秩父・長瀞・甲州を車椅子で訪ねる お薦めバリアフリードライブコース

大自然に抱かれた観光地、埼玉県の秩父長瀞エリアから山梨県の甲州市方面は、車椅子では観光が難しい有名スポットが多々あります。障がいのある家族と一緒に、適切に休憩をとりながら遊べる、バリアフリーなドライブコースを紹介します。

関越自動車道の花園ICから中央高速道路の一宮御坂ICまでのコース設定で、所要時間は丸一日または一泊二日程度です。

 

(花園IC⇒3km)

「JA花園農産物直売所」

新鮮野菜や花卉売り場がある大型産直ショップです。2015年に新築されたバリアフリー施設で、車椅子で快適に買い物が出来ます。朝9時開店です。

 

(JA花園⇒500m)

「花園フォレスト」

スイーツやパンのアウトレットです。レストランも人気です。大型施設でバリアフリー仕様。庭園にはバラ園があります。キャッチコピーは「薔薇とスイーツのシャトー」です。

 

(花園フォレスト⇒16km)

「寶登山神社」

この神社はバリアフリー仕様ではありません。

長瀞渓谷の景観を楽しめる287号線を走るか、急ぐなら有料道路「西関東連絡道路」を利用します。

創建は神代の古社です。境内は段差回避スロープルートがあり、きつい傾斜路を進めれば、車椅子で本殿の前までは行くことが出来ます。ただし拝殿は3段の上です。

多少無理をしても、長瀞らしい観光を楽しみたい家族にだけお薦めします。

 

(花園フォレスト⇒15km)

「埼玉県立自然の博物館」

無理をしない場合は、「寶登山神社」はとばしてこの博物館を目指してください。

寶登山神社からも近く、名勝長瀞の岩畳や「月の石もみじ公園」に隣接。車椅子で長瀞らしい風景に出会える立地です。

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様、屋外は野外展示観察園「カエデの森」です。車椅子での長瀞観光にお薦めできる施設です。

 

(自然の博物館⇒12km)

「道の駅ちちぶ」

秩父市内中心部に近い道の駅です。お土産、食事、トイレがあり、敷地内には汲み放題の名水「ちちぶの水」があります。

 

(道の駅ちちぶ⇒1km)

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」

駅前ですが専用駐車場と提携駐車場があります。

2017年に開業した施設でバリアフリーです。日帰り温泉を利用しなくても、車椅子で利用できる物販コーナーとフードコートがあります。

 

(祭の湯⇒10km)

「道の駅あらかわ」

荒川の上流、秩父鉄道線路沿いにある道の駅です。古い施設なのでバリアフリーレベルは高くはありませんが、休憩に利用できます。地元の自然を紹介する入館無料の「山里自然館」があります。

 

(道の駅あらかわ⇒20km)

「奥秩父もみじ湖」

荒川上流方面へ進みます。途中に「道の駅大滝温泉」がありますが、高低差のある地形に施設が分散している構造なので、車椅子では利用しにくい道の駅です。

冬場であれば、この近くに「三十槌の氷柱」があります。ただしバリアフリー環境ではありません。

車椅子で景観を楽しめるのは「滝沢ダム」、通称「奥秩父もみじ湖」です。ダム管理事務所の近くに、整備された駐車場と公園のようなスペースがあり、車椅子で奥秩父の眺望を楽しめます。

 

(奥秩父もみじ湖⇒28km)

「道の駅みとみ」

快適なドライブルートを通り、雁坂トンネルをくぐり山梨県に入ります。

山梨県の北の玄関口にある休憩スポットです。古い施設でバリアフリーレベルは高くはありません。トイレ休憩など必要に応じて利用して下さい。

 

(道の駅みとみ⇒2km)

「広瀬ダム」

笛吹川の上流にある広瀬ダムは、無料駐車場と公園スペースがあり、車椅子で眺望を楽しめます。

 

(広瀬ダム⇒14km)

「道の駅花かげの郷まきおか」

山梨県内を南下します。次の休憩スポットになる道の駅です。この施設も古くバリアフリーレベルは高くはありません。隣接する「牧岡郷土文化館」は、段差構造で車椅子での見学は出来ません。

 

(道の駅花かげの郷⇒10km)

「笛吹川フルーツ公園」

山をまるごと公園にした施設です。公園、温泉、資料館、ショップなど数多くの施設があります。高低差が激しいので、立ち寄りたい施設の近くの駐車場を利用するのが車椅子のコツです。

 

(フルーツ公園⇒9km)

「 桔梗信玄餅工場テーマパーク」

信玄餅の工場見学、アウトレットなどがある大人気の観光施設です。お菓子の詰め放題は、朝一番に整理券をとらないと利用出来ません。

障害者用トイレはありますが、施設全般バリアフリーレベルは高くはありません。混雑時の車椅子での利用は苦労します。考え方次第ですが、空いている夕方に行き、売れ残って更に値下げ販売している商品を選ぶのが、車椅子では快適で面白いかもしれません。

