武田信玄公が開基 甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

山梨県甲府市の善光寺は、信濃善光寺の焼失を恐れた武田信玄公によって、1558年に創建されたお寺です。境内はアップダウンのない平地ですが、小さな段差やデコボコが多く、石畳の路面には凹凸があり、車椅子での移動は見ため以上に苦戦します。現地の状況を紹介します。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇第一駐車場はバリアフリー

アクセスは車が便利です。参拝者用の無料駐車場が用意されています。障害者用駐車区画はありませんが、舗装路面のフラットな駐車場なので、車椅子で問題なく乗降できます。

第一駐車場はバリアフリーですが、駐車場から外に出ると、車椅子では苦戦するルートが連続します。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇参道の路面はデコボコの石畳

第一駐車場は山門と金堂の中間付近にあります。最初に、重要文化財指定の山門を目指すとします。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

駐車場の横から、小さな段差を乗り越えると参道に出ることができますが、参道はデコボコがひどい石畳で、車椅子での通行は苦痛です。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

山門の下は段差構造で車椅子では通行できません。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

山門の脇に、車椅子用の迂回通路が用意されていますが、段差解消が雑で、無理をしないと車椅子では通行できません。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

参道の通行が辛く、山門の横の通過もきついので、車椅子では駐車場から一般車道の歩道に出て、山門に向かうことをお薦めします。そこから金堂に向かう際も、参道は避けて車道の歩道を通行し、第一駐車場に戻って境内に近づくルートをお薦めします。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇境内のバリアフリー状況

駐車場から境内へ入る箇所も、小さな段差が連続します。そして境内は、未舗装の砂利路面とデコボコの石畳です。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

香炉の横など、車椅子通行用に段差解消された箇所がありますが、ここも雑な仕上げで、車椅子での移動は快適ではありません。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

重要文化財指定の金堂は階段構造です。車椅子でのお参りは、段の手前からになります。宝物殿も階段構造で、車椅子での観覧はできません。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇壮大な建築と手入れの行き届いた植栽

1796年に再建された金堂と山門は、壮大な善光寺建築です。無理のない範囲からでも、参拝する価値がる重文です。

境内には他にも、地蔵堂、大仏などがあります。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

そして境内の植栽の手入れが見事です。金堂の前に伸びる松の枝は芸術的です。

甲斐善光寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

第一駐車場周辺のバリアフリーエリアからでも、車椅子で境内の見どころを臨むことができます。

 

一見すると車椅子でお参りができそうな平地にあるお寺ですが、路面状況が悪く、車椅子での移動範囲は限られます。甲斐善光寺は、それでもお参りする価値がある名刹です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

茂原市の由来 日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

千葉県茂原市の「藻源寺」は、1276年創建の古寺です。山門の前には、日蓮聖人の大銅像の頭部が仮安置されています。高さ25mの白い山門は茂原のシンボル。そして茂原の地名の由来になった寺といわれています。

車椅子でお参りをして確認した、藻源寺のバリアフリー状況を紹介します。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇広大な参拝者用駐車場

アクセスは車が便利です。未舗装の広い駐車場が用意されています。砂利路面ですが、それほどデコボコは激しくありません。この駐車場に日蓮聖人の大銅像の頭部が仮安置されています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇総門をくぐる

駐車場から境内への入口に建つのは「総門」です。段差なく車椅子でくぐることが出来ます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

その先に寺務所があります。その手前に日蓮聖人大銅像のミニチュアが建立されています。このようなお姿で高さ32mの大銅像が裏山に建立する計画です。山の高さを加えた高さは40mを超えます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇白い巨塔は戒壇塚

最も目立つ白い塔は山門です。多宝塔式の「戒壇塚」です。この門は段差があり、車椅子ではくぐることはできません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

門の中には仁王様がいらっしゃいます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇本堂は段差の上

山門の先にあるのは本堂である「大堂」です。「祖師堂」とも呼ばれます。日蓮聖人の御影が祀られています。

本堂は階段構造で、車椅子でのお参りは段の手前からです。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

本堂の横には石像の「釈迦如来立像」が鎮座しています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇鐘楼堂と子育観音

本堂の並びある鐘楼堂は1688年の建立です。その手前には現代的なデザインの子育観音が鎮座しています。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇華経殿は階段の上

本堂と赤い渡り廊下でつながる「華経殿」は、正面からは階段の上です。車椅子ではお参りできません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇仏殿は段差なし

