長さは670m 車椅子で行く砂町銀座商店街バリアフリー情報 

東京都江東区の「砂町銀座商店街」は、180店舗が営業する激安で有名な人気商店街です。現地のバリアフリー状況と、車椅子での利用ポイントを紹介します。

なお本稿は2014年の取材で執筆した記事を、2019年7月に加筆修正しました。

 

ある調査では、巣鴨、横浜元町に次いでお出かけしたい商店街に選ばれたという、下町の商店街です。

特別なバリアフリーへの配慮はありませんむしろ通路が狭く、人が多いので車椅子では苦戦します。

アクセスも便利ではありません。

丸八通りと明治通りを結ぶ商店街です。道幅約4mで、日中は歩行者専用道路になります。

電車では都営新宿線とメトロ東西線の間になり、どちらからもそれほど便利ではありません。それでも巨大な近隣商圏人口を背景に、更に観光客の来場もあり、驚くほどの集客力を誇っています。

焼き鳥、おでん、コロッケ、お寿司、お惣菜・・・・、安さが自慢です。食事処も安さ自慢のお寿司屋さんなどが中心です。焼き鳥、おでんなどは複数の商店があり、列のでき方が違います。グルメ情報を事前にチェックして、狙いのお店を計画してください。

車椅子での利用ポイントです。

商店街に障害用トイレはおそらくありません。近隣のSC「北砂アリオ」で休憩されてからのご来場をお薦めします。

アクセスです。車利用の場合、最も近い駐車スペースは商店街の東側の丸八通りにあるパーキングメーターです。経験上、休日の午後でも、商店街入口から少しれば空いてる確率が高い駐車スペースです。駐禁除外指定をお持ちの方は、こちらをお薦めします。

また前出の「北砂アリオ」の駐車場を利用することもできます。おおよそ徒歩で5分から10分程度の距離です。

週末は混みます。日曜日の午後がピークで、午前中は結構空いていますが、お昼は混みます。

飲食店は、人気の食事処はかなり早い時間から満席になり、2時3時でもまだ混んでいます。しかも車椅子では利用しにくい、狭いお店が多いので注意してください。

チェーン店も出店していますが、地元の食関係の商店が人気です。テイクアウト店は、買うのに行列ができる店もありますが、道に並ぶだけなので車椅子で並んでも特に迷惑はありません。

ほとんどの物販店は、道に向かってオープンに品を揃えて売っているので、狭い店内に車椅子で入る必要はなく買い物ができます。

ということで、バリアフリーへの配慮はとくに無いのですが、結果的に車椅子でも買い物が楽しめる商店街です。

ただし、混雑して通路が狭い、一部商店前に段差がある、買ったものを運ぶ、などのことがあるので、介助者がいた方がより楽しいお買い物ができます。

アクセス手段とトイレ休憩を注意して、人気の商店街に車椅子でお出かけください。

車椅子で行く国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

多くの観光客が訪れる「犬山城」。国宝犬山城の見学と城下町の町歩きが人気です。車椅子での観光は可能なのか。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○犬山城のバリアフリー概況

国宝犬山城は天守に上ることができます。ただし入口は段差があり、内部は土足禁止。4層構造を急な階段を手摺に掴まりながら上り下りするので、車椅子では無理なのはもちろん、少し足が悪い人でも天守へは厳しいルートです。

国宝犬山城は山城。天守に至る道も急坂です。最低限の段差解消は行われていますが、体力のある人、または力のある介助者がいないと上ることは出来ません。

城下町の古い町並みが残る「本町通り」は人気の観光ストリート。この道はフラットで車椅子での移動が楽に出来ます。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○駐車場は満車に注意

各駅からのアクセスは20分程度かかる距離。車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。

犬山観光の駐車場は「キャッスルパーキング」と呼ばれる第一駐車場が最も観光スポットに近く人気があります。

第一駐車場には障害者用駐車区画の用意があります。駐車場の誘導スタッフに車椅子利用を申告すると、空きがあれば誘導していただけます。ただし駐車料金の障害者減免制度はありません。

第一駐車場に隣接した高台の「犬山丸の内緑地」は段差ルートで、車椅子では眺望良い展望スポットまで行くことができません。

犬山は人気の観光地です。好天の週末などは、午前中から第一駐車場は満車になることが多いので注意して下さい。その場合は、やや距離はありますが第二駐車場へ。あるいは障害者用の区画はありませんが、近隣の民間有料駐車場の利用になります。第三駐車場からは、犬山城まで約20分かかる距離になります。