(桔梗信玄餅工場⇒2km一宮御坂IC)

 

全ての施設に立ち寄ると、約130kmの走行距離になります。秩父・長瀞・甲州方面へのドライブが、家族の楽しい思い出になることをお祈りいたします。

(本稿は2020年6月に執筆しました)

三軒茶屋の街歩き 車椅子利用者のためのバリアフリー情報

東京都世田谷区の三軒茶屋は、1970年代に整備された都市環境が残るエリアで、バリアフリー面での課題が残る街です。世田谷区では2019年に「まちづくり基本方針」を策定し、都市整備に取り組んでいます。現時点の車椅子で快適に利用できる三軒茶屋の主なバリアフリー施設の状況を紹介します。

なお本稿は2019年12月に執筆しました。

 

○地下鉄三軒茶屋駅

地下鉄駅からは、キャロットタワー方面の「パティオ口」しかエレベーターがありませんでしたが、三軒茶屋駅の真上「南口」方面に出るエレベーターが、2019年に供用されました。

 

○三軒茶屋銀座商店街

茶沢通り沿いに並ぶ150店ほどの商店街で、日曜祝日は歩行者天国になります。

茶沢通りの歩道は、世田谷区のバリアフリー化整備事業の第一号に指定され、2010年から2013年にかけて3期に分けて整備されました。車椅子で通るとはっきりと解るバリアフリー歩道です。

バリアフリー歩道は、三軒茶屋交差点から北に約360mの区間です。歩道の路面材は「透水性インターロッキングブロック」という、滑りにくい素材です。

歩道上の急こう配や段差が解消されています。「茶沢通り」に交わる細い横道が多数ありますが、この横道を横断する際に、勾配や段差のない歩道になっています。

勾配を解消した細い横道との交差部には点字ブロックがあります。

また商店街のお店の出入口を、緩やかな勾配で歩道の高さに合せる改良も行われました。

このようなバリアフリー化整備事業によって、三軒茶屋銀座商店街は、傾斜がほぼなく、商店への出入りも楽なバリアフリー歩道になりました。

日曜祝日は歩行者天国になる「茶沢通り」。車道にもバリアフリー化整備が施されています。

車道の舗装は低騒音の排水性舗装。車道の脇には雨水の排水能力を高める円形側溝を設置。更に太陽光によるアスファルトの温度上昇を抑制する遮熱性舗装を施工。これらにより、静かで、涼しく、排水のよい車道に改良されています。

三軒茶屋銀座商店街

○世田谷区民会館別館

三軒茶屋銀座商店街にある施設で、「三茶しゃれなあどホール」などが入ります。

世田谷区民会館別館は、土日祝も開館します。

1Fの奥に、広いスペースで綺麗な障害者用トイレがあります。車椅子での三軒茶屋散策途中のトイレ休憩にお薦めします。

同じ通りにある「三軒茶屋ふれあい広場」奥の「世田谷区役所太子堂出張所」にも、障害者用トイレがあります。開庁中は利用できます。

世田谷区民会館別館

○キャロットタワー

1996年竣工の三軒茶屋のランドマーク。外壁が「にんじん色」なので「キャロットタワー」と名付けられました。

キャロットタワー

元々の設計はあまりバリアフリーではありませんが、改装されてバリアフリーが進み、現在ではほぼ全館を車椅子で利用できます。

地下鉄駅に直結、世田谷線駅は横、地下駐車場があります。世田谷区の半官営施設ですが、駐車場料金の障害者減免制度はありません。

1Fエントランスはバリアフリー改良済みです。

B1と地下鉄駅を結ぶ通路に階段がありますが、見えにくい場所に段差迂回スロープが設置されています。

ここ以外にも段差箇所は多々ありますが、迂回ルートが用意されています。

スーパーやグルメ店などの商業施設、「パブリックシアター」などの世田谷区の文化施設と行政窓口施設、賃貸オフィス、展望室などから構成される複合施設です。

26Fは無料展望ロビーです。夜景スポットとして有名です。

2012年に改装されてバリアフリーになりました。車椅子で安心して利用できる展望ロビーです。

キャロットタワー

展望ロビーへのエスカレーターは2Fから乗ります。車椅子利用の場合は、地階や1Fから別に1基あるエレベーターに乗って2Fに行き、乗り換えます。

この2Fの乗り換え通路の途中に、障害者用トイレが設置されています。

エレベーターは2Fから26Fへ直行します。大型の車椅子でも乗り込める大きさです。

キャロットタワー

26F展望ロビーにはレストラン「スカイキャロット」があります。決定的な段差は無くスペースに余裕があるので、車椅子で利用できるレストランです。

スカイキャロット

「FM世田谷」のサテライトスタジオ「スタジオキャロット」があり、午後の時価帯によく使用されています。

キャロットタワー

無料の展望ロビーは、夜23時まで開放されています。

26F展望ロビーは、正式には「世田谷区民会館第二別館」という施設です。

「世田谷区民会館」は、区役所に隣接した場所。「世田谷区民会館別館」は、茶沢通り沿い。ここキャロットタワー26Fが「第二別館」。区民施設の一つに位置付けられますが、世田谷区民以外の人も自由に利用できます。

