混雑を避けてお出かけ 駐車場がある東京都のバリアフリーな屋外施設

車椅子を利用する障がいのある家族や小さい子供と一緒に、ピークを避ければ密閉、密集、密接を避けることが出来る、駐車場がある公園、神社などの屋外施設を紹介します。いずれも車椅子、ベビーカーで利用できるバリアフリー施設からピックアップしました。

 

北の丸公園(千代田区)

公園内には3カ所有料駐車場があります。駐車料金の障害者減免制度はありません。園内の主な散策路は、舗装路でアップダウンは少なく、車椅子で通行可能です。園内にある科学技術館は、バリアフリーではありません。

開園は1969年。昭和天皇の還暦を記念して整備された公園で、芝生や池、里山風の緑地などは、すべて戦後の造営です。林ではクワガタが生息、夏はアゲハチョウが歩道で舞います。

武道館で大きなイベントが開催される日や、桜の開花時は、駐車場が満車になることがあります。そういう日でも、園内の散策路が大混雑することはほとんどありません。

北の丸公園(千代田区)

 

日枝神社(千代田区)

神社なので基本的にはバリアフリーではありませんが、車で行けば車椅子で参拝が出来ます。山の上の社ですが、山頂部に駐車場があり、境内への舗装通路が整備され、拝殿には段差回避スロープがあります。

お正月と祭礼の日は大変混みあいます。また七五三の時期も混雑します。

日枝神社(千代田区)

 

豊川稲荷東京別院(港区)

赤坂の豊川稲荷には参拝者用の無料駐車場があります。ただし収容台数が少ないので、混雑時期に限らず常時満車の可能性があります。その場合は、2~3台までなら青山通りで空き待ちが出来ます。

境内はバリアフリーではありませんが、車椅子で移動可能な範囲が過半です。拝殿には段差回避スロープで上がることができます。

正月、祭礼の日以外は、極端に混雑することは滅多にありません。

豊川稲荷東京別院(港区)

 

浜離宮恩賜庭園(中央区)

庭園の入口前が、身体障害者用駐車場です。原則として障害者手帳が交付されている人だけが利用できます。スタッフに利用を申告してください。

庭園内は砂利路面が多くバリアフリーではありませんが、パンフレットに案内されている「車椅子通行可ルート」なら、未舗装路ですが頑張れば車椅子で移動可能です。

人混みが気になるほど混雑することは少ない庭園です。

浜離宮恩賜庭園

 

池上本門寺(大田区)

山の上にあるお寺ですが、参拝者用の駐車場があり、駐車場からはほぼアップダウンなく境内に移動できます。

境内は五重塔方面にかけて、舗装路がつながり車椅子で移動できます。ただし大堂の階段には、スロープ、エレベーターはありません。

正月やイベントがある日は混みますが、それ以外の日は極端に込み合うことはありません。

池上本門寺(大田区)

 

大森ふるさとの浜辺公園(大田区)

かつての大森海岸を再現した人工ビーチがある公園です。有料駐車場があり駐車料金の障害者減免制度はありません。園内は散策路整備され、車椅子で散策可能です。大森海苔のふるさと館は屋内型施設です。

好天の休日はそれなりに混みますが、海を眺めながの園路散策なら、人混みが気になるほどの混雑になることは稀です。

大森ふるさとの浜辺公園(大田区)

 

東京大仏(板橋区)

お寺の名称は乗蓮寺。小高い山の上にあります。参拝者用の広い駐車場は山の下にあり、参道は階段です。車椅子ベビーカーは、迂回する坂道を徒歩で上がり境内に向かいます。この坂道が難所です。

境内にはアップダウンが少なく、車椅子で東京大仏にお参りすることができます。

正月や祭礼の日は混みますが、通常は極端に混みあうことはありません。

東京大仏(板橋区)

 

都立神代植物公園(調布市)

駐車場は広く、園内はほぼフラットで、メインの通路は舗装されています。大温室は屋内型施設です。

バラのシーズンの週末は混雑して駐車場がすぐに満車になります。その状況でも、バラ園をはじめ園内は、人混みが気なるほどの状態にはなりません。

都立神代植物公園(調布市)

 

大國魂神社(府中市)

