車椅子で行く真岡市~観光スポットのバリアフリー情報

栃木県真岡市には、車椅子で利用できるユニークな観光スポットがあります。各施設のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

 

初めに、SLが走る真岡鉄道をテーマにした施設を紹介します。

「真岡鉄道SLキューロク館」

2013年に誕生した入館無料のSL展示館です。車両に乗り込むのは階段なので車椅子では無理ですが、施設は1F構造で一部を除きバリアフリー。真岡駅のすぐ横で専用無料駐車場があり、館内には障害者用トイレもあります。

蒸気機関車2両に加え、客車や貨車なども展示。館内に入ると、汽車の匂いがします。屋内展示されている9600(キューロク)形SLは、土日祝日に1日3回動きます。

屋外の真岡駅線路のすぐ横には、D51機関車が展示されています。土日祝日は真岡鉄道を走るSLが展示D51の真横を通り、走るSLと展示されているD51の2ショットが楽しめる場所です。

館内には売店とカフェがあり、売店ではSL由来のクッキーや煎餅、地域の養護施設で製作されている商品などが販売されています。

車椅子で行く真岡市

「真岡市情報センター SLギャラリー」

外観はSLをモチーフにした真岡駅直結の駅ビル4Fに、「SLギャラリー」と子ども向けの「マルチ体験ゾーン」そして「展望デッキ」があります。隣接する「SLキューロク館」とともに、真岡SL観光の拠点です。

駅直結ですが無料駐車場があり、障害者用駐車区画は2台分あります。駅ビルにはエレベーターが1基あり車椅子で利用可能。障害者用トイレは3Fで、エレベーターを降りてすぐ右手にあるドアを開けるとトイレがあります。

「SLギャラリー」では、昔の真岡鉄道の様子などが展示されています。

「マルチ体験ゾーン」は、プラレールで遊べたり、鉄道系プリクラが撮れたりと、幼児向けの施設です。

「展望デッキ」は屋上広場のようなもの。南向きのデッキなので、下館方面からSLが来るとよく見えます。

車椅子で行く真岡市

 

次は、2014年にオープンした文化施設を紹介します。

「久保記念観光文化交流館」

旧久保邸を改装し開放した、記念館、美術館、物産館、イベントホール、レストランで構成される施設です。

敷地内の駐車スペースは5台分で、内1台分が障害者用駐車区画。近隣の「木綿会館」の駐車場の利用が薦められています。トイレは独立棟を新設。綺麗な障害者用トイレが併設されています。

車椅子で行く真岡市

「久保記念館」は明治40年築で、入口からすぐに段差があり、靴を脱いであがります。1Fは久保邸で使用されていた応接セットがおこれた「観光サロン」、特産の木綿を飾った「真岡木綿展示室」など。2Fに階段で上ると、美術家久保貞次郎氏が残した書簡、原稿、写真などが飾られた「久保資料室」。「久保記念館」は車椅子では利用できない施設です。

車椅子で行く真岡市

「美術品展示館」は大正12年築の米蔵。昭和32年に久保貞次郎氏がアトリエに改修。そして1Fだけの小さな美術館に改装されました。バリアフリーに鑑賞できる美術館です。

車椅子で行く真岡市

「観光物産館」はいわゆる土産屋。小さなお店で通路幅はそれほど余裕はありませんが、空いていれば車椅子での利用に問題はありません。

「観光まちづくりセンター」は明治12年築のなまこ壁の土蔵。出入口が段差構造で車椅子での入館は無理。多目的フリースペースといった位置づけで、真岡の各種観光振興団体の活動拠点になっています。

レストランは「トラットリア ココロ」。「フレンチをベースにしたイタリアン」のお店。一般的な車椅子での利用は可能です。

 

 

真岡には、日本一の大きさを誇る二臂半跏像弁財天が鎮座するお寺があります。

「長蓮寺」

開創は1297年と伝承される時宗のお寺。場所は「観光文化交流館久保記念」の横です。

境内に入ると特徴的な「太鼓櫓」と大きな「本堂」が見えます。「弁財天」は「本堂」の中ではなく「太鼓櫓」1F部のお堂に鎮座しています。

「太鼓櫓」へ向かうと舗装路は途中で終わり、砂利道に飛び石が配置されたゾーンになります。このゾーンが約5m。ここが車椅子での最初の難所です。さらに「太鼓櫓」の1F部のお堂に入るところに、高さ数センチレベルの段差が3段ほどあります。段差間の幅が50cmくらいと、車椅子で乗り越えるのには辛い幅です。

