法乗院 深川えんま堂で説法を聴く 足が悪い人のための参拝ガイド

東京都江東区深川の法乗院は、日本最大の閻魔大王座像が安置されています。そして閻魔様の説法を拝聴するシステムがある、ユニークな寺院です。

えんま堂は5段の階段の上にあり、スロープやエレベーターはありません。したがって車椅子でのお参りは困難です。なんらかの方法で5段を上がることが出来る人は、閻魔様の説法を拝聴することができます。

法乗院 深川えんま堂

アクセスは門前仲町駅から徒歩5分の案内です。地下鉄駅からの地上行きエレベーターは設置されています。参拝者用の駐車場はありません。

境内への出入口に段差はありません。正面左側のお堂がえんま堂です。

5段を上がるとフラットな空間があり、そこからお堂の中の閻魔大王座像を拝顔します。お賽銭箱の替わりに「家内安全」など19種の祈願が記された賽銭投入口があり、お賽銭を入れると説法が始まります。

本堂の1Fには、16枚の地獄・極楽図が展示されています。

半地下のようなフロアですが、スロープで段差回避ができます。スロープの横に「曽我五郎の足跡石」があります。

法乗院 深川えんま堂

本堂2Fは参拝所です。

法乗院 深川えんま堂

えんま堂から更に10段の階段を上がります。階段に手すりはついています。

法乗院 深川えんま堂

法乗院の創建は1629年。江戸時代から「江戸三えんま」のひとつとして信仰を集めていたそうです。現在のえんま堂は、平成元年に建立されました。

法乗院 深川えんま堂

深川えんま堂は、車椅子でのお参りは階段の下からになります。5段の階段を上がることが出来る人は、日本最大の閻魔大王座像にお参りできます。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

東京湾観音 車椅子での拝観と山頂のバリアフリー情報

千葉県富津市、東京湾を見下ろす大坪山に建つ東京湾観音は、その胎内を階段で拝観できます。しかしエレベーターはないので、車椅子では胎内拝観は困難です。近くから、そのお姿を仰ぎ見るお参りになります。

アクセスは車です。山の頂上へ続く道が、表参道とされています。カーブが多い長い急坂路を上がりますが、道路は整備されているので、車の通行は問題ありません。

山頂に参拝者用の無料駐車場があります。しかし路面は未舗装で石がゴロゴロしている路面です。車椅子では慎重に移動する必要があります。

東京湾観音

観音様の足元の敷地内に入るのは有料です。拝観所が新しくなりました。ここで拝観料を支払います。拝観所への石畳アプローチ周辺の砂利路面は深く、車椅子が動かなくなりました。そのようなこともあり、今回の取材では、新拝観所内へ行くことは断念しました。

東京湾観音

駐車場の未舗装路面を越えると、舗装路にでます。ここから有料エリアの柵の手前までは、車椅子で楽に移動できます。

東京湾観音

その付近から見上げた観音様と、柵の外からみた有料エリア内の様子です。

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音

東京湾観音は、未舗装砂利路面を通行できれば、有料エリアに車椅子で入ることができます。胎内拝観は324段の階段を上がります。エレベーターはありません。

(本稿は2021年1月に執筆しました)

境内はバリアフリー 公園はバリア 成田山 車椅子参拝情報

成田山新勝寺は早くからエレベーターを導入するなど、境内のバリアフリー化に力を入れている寺院です。境内ほぼ全域が車椅子でお参りができます。

隣接する成田山公園は桜と紅葉の名所。1928年に開園した名園ですが、車椅子で散策できる範囲は限られます。

車椅子からみた成田山のバリアフリー状況を紹介します。

成田山

○参道の状況

JR成田駅の近くから表参道が始まります。

成田山

表参道はバリアフリー改修済みで、歩道と車道の段差はほとんどなく、歩道の路面は一部を除きフラットです。車椅子で通行しやすい参道です。

成田山新勝寺

ただし鰻屋が軒を連ねる参道の中間付近は急坂です。道幅は狭くなり交通規制がない日は、バスなど車両が通行します。元気な介助者がいれば、なんとか通行できる坂道ですが、車椅子での上り下りは楽ではありません。

坂を下りて「総門」付近までくると、道はフラットになり、車椅子で楽に通行できます。

成田山新勝寺

○駐車場の状況

成田山周辺には数多くの有料駐車場があります。現時点で、駐車料金の障害者減免制度がある駐車場は未発見です。また障害者用駐車区画の用意がある駐車場は、ほとんど見かけません。今回の取材では、駅に近い「成田市営第一有料駐車場」に、1台分障害者用駐車区画がありました。

