横浜の宿泊研修施設 上郷森の家 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

神奈川県横浜市栄区の研修宿泊施設「上郷森の家」が、2019年9月にリニューアルオープンしました。7名で宿泊可能なバリアフリールームがあります。現地のバリアフリー状況と、車椅子でのアクセス方法を紹介します。

なお本稿は2019年10月の取材に基づいています。

上郷森の家

○施設の概要とユニークな施設

横浜市ですが豊かな自然に囲まれた山の中の施設です。隣接して「横浜自然観察の森」「金沢市民の森」「金沢動物園」などがあります。

横浜市の研修宿泊施設で、運営は民間に委託されています。誰でも利用できますが、横浜市民は利用料の割引があります。

本館には客室、レストラン、カフェ、大浴場、そして屋内で焚き火が出来る「火の間」、144名を収容する「森のホール」、体育館のような「フォレストプラザ」などがあります。

別館には工作棟、陶芸棟、小さな体育館のような「ミニドーム」などの、体験棟があります。

屋外施設は「アウトドアフィールド」が整備され、グランピングやフリーサイトキャンプ、バーベキューなどが出来ます。

横浜自然観察の森へのアクセス

○本館のバリアフリールーム

リニューアルされた本館内はバリアフリーです。パブリックスペースに障害者用トイレがあります。

宿泊棟にバリアフリールームが2室あります。広いバルコニーと余裕のある室内空間。シングルベッドが2つ、ソファーベッドが1つ、二段ベッドが2つあり、7名まで利用できます。

障がいのある人と介助者のグループでの利用ができるバリアフリールームです。

本館のバリアフリールーム

○アクセス方法

激しいアップダウンがある山中の施設です。

アクセスは車です。一般駐車場は別館の隣接地にあり、障害者用駐車区画が1台分あります。そこから本館までのルートは、距離は短いですがアップダウンがあります。

一般駐車場は別館の隣接地

本館のエントランス前は車が寄せられる構造です。車椅子利用者が本館を利用する場合は、玄関前で乗降すると便利です。

本館の近くの路上に、縦列駐車で2台分の障害者用駐車区画が用意されています。「上郷森の家」で駐車許可を受けて許可証を掲示して駐車するルールです。

健常者の運転者がいる場合は、一般駐車場を利用しても、元気な人なら本館と駐車場の往復は問題なく出来ます。

 

○別館のバリアフリー状況

別館は高低差のある立地に4つの棟が連なる構造です。施設内の連絡通路は階段なので、車椅子では施設外の車道を通り目的の棟に移動します。

別館内のトイレには障害者用トイレはありません。

別館のバリアフリー状況

○横浜自然観察の森へのアクセス

隣接する「横浜自然観察の森」は、「自然観察センター」や障害者用トイレがあるトイレ棟などがある森の施設です。

一般車両の通行は「上郷森の家」までで、その先は舗装路を徒歩で進みます。途中に段差があるので、「上郷森の家」から「自然観察センター」へは車椅子での移動はできません。

「長倉口」から入る別ルートは段差がありませんが、約800mのアップダウンのあるルートです。

 

ユニークな施設がある「上郷森の家」は、障がいのある人のグループで利用できる施設です。

バリアフリーホテル 車椅子で泊まる 湯田中温泉旅館はくら

信州長野の湯田中温泉「旅館はくら」は、東京都障害者休養ホーム事業の宿泊施設にもなっている車椅子で利用出来る温泉旅館です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2014年の取材で執筆し、2019年7月に加筆修正しました。

 

○シルバースター登録旅館

先代が晩年脳梗塞で倒れ障害を負ったそうで、改装する際に、バリアフリーな温泉にしたい、というおかみさんの強い意志で現在の姿になったということです。館内どこでも車椅子で移動ができる旅館です。