車椅子で行く真岡市

「太鼓櫓」の1F部のお堂の入口ドアはタッチ式自動ドアで段差なし。お堂の中は車椅子が1台入るには十分な広さがありますが、2台でギリギリの広さです。

本尊は高さ3.45mの「弁財天」像。脇侍には「毘沙門天」と「大黒天」。さらに従者として使える「十五童子」像が鎮座します。

車椅子で行く真岡市

「太鼓櫓」の「櫓」はとても大きく特徴的。また境内にある「鐘楼」もとても立派です。

 

 

最後に特産の「いちご」に特化した道の駅を紹介します。

「道の駅にのみや」

真岡市は「いちご生産量日本一」。道の駅ではワンランク上の「プレミアムとちおとめ」が人気です。

流れるBGMはオリジナルの“いちごの歌”。街路照明にはイチゴがデザイン、「いちご展示温室」「いちごふれあい館」があります。

車椅子で行く真岡市

道の駅なので最低限のバリアフリー要件は満たしていますが、1997年の開業なので、設計は古い施設です。

この地はかつて小田原藩の飛び地「下野国桜町領」で、経済再生のために小田原から役人として赴任した二宮尊徳が活躍しました。二宮尊徳はこの地に36歳から52歳までの26年間を過ごしたということ。「勤労」「分度」「推譲」の「報徳の教え」は、この地で実践された行政手法ということです。

道の駅の物販ショップの店名は「尊徳物産館」、食事処は「金次郎食堂」。町には「二宮尊徳資料館」があります。

車椅子で行く真岡市

 

伝統の真岡木綿をテーマにした「真岡木綿会館」は、2019年1月現在、増築改装工事中です。

また隣接する「岡部記念館金鈴荘」は、車椅子では外観の見学すら利用が難しい観光スポットです。

 

 

バリアフリー情報を参考に、車椅子での真岡観光をお楽しみ下さい。

車椅子で行く浅草~バリアフリー情報

浅草は近年バリアフリー化が進んでいます。車椅子での浅草観光に役立つ、観光スポットのバリアフリー情報です。

 

○雷門周辺から仲見世へ

車椅子浅草観光の第一の問題はトイレです。「雷門」の正面にある「浅草文化観光センター」で、障害者用トイレを借りることが出来ます。エレベーターを利用せずに使える1Fの「だれでもトイレ」がとても便利です。オストメイトに大人が利用出来る大型シートの用意があります。1Fの他に4Fと7Fにも「だれでもトイレ」を用意。この2か所にはオストメイト、大型シートはありません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」は大混雑します。車椅子では横を抜けて進み、門を過ぎたところで後方から門の裏正面へ行くのがお薦めです。「雷門」の裏側は、通常それほどは混雑しません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」から浅草寺方面へ進むと「仲見世商店街」にでます。この間の道はフラットで車椅子で移動可能です。「仲見世」は全長約250m。混雑していることを除くと、車椅子で利用し易い商店街です。路面はフラットでバリアフリー。そして仲見世のお店は車椅子で利用し易い低めの高さで、ほとんどのお店は店内に入ることなく買い物ができます。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草寺のお参り

仲見世を抜けると「宝蔵門」へ。門の下は段差構造のお寺が多いのですが、「宝蔵門」はバリアフリーです。

浅草~バリアフリー情報

「宝蔵門」の先も参道はフラットな舗装路です。お水舎は車椅子ではやや苦戦するので、無理のない範囲で清めてください。「常香炉」は車椅子でも何とかなります。問題は混雑だけです。

本堂前に到着。エレベーターは本堂の左側です。大混雑時は別ですが、本堂階段前の行列が20~30mくらいなら、そのままエレベーターを目指して大丈夫です。大きなサインがあるので、すぐに分かります。

