那須塩原・湯西川・鬼怒川 車椅子で行くバリアフリードライブコース情報

栃木県の北部、大田原市から那須塩原市、そして湯西川から鬼怒川方面へのドライブルートには、バリアフリー施設が点在します。車椅子を利用する障がいのある家族と一緒にドライブが楽しめるお薦めのコースです。

東北自動車道の矢板ICを起点に、西那須野塩原IC付近を通過し、最終的には日光宇都宮道路の今市ICまでのルートで、バリアフリードライブコースを紹介します。所要時間は丸一日または一泊二日程度です。

(矢板IC⇒24km)

「栃木県なかがわ水族園」

栃木県水産試験場に併設された施設で、大きな公園の中に水族館があります。よく考えられた構造の施設で、車椅子で様々な角度から水と緑と魚の世界を楽しめます。開園は9:30です。

水族館のエントランスが2Fで、展示はワンフロア下の1Fから始まります。健常者は入口からエスカレーターで1Fへ下ります。車椅子利用者は受付からスタッフに誘導されてエレベーターで1Fへ下ります。

(なかがわ水族園⇒3km)

「なす風土記の丘湯津上資料館」

「侍塚古墳」などが点在する古代那須国の中心地に建つ資料館です。展示室はワンフロアに1室。入ると正面に国宝「那須国造碑」のレプリカがあります。

(なす風土記の丘⇒8km)

「道の駅那須与一の郷」

休憩スペース付きの情報館、農産物と地元名品のショップ、レストラン、竹のギャラリー、多目的ホール、そして有料施設の「与一伝承館」で構成される道の駅です。

屋島の合戦の様子や那須家の家宝が展示される「与一伝承館」はバリアフリー施設です。

(那須与一の郷⇒13km)

「道の駅那須野が原博物館」

ショップやレストランが無い、博物館と24時間トイレがある道の駅です。博物館はバリアフリーで、那須塩原の歴史と文化、そして自然を学ぶ展示があります。

(那須野が原博物館⇒10km)

「道の駅湯の香しおばら」(アグリパル塩原)

食事処、カフェ、農産物直売所、パン屋などで構成される道の駅です。車椅子で食事、休憩、買い物ができます。

(湯の香しおばら⇒3km)

「森林の駅・もみじ谷大吊橋」

車椅子で利用できる観光吊橋とショップ&レストランがある施設です。吊橋へは緩いスロープで上ります。吊橋上はフラットで車椅子での利用は可能です。

(もみじ谷大吊橋⇒6km)

「塩原温泉ビジターセンター」

駐車場、本館、レクチャーセンター、独立トイレ棟で構成される施設です。本館は「展示館」で、那須塩原の自然を紹介する無料展示コーナーがあり、車椅子で見学できます。

「小鳥の森ゾーン」「森林浴ゾーン」「野鳥観察デッキ」などの屋外施設が広がりますが、屋外はバリアフリーではありません。

(塩原温泉ビジターセンター⇒27km)

「道の駅湯西川」

日帰り温泉、食事処、物産館がある湯西川温泉の交通ターミナルです。段差構造をスロープで回避する設計の施設です。

湯西川温泉は、ここから更に12kmほど先です。温泉の入口にあるバリアフリー施設が「湯西川水の郷」です。往復で20km超の距離になりますが、時間があればお立ち寄りください。

(道の駅湯西川⇒片道11km 往復で22km)

「湯西川水の郷」

観光センターと吊橋、そして「湯西川くらし館」がある車椅子で利用できる施設です。

観光センターは平屋構造で、「日帰り温泉」「物産館」「食事処」があります。

湯西川を渡る「水の郷大つり橋」は、段差迂回スロープがあり、橋上はフラット構造なので、車椅子での渡橋は可能です。

(道の駅湯西川⇒18km)

