車椅子で行く軽井沢発地市庭バリアフリー情報

「発地市庭」の読み方は「ほっちいちば」。「発地」は地名で「市庭」は造語です。2016年に開業した農産物産直ショップと複数の食事処、イベントスペースなどがある郊外型施設。車椅子での利用に大きな問題はありません。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○施設全域バリアフリー設計

広い駐車場、フラット路面、ワイド通路。施設全域が段差の無いバリアフリー設計。車椅子での利用に大きな問題はありません。

大規模な施設です。延床面積は2,000㎡超。ランダム且つ斜めに建つ列柱とうねる大屋根が印象的な外観。そのイメージは軽井沢の森や浅間山の尾根。新しい南軽のランドマークにふさわしい規模とデザインの施設です。

障害者用トイレは2か所に用意。広くて綺麗なバリアフリートイレです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○道の駅ではない

オーナーは軽井沢町で、運営は民間委託されています。

ビジネスモデルは完全に「道の駅」です。でも「道の駅」認定は受けていません。軽井沢町のスタッフが、2013年頃より全国の先進事例の研究に励み、計画を練ったとのことです。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○ブランド名は「軽井沢霧下野菜」

「発地市庭」では野菜のブランド化に取り組んでいます。ブランド名は「軽井沢霧下野菜」で商標登録しています。

軽井沢は朝から発生した霧が野菜を優しく包み込む「霧下気候」の土地。そのため表面が霧に守られ豊富な水分を含んだみずみずしい野菜が育つ。「軽井沢霧下野菜」の幕やポスターがあちらこちらに掲示。地元軽井沢産の野菜が魅力な直売所です。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○野菜以外も高品質

野菜だけではなく、フルーツ、お菓子、ジャムなどの各種加工品、ソフトクリーム、地場産蕎麦など、「発地市庭」は高品質なコダワリの食が集まっています。

飲食店等は、ビュッフェレストラン、蕎麦屋、チーズ自慢のカフェ、豆腐工房。やはり高品質な軽井沢ブランドを志向しています。

軽井沢発地市庭バリアフリー情報

○開放的な芝生広場

バリアフリーなデッキスペースで囲まれた施設です。建物横には開放的な芝生広場が設けられています。当初この芝生広場がバーベキュー場になる案内もありましたが、現時点までBBQの営業はなく、広場として活用されています。

 

 

軽井沢発地市庭は、車椅子で高品質な軽井沢ブランドの食を楽しめる、バリアフリー施設です。

車椅子で行く箱根ビジターセンター バリアフリー情報

「箱根ビジターセンター」は、ロープ―ウェイの「桃源台」駅から、少し山側に上った場所にある環境省の施設です。あまり知られていませんが、バリアフリーに力を入れた無料の施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○無料駐車場あり

アクセスは車が便利。障害者用駐車区画の用意がある、無料駐車場が用意されています。収容台数は約40台。駐車場からフラットに「箱根ビジターセンター」館内へ向かうことができます。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○館内はバリアフリー

1Fワンフロア構造の施設です。館内はバリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。綺麗な障害者用トイレの用意があります。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○環境省に相応しい館内展示

館内には箱根の自然に関する展示があります。フロア中央部には「箱根の地形と火山の歴史」。壁面を利用して「季節のたより」「旬の速報」などのコーナーがあります。いずれも車椅子での見学に大きな問題はありません。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○芦ノ湖ラウンジは展望室

館内のハイライトは「芦ノ湖ラウンジ」。大きなガラス窓が建物枠いっぱいに広がる展望空間です。望遠鏡があり、箱根の自然を室内から楽しめます。ここなら冬でも暖かく自然観察が可能。箱根の四季を車椅子で楽しめます。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○バリアフリー散策コースあり

箱根ビジターセンター周辺は、自然観察散策コースが整備されています。その一部はバリアフリーコースで、車椅子で快適に散策できます。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

○森と湖の自然を車椅子で楽しむ

バリアフリー散策コースは、センター前から道を渡り「子供の広場」周辺に進みます。多少のアップダウンを乗り越えて芦ノ湖畔方面へ。湖畔をロープ―ウェイ「桃源台」駅方面に進み、センターに戻るコースです。