舗装路面の有料駐車場、未舗装路面の無料駐車場があり、混雑時は臨時駐車場が開放されます。境内は舗装された通路があり、車椅子で拝殿に参拝できます。

正月、祭礼の日は大混雑します。それ以外の日であれば、臨時駐車場が開放される日でも、人混みが気になるほどの混雑には滅多になりません。

大國魂神社(府中市)

 

府中市郷土の森博物館(府中市)

一般駐車場とは別に、入口前に障害者用駐車区画があり、車椅子利用者は駐車できます。

博物館は屋内型施設ですが、広い庭園と古民家エリアがあり、アップダウンはありますが舗装通路を歩き散策できます。

好天の休日は混みますが、園内の散策は人混みが気になるほどではありません。

府中市郷土の森博物館(府中市)

 

薬師池公園(町田市)

東駐車場を利用すると園へのルートが階段になるので、第一駐車場の利用が便利です。園内へのルート、および園内の散策路はアップダウンがありますが、少し頑張れば車椅子ベビーカーでの散策は可能です。椿園、梅園、藤棚、花菖蒲田、アジサイ園、ハス田と季節のお花が咲きます。

好天の週末は混みますが、園内は人混みが気になるほど混雑することは稀です。

薬師池公園(町田市)

 

奥多摩周遊道路(西多摩郡)

東京の観光道路です。途中2カ所に休憩できる施設があります。奥多摩町寄りが「山のふるさと村」で平坦な駐車場があります。桧原村側が「都民の森」で、歩行困難な人は坂の上の「森林館」前駐車場の利用が認められます。

春から秋まで、好天の週末は混み、施設の駐車場が満車になることが珍しくありません。それでも施設内および周辺が大混雑することはあまりありません。

奥多摩周遊道路(西多摩郡)

 

都立公園と国営公園

東京都立公園には「大きな駐車場」がある「広い公園」が複数あります。ただし、好天の週末は混雑し、駐車場が満車になることはよくあります。それでも園内の散策に困るほどの混雑にはなりません。

園内がバリアフリーで、ある程度以上の収容台数がある駐車場があり、人混みに悩まされずにバリアフリーに散策が楽しめる主な都立公園は以下です。

「都立大井ふ頭中央海浜公園(品川区)」「葛西臨海公園(江戸川区)」「都立木場公園(江東区)」「都立舎人公園(足立区)」「都立石神井公園(練馬区)」「都立光が丘公園(練馬区)」「都立大泉中央公園(練馬区)」「都立水元公園(葛飾区)」

「国営昭和記念公園(立川市)」は、集客力のある有料の公園です。好天の週末は多数の来園者が訪れますが、とても広い公園なので、人混みが気になるスポットはごく一部です。

「都立代々木公園(渋谷区)」の駐車場は収容台数が65台で、好天の週末はすぐに満車になります。公園内は広く、イベント会場などを避ければ、人混みを避けることができます。

国営昭和記念公園

密閉、密集、密接を避けて、東京で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

人混みを避けてお出かけ 埼玉県の駐車場がある屋外型バリアフリー施設

密閉、密集、密接を避けることができる、埼玉県の穴場スポットお出かけ情報です。

駐車場があり、ピークを避ければ混雑を回避でき、車椅子やベビーカーで利用できるバリアフリーな公園、観光地、神社などをピックアップしました。

 

上尾丸山公園(上尾市)

面積は約15ha。昭和53年に開園した2.4haの大きな池がある、水と緑豊かな自然公園です。北口駐車場には2台分障害者用駐車区画があり、駐車場から公園へは段差が完全に解消されたルートを通ります。施設全般、バリアフリー改修は進んでいます。

自然学習館と天体観測棟は屋内型施設です。

上尾丸山公園

 

鷲宮神社(久喜市)

2007年アニメのヒットで話題になった神社で、一時期は混雑しましたが、祭典の日や正月以外は、極端な混雑はありません。

境内はほとんどが未舗装路面ですが、薄い砂利で固い路面なので、車椅子で移動できます。拝殿に段差はありません。車椅子で参拝できます。

鷲宮神社

 

久喜菖蒲公園(久喜市)

大きな池を中心に散策路が整備された公園です。釣りができる有料コーナーと無料コーナーがあります。池には大噴水があり、30分おきに10分間、音楽に合わせて姿を変えながら水面から噴水が上ります。