第一から第三までの駐車場の公衆トイレには、障害者用が用意されています。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○犬山城前広場から三光稲荷神社まで

「国宝犬山城」へ向かう急坂ルートの詳しい情報です。

出発地点は「犬山城前広場」。ここまではほぼフラットな舗装路だけで移動できるので、車椅子で広場に向かうことは可能です。「犬山城前広場」から「国宝犬山城」へ上がる坂道が始まります。またお城に行く途中に2つの神社が鎮座しています。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

最初の神社は「三光稲荷神社」。縁結びの御利益があり、ピンクのハート型の絵馬が有名です。また境内には「銭洗い稲荷神社」や「姫亀神社」が鎮座します。

正面の参道は、「犬山城前広場」の横から始まる階段ルートです。「国宝犬山城」へ上がる坂道を上ると、「三光稲荷神社」の裏側の参道に出ます。ここまでなら、少々体力のある車椅子利用者および介助者であれば、なんとか上がることが出来ます。

「三光稲荷神社」の境内は、ほぼフラットで拝殿はスロープ構造。車椅子での参拝は可能です。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○その上の針綱神社まで

更に坂道を進むと「針綱神社」があります。創建から1000年以上が経つ社で「御神馬」は子育てなどに御利益があります。

「針綱神社」も表参道は階段ルートです。「国宝犬山城」へ上がる坂道からは「御神馬」の横から境内に入ります。境内はほぼフラットで、車椅子での参拝は可能です。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

「三光稲荷神社」の裏側の参道箇所から、「針綱神社」の「御神馬」の横までは、距離は短いながら傾斜角度があるもの凄い急坂になります。並みの体力の車椅子利用者では、かなり登坂が困難な坂道です。

しかしながら「国宝犬山城」へ向かう急坂ルートは、石の路面はコンクリートで凹凸を低くする、階段路は半分をスロープ化するなど、車椅子で通行不能な決定的な段差は解消されています。坂を上る体力さえあれば、車椅子で2つの神社を参拝して「国宝犬山城」へ行くことができます。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○急坂を上り犬山城へ

「針綱神社」の「御神馬」の横の箇所から、「国宝犬山城」の入口までは、急坂が続き距離があります。車椅子利用者の登坂は、相当な困難を伴います。

「国宝犬山城」の入口で障害者手帳を提示すると、入場料が本人と介助者2名まで無料に減免されます。

入口からお城までは、階段の一部をスロープ化したルートで上ります。傾斜角度はありますが短いスロープなので、ここまで来られる車椅子利用者なら問題なく上がることが出来るはずです。

「国宝犬山城」内部への入口は段差があり、その先は土足禁止で、内部は急階段。車椅子では天守を下から見上げるところまでが限界です。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○城下町の車椅子散策

五平餅などの食べ歩きが楽しい城下町は、人気の高い観光スポットです。「本町通り」を中心にした城下町散策は車椅子で可能です。

古い町並みが残る犬山城下町の中心部は、ほぼフラットな地形で坂道はありません。すべて舗装路で、2019年4月現在、日曜祝日の「本町通り」は歩行者天国になります。

お店のバリアフリーレベルはそれぞれで、車椅子では利用が難しいお店もありますが、十分に車椅子で城下町散策を楽しむことができます。町中に障害者用トイレの用意がある公衆トイレがあります。

問題があるとすれば混雑です。人気の高い店には、長い行列が出来ることも珍しくありません。この点はご注意ください。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○城とまちミュージアムのバリアフリー状況

犬山城下町には「城とまちミュージアム」と「どんでん館」、2つの有料資料館があります。いずれも障害者手帳の提示で入館料は本人と介助者1名が無料に減免されます。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

「城とまちミュージアム」は、エントランスには段差迂回スロープがあり、館内はフラット構造で、障害者用トイレの用意があります。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

江戸時代を中心に犬山の歴史と文化を展示紹介する施設で、館内はバリアフリー。車椅子での展示見学は可能です。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

「城とまちミュージアム」には、道を挟んだ反対側に別館「からくり展示館」があります。出入口は手動ドアですが、車椅子で利用出来る施設です。「犬山祭」で活躍する「からくり人形」の展示解説が中心の施設です。別館「からくり展示館」には障害者用トイレはありません。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○どんでん館のバリアフリー状況

「どんでん館」は「犬山祭」の車山の展示を中心にした施設です。「犬山祭」では13輌の車山が曳かれます。通常その内の4台が展示されています。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

2フロア構造でエレベーターがあり、館内はバリアフリーで車椅子での展示見学は可能です。障害者用トイレは1F。一般男女別トイレは2Fにあります。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