浅草~バリアフリー情報

エレベーターは地上と本堂の2フロア停止。本堂フロアに着いた先はスロープで進みます。そしてそれほど横入りする感覚もなく、お参りができるはずです。

浅草~バリアフリー情報

本堂内は車椅子で移動できますが、「内陣」は段差構造で土足厳禁です。また本堂右側にはスロープがないので、車椅子で外部に出ることは出来ません。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草六区周辺から「ひさご通り」商店街へ

浅草寺の西側が「浅草公園六区」のエリアです。

2015年に商業施設「まるごとにっぽん」がオープン。1Fから4Fまでの商業施設です。1Fの出入り口は2カ所で、どちらもフラットな床でバリアフリー。そして入るとすぐにエレベーターがある設計です。エレベーターは2系統4基あります。

1Fは「にっぽん食市場」。「蔵」の売り場通路は、車椅子では利用が難しい狭い幅です。

2Fは「くらしの道具街」。3Fは「たいけん広場」。2Fと3Fは車椅子での利用に大きな問題がない、余裕のあるフラット動線が確保できています。

4Fは「ふるさと食堂街」。4Fの食堂街の店舗は入口に段差があります。

障害者用トイレは3Fに一つだけあります。

浅草~バリアフリー情報

「浅草ROX」は4つの棟からなる複合施設です。9階建ての「ROX」は一般商業施設は5Fまでで、6Fから9Fには日帰り温泉施設、フィットネスクラブなどが入ります。

他に、「ROX2」は4階建て。建て直されて2015年に開業した「ROX・3G」は5階建て。そして2階建ての「ROX DOME」があります。

障害者用トイレは「浅草ROX・3G」3Fと「ROX」の5Fに各一つ用意されます。

浅草~バリアフリー情報

六区の北側には「浅草ひさご通り商店街」があります。ここにある「区立江戸下町伝統工芸館」はバリアフリーで障害者用トイレがある施設です。2018年5月からリニューアル工事で休館。2019年3月に再開予定です。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草EKIMISE

浅草寺の東側、隅田川方面のバリアフリー施設は「浅草EKIMISE」。東武スカイツリー線の始発「浅草駅」の駅ビルです。建物は1931年の竣工。改装されて「浅草EKIMISE」として全面開業したのが2012年です。B1から3Fまでが「松屋」。4Fから7Fまでが専門店街の「EKIMISE」。屋上が「浅草ハレテラス」です。

浅草~バリアフリー情報

外部より段差なく「浅草EKIMISE」に入れるのは、正面東武線の乗り場入口からのアクセスだけで、他の入口は段差があります。エレベーターは一系統二基で小型タイプ。エレベーターはよく混雑します。障害者用トイレは3Fと7Fの2ケ所に、2010年に設置されました。

浅草~バリアフリー情報

 

○長国寺・鷲神社

近隣の神社仏閣のバリアフリー情報です。

酉の市で有名な浅草の「おとりさま」。「お寺のおとりさま」が「長国寺」。「神社のおとりさま」が「鷲神社」。並んで建つお寺と神社です。「長国寺」が本家で、1868年に明治政府の「神仏分離令」で寺社引き分けが行われ、そのまま現在に至っています。

どちらも参道は車椅子で通行可能。寺社をつなぐ通路も車椅子で通行可能。「鷲神社」の参拝所はスロープ対応で、「なでおかめ」は車椅子からでも“なで”ることができますが、「酉の市」の日は、あまりの混雑で危険があるということで、「なでおかめ」はしまわれます。また「鷲神社」の「大鳥居」の横には「大熊手」が常時展示されています。障害者用トイレは「鷲神社」の境内にある公衆トイレに併設されています。

浅草~バリアフリー情報

「長国寺」の本堂の中へは靴を脱いで上がる段差構造。車椅子のままでは行けません。「長国寺」の本堂正面の欄間には、雌雄の鷲が彫り込まれていて、車椅子からの見学は可能です。

浅草~バリアフリー情報

平時であれば、寺社の中間地に参拝者用駐車場があり、利用することができます。

 

 

○下谷神社

読み方は「したや」。地下鉄稲荷町駅の近くにあり、駅名に残る町名の由来になったお稲荷様です。上野駅からも近い「下谷神社前」の交差点にある、真っ赤な大鳥居が目印。その先の境内の入口には、石の鳥居があり、正面には社殿がそびえます。

