ユニバーサルベッドがある岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

埼玉県さいたま市岩槻区、人形の町岩槻に、2020年2月に開館した施設です。元市役所があった場所に、総事業費18億円超をかけて建設されました。同一敷地内に「にぎわい交流館いわつき」が併設されています。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○アクセス方法と駐車場の状況

岩槻駅から徒歩10分の案内です。

来館者用の無料駐車場があり、普通車28台、大型バス2台、そして障害者用駐車区画が2台分屋根付きで用意されます。障害者用駐車区画から博物館までは、雨の日でも濡れずに移動できます。「にぎわい交流館いわつき」へは、途中に屋根がない区間があります。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○障害者減免制度あり

博物館エントランスの周囲は、一部に石が置かれた路面があり、ところどころにスロープが架けられています。障害者用駐車区画以外の場所からでも、車椅子でアクセスできます。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

エントランスから館内にかけて、段差がまったくないバリアフリー仕様です。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

岩槻人形博物館は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者1名が半額に減免されます。受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行います。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○展示室は3部屋

博物館の延べ面積は2,029㎡ですが、展示室のスペースはその約30%程度です。建物の規模に比べて、展示室のスペースは広くはありません。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

第一展示室は人形作りの紹介、第二展示室がコレクション展示。ここまでが常設展です。そして第三展示室が企画展の部屋。3つの展示室は連続して配置されます。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

すべての展示室はフラット構造で、車椅子での観覧に大きな問題はありません。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

収蔵資料は人形が約3,500点で、人形に関わる浮世絵や古典本、人形制作道具などを加えると約5,000点あるそうです。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○トイレのバリアフリー状況

博物館はワンフロア構造で、障害者用トイレは館内の無料エリアに1つあります。

トイレのスペースは一般的なサイズで、設備はフル装備。折り畳み式のユニバーサルベッドが用意されています。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○にぎわい交流館いわつきのバリアフリー状況

駐車場を中心にして博物館の反対側が、市民のための交流施設「にぎわい交流館いわつき」です。2フロア構造でエレベーターがあり、1Fには障害者用トイレが1つあります。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

商業施設は「ヨロ研カフェ&ショップ」。入口を入ると左側に小さなショップがあり、岩槻産の野菜、物産品などが販売されています。入口の右側はカフェ。席数は35席です。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

フロアはフラット構造で、車椅子で利用できます。ショップは狭いながらも車椅子で通行できる幅はあります。カフェは可動式のテーブル席もあるので、車椅子で利用できます。テラス席も用意されています。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

○江戸と日光の石がオブジェ

江戸時代、岩槻は歴代将軍が日光東照宮を社参する際に通行した、日光御成道の宿場町でした。中庭には、江戸・日本橋に使われる「稲田石」と、日光東照宮大鳥居に使われる「可也石」が配されています。

岩槻人形博物館 車椅子バリアフリー情報

岩槻人形博物館は、問題なく車椅子で観覧できるバリアフリー博物館です。「にぎわい交流館いわつき」の「ヨロ研カフェ&ショップ」も、車椅子で利用できます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

東京都港区の竹芝桟橋が「ウォーターズ竹芝」として再整備され、「アトレ竹芝」や「JR東日本四季劇場」などが新設されました。浜離宮と海を眺望する湾岸ビュースポットです。車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

〇ウォーターズ竹芝の全体構成

新設された建物は3棟です。

アトレ竹芝が入る「高層棟」は、他にホテルとオフィスが入ります。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

劇団四季の「劇場棟」。「春」と「秋」の2つの劇場と、別棟で「自由劇場」があります。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

そして「駐車場棟」。自走式立体駐車場です。

〇駐車場棟のバリアフリー状況

駐車場棟の障害者用駐車区画は、2Fに1台分しかありません。

立体棟のエレベーターは2基あります。

劇団四季の自由劇場へのスロープルートは、駐車場棟に組み込まれて設置されています。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

〇竹芝桟橋のバリアフリー状況

水上バスなどが発着する桟橋は、バリアフリー仕様です。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

その隣に「干潟」が整備されました。バリアフリーな観察路から、その様子を車椅子で見学できます。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

干潟には小魚が多数泳いでいるのが確認出来ました。ただ、ゴミが多く流れ着いている状態です。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

桟橋一帯にはフリーテーブルが配置されるスペースがあり、自由に利用できます。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

〇アトレ竹芝のバリアフリー状況

高層棟の1Fから3Fがアトレ竹芝です。エレベーターは1基。綺麗な障害者用トイレが用意されています。車椅子で問題なく利用できる施設です。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

海を臨むテラスが用意されています。1Fから2Fにかけては、階段構造のテラス席。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

2Fと3Fのバルコニーは、車椅子で自由に利用できるテラス席になっています。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

桟橋の横の広場、そしてアトレ竹芝のテラス。新しく誕生した、くつろぎのスペースです。

浜離宮と海を眺望 ウォーターズ竹芝 車椅子バリアフリー情報

2020年、竹芝桟橋は「ウォーターズ竹芝」になりました。車椅子で浜離宮と海の眺めを楽しめる、バリアフリー施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)