○犬山城の歴史

犬山城は16世紀の築城。小牧・長久手の戦いでは、羽柴秀吉が入城して徳川家康と戦いました。

江戸時代に入り1617年に成瀬正成が城主となってからは、成瀬氏が代々城主となっています。

天守は昭和10年に国宝指定。現存する天守では、最も古いという説があります。

犬山は現在でも江戸時代とほぼ同じ町割りのまま、天守と城下町が残っている町です。

国宝犬山城と犬山城下町バリアフリー情報

「国宝犬山城」の内部は車椅子では見学できませんが、犬山は無理のない範囲だけでも、車椅子で観光を楽しめる町です。

車椅子で行く浅草 お薦めできるバリアフリー観光コース情報

浅草は近年バリアフリー化が進んでいます。車椅子での浅草観光に役立つ、観光スポットのバリアフリー情報です。

なお本稿は2018年の取材に基づいています。

○雷門周辺から仲見世へ

車椅子浅草観光の第一の問題はトイレです。「雷門」の正面にある「浅草文化観光センター」で、障害者用トイレを借りることが出来ます。エレベーターを利用せずに使える1Fの「だれでもトイレ」がとても便利です。オストメイトに大人が利用出来る大型シートの用意があります。1Fの他に4Fと7Fにも「だれでもトイレ」を用意。この2か所にはオストメイト、大型シートはありません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」は大混雑します。車椅子では横を抜けて進み、門を過ぎたところで後方から門の裏正面へ行くのがお薦めです。「雷門」の裏側は、通常それほどは混雑しません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」から浅草寺方面へ進むと「仲見世商店街」にでます。この間の道はフラットで車椅子で移動可能です。「仲見世」は全長約250m。混雑していることを除くと、車椅子で利用し易い商店街です。路面はフラットでバリアフリー。そして仲見世のお店は車椅子で利用し易い低めの高さで、ほとんどのお店は店内に入ることなく買い物ができます。

浅草~バリアフリー情報

○浅草寺のお参り

仲見世を抜けると「宝蔵門」へ。門の下は段差構造のお寺が多いのですが、「宝蔵門」はバリアフリーです。

浅草~バリアフリー情報

「宝蔵門」の先も参道はフラットな舗装路です。お水舎は車椅子ではやや苦戦するので、無理のない範囲で清めてください。「常香炉」は車椅子でも何とかなります。問題は混雑だけです。

本堂前に到着。エレベーターは本堂の左側です。大混雑時は別ですが、本堂階段前の行列が20~30mくらいなら、そのままエレベーターを目指して大丈夫です。大きなサインがあるので、すぐに分かります。

浅草~バリアフリー情報

エレベーターは地上と本堂の2フロア停止。本堂フロアに着いた先はスロープで進みます。そしてそれほど横入りする感覚もなく、お参りができるはずです。

浅草~バリアフリー情報

本堂内は車椅子で移動できますが、「内陣」は段差構造で土足厳禁です。また本堂右側にはスロープがないので、車椅子で外部に出ることは出来ません。

浅草~バリアフリー情報

○浅草六区周辺から「ひさご通り」商店街へ

浅草寺の西側が「浅草公園六区」のエリアです。

2015年に商業施設「まるごとにっぽん」がオープン。1Fから4Fまでの商業施設です。1Fの出入り口は2カ所で、どちらもフラットな床でバリアフリー。そして入るとすぐにエレベーターがある設計です。エレベーターは2系統4基あります。

1Fは「にっぽん食市場」。「蔵」の売り場通路は、車椅子では利用が難しい狭い幅です。

2Fは「くらしの道具街」。3Fは「たいけん広場」。2Fと3Fは車椅子での利用に大きな問題がない、余裕のあるフラット動線が確保できています。

4Fは「ふるさと食堂街」。4Fの食堂街の店舗は入口に段差があります。

障害者用トイレは3Fに一つだけあります。

浅草~バリアフリー情報

「浅草ROX」は4つの棟からなる複合施設です。9階建ての「ROX」は一般商業施設は5Fまでで、6Fから9Fには日帰り温泉施設、フィットネスクラブなどが入ります。

他に、「ROX2」は4階建て。建て直されて2015年に開業した「ROX・3G」は5階建て。そして2階建ての「ROX DOME」があります。

障害者用トイレは「浅草ROX・3G」3Fと「ROX」の5Fに各一つ用意されます。

浅草~バリアフリー情報

六区の北側には「浅草ひさご通り商店街」があります。ここにある「区立江戸下町伝統工芸館」はバリアフリーで障害者用トイレがある施設です。2018年5月からリニューアル工事で休館。2019年3月に再開予定です。

