用駐車場には公衆トイレがあり、バリアフリートイレがあります。今回取材時の状況では、積極的にお薦めできるレベルのトイレではありませんでした。

菖蒲園全体をゆっくり車椅子で鑑賞すると、最短で20分くらいは必要な規模です。休憩をすませてから、来園されることをお薦めします。

200mは続く花菖蒲の畑で、品種は多数あります。「赤堀花しょうぶ園」は、車椅子で楽しめるバリアフリーな菖蒲園です。

同じく伊勢崎市にある「あずま水生植物公園」を別稿で紹介しています。ご参照ください。