千葉県 密閉密集密接を避ける 車で行く屋外型バリアフリー施設

混雑を回避できる千葉県の穴場スポットお出かけ先情報です。

駐車場がありマイカーで行ける屋外型施設で、ピークを避ければ混雑することが少ない、車椅子やベビーカーで利用できるバリアフリーなお出かけ先を紹介します。

 

さんぶの森公園(山武市)

ややマニアックな公園から紹介します。

広い公園です。園内にはアップダウンがあるので、車椅子では体力の範囲で無理なく散策してください。四季折々のお花が楽しめます。

シンボルタワーはエレベーターで展望台へ上がる屋内型有料施設です。

さんぶの森公園

 

飯塚沼農村公園(匝瑳市)

夏には蓮の花が咲く池のある公園です。広さは1.9ha。遊歩道が整備され車椅子で散策できます。

隣接する商業施設「ふれあいパーク八日市場」の「花・植木見本園」も、バリアフリーな屋外型の施設です。

飯塚沼農村公園

 

佐久間ダム湖親水公園(鋸南町)

佐久間ダムは1986年に完成した農業灌漑用堰止湖で、周辺を「佐久間ダム湖親水公園」とし、花の名所としています。水仙と桜の名所で、紫陽花とハスの植栽もすすめています。

公園全体がバリアフリーではなく、車椅子では段差のないスポットを訪ねます。ドライブを主体に楽しむ観光になります。

佐久間ダム湖親水公園

 

袖ケ浦公園(袖ヶ浦市)

2つの池を中心に散策路や広場がある公園です。バリアフリー上のポイントは駐車場の選択です。来園者用の一般駐車場から園内に向かうと、距離は短いながら急坂を下ります。

園内に「袖ヶ浦郷土博物館」と「アクアラインなるほど館」、入館無料の2つの施設があります。この施設の入口前に、それぞれ障害者用駐車区画が用意されています。

袖ケ浦公園

 

水郷佐原あやめパーク(香取市)

知名度は高い施設です。

2017年にリニューアルオープンしたバリアフリー施設で、「あやめ祭り」期間は混雑しますが、フジやハスの季節は、普通はそれほど混みません。

あやめの開花ピークの期間を避ければ、安心して利用できます。

水郷佐原あやめパーク

 

ふなばし三番瀬海浜公園(船橋市)

潮干狩りで名高い人気の公園です。潮干シーズンの4月から6月は混雑します。その時期を避ければ、安心して利用できます。展望デッキがあり、三番瀬を眺望できます。

「環境学習館」は屋内施設です。

ふなばし三番瀬海浜公園

 

市原史跡上総国分尼寺跡(市原市)

バリアフリーな史跡を紹介します。

奈良時代の建築物を復元した大規模な復元施設です。中門、金堂、回廊があり、車椅子で見学ができます。史跡の解説がある展示館は屋内施設です。

市原史跡上総国分尼寺跡

 

宗吾霊堂(成田市)

珍しい由来の寺院を紹介します。

江戸時代の義民「佐倉宗吾」を祀るお寺です。境内は未舗装路面や段差箇所があります。車椅子ではルートを選びながら、無理のない範囲でのお参りになります。

祭礼の日などを避ければ、それほど混みあうことはありません。

宗吾霊堂

 

飯岡刑部岬展望館(旭市)

外房のバリアフリー展望施設です。無料で利用できます。車椅子で360度の眺望が楽しめます。

サンライズ、サンセット、そして夜景も人気です。

飯岡刑部岬展望館

 

九十九里有料道路

ドライブそのものが観光として楽しめるシーサイドロードです。「波乗り道路」と呼ばれます。

東日本大震災後に道路のかさ上げ工事を行い、2017年に再開業しました。途中にある九十九里を眺望する休憩施設は、改修されて綺麗です。

九十九里有料道路

 