「鬼怒川温泉 東武ワールドスクウェアなど」

湯西川から鬼怒川沿いに日光方面へ南下します。ルート上には「川治温泉」「龍王峡」「鬼怒川温泉」と続きます。

鬼怒川温泉まで来ると、車椅子で利用できる観光施設が現れます。代表的な施設が「東武ワールドスクウェア」です。ほかにはトリックアート館、恐竜館、日光江戸村などがあります。興味がある観光施設があればご利用ください。

また鬼怒川温泉周辺には「つけもの」や「お菓子」「おかき」など、車椅子で買い物ができるお土産屋が点在します。

(鬼怒川温泉⇒12km)

「道の駅日光」

旧今市市の中心部にある道の駅です。産直ショップに、煎餅、スイーツ、パンなどのグルメショップ。それらをいただけるイートインスペース。食事処は2軒。日光伝統の「彫刻屋台・花屋台」の展示コーナー。「市民ギャラリー」に「観光情報館」。コンビニと24時間利用できる別棟トイレ。「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」。350席の「多目的ホール」があります。

ここから日光宇都宮道路の今市ICまでは5分弱です。

(道の駅日光⇒1km今市IC)

以上の全ての施設に立ち寄ると、約150kmを走行します。那須塩原・湯西川・鬼怒川方面のドライブが、家族の楽しい思い出になることをお祈りします。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

アフターコロナ 再開した美術館・博物館などの事前予約制の状況

2020年6月、多くの美術館や博物館、動物園などで公開が始まりました。混雑回避のために「事前予約制」を導入する施設があります。観覧料、入場料の障がい者減免制度がある、関東地方の主な施設の2020年6月時点での状況をまとめました。

状況は随時変わることが予想されます。最新の情報を確認してご利用ください。

事前予約の方法はほとんどの施設がオンラインです。HPなどから予約メニューに入り、日時と人数を予約します。予約時にクレジット決済などでチケットを購入する方式と、予約だけをして当日にチケットを購入する方式に分かれます。

障がい者減免制度により観覧料が無料になる施設は、日時予約のみ、または0円チケットを購入する方式です。

予約券あるいは0円チケットは、印刷して持参するか、スマホの画面に提示して、入館します。

また事前予約制を導入していない施設は、混雑時は入場制限を行うことが表明されています。

 

【東京都】

(上野エリア)

東京国立博物館

総合文化展(常設展)は事前予約制。「障害者0円」「障害者の介助者0円」チケットを購入します。入場時間は60分毎設定。

6月30日から開催される特別展「きもの」は、一般利用者は時間予約制ですが、障がい者は予約不要で総合文化展の予約だけで観覧できます。

その後の特別展では、障がい者も予約が必要になりました。

国立科学博物館上野本館

入館は事前予約制。入場時間は20分毎設定。特別展は現時点で開催予定がありません。

 

国立西洋美術館

常設展は予約不要。6月18日から開催の企画展「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」は、一般利用者は事前予約制。障がい者は予約不要で観覧できます。現在は長期休館中です。

 

東京都美術館

展覧会によります。個別にご確認ください。

 

藝大美術館

展覧会によります。予約が必要な場合は、HPから30分毎の入場券を申し込みます。

 

上野の森美術館

展覧会によります。予約が必要な場合は、HPから60分毎の入場券を申し込みます。障がい者は観覧無料で、本人と介助者1名まで事前予約不要で観覧できます。

 

上野動物園

入園は事前予約制。1日一回5名まで。入場時間は15分毎設定。入園は東門からのみ。

 

(六本木エリア)

国立新美術館

2022年から、観覧料が無料に減免される身障者は、予約不要で観覧できるようになりました。ただし混雑時は身障者でも入場規制がある、と案内されています。

 

21_21 DESIGN SIGHT

2022年から予約不要で観覧できるようになりました。ただし混雑時は入場規制がある、と案内されています。

 

サントリー美術館

事前予約不要。

 

(皇居・日本橋エリア)

国立近代美術館

入館は事前予約制。入場時間は60分毎設定。所蔵作品展は障がい者も事前予約が必要。6月12日から開催「ピーター・ドイク展」は、一般利用者は事前予約制ですが、障がい者は予約不要で所蔵作品展の予約だけで観覧できます。