浅草~バリアフリー情報

○浅草EKIMISE

浅草寺の東側、隅田川方面のバリアフリー施設は「浅草EKIMISE」。東武スカイツリー線の始発「浅草駅」の駅ビルです。建物は1931年の竣工。改装されて「浅草EKIMISE」として全面開業したのが2012年です。B1から3Fまでが「松屋」。4Fから7Fまでが専門店街の「EKIMISE」。屋上が「浅草ハレテラス」です。

浅草~バリアフリー情報

外部より段差なく「浅草EKIMISE」に入れるのは、正面東武線の乗り場入口からのアクセスだけで、他の入口は段差があります。エレベーターは一系統二基で小型タイプ。エレベーターはよく混雑します。障害者用トイレは3Fと7Fの2ケ所に、2010年に設置されました。

浅草~バリアフリー情報

○長国寺・鷲神社

近隣の神社仏閣のバリアフリー情報です。

酉の市で有名な浅草の「おとりさま」。「お寺のおとりさま」が「長国寺」。「神社のおとりさま」が「鷲神社」。並んで建つお寺と神社です。「長国寺」が本家で、1868年に明治政府の「神仏分離令」で寺社引き分けが行われ、そのまま現在に至っています。

どちらも参道は車椅子で通行可能。寺社をつなぐ通路も車椅子で通行可能。「鷲神社」の参拝所はスロープ対応で、「なでおかめ」は車椅子からでも“なで”ることができますが、「酉の市」の日は、あまりの混雑で危険があるということで、「なでおかめ」はしまわれます。また「鷲神社」の「大鳥居」の横には「大熊手」が常時展示されています。障害者用トイレは「鷲神社」の境内にある公衆トイレに併設されています。

浅草~バリアフリー情報

「長国寺」の本堂の中へは靴を脱いで上がる段差構造。車椅子のままでは行けません。「長国寺」の本堂正面の欄間には、雌雄の鷲が彫り込まれていて、車椅子からの見学は可能です。

浅草~バリアフリー情報

平時であれば、寺社の中間地に参拝者用駐車場があり、利用することができます。

○下谷神社

読み方は「したや」。地下鉄稲荷町駅の近くにあり、駅名に残る町名の由来になったお稲荷様です。上野駅からも近い「下谷神社前」の交差点にある、真っ赤な大鳥居が目印。その先の境内の入口には、石の鳥居があり、正面には社殿がそびえます。

石の鳥居をくぐると、左手に手水舎。この手水舎には、手を清める作法が、かわいらしいイラストで説明されています。車椅子で手を清めることが出来るかは、ギリギリです。社殿の前には階段。参拝場所は段の上で、車椅子では段の下からの参拝になります。

社殿内の最も手前にある拝殿の間の天井に、横山大観筆の「龍」の天井画があります。縦174cm横296cmの大作。雲の中に突如現れた龍を描いた水墨画です。この絵を、拝殿に上り鑑賞することができます。横山大観の天井画が製作されたのも昭和9年の社殿再建の際。戦火を逃れた天井画です。

拝殿に上がるには、階段の上の参拝所で靴を脱ぎ、社殿に入る木製の段を上ります。この社殿への階段は、幅が狭くて急な段。車椅子どころか、足が少し悪いレベルの人でも厳しい階段です。

「下谷神社」から浅草方面に向かうと、そこは「仏壇街」。仏壇を扱うお店が軒を並べます。

浅草~バリアフリー情報

○かっぱ橋道具街

最後に「かっぱ橋道具街」のバリアフリー状況です。

全長800mの道の両脇に、170店舗ほどが並ぶ道具街です。全店舗を見て回ると1600mの移動距離。ほぼ全域にわたりアーケードがついているので、車で来て「かっぱ橋道具街」のパーキングメーターに停めて、すぐにアーケードの下に入る動線であれば、小雨くらいなら車椅子で散策可能です。ただし交差点はアーケードが切れます。

おおよそ40%くらいのお店は、車椅子である程度の店内回遊は可能ですが、完全にバリアフリーなお店はありません。

2001年に出来た「生涯学習センター」内に、障害者用トイレがあります。「かっぱ河太郎の黄金像」は2003年の建立で、車椅子で見学可能です。

浅草~バリアフリー情報

浅草は雷門周辺を中心に観光客で大変混雑します。車椅子で歩道を通行することが困難になることもあるので、注意してください。