東関道佐原PAパノラマ展望台

最後に高速道路のPAにある展望施設を紹介します。東関東自動車道の佐原PA(上り)にあります。

段差箇所にはスロープがある上り坂を進みます。展望台からは水郷エリアと利根川の流れが眺望できます。

東関道佐原PAパノラマ展望台

障がいのある家族や小さなお子様と、密閉密集密接を避けてお出かけが出来る、バリアフリーな穴場スポットで楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

銚子から九十九里へ 車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

青い海と砂浜、断崖絶壁、そして美味しい魚と出来たての醤油。千葉県の太平洋沿い、銚子から九十九里浜にかけて、障がいのある家族と一緒に楽しめる、バリアフリーな観光施設をめぐるお薦めのドライブコースを紹介します。

車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

銚子は高速道路からのアクセスが悪く、東関道の佐原香取ICから一般道で約40km、順調なペースで約1時間かかります。

銚子で最初にお薦めするは、ヤマサ醤油の工場内にある「しょうゆ味わい体験館」です。工場見学は予約制で途中に階段があるルートです。工場見学センターで映画を見る、体験館で醤油の歴史や製造方法を知る、そして煎餅を焼くのは車椅子で可能です。

工場直売ショップがあり、ここでしか買えない醤油もあります。

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

 

銚子ポートタワー・ウオッセ21

ヤマサ醬油から約4km。銚子を代表する観光施設です。「銚子ポートタワー」、レストラン「うおっせ」、水産物即売センター「ウオッセ21」があります。古い観光施設なのでバリアフリーレベルはそれなりですが、車椅子で利用できない決定的な問題はありません。

ポートタワーの入館料は障害者減免制度があります。

銚子ポートタワー・ウオッセ21

 

地球の丸く見える丘展望館

銚子ポートタワーから海岸沿いに約6km進みます。愛宕山の上に建つ展望施設です。

施設の裏側に障害者用駐車場があり、そこからはスロープで入館できます。入館料は障害者減免制度があります。

車椅子では3Fのカフェに上がり、カフェの中から眺望を楽しみます。カフェには、そのための車椅子専用席が用意されています。外のテラスに出ると、壁が高くて車椅子からは空しか見えません。

地球の丸く見える丘展望館

 

飯岡刑部岬展望館

地球の丸く見える丘展望館から屏風ヶ浦を通り約13km西へ移動します。高さ約60mの断崖絶壁に建つ無料の展望施設です。エレベーターがあり車椅子で問題なく利用できるバリアフリー展望館です。別称は「光と風の展望館」で、九十九里浜から屏風ヶ浦、そして内陸側まで、360度の眺望が楽しめます。

飯岡刑部岬展望館

 

道の駅季楽里あさひ

刑部岬展望館から約8km内陸に進みます。2015年に開業したバリアフリー施設です。車椅子で問題なく利用できます。

道の駅季楽里あさひ

 

道の駅オライはすぬま

道の駅季楽里あさひから、海岸沿いに戻り約23km走ります。距離はありますが、スムーズに流れれば30分程度で到着します。

2005年に開業した老舗の道の駅です。施設のバリアフリーレベルは最新の道の駅に比べれば劣りますが、レストランの美味しさは定評があります。席は約半分がテーブル席です。

道の駅オライはすぬま

 

海の駅九十九里

オライはすぬまから海岸沿いを約10km進みます。片貝漁港の横にある施設で開業は2015年。車椅子で問題なく利用できるバリアフリー施設です。

1Fは産直ショップと入館無料の「いわし資料館」、2F は海鮮料理もいただけるセルフサービスのフードコートです。

海の駅九十九里

 

国民宿舎サンライズ九十九里

海の駅九十九里から約5km、最後の立ち寄り施設はホテルです。バリアフリーなレストランやショップがあります。

サンライズ九十九里からは「東金九十九里有料道路」に直結します。

車椅子で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

大洗から那珂湊へ 車椅子で訪ねる茨城バリアフリードライブコース

茨城県の大洗から那珂湊にかけて、車椅子で利用できるバリアフリー施設が数多くあります。その中から障がいのある家族と一緒に利用できる、ドライブでの立ち寄り先にお薦めできる施設、お店、観光スポットを紹介します。

