タワーホール船堀 無料展望室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

東京都江戸川区にある、首都高速から見える展望タワーがある施設です。高さ115mの展望室は無料で、車椅子で利用できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年4月の取材に基づいています。

 

○施設の概要とアクセス方法

1999年開業。船堀駅前に建つ江戸川区のシンボル的な公共施設です。

展望室、シネマ、ブライダルサロンに複数のイベントホールなどがあります。

江戸川区による江戸川区民のための施設で、ブライダル、会議室、イベントホールの使用には区民割引があります。

駅前立地ですが駐車場があります。B1とB2が地下駐車場で、駐車料金の障害者減免はありませんが、都内駅前の駐車料金としては格安です。障害者用駐車区画はあります。

施設全体の構造はバリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

 

○フロア別の状況

地下駐車場はエレベーターがあるので、車椅子での利用は可能です。

B1の半分はシネマ「船堀シネパル」。2つの劇場があり、それぞれに車椅子用の席が2つあります。江戸川区民にはお得なサービスも。ポップコーン売り場もある、本格派のシネマです。

1Fには展示ホールと飲食店や書店などが入店。吹き抜けのアトリュームがあります。1Fには総合案内があり、1名スタッフが常駐しています。

2Fと3Fはチャペルもあるブライダル関係の施設が中心。大パーティが開催できるイベントホール、バンケッホールがあります。

4Fと5Fはコンサートが出来る大ホールや小ホールなどがあります。

6Fはなく、7Fには展望レストランなどがあります。

タワーホール船堀 無料展望室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○障害者用トイレの状況

全てのフロアに障害者用トイレがあります。しかもほとんどのフロアには、2つないし3つ、複数の障害者トイレが設置されています。

 

○展望室のバリアフリー状況

7Fに展望室に行くエレベーター乗り場があります。

展望室の利用は無料。7Fのエレベーター乗り場にスタッフが1名常駐し、エレベーターの乗り降りを誘導します。

エレベーター内にもスタッフがいて、展望室の利用方法を説明しながら、高さ115mの展望室に案内します。

展望室内にはスタッフはいませんでした。

展望室は狭いながらも360度ビュー。江戸川区から見る東京の景観を堪能できます

タワーホール船堀 無料展望室 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「タワーホール船堀」は、存在は知っていても、詳しく解らない、行ったことはない、という人が多い施設です。展望室は無料で、施設全般バリアフリーです。車椅子のお出かけに先にお薦めできます。

県立群馬緑化センター 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

群馬県邑楽町の「群馬緑化センター」は、花木園や庭園見本園がある、車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年6月の取材に基づいています。

 

所在地住所の読み方は「おうら」町。館林の隣町で「多々良沼公園」の近くです。

入園無料の県立センターです。テーマ別のお庭や樹木で出来た迷路などがある施設で、センター内は一部未舗装路面の箇所がありますが、ほぼ全域が車椅子で利用可能です。

 

管理棟「緑化センター」の中と、独立トイレ棟に障害者用トイレがあります。

「群馬緑化センター」は、県民向けの緑の相談室や各種の植物系のお教室を開催します。「緑化センター」棟はその活動拠点です。

県立群馬緑化センター 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

敷地内に入ると無料駐車場があります。

駐車場から園内への入口にある車止め柵の向こう側に、障害者用駐車区画のラインが引かれています。柵を移動させないと、車が進入できない障害者用駐車区画があります。

 

駐車場のすぐ横は「日時計花壇」ゾーンで、季節の花が植栽されています。

このゾーンは未舗装路面でデコボコがあるので、車椅子での移動は注意してください。それでも車椅子で何とか通行できます。

 

その先は「見本庭園」ゾーン。この名称からのイメージとは異なりますが「ゴルフができるお庭」、「細長いお庭」など、コンセプト系ミニガーデンがあります。また生け垣になる植物が、比較対照出来るコーナーがあります。

一部未舗装路面で、ところどころにデコボコがあります。車椅子では慎重に移動してください。

 

その先に管理棟である「緑化センター」があります。入口はスロープ対応です。内には群馬の植物に関する展示紹介コーナーがあります。

 

「緑化センター」の先には「芝生広場」。バリアフリーな周回路があるので、車椅子で散策できます。

 

「芝生広場」横には「迷路」。生け垣に使われる植栽で簡単な迷路が造作され、車椅子でも迷路内に入ることが出来ます。

車椅子からの目線だと、生け垣は目の上の高さになり、勘が悪いと迷います。生け垣迷路は車椅子で楽しめます。

 

以上で敷地の約半分程度を紹介しました。

残りの半分は森です。3つの森に分かれた命名がされていますが、いずれも木立の中の散策路を歩きます。

ルートのほとんどは未舗装路ですが、デコボコに気をつけて進めば、車椅子でもなんとか通行できます。ただし雨上がりや、冬の霜どけなどには注意が必要です。

散策路の東屋は、車椅子で利用できる段差のない設計です。

 

県立の施設ですが、休園は年末年始だけです。「緑化センター」は9時から17時の開館ですが、庭園など屋外施設は24時間開放されています。

 