秩父・長瀞・甲州を車椅子で訪ねる お薦めバリアフリードライブコース

大自然に抱かれた観光地、埼玉県の秩父長瀞エリアから山梨県の甲州市方面は、車椅子では観光が難しい有名スポットが多々あります。障がいのある家族と一緒に、適切に休憩をとりながら遊べる、バリアフリーなドライブコースを紹介します。

関越自動車道の花園ICから中央高速道路の一宮御坂ICまでのコース設定で、所要時間は丸一日または一泊二日程度です。

 

(花園IC⇒3km)

「JA花園農産物直売所」

新鮮野菜や花卉売り場がある大型産直ショップです。2015年に新築されたバリアフリー施設で、車椅子で快適に買い物が出来ます。朝9時開店です。

 

(JA花園⇒500m)

「花園フォレスト」

スイーツやパンのアウトレットです。レストランも人気です。大型施設でバリアフリー仕様。庭園にはバラ園があります。キャッチコピーは「薔薇とスイーツのシャトー」です。

 

(花園フォレスト⇒16km)

「寶登山神社」

この神社はバリアフリー仕様ではありません。

長瀞渓谷の景観を楽しめる287号線を走るか、急ぐなら有料道路「西関東連絡道路」を利用します。

創建は神代の古社です。境内は段差回避スロープルートがあり、きつい傾斜路を進めれば、車椅子で本殿の前までは行くことが出来ます。ただし拝殿は3段の上です。

多少無理をしても、長瀞らしい観光を楽しみたい家族にだけお薦めします。

 

(花園フォレスト⇒15km)

「埼玉県立自然の博物館」

無理をしない場合は、「寶登山神社」はとばしてこの博物館を目指してください。

寶登山神社からも近く、名勝長瀞の岩畳や「月の石もみじ公園」に隣接。車椅子で長瀞らしい風景に出会える立地です。

無料駐車場があり、館内はバリアフリー仕様、屋外は野外展示観察園「カエデの森」です。車椅子での長瀞観光にお薦めできる施設です。

 

(自然の博物館⇒12km)

「道の駅ちちぶ」

秩父市内中心部に近い道の駅です。お土産、食事、トイレがあり、敷地内には汲み放題の名水「ちちぶの水」があります。

 

(道の駅ちちぶ⇒1km)

「西武秩父駅前温泉 祭の湯」

駅前ですが専用駐車場と提携駐車場があります。

2017年に開業した施設でバリアフリーです。日帰り温泉を利用しなくても、車椅子で利用できる物販コーナーとフードコートがあります。

 

(祭の湯⇒10km)

「道の駅あらかわ」

荒川の上流、秩父鉄道線路沿いにある道の駅です。古い施設なのでバリアフリーレベルは高くはありませんが、休憩に利用できます。地元の自然を紹介する入館無料の「山里自然館」があります。

 

(道の駅あらかわ⇒20km)

「奥秩父もみじ湖」

荒川上流方面へ進みます。途中に「道の駅大滝温泉」がありますが、高低差のある地形に施設が分散している構造なので、車椅子では利用しにくい道の駅です。

冬場であれば、この近くに「三十槌の氷柱」があります。ただしバリアフリー環境ではありません。

車椅子で景観を楽しめるのは「滝沢ダム」、通称「奥秩父もみじ湖」です。ダム管理事務所の近くに、整備された駐車場と公園のようなスペースがあり、車椅子で奥秩父の眺望を楽しめます。

 

(奥秩父もみじ湖⇒28km)

「道の駅みとみ」

快適なドライブルートを通り、雁坂トンネルをくぐり山梨県に入ります。

山梨県の北の玄関口にある休憩スポットです。古い施設でバリアフリーレベルは高くはありません。トイレ休憩など必要に応じて利用して下さい。

 

(道の駅みとみ⇒2km)

「広瀬ダム」

笛吹川の上流にある広瀬ダムは、無料駐車場と公園スペースがあり、車椅子で眺望を楽しめます。

 

(広瀬ダム⇒14km)

「道の駅花かげの郷まきおか」

山梨県内を南下します。次の休憩スポットになる道の駅です。この施設も古くバリアフリーレベルは高くはありません。隣接する「牧岡郷土文化館」は、段差構造で車椅子での見学は出来ません。

 

(道の駅花かげの郷⇒10km)

「笛吹川フルーツ公園」

山をまるごと公園にした施設です。公園、温泉、資料館、ショップなど数多くの施設があります。高低差が激しいので、立ち寄りたい施設の近くの駐車場を利用するのが車椅子のコツです。

 

(フルーツ公園⇒9km)

「 桔梗信玄餅工場テーマパーク」

信玄餅の工場見学、アウトレットなどがある大人気の観光施設です。お菓子の詰め放題は、朝一番に整理券をとらないと利用出来ません。

障害者用トイレはありますが、施設全般バリアフリーレベルは高くはありません。混雑時の車椅子での利用は苦労します。考え方次第ですが、空いている夕方に行き、売れ残って更に値下げ販売している商品を選ぶのが、車椅子では快適で面白いかもしれません。

(桔梗信玄餅工場⇒2km一宮御坂IC)

 

全ての施設に立ち寄ると、約130kmの走行距離になります。秩父・長瀞・甲州方面へのドライブが、家族の楽しい思い出になることをお祈りいたします。

(本稿は2020年6月に執筆しました)