車椅子で釣りが出来る 久喜菖蒲公園バリアフリー情報

 

八丁湖公園(吉見町)

「八丁湖」は一周約1,600mの人造湖で、湖畔を巡る舗装された周回路がウォーキングコースになっています。多少のアップダウンはありますが車椅子で散策できます。

八丁湖公園

 

県営和光樹林公園(和光市)

20haの大きな自然公園です。樹林の周囲に整備された赤いウォーキングコースは、クッション性のある舗装路面で、車椅子で快適に移動できます。駐車料金は障害者手帳の提示で無料に減免されます。

県営和光樹林公園

 

聖天宮(坂戸市)

5千頭の龍が昇る台湾道教のお宮です。基本は段差構造ですが、要所にスロープが設置されているので、車椅子でお宮のほぼすべてを見学することができます。

屋内空間はごく一部で、ほとんどはオープン構造のお宮です。

聖天宮

 

新しい村(宮代町)

「山崎山」という里山を開発して、2001年に公園として開園しました。

市民農園や収穫体験が出来る田や畑、集会所、釣りが出来る調整池、芝生広場など、里山の景観を残した空間が広がります。

里山エリアは未舗装でアップダウンがあり、車椅子では無理のない範囲での利用になります。核施設として屋内施設の産直ショップ「森の市場結」と「森のカフェ」があります。

新しい村

 

難波田城公園(富士見市)

中世の城跡の復元、移築した古民家、そして資料館がある公園です。資料館は屋内型施設です。

お城の復元エリアはバリアフリーです。古民家エリアは未舗装ですが、固い路面なので気を付けて進めば車椅子で移動できます。

難波田城公園

 

奥秩父もみじ湖(秩父市)

山梨県との県境に近い山中にある人造湖です。整備された駐車場と公園のようなスペースがあり、車椅子で奥秩父の眺望を楽しめます。駐車場の横の崖に積まれた大きな岩積みは、見ごたえのある景観です。

奥秩父もみじ湖

 

ようばけ(小鹿野町)

「ようばけ」とは、秩父地方の方言で「陽の当たる崖」。高さ100m、幅400mに及ぶ地層の大露頭。国指定の天然記念物です。1,500万年前に堆積した地層が観察できます。

「おがの化石館」の駐車場に車を停めて、無理なく見やすい場所から見学します。

ようばけ

 

両神国民休養地(小鹿野町)

季節の花やハイキングが楽しめる自然公園です。公園内の奥深くに駐車場があります。福寿草園などがある方向へは、アップダウンはありますが舗装路が整備されています。フクジュソウの他には、早春のロウバイやヤマザクラ、ハナショウブなどが見事です。

両神国民休養地

 

大天白神社(羽生市)

神社と公園が一体化したような構造で、公園にある藤棚が見事です。中央の噴水池を囲むようにおよそ60本の紫と白の藤棚があります。例年GWの頃には、大和町町内会と観光協会の共催で「大天白藤まつり」が開催されます。

大天白神社

 

水城公園(行田市)

大きな池は「しのぶ池」。その周囲にフラットな舗装路があり、車椅子で散策できます。ただし公園内には段差箇所もあります。

「あおい池」は「ホテイアオイ」が栽培されている池です。この池の横も車椅子で通行可能な舗装路があります。季節には綺麗な花を楽しめます。

水城公園

 

古代蓮の里(行田市)

屋外公園の散策路は舗装路で極端な傾斜はなく、ほぼ全域を車椅子で散策できます。公園には蓮だけではなく、ロウバイ、梅、ボタン、桜など、多様な花木が植栽され、四季折々の花を楽しめます。蓮のトップシーズンでも、人混みになるほどの混雑には滅多になりません。

田んぼアートを眺望する展望室がある「古代蓮会館」は、屋内型施設です。

古代蓮の里

 

さきたま古墳公園(行田市)

9基の大型古墳がある「埼玉古墳群」を中心に整備された公園です。とにかく広いので、混雑に悩まされることは少ない公園です。古墳の間を通る平坦な舗装路から、車椅子で大型古墳の実物を観ることが出来ます。