 

三井記念美術館

展覧会によります。個別にご確認ください。現在はメンテナンス工事により長期休館中です。

 

(渋谷・目黒エリア)

東京都写真美術館

時間指定予約制度が導入されました。障がい者は事前予約不要です。

 

東京都庭園美術館

事前予約不要。

 

松濤美術館

事前予約不要ですが、館内を最大50名に制限するため、50人を超えた場合はその場で整理券を配布。

 

目黒区美術館

事前予約不要。

 

(湾岸・東部エリア)

東京都現代美術館

時間指定予約制度が導入されました。障がい者は事前予約不要です。

 

江戸東京博物館

時間指定予約制度が導入されました。障がい者は事前予約不要です。

 

葛西臨海水族館

入館は事前予約制。1日一回5名まで。入場時間は15分毎設定。

 

パナソニック汐留美術館

事前予約不要でしたが、その後ネットによる事前予約制になりました。

 

(多摩エリア)

多摩動物公園

事前予約不要。

 

井の頭自然文化園

事前予約不要。

 

【神奈川県】

横浜美術館

展覧会によります。個別に確認して「ヨコハマトリエンナーレ2020」は、30分単位の入場予約券が必要ですが、障がい者と介助者1名までは予約不要で入場可能です。現在は長期休館中です。

 

神奈川県立近代美術館葉山・鎌倉別館

入館時間の事前予約制度。ネットで申し込みます。

 

横須賀美術館

事前予約不要。

 

【埼玉県】

埼玉県立近代美術館

事前予約不要。

 

埼玉県立歴史と民族の博物館

事前予約不要。

 

【千葉県】

国立歴史民俗博物館

事前予約不要。

千葉県立美術館

事前予約不要。

千葉市美術館

事前予約不要。

市原湖畔美術館

事前予約不要。

 

【茨城県】

茨城県立近代美術館

特別展はWEB予約あり。30分単位の入場時間を予約。

 

天心記念五浦美術館

事前予約不要。

 

笠間陶芸美術館

事前予約不要。

 

しもだて美術館

事前予約不要。

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館

事前予約不要。

 

茨城県立歴史館

常設展は事前予約不要。閲覧室は県民のみ利用可で予約制。

 

【栃木県】

栃木県立美術館

事前予約不要。

 

栃木県立博物館

事前予約不要。

 

宇都宮美術館

事前予約不要。

 

【群馬県】

群馬県立近代美術館

事前予約不要。

 

群馬県立館林美術館

事前予約不要。

 

富弘美術館

事前予約不要。

 

高崎市美術館

事前予約不要ですが「旧井上房一郎邸」観覧は予約制。美術館に電話またはメールで希望日時を連絡する。

 

高崎市タワー美術館

事前予約不要。

 

群馬県立自然史博物館

事前予約制。当初は入場時間は2時間毎設定。博物館に電話で申し込みをしましたが、その後60分単位のネット予約が導入されています。

群馬県立歴史博物館

事前予約優先。入場時間は60分毎設定。博物館に電話で申し込みをしましたが、その後60分単位のネット予約が導入されています。

 

【山梨県】

山梨県立美術館

事前予約不要。

 

山梨県立文学館

事前予約不要。

 

以上の状況です。事前予約制の美術館、博物館は、ビフォアーコロナ時代よりも、混雑を避けて車椅子で快適に観覧できる可能性があります。

《生きるちから舎ニュース 2021年9月15日付修正版》

神奈川県相模原エリア 車椅子バリアフリードライブコース

相模原には車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に楽しめる、ドライブでの立ち寄り先にお薦めできる施設や公園、産直ショップなどの観光スポットを紹介します。

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原には宇宙研究開発機構(JAXA)のキャンパスがあります。その中にある、無料公開の展示館です。