バリアフリー面での長年の功績により、長野県から表彰され、シルバースターを取得しています。

1Fが食堂やお風呂、2Fと3Fが客室、4Fが住居、夏場は屋上も開放します。

エレベーターがあり、各フロアの共用部には障害者用トイレが配置されています。

シルバースター登録旅館

○お部屋のバリアフリー状況

3名までと5名までの、2タイプのバリアフリールームが用意されています。

段差の少ないお部屋で、手すりや電動ベッドなどバリアフリー設備が導入されています。

お部屋のバリアフリー状況

○温泉のバリアフリー状況

檜の湯船に源泉かけ流しの温泉です。お風呂は男女用に二つあり、そのうち一つのお風呂には昇降機が設置されていて、重度障害の方も温泉に入れます。入浴用の車椅子も用意されています。

取材時は、障害者家族への運用サービスとして、このお風呂を1時間、家族風呂として貸切で利用させていただけました。

温泉のバリアフリー状況

○食事時間のサービス

お食事は、バリアフリーな食事処の利用になります。

取材時は、食事の時間は30分単位で客の都合に合わせていただけました。都合の良い時間に、ゆっくりと信州の味を楽しめます。

これも取材時のエピソードですが、旅館入口にリンゴがあり「ご自由にお召し上がりください」という案内。とても美味しいリンゴでした。

小さな旅館ですが、湯田中温泉「旅館はくら」は、車椅子で泊まれるバリアフリーな温泉宿です。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

岐阜を代表する景勝地「恵那峡」を眺望する「かんぽの宿恵那」には、バリアフリールームが用意されています。現地の状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2019年4月の取材に基づいています。

 

○バリアフリールームは2室

用意されているバリアフリールームは4Fに2室です。部屋のタイプは同じでツインルーム。エクストラベッドを入れて最大3人まで宿泊可能です。

部屋の出入口は引き戸。バリアフリータイプのバス&トイレ。洗面台は独立して設置されます。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

ホテル全体のバリアフリー状況を紹介します。

 

○地下駐車場から入館

アクセスは車が便利。地下駐車場がある構造です。駐車場には障害者用駐車区画の用意が有ります。雨天でも濡れずにホテルに入ることが出来ます。

駐車場から直結するのはB1。大浴場があるフロアで日帰り温泉としても営業しています。

 

○フロントは1F

B1フロアからは2系統のエレベーターがあります。

フロントは1F。各フロア内に段差構造の箇所はなく、車椅子での移動に大きな問題はありません。

1Fのショップコーナーはスペースに余裕があり、車椅子で利用しやすい構造です。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

○電動ベッドを導入

チェックインしてお部屋へ。宿泊フロアへのエレベーターは1系統2基。エレベーターのサイズは標準で、大型の車椅子でも入ります。

お部屋のベッドはフル装備の電動ベッドが1台。今回宿泊した部屋では、もう1台のベッドも上半身部だけ電動するタイプでした。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

○小間上がり畳スペース有り

室内には車椅子と同じ高さの小間上がり畳スペースがあります。利用出来る人は、足を伸ばして和のくつろぎを楽しむことが出来ます。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

○天井走行リフトあり

バリアフリールームは天井走行リフトがあり、ベッド、トイレ、バスの動線をカバーします。

バスのお湯は温泉ではありません。別に予約制の家族風呂があります。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

○部屋からの眺望

部屋には大きな窓、バルコニーがあり、恵那峡を臨みます。

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

車椅子で宿泊 かんぽの宿恵那 バリアフリー情報

○パブリックスペースのバリアフリー状況

夕食・朝食の会場は、スペースにゆとりがあるフラット構造の可動式テーブル席。車椅子で利用できます。

大浴場は車椅子のための特別な設備はありませんが、無駄な段差のないバリアフリー構造です。

男女別風呂の入口に浴場内用の車椅子が用意されています。お風呂で車椅子を乗り換えて、そのまま浴場内へ入り、車椅子のまま体を洗う運用です。

浴場の洗い場には、車椅子と同じ高さの小間上がりのようなスペースがあります。利用出来る人には便利な洗い場です。

 

「かんぽの宿恵那」は車椅子で利用しやすい施設です。バリアフリールームには、歩行は困難ですが座位はとれる方には使いやすい、小間上がりスペースが用意されています。