ほとんどの施設と散策ルートが、多少のデコボコが通行出来る人なら、車椅子で利用できます。群馬緑化センターは、バリアフリーな施設です。

三軒茶屋の街歩き 車椅子利用者のためのバリアフリー情報

東京都世田谷区の三軒茶屋は、1970年代に整備された都市環境が残るエリアで、バリアフリー面での課題が残る街です。世田谷区では2019年に「まちづくり基本方針」を策定し、都市整備に取り組んでいます。現時点の車椅子で快適に利用できる三軒茶屋の主なバリアフリー施設の状況を紹介します。

なお本稿は2019年12月に執筆しました。

 

○地下鉄三軒茶屋駅

地下鉄駅からは、キャロットタワー方面の「パティオ口」しかエレベーターがありませんでしたが、三軒茶屋駅の真上「南口」方面に出るエレベーターが、2019年に供用されました。

 

○三軒茶屋銀座商店街

茶沢通り沿いに並ぶ150店ほどの商店街で、日曜祝日は歩行者天国になります。

茶沢通りの歩道は、世田谷区のバリアフリー化整備事業の第一号に指定され、2010年から2013年にかけて3期に分けて整備されました。車椅子で通るとはっきりと解るバリアフリー歩道です。

バリアフリー歩道は、三軒茶屋交差点から北に約360mの区間です。歩道の路面材は「透水性インターロッキングブロック」という、滑りにくい素材です。

歩道上の急こう配や段差が解消されています。「茶沢通り」に交わる細い横道が多数ありますが、この横道を横断する際に、勾配や段差のない歩道になっています。

勾配を解消した細い横道との交差部には点字ブロックがあります。

また商店街のお店の出入口を、緩やかな勾配で歩道の高さに合せる改良も行われました。

このようなバリアフリー化整備事業によって、三軒茶屋銀座商店街は、傾斜がほぼなく、商店への出入りも楽なバリアフリー歩道になりました。

日曜祝日は歩行者天国になる「茶沢通り」。車道にもバリアフリー化整備が施されています。

車道の舗装は低騒音の排水性舗装。車道の脇には雨水の排水能力を高める円形側溝を設置。更に太陽光によるアスファルトの温度上昇を抑制する遮熱性舗装を施工。これらにより、静かで、涼しく、排水のよい車道に改良されています。

三軒茶屋銀座商店街

○世田谷区民会館別館

三軒茶屋銀座商店街にある施設で、「三茶しゃれなあどホール」などが入ります。

世田谷区民会館別館は、土日祝も開館します。

1Fの奥に、広いスペースで綺麗な障害者用トイレがあります。車椅子での三軒茶屋散策途中のトイレ休憩にお薦めします。

同じ通りにある「三軒茶屋ふれあい広場」奥の「世田谷区役所太子堂出張所」にも、障害者用トイレがあります。開庁中は利用できます。

世田谷区民会館別館

○キャロットタワー

1996年竣工の三軒茶屋のランドマーク。外壁が「にんじん色」なので「キャロットタワー」と名付けられました。

キャロットタワー

元々の設計はあまりバリアフリーではありませんが、改装されてバリアフリーが進み、現在ではほぼ全館を車椅子で利用できます。

地下鉄駅に直結、世田谷線駅は横、地下駐車場があります。世田谷区の半官営施設ですが、駐車場料金の障害者減免制度はありません。

1Fエントランスはバリアフリー改良済みです。

B1と地下鉄駅を結ぶ通路に階段がありますが、見えにくい場所に段差迂回スロープが設置されています。

ここ以外にも段差箇所は多々ありますが、迂回ルートが用意されています。

スーパーやグルメ店などの商業施設、「パブリックシアター」などの世田谷区の文化施設と行政窓口施設、賃貸オフィス、展望室などから構成される複合施設です。

26Fは無料展望ロビーです。夜景スポットとして有名です。

2012年に改装されてバリアフリーになりました。車椅子で安心して利用できる展望ロビーです。

キャロットタワー

展望ロビーへのエスカレーターは2Fから乗ります。車椅子利用の場合は、地階や1Fから別に1基あるエレベーターに乗って2Fに行き、乗り換えます。

この2Fの乗り換え通路の途中に、障害者用トイレが設置されています。

エレベーターは2Fから26Fへ直行します。大型の車椅子でも乗り込める大きさです。

キャロットタワー

26F展望ロビーにはレストラン「スカイキャロット」があります。決定的な段差は無くスペースに余裕があるので、車椅子で利用できるレストランです。

スカイキャロット

「FM世田谷」のサテライトスタジオ「スタジオキャロット」があり、午後の時価帯によく使用されています。

キャロットタワー

無料の展望ロビーは、夜23時まで開放されています。

26F展望ロビーは、正式には「世田谷区民会館第二別館」という施設です。

「世田谷区民会館」は、区役所に隣接した場所。「世田谷区民会館別館」は、茶沢通り沿い。ここキャロットタワー26Fが「第二別館」。区民施設の一つに位置付けられますが、世田谷区民以外の人も自由に利用できます。

キャロットタワー

車椅子で三茶を散策して、なにか困ったら「キャロットタワー」へ行けば、トイレ、食事、休憩、買い物・・・、とりあえず車椅子で何とかなります。

キャロットタワー

人気タウンの三軒茶屋ですが、三角地帯など三茶らしいエリアは、車椅子にあまり優しくありません。車椅子で利用できる飲食店は少ない街です。最新のバリアフリー情報を確認して、車椅子での街歩きに出かけて下さい。