箱根ビジターセンター バリアフリー情報

 

「箱根ビジターセンター」は、館内の展示見学、ラウンジからの自然観察、そしてバリアフリーコースの散策、すべてが車椅子で利用できる施設です。

車椅子で行く新宿~歌舞伎町バリアフリー情報

日本を代表する歓楽街「歌舞伎町」。雑居ビルで階段、内部は狭いお店が多い中、車椅子でも利用出来るバリアフリー施設を詳しく紹介します。

 

○新宿東宝ビル

ゴジラヘッドがシンボルの「新宿東宝ビル」は、歌舞伎町随一のバリアフリー施設です。1Fが飲食店街、2Fはパチンコ店、3Fから6Fがシネコン、7Fはなく8F以上がホテルとなっています。

1Fの飲食店街は完全フラット構造。概ねどのお店も、一般的な車椅子での利用に大きな問題はありません。ほとんどのお店はリーズナブルな価格帯の飲食店で、カジュアルに利用できます。

歌舞伎町バリアフリー

3Fのシネコンへはエレベーターで上がります。今どきのバリアフリーシネコンです。

1Fにあるトイレには障害者用トイレが一つ併設されていますが、1F飲食店で発行される「トイレメダル」がないと利用できません。入店して「トイレメダル」を申請し、トイレを利用します。

歌舞伎町バリアフリー

○健康プラザ ハイジア

1993年竣工の東京都の関連施設です。地下4階、地上18階の大型物件で、大久保病院、オフィス、飲食店、物販店、スポーツ施設などが入る複合施設です。都の関連施設なのでバリアフリー。地下駐車場は、障害者手帳の提示で駐車料金が時間無制限で無料に減免されます。

B1と1Fが24時間誰でも利用出来るパブリックスペース。1Fに2カ所障害者用トイレがあり、通常は施錠されています。障がいのある人が利用する時は、近くにいる警備会社のスタッフに合図をしてください。キーを持っていて手動で開錠していただけます。使用後はまた警備会社のスタッフに合図。すぐにキーで施錠します。

歌舞伎町バリアフリー

○西武新宿ペペ

新宿プリンスホテルと一体化している駅ビルで、B2と1Fから8Fが「ペペ」。B1と9Fから最上階25Fまでがプリンスホテルです。西武新宿駅改札とは2Fで連絡しています。エレベーターは1系統2基で、混みあって待つことが多いのが欠点。障害者用トイレは5F一か所だけです。

ペペの上層階は大型店舗が入店。店舗面積が広いために車椅子でも利用しやすい店舗です。私見ですが、新宿の「100均」で、もっとも車椅子で買い物しやすい店舗は、ペペの8Fかと思われます。

歌舞伎町バリアフリー

○花園神社

歌舞伎町界隈の神社では、「鬼王神社」は車椅子では参拝が全く無理な神社ですが、「花園神社」は本殿に近づくことはできます。

大鳥居から本殿にむかう参道は、車椅子でも通行可能な石畳。本殿は階段の上なので、車椅子では社務所側の車用坂道に迂回します。坂道までの境内の迂回路はオフロードです。車用の坂道をのぼれば、社務所まで車椅子で行けます。しかし本殿の拝殿はさらに数段の階段の上。車椅子ではこの段の下からの参拝になります。

歌舞伎町バリアフリー

社務所に向かう坂道の下にある神社の公衆トイレは、障害者用トイレを併設。残念ながら設備のレベルは低いトイレです。

歌舞伎町バリアフリー

境内の稲荷神社の赤い鳥居が並ぶ参道は、狭くややゴツゴツ石畳みのバリア道。車椅子での通行は厳しいレベルです。

歌舞伎町バリアフリー

歌舞伎町とその周辺の歩道は、問題なく車椅子で通行できます。車椅子で利用出来る施設は多くはありませんが、ゴジラヘッドの新宿東宝ビルなどを上手に活用してください。