 

○総門から最初のエレベーターまでの状況

成田山新勝寺の境内に入ります。「総門」は2007年の建立。門の下に段差はなく、車椅子で通行できます。

成田山新勝寺

その先に見える重文の「仁王門」は階段路です。車椅子では車椅子マークのサインに従い「光輪閣」方面へ左折します。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

そこから傾斜路があります。角度はきつくはありません。

成田山新勝寺

総門をくぐらずに、車両通行路から「光輪閣」へ向かうルートもありますが、入口の傾斜路は角度があります。

成田山新勝寺

突き当り右側のトイレに障害者用トイレがあります。奥に細長い個室で、便器設備はウォシュレット付きです。ユニバーサルベッドはありません。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

車椅子マークのサインに従い、突き当りを左に進むと、エレベーターが2基あります。このエレベーターで「大本堂」の高さに上がります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

○大本堂のバリアフリー状況

エレベーター乗降場所から大本堂方面へ舗装通路が整備されています。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

車椅子マークのサインに従い、大本堂の横に進むと、エレベーターが1基あります。このエレベーターで大本堂に上がります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

大本堂内のほとんどの段差箇所は、段差解消されているか、スロープが設置されています。車椅子で移動できない箇所はありません。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

そのまま第本堂の裏に回り、車椅子から石庭園を眺めることができます。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

○大本堂周辺のバリアフリー状況

大本堂がある高さに重文の「三重塔」「釈迦堂」があります。どちらも舗装路を移動して車椅子で近づけます。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

釈迦堂の先には、お店が並ぶ「奥山広場」があります。ここも車椅子で移動可能です。

成田山新勝寺

「出世稲荷」は階段の上で車椅子では参拝できません。

 

○平和大塔へのエレベーターの状況

大本堂の横を進むと、段差箇所に階段とエレベーター2基があります。このエレベーターで平和大塔などがある高さに上がります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

エレベーターの横には、境内で最も新しいトイレがあり、障害者用トイレが1つ用意されています。便器設備はウォシュレット付き。ユニバーサルベッドはありません。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

○平和大塔のバリアフリー状況

平和大塔はスロープが設置されています。傾斜角度は緩く、見た目よりも楽に車椅子で上がることができます。そして車椅子で不動明王を拝むことができます。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

○平和大塔周辺のバリアフリー状況

エレベーターの乗降場所から舗装通路が整備され、平和大塔までの間に複数のお堂などがあります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

「額堂」と「光明堂」は重文です。車椅子で近づいて見学できます。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

スロープがあるお堂もあります。

成田山新勝寺

新しい祠もあります。

成田山新勝寺

また平和大塔付近からは、隣接する成田山公園を見下ろすことができます。

成田山新勝寺

平和大塔から境内を出た地点にある資料館「霊光館」にも、スロープがあります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

○成田山公園のバリアフリー状況

境内に隣接する公園の状況です。境内から公園へ入るアクセスルートが2ヵ所ありますが、どちらも階段路で車椅子では通行できません。

成田山新勝寺

平和大塔から霊光館の横を通り「書道美術館」駐車場に向かう車道があります。この道は急坂です。特に公園から書道美術館付近の区間の傾斜はきつく、車椅子ではかなり辛い角度です。無理ではありませんが、お薦めできません。

成田山新勝寺

車椅子で成田山公園内を散策できるフラットな舗装路は、「龍智の池」周辺のごく一部です。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

成田山新勝寺

その先はすぐに未舗装のデコボコ路や傾斜路、そして階段路になります。

成田山新勝寺

成田山新勝寺

したがって、成田山公園には車でアクセスして、フラットエリアに近い「成田山公園駐車場」を利用して、車椅子で無理をすることなく、龍智の池周辺を散策するコースをお薦めします。

現在のところ成田山公園駐車場の駐車料金は1回500円で前払い。支払いに紙幣は使用できず、硬貨のみです。料金の障害者減免制度はありません。500円分の硬貨を用意して利用して下さい。

成田山新勝寺

成田山新勝寺の境内は、3ヵ所のエレベーターを利用して、ほぼ全域を車椅子で参拝できるバリアフリー寺院です。

(本稿は2020年12月に執筆しました)