牡丹の名所 新宿落合 薬王院東長谷寺 車椅子お参りガイド バリアフリー情報

東京都新宿区下落合にある薬王院東長谷寺は、季節のお花が咲くお庭が美しいお寺で、清水の舞台のような本堂の建築様式を鑑賞できる、東京街歩きの人気スポットです。特にお庭のボタンが美しく「牡丹寺」とも称されます。

名称は、真言宗豊山派の「瑠璃山薬王院医王寺」。総本山は奈良の長谷寺です。鎌倉時代の開山と伝承されていますが、実際には江戸時代に中興されて以来の歴史があるお寺です。高尾山の薬王院は、真言宗智山派の大本山で、正式名称は「高尾山薬王院有喜寺」。同じ「薬王院」ですが関係はありません。

アクセスは下落合駅から徒歩5分の案内。参拝者用の駐車場は身障者用も含めてありません。

山門は階段です。車椅子では傾斜路の車道を通行して境内に入ります。

薬王院東長谷寺

山門の先はフラットです。車椅子でお庭の散策を楽しめます。ボタンの他にツバキとシダレザクラなどが美しいお庭です。3月から5月上旬頃までが、訪れる人が多いお寺です。お庭はよく手入れが行き届いています。お花のシーズン以外でも、訪れる価値があるお庭です。

薬王院東長谷寺

清水寺の舞台のようなテラスがある本堂は階段で上がります。階段の手前に賽銭箱があるので、車椅子では舞台を見上げてお参りをします。車椅子で散策できる範囲に弘法大師様の像が建立されています。

薬王院東長谷寺

下落合にある薬王院東長谷寺のお庭は、車椅子でお参りができます。

下落合駅の駅前には、浄化された下水が流れる「せせらぎの里公苑」があります。別稿で紹介していますので、ご参照ください。

(本稿は2022年8月に執筆しました)

岩槻 慈恩寺 足が悪い人のためのお参りガイド

埼玉県さいたま市岩槻区にある824年に創建された天台宗の古刹です。広い境内に建つ本堂は1843年に建立されました。坂東札所三十三か所の12番のお寺です。

アクセスは車が便利です。境内の前が参拝者用無料駐車場で、上手に駐車すれば30台程度を収容するスペースがあります。身障者用駐車スペースの設定はありません。

岩槻慈恩寺

この駐車スペースから、8段の階段を上がるのがお参りルートです。階段の横には手すりがあります。この階段がクリアできる人は本堂にお参りができます。

岩槻慈恩寺

車椅子利用者など階段路の通行が無理な人の場合、駐車場の前の道路を鐘楼の下を通り進むと、その先に境内への傾斜路があります。ただしこの道路は交通量が多く、歩道はありません。車椅子や階段が上がれない足の悪い人にとっては、通行が危険な道路です。そして境内への傾斜路は角度がある急坂です。

岩槻慈恩寺

境内は本堂に通じる細い舗装路面がありますが、それ以外は深い砂利路面です。香炉まではフラットですが、賽銭箱は10段の上にあります。

岩槻慈恩寺

寺務所前周辺も砂利路面です。車椅子で無理をして境内に入っても移動が大変な路面です。

岩槻慈恩寺

岩槻の大寺院慈恩寺は、短距離であれば階段が利用できるレベルの人はお参りができる古刹です。

(本稿は2022年6月に執筆しました)

小野の観音様 逢善寺 車椅子お参りガイド バリアフリー情報

茨城県稲敷市の新利根地区小野に建つ古刹です。創建は平安時代の826年。現在の本堂は江戸時代の1842年に再建されたものです。仁王門と金剛力士像は明治元年に東京の日枝神社から移築したもので、1402年の作とされています。本堂と本堂天井画、仁王門と金剛力士像などは県または市の指定文化財です。

小野の観音様逢善寺

逢善寺はバリアフリーではありません。仁王門へ延びる参道の入口が、駐車区画の線引きがない参拝者用駐車スペースです。

そこから2段を上がり参道を進み、仁王門内の段差を越えなくてはなりません。

小野の観音様逢善寺

参拝者用駐車場から決定的な段差を回避して仁王門の内側の境内に行くルートがあります。駐車場から仁王門を正面に見て、右方面に大きく迂回します。途中から未舗装路を通り、遠回りをして本堂の前に行くことができないことはありません。

本堂前の中央部は舗装された参道があります。車椅子で本堂に近づき、江戸後期の装飾彫刻を眺めることができます。賽銭箱は階段の上です。車椅子では段の手前からのお参りになります。

小野の観音様逢善寺

小野の観音様として古くから信仰される逢善寺は、車椅子での参拝は苦戦します。無理のない範囲でお参りしてください。

常設展示室「相撲」がある相撲ファン必見の資料館「稲敷市立歴史民俗資料館」を別稿で紹介しています。ぜひご覧ください。

(本稿は2022年6月に執筆しました)