石の鳥居をくぐると、左手に手水舎。この手水舎には、手を清める作法が、かわいらしいイラストで説明されています。車椅子で手を清めることが出来るかは、ギリギリです。社殿の前には階段。参拝場所は段の上で、車椅子では段の下からの参拝になります。

社殿内の最も手前にある拝殿の間の天井に、横山大観筆の「龍」の天井画があります。縦174cm横296cmの大作。雲の中に突如現れた龍を描いた水墨画です。この絵を、拝殿に上り鑑賞することができます。横山大観の天井画が製作されたのも昭和9年の社殿再建の際。戦火を逃れた天井画です。

拝殿に上がるには、階段の上の参拝所で靴を脱ぎ、社殿に入る木製の段を上ります。この社殿への階段は、幅が狭くて急な段。車椅子どころか、足が少し悪いレベルの人でも厳しい階段です。

「下谷神社」から浅草方面に向かうと、そこは「仏壇街」。仏壇を扱うお店が軒を並べます。

浅草~バリアフリー情報

 

○かっぱ橋道具街

最後に「かっぱ橋道具街」のバリアフリー状況です。

全長800mの道の両脇に、170店舗ほどが並ぶ道具街です。全店舗を見て回ると1600mの移動距離。ほぼ全域にわたりアーケードがついているので、車で来て「かっぱ橋道具街」のパーキングメーターに停めて、すぐにアーケードの下に入る動線であれば、小雨くらいなら車椅子で散策可能です。ただし交差点はアーケードが切れます。

おおよそ40%くらいのお店は、車椅子である程度の店内回遊は可能ですが、完全にバリアフリーなお店はありません。

2001年に出来た「生涯学習センター」内に、障害者用トイレがあります。「かっぱ河太郎の黄金像」は2003年の建立で、車椅子で見学可能です。

浅草~バリアフリー情報

 

浅草は雷門周辺を中心に観光客で大変混雑します。車椅子で歩道を通行することが困難になることもあるので、注意してください。

車椅子で行く川越~観光名所のバリアフリー情報

観光客に人気の街「川越」。主な観光スポットのバリアフリー状況を紹介します。

 

「川越蔵造りの町並み」

○好天の週末は大混雑

「仲町」の交差点から「時の鐘」付近までのメインストリートがもっとも混雑します。歩道はバリアフリーに整備されていますが、車道との境界はフラットなので、人ごみで車椅子が車道に押し出されないように注意が必要です。大混雑時にこの区間のお店を車椅子で利用するのは困難です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○食べ歩きは一本裏道がお薦め

「中央通り」の一本東側の一方通行の裏道から「大正浪漫夢通り」にかけても、お店があります。この付近は車の通行は少なく、混雑時もそれほどの混乱はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○菓子屋横丁の路面はデコボコあり

「菓子屋横丁」は車の通行がないので、大混雑時でも車椅子で安全に散策できます。しかし横丁の路面はデコボコがある舗装で、車椅子に衝撃がきます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○まつり会館横の新公衆トイレがお薦め

大きくて清潔な公衆トイレが「菓子屋横丁」の近く、「川越まつり会館」の横にあります。旧トイレ棟と新トイレ棟があり、両方に障害者用トイレが併設されています。また新トイレ棟には休憩スペースが併設されています。

「川越まつり会館」の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。ただし、完全なバリアフリー施設ではありません。

 

 

「喜多院」

○参道はバリフリー改修済み

「喜多院」表参道はバリアフリーですが、境内はほとんどが未舗装です。それでも固い路面なので、車椅子での通行は出来ないことはありません。

障害者用駐車区画は駐車場の奥、寺院への出入口付近に3台分用意されています。駐車料金の障害者減免はありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○本堂階段脇にスロープ

本堂は階段の上。車椅子用の簡易スロープが架けられていますが、車椅子での利用は難しいスロープです。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○五百羅漢は路面がデコボコ

五百羅漢の参拝は有料。路面がゴツゴツしているので、車椅子での鑑賞は快適ではありません。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用トイレ有り

境内には公衆トイレ棟があり、障害者用が併設されています。内部の設備は新しく、ウォシュレット付きです。

 