「さきたま史跡の博物館」は、屋内型施設です。

さきたま古墳公園

埼玉の穴場的なバリアフリー屋外施設で、楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

千葉県 密閉密集密接を避ける 車で行く屋外型バリアフリー施設

混雑を回避できる千葉県の穴場スポットお出かけ先情報です。

駐車場がありマイカーで行ける屋外型施設で、ピークを避ければ混雑することが少ない、車椅子やベビーカーで利用できるバリアフリーなお出かけ先を紹介します。

 

さんぶの森公園(山武市)

ややマニアックな公園から紹介します。

広い公園です。園内にはアップダウンがあるので、車椅子では体力の範囲で無理なく散策してください。四季折々のお花が楽しめます。

シンボルタワーはエレベーターで展望台へ上がる屋内型有料施設です。

さんぶの森公園

 

飯塚沼農村公園(匝瑳市)

夏には蓮の花が咲く池のある公園です。広さは1.9ha。遊歩道が整備され車椅子で散策できます。

隣接する商業施設「ふれあいパーク八日市場」の「花・植木見本園」も、バリアフリーな屋外型の施設です。

飯塚沼農村公園

 

佐久間ダム湖親水公園(鋸南町)

佐久間ダムは1986年に完成した農業灌漑用堰止湖で、周辺を「佐久間ダム湖親水公園」とし、花の名所としています。水仙と桜の名所で、紫陽花とハスの植栽もすすめています。

公園全体がバリアフリーではなく、車椅子では段差のないスポットを訪ねます。ドライブを主体に楽しむ観光になります。

佐久間ダム湖親水公園

 

袖ケ浦公園(袖ヶ浦市)

2つの池を中心に散策路や広場がある公園です。バリアフリー上のポイントは駐車場の選択です。来園者用の一般駐車場から園内に向かうと、距離は短いながら急坂を下ります。

園内に「袖ヶ浦郷土博物館」と「アクアラインなるほど館」、入館無料の2つの施設があります。この施設の入口前に、それぞれ障害者用駐車区画が用意されています。

袖ケ浦公園

 

水郷佐原あやめパーク(香取市)

知名度は高い施設です。

2017年にリニューアルオープンしたバリアフリー施設で、「あやめ祭り」期間は混雑しますが、フジやハスの季節は、普通はそれほど混みません。

あやめの開花ピークの期間を避ければ、安心して利用できます。

水郷佐原あやめパーク

 

ふなばし三番瀬海浜公園(船橋市)

潮干狩りで名高い人気の公園です。潮干シーズンの4月から6月は混雑します。その時期を避ければ、安心して利用できます。展望デッキがあり、三番瀬を眺望できます。

「環境学習館」は屋内施設です。

ふなばし三番瀬海浜公園

 

市原史跡上総国分尼寺跡(市原市)

バリアフリーな史跡を紹介します。

奈良時代の建築物を復元した大規模な復元施設です。中門、金堂、回廊があり、車椅子で見学ができます。史跡の解説がある展示館は屋内施設です。

市原史跡上総国分尼寺跡

 

宗吾霊堂(成田市)

珍しい由来の寺院を紹介します。

江戸時代の義民「佐倉宗吾」を祀るお寺です。境内は未舗装路面や段差箇所があります。車椅子ではルートを選びながら、無理のない範囲でのお参りになります。

祭礼の日などを避ければ、それほど混みあうことはありません。

宗吾霊堂

 

飯岡刑部岬展望館(旭市)

外房のバリアフリー展望施設です。無料で利用できます。車椅子で360度の眺望が楽しめます。

サンライズ、サンセット、そして夜景も人気です。

飯岡刑部岬展望館

 

九十九里有料道路

ドライブそのものが観光として楽しめるシーサイドロードです。「波乗り道路」と呼ばれます。

東日本大震災後に道路のかさ上げ工事を行い、2017年に再開業しました。途中にある九十九里を眺望する休憩施設は、改修されて綺麗です。

九十九里有料道路

 

東関道佐原PAパノラマ展望台

最後に高速道路のPAにある展望施設を紹介します。東関東自動車道の佐原PA(上り)にあります。

段差箇所にはスロープがある上り坂を進みます。展望台からは水郷エリアと利根川の流れが眺望できます。

東関道佐原PAパノラマ展望台

障がいのある家族や小さなお子様と、密閉密集密接を避けてお出かけが出来る、バリアフリーな穴場スポットで楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)