キャロットタワー

車椅子で三茶を散策して、なにか困ったら「キャロットタワー」へ行けば、トイレ、食事、休憩、買い物・・・、とりあえず車椅子で何とかなります。

キャロットタワー

人気タウンの三軒茶屋ですが、三角地帯など三茶らしいエリアは、車椅子にあまり優しくありません。車椅子で利用できる飲食店は少ない街です。最新のバリアフリー情報を確認して、車椅子での街歩きに出かけて下さい。

板橋大山の商店街 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都板橋区は商店街が多いエリアです。

大山駅を中心に南側に伸びるのが「ハッピーロード大山商店街」、北側にあるのが「遊座大山商店街」で、再開発された「板橋区役所」まで続きます。

ハッピーロード大山商店街、遊座大山商店街、板橋区役所のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年3月に取材に基づいています。

 

「ハッピーロード大山商店街」

東京を代表する元気なアーケード商店街です。

全長500m超。商店街内の通路は、幅に余裕があり全域フラット路面。自転車は降りて押して歩くルール。自動車は原則通行禁止。アーケードなので雨の日も安心。車椅子で散策、買い物ができる商店街です。

ハッピーロード大山商店街

障害者用トイレは、「コモディイイダ」の1階に設置されています。店舗への出入りもバリアフリーです。店舗は商店街の川越街道寄りにあります。

安くて美味しいお刺身で有名な「渡辺鮮魚店」。大山駅のすぐ近くにある、ハッピーロードを代表する有名店です。

このお店が入るビルが建て直され、今では2Fがファミレス、3Fにはカルチャースクールが入るビルになっています。

1F「渡辺鮮魚店」の横に、バリアフリー対応のトイレが1つ設置されています。現地には「トイレを利用するお客様は、店員に声をかけてください」という掲示があります。

ハッピーロード大山商店街

歴史のある商店街です。このハッピーロードが川越街道で、江戸時代から商店が並ぶ街道筋でした。

戦前にはすでに商店街で、戦後は闇市から始まり復興。1961年には「歩行者天国」が実施された記録があります。日本初の歩行者天国と言われています。

1978年にアーケード完成。このタイミングで「ハッピーロード大山商店街」という名称になりました。

1994年には、商店街として日本で始めて共通ポイントカードを導入しました。当時としては画期的なシステム化です。

現在でも空き店舗はほとんど見かけません。夕方の時間帯は大変な人通りになります。休日は大賑わいの商店街です。

ハッピーロード大山商店街

 

「遊座大山商店街」

遊座大山商店街は、1950年頃から商店街としての活動記録があります。

商店街らしい雰囲気が残るストリートで、店舗の密度は大山駅に近づくほど高い状況です。

アーケードはありません。青空商店街です。チェーン店と地元単独店が、ほどよく交じり合っています。

商店街の通路は広く、車椅子での通行は余裕があります。

全体的にバリアフリーに配慮された店舗は少ない状況です。出入口に段差、狭い店内、階段のみの2階店舗など、車椅子では利用しにくい店舗が多数あります。

遊座大山商店街の中に、安心して利用できる障害者用トイレは発見できません。

遊座大山商店街

商店街の中央部に「板橋区立文化会館」があり、この中には障害者用トイレがあるのですが、イベント開催時しか正面玄関が開きません。

スーパー「ビッグA」がありますが、店内には来客用のトイレはありません。

他に障害者用トイレがあるかもしれない施設は「都税事務所」です。

商店街の北側の終点にある板橋区役所内には、障害者用トイレがあります。

遊座大山商店街

 

「板橋区役所」

板橋区役所の南館の再開発が完了して、バリアフリーになりました。

板橋区役所

区役所の開庁時間であれば、板橋区役所南館の障害者用トイレが利用できます。

板橋区役所南館の屋上は「屋上庭園」になっていますが、多少緑化した屋上で、眺望はよくありません。

板橋区役所

区役所1FにレストランやCVSが入りました。営業は平日の日中の開庁時間に限定されます。

車椅子では少々面倒なルートになりますが、区役所と都営三田線駅は直結しています。

板橋区役所

大山駅を中心にした商店街は、車椅子で散策できます。