「高速道路から大洗港へ」

「水戸大洗ic」から大洗港に向かいます。この区間の道路は整備が進んでいます。距離は約5km、10分程度でicから港に到着します。

大洗港には以下のバリアフリーな観光施設があります。

〇大洗わくわく科学館

エネルギーに関する展示解説がある、子供向きの有料施設です。入館料金は障害者減免制度があります。

 

〇大洗シーサイドステーション

元はアウトレットだった施設で、産直ショップ、グルメ店、物販店などがあります。

大洗シーサイドステーション

〇大洗マリンタワー

高さ60mの展望タワーです。入館料は障害者減免制度があります。

大洗マリンタワー

〇かねふくめんたいパーク大洗

明太子の製造工場で、工場見学、直売所、明太子おにぎりなどがあるフードコートがあります。

かねふくめんたいパーク大洗

なお魚屋とJA産直ショップがある「海・山直売センターいきいき」も、バリアフリーのレベルは下がりますが、車椅子で買い物が出来ます。

海・山直売センターいきいき

「高台の神社と博物館へ」

港から離れて高台に向かいます。大洗磯前神社と幕末と明治の博物館に立ち寄ります。

〇大洗磯前神社

一の鳥居は海中に建つ大洗を象徴する神社です。神社なので多少のデコボコや段差はありますが、車利用で高台の駐車場を利用すれば、車椅子で参拝可能です。海岸からの参道は階段ルートです。

大洗磯前神社

〇大洗町幕末と明治の博物館

幕末から明治維新の時代に活躍した、田中光顕伯爵が創立した博物館です。「常陽明治記念館」として昭和4年に開館。平成9年に新館を増設し、旧館をリニューアルして「大洗町幕末と明治の博物館」になりました。車椅子で観覧できます。観覧料は障害者減免制度があります。

大洗町幕末と明治の博物館

「水族館から海門橋を渡る」

海沿いに戻り、バリアフリー施設「アクアワールド茨城県大洗水族館」を見学。その先は「海門橋」を渡り、那珂湊に入ります。

水族館はバリアフリー施設です。駐車場は施設に近い大型バス用の駐車場に進み、係員に車椅子利用を申告し、誘導に従ってください。

観覧料は障害者減免制度があり、半額に減免されます。

アクアワールド茨城県大洗水族館

「那珂湊おさかな市場へ」

人気の観光スポットです。公的な市場ではなく、経営が異なるなる多数の魚屋が集積したエリアです。障害者用駐車区画がある大きな有料駐車場が整備されています。週末は有料の臨時駐車場も利用できます。

那珂湊おさかな市場へ

ひたちなか市の神社「酒列磯前(さかつらいいそさき)神社」は100m以上続く樹のトンネル参道「樹叢(じゅそう)」がある趣のある古社ですが、段差や路面のデコボコが激しく車椅子での参拝には不向きです。

酒列磯前(さかつらいいそさき)神社

「干し芋の名店から高速道路へ」

那珂湊おさかな市場から高速道路へのアクセスは「ひたちなかic」の利用が便利です。その通り道にあるバリアフリーな干し芋の名店を紹介します。

〇ほしいも専門店大丸屋

巨大な石の干し芋モニュメントと恐竜の彫刻があるお店です。エントランス周辺はスロープ対応、店内はスペースに余裕があるバリアフリー仕様で、綺麗な障害者用トイレがあります。

大丸屋から「ひたちなかic」までは4km弱で10分かからずに高速道路にアクセスできます。

ほしいも専門店大丸屋

大洗から那珂湊にかけて、車椅子で観光や買い物ができる施設があり、バリアフリードライブが楽しめます。

(本稿は2020年3月に執筆しました)