 

「成田山川越別院」

「別院」は境内まではフラットな舗装路ですが、本堂へは階段でスロープ無し。車椅子での参拝は困難です。

 

川越~観光名所のバリアフリー情報

「川越城本丸御殿」

段差があり、下足を脱いで見学する復元施設です。車椅子で見学する場合は、スタッフに連絡して昇降機の用意をしていただきます。

 

「川越市立美術館」

○バリアフリー美術館

2002年の開館。障害者手帳の提示で、入館料は本人と介助者1名が無料に減免されます。

B1から2Fまでの3フロア構造でエレベーターは一基。メインの展示室はB1。1Fは受付と「相原求一朗記念室」「市民ギャラリー」そして「タッチアートコーナー」。2Fは多目的ホール。各階に障害者用トイレが配備されています。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○障害者用駐車スペースは美術館の横

川越城二の丸跡に建設された市立美術館で、隣接して市立博物館もあります。両施設共通の障害者用駐車スペースが美術館の横にあり、無料で利用できます。

美術館から博物館に向かうルートは、車椅子に衝撃がくる石畳風の路面です。

 

 

「川越市立博物館」

○館内全域バリアフリー

1990年に開館した博物館ですが、ほとんど段差のない設計です。一か所だけ段差のある展示物がありますが、スロープが設置されています。

障害者用トイレは1カ所。障害者手帳の提示で本人と介助者1名は入館料が無料に減免されます。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○川越を学ぶ博物館

博物館では縄文・古墳時代の川越の様子から展示があります。以下概略を紹介します。

平安時代に荘園として発展し、その支配者が「河越(かわごえ)氏」。

次に上杉一族が支配。太田道灌に命じて川越城を築城。鎌倉時代後期に後北条氏に支配が移り、さらに小田原攻めで豊臣秀吉のものに。

そして徳川幕府になってからは、江戸の北の守りとして重視され、有力譜代の大名が藩主を歴任。川越藩からは老中が8人も排出しています。同時の経済の要所としても発展。水運も整備され“小江戸”として繁栄しました。

“蔵の町”として名高い川越は、江戸時代に何度も火災の被害に合い、防火対策として建築費用が高くつくにも関わらず、蔵の建設が盛んになりました。川越で培われた、蔵の建設技術の様子が「民族」の展示コーナーでは紹介されています。

そして「川越まつり」のこと。これらを学べる博物館です。

 

 

「ヤオコー川越美術館」

○小さいながらもスタイリッシュ

川越氷川神社の近くにある美術館で正式名称は「ヤオコー川越美術館 三栖右嗣記念館」。画家の三栖右嗣氏の作品を展示する、2012年開館の新しい美術館です。障害者手帳の提示で、本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

設計は建築家の伊東豊雄氏。建設候補地の選定から、伊東氏は積極的に関わったそうです。ワンフロア構造の小さな美術館で、館内はバリアフリー。障害者用トイレはあります。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○ゴツゴツした路面のアプローチ

美術館前には5~6台分の駐車スペースがあり、障害者用駐車スペースも設置されています。

車椅子での通行は可能ですが、エントランスへのアプローチの路面が少しゴツゴツしています。また駐車場からエントランスまでは庇はありません。

 

 

「あぐれっしゅ川越」

○JA系産直ショップ

川越市内観光用の無料駐車場に隣接した、「JAいるま野」の直営ショップです。敷地面積が約900坪。店舗面積は300坪超。店舗屋上には、太陽光発電設備を設置しています。ここから「時の鐘」までは約1kmの距離です。

川越~観光名所のバリアフリー情報

○通路幅が広い店内

2010年に開業したワイド通路でフラットな売り場、店舗の裏側に障害者用トイレを完備した、バリアフリーショップです。

「サツマイモ」他の地場産商品がとても多いショップ。川越の「おかし横丁」さながらの、昔懐かしいお菓子の品揃えも充実。お茶ブランドの「狭山」は隣町なので、お茶の品揃えも豊富です。

 

 

車椅子での川越観光の最大の問題は混雑です。周辺道路の渋滞も深刻です。混雑を前提にした、無理のない行動計画が必要です。