釈迦如来坐像、多宝如来坐像を祀る「仏殿」は、段差はありません。建物入口前までは車椅子で行くことができます。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

〇大銅像の頭部はライトアップ可能

日蓮聖人の大銅像は、資金難で建立が進まない状況です。現在も浄財を募集しています。仮安置場にはライトアップ設備があります。確認出来ていませんが、夜間はライトアップされるのかもしれません。

日蓮宗藻源寺 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

車椅子では、全てはお参り出来ませんが、藻源寺は見どころの多い古寺です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

東京都世田谷区の「世田谷山観音寺」は、昭和26年に創建されたお寺です。しかしながら境内は古寺の趣があり、お参りすべきお堂や像が数多くあります。境内はバリアフリー仕様ではありませんが、決定的な段差は回避でき、車椅子でのお参りは可能です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

〇アクセス方法

世田谷の住宅街にあります。三軒茶屋駅から徒歩20分の案内です。バス停「世田谷観音」があります。

参拝者用の無料駐車場があります。駐車区画のない未舗装路面の駐車区画で、HPでは5台分と案内されていますが、整理して駐車すれば10台近くは収容できるスペースはあります。未舗装ですが、固くてフラットな路面なので車椅子で利用可能です。

お寺の参道はバス通り側ではなく、反対側の一方通行路から入ります。ルートは分かりにくいので注意してください。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

〇参道周辺のバリアフリー状況

参道に入るとすぐに様々な施設があります。参道は舗装路、車椅子で移動できます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

一対の狗犬は1691年製。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

参道の脇の立派な門は「旧小田原代官屋敷」を移築。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

そして「地蔵菩薩」。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

その横に「さざれ石」があります。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

参道の先にある門は「仁王門」で、段差がありますがスロープが設置されています。ただし、参道からいったん未舗装路面に下りて利用します。ここが車椅子の難所です。それでも、一般的な車椅子利用者と介助者なら、クリアできる小さな段差です。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

〇仁王門のバリアフリー状況

スロープを上がり「仁王門」に上がります。一対の仁王像は「密迹力士」と「金剛力士」。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

そして天井には「鳴き龍」があり、現地にある解説版にしたがって手を打つと鳴きます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

門の反対側にも段差回避スロープがあります。このスロープは舗装路に着地できます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

〇境内のバリアフリー状況

舗装された参道の正面に本堂がありますが、まずはその手前や周辺にある数々のお参り先を紹介します。

「六角堂」には国の重要文化財「不動明王」などが納まります。最後に小さな段差がありますが、車椅子でお参りができます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

その横の池に建つのは「夢違観音」。法隆寺の夢違観音を拡大模写したお姿です。池の周りは未舗装ですが、無理のない場所から車椅子でお参りができます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

「阿弥陀堂」には都の有形文化財「五百羅漢」像が九躰、ほかに「韋駄天神」や左甚五郎の「鬼念仏」などが納まります。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

「阿弥陀堂」は京都二条城から移築された木造三層構造の建物です。最後に段差がありますが、車椅子で近づいてお参りができます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

本堂方面に向かい、弘法大師由来の「三鈷の松」、「水屋」、「馬頭観音」や「八方睨みの達磨様」などが並びます。この中で「水屋」は、段差があり車椅子では利用しにくい構造です。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

そして本堂の「観音堂」の前まで舗装参道は続きます。本堂は段差がありスロープはありませんが、香炉の手前からなら車椅子で問題なくお参りが出来ます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

お堂の正面には見事な一本彫りの竜神様が飾られています。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

〇境内の奥は車椅子ではやや苦戦

参道から本堂をみて、左奥側に「特攻観音堂」があります。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

ここへの参道は石畳風で、車椅子での移動はなんとか可能です。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

その先に「鐘楼堂」。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

そして「多宝塔」周辺の通路は、車椅子での利用が難しい石畳です。周囲の未舗装路面を多少無理して車椅子で進みます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

本堂の右側奥には、ご神木と裏門に続く「百八煩悩減除階段」があります。この方面も、多少デコボコがある石畳の通路で、なんとか車椅子で移動できます。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

108枚の板石で作られている階段は、車椅子では上からのぞくことになります。

世田谷観音 車椅子でお参り バリアフリー情報

世田谷観音はお参り先が多々あるお寺です。そしてそのほとんどは、多少無理をすれば車椅子でお参りができます。

(本稿は2020年6月に執筆しました)