JAXA宇宙科学探査交流棟

収容台数は少ないですが無料駐車場があります。

屋外展示は、実物または実寸大模型のロケット。屋内では月探査機や大気圏突入技術など、JAXAの活動が紹介されます。

JAXA宇宙科学探査交流棟

施設全般バリアフリー仕様で、車椅子で見学可能です。交流棟内にはバリアフリートイレがあります。

JAXA宇宙科学探査交流棟

相模原市立博物館

JAXA宇宙科学探査交流棟の隣接地にある博物館です。相模原の歴史民俗を紹介する常設展は無料公開。プラネタリウムは有料ですが、観覧料の障がい者減免制度があります。

相模原市立博物館

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様で、車椅子での見学に大きな問題はありません。市立の歴史民俗博物館としては、施設の設備、展示内容とも、ハイレベルな博物館です。

相模原市立博物館

相模川ふれあい科学館

相模川の自然を展示する施設です。魚類の展示が多いので、科学館というよりも水族館のような施設です。

相模川ふれあい科学館

無料駐車場があり、入館料の障がい者減免制度があります。ワンフロア構造のコンパクトな施設です。全館車椅子で見学できます。

相模川ふれあい科学館

相模湖記念館

ダム湖である相模湖の建設の歴史や意義を展示する無料施設です。相模湖の近く「相模湖交流センター」の2Fにあります。

相模湖記念館

駐車場は、観光シーズンは有料になりますが、身障者用駐車区画は年中無料で利用できます。

展示物は13種類。すべて車椅子で見学できます。展示は子供向けの内容です。

相模湖記念館

相模の大凧センター

江戸時代から伝わる、相模の大凧揚げ文化を紹介する無料施設です。公民館「れんげの里あらいそ」内にあります。

相模の大凧センター

吹き抜け構造のアトリウム天井に大凧を展示。1Fは大凧の解説展示。2Fは回廊ギャラリーに日本各地、世界各国の凧が展示されます。1F、2Fとも車椅子で見学できます。

相模の大凧センター

女子美アートミュージアム

相模原には女子美術大学のキャンパスがあります。その中にある美術館で、年間6本程度の無料企画展が開催されます。

女子美アートミュージアム

一般来館者用の駐車場はありませんが、身障者用駐車区画が1台分用意されています。一般的には隣接する「相模原麻溝公園」の無料駐車場を利用します。

館内はバリアフリー仕様で、車椅子での展示室内の鑑賞は可能です。

女子美アートミュージアム

相模原麻溝公園

相模原には大きな公園があります。その一つがここで、身障者用駐車区画がある無料駐車場があります。

相模原麻溝公園

広さは21ha。高さ38mの展望台「グリーンタワー相模原」は、エレベーターがあり車椅子で利用できます。

丘陵の公園なので、散策路はゆっくりした傾斜があります。散策路の路面など、設備面では老朽化が進んでいます。この点を除けば、車椅子で散策ができる公園です。

相模原麻溝公園

神奈川県立相模湖公園

相模湖畔の公園です。駐車料金は障害者手帳の提示で1時間無料になります。

神奈川県立相模湖公園

園内の段差箇所にはスロープがあり、バリアフリートイレがあります。相模湖を眺めながら、車椅子で散歩を楽しめる公園です。1964年の東京オリンピックでは、カヌー競技の会場でした。

神奈川県立相模湖公園

農産物直売所「ベジたべーな」

相模原には車椅子で買い物ができる産直ショップがあります。JA相模原市の「ベジたべーな」は、2014年に開店した産直ショップで、バリアフリー仕様です。身障者用駐車区画があり、バリアフリートイレがあります。

農産物直売所「ベジたべーな」

農産物直売所「あぐりんずつくい」

津久井湖の近くにあるJA神奈川つくいの「あぐりんずつくい」は、2013年の開店でバリアフリー仕様です。駐車場には身障者用駐車区画があり、バリアフリートイレもあり、店内の通路幅は余裕があります。

農産物直売所「あぐりんずつくい」

以上相模原エリアで、障がいのある家族とのドライブでの立ち寄り先にお薦めできる主な施設です。

(本稿は2020年3月に執筆しました)