銚子から九十九里へ 車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

青い海と砂浜、断崖絶壁、そして美味しい魚と出来たての醤油。千葉県の太平洋沿い、銚子から九十九里浜にかけて、障がいのある家族と一緒に楽しめる、バリアフリーな観光施設をめぐるお薦めのドライブコースを紹介します。

車椅子で訪ねる千葉のバリアフリードライブコース

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

銚子は高速道路からのアクセスが悪く、東関道の佐原香取ICから一般道で約40km、順調なペースで約1時間かかります。

銚子で最初にお薦めするは、ヤマサ醤油の工場内にある「しょうゆ味わい体験館」です。工場見学は予約制で途中に階段があるルートです。工場見学センターで映画を見る、体験館で醤油の歴史や製造方法を知る、そして煎餅を焼くのは車椅子で可能です。

工場直売ショップがあり、ここでしか買えない醤油もあります。

ヤマサ醬油しょうゆ味わい体験館

 

銚子ポートタワー・ウオッセ21

ヤマサ醬油から約4km。銚子を代表する観光施設です。「銚子ポートタワー」、レストラン「うおっせ」、水産物即売センター「ウオッセ21」があります。古い観光施設なのでバリアフリーレベルはそれなりですが、車椅子で利用できない決定的な問題はありません。

ポートタワーの入館料は障害者減免制度があります。

銚子ポートタワー・ウオッセ21

 

地球の丸く見える丘展望館

銚子ポートタワーから海岸沿いに約6km進みます。愛宕山の上に建つ展望施設です。

施設の裏側に障害者用駐車場があり、そこからはスロープで入館できます。入館料は障害者減免制度があります。

車椅子では3Fのカフェに上がり、カフェの中から眺望を楽しみます。カフェには、そのための車椅子専用席が用意されています。外のテラスに出ると、壁が高くて車椅子からは空しか見えません。

地球の丸く見える丘展望館

 

飯岡刑部岬展望館

地球の丸く見える丘展望館から屏風ヶ浦を通り約13km西へ移動します。高さ約60mの断崖絶壁に建つ無料の展望施設です。エレベーターがあり車椅子で問題なく利用できるバリアフリー展望館です。別称は「光と風の展望館」で、九十九里浜から屏風ヶ浦、そして内陸側まで、360度の眺望が楽しめます。

飯岡刑部岬展望館

 

道の駅季楽里あさひ

刑部岬展望館から約8km内陸に進みます。2015年に開業したバリアフリー施設です。車椅子で問題なく利用できます。

道の駅季楽里あさひ

 

道の駅オライはすぬま

道の駅季楽里あさひから、海岸沿いに戻り約23km走ります。距離はありますが、スムーズに流れれば30分程度で到着します。

2005年に開業した老舗の道の駅です。施設のバリアフリーレベルは最新の道の駅に比べれば劣りますが、レストランの美味しさは定評があります。席は約半分がテーブル席です。

道の駅オライはすぬま

 

海の駅九十九里

オライはすぬまから海岸沿いを約10km進みます。片貝漁港の横にある施設で開業は2015年。車椅子で問題なく利用できるバリアフリー施設です。

1Fは産直ショップと入館無料の「いわし資料館」、2F は海鮮料理もいただけるセルフサービスのフードコートです。

海の駅九十九里

 

国民宿舎サンライズ九十九里

海の駅九十九里から約5km、最後の立ち寄り施設はホテルです。バリアフリーなレストランやショップがあります。

サンライズ九十九里からは「東金九十九里有料道路」に直結します。

車椅子で楽しい休日をお過ごしください。

(本稿は2020年3月に執筆しました)

天橋立 宮津ロイヤルホテル 車椅子宿泊ガイド バリアフリー情報

京都府宮津市の「宮津ロイヤルホテル」は、天橋立を眺望するエリア最大規模の観光ホテルです。2016年4月に完了した第3期改装後に車椅子で宿泊しました。ホテルのバリアフリー状況を紹介します。

天橋立 宮津ロイヤルホテル 

1994年の開業なので、そもそもの設計はそれほどバリアフリーではありませんが、2014年から3期にわけて改装を実施しました。

ホテル公認の車椅子対応バリアフリールームは、2名用の1室です。

 

駐車場の障害者用駐車区画は、ホテルエントランス前の車寄せに一番近いところにあります。車寄せスペースは屋根有りで、障害者用駐車区画のすぐ手前までは屋根がありますが、障害者用駐車区画には屋根はありません。

運転できる介助者がいれば、雨の日でも車椅子利用者は先に車寄せで降りることができますが、自分が運転者の場合は少し雨に濡れます。

 

エントランスから1Fロビー周辺はバリアフリー仕様です。車椅子での利用に大きな問題はありません。

1Fロビー横に、障害者用トイレが設置されています。このトイレは、広さ、設備ともに立派なトイレです。全館でパブリックスペースの障害者用トイレはこの1つです。

 

館内のレストラン、食事処は、フラットでスペースに余裕があるので、車椅子での利用に大きな問題はありません。

天橋立 宮津ロイヤルホテル 車椅子宿泊ガイド バリアフリー情報

エレベーターはやや狭いタイプ。車椅子と大きな荷物を乗せるカートが一緒に乗ると、ギリギリいっぱいでした。

 

大浴場はバリアフリー仕様です。

脱衣所まで車椅子で行くことができます。大浴場内も無駄な段差は少なく、要所に手すりが設置されています。

露店風呂、空中足湯コーナー、サウナなどは段差がありますが、室内大浴場までは無駄な段差を排除しています。

今回取材時は、浴室内用の車椅子の用意はありませんでした。

大浴場ですから、全く車椅子から降りることが出来ないレベルの身体障がいのある方の利用は厳しいですが、やや足が悪いレベルの人はもちろん、つかまり立ちや介助歩行が出来る人なら入浴可能です。

着替えも広々したフラットな脱衣所で、快適にできます。1994年開業の観光ホテルとしては、車椅子利用者でも利用しやすい大浴場です。

 

お土産品コーナーは充実しています。売店ではなく大型店舗です。売り場面積は100坪以上で、広々したワイド設定の通路に、低い商品陳列棚、品揃えはフルライン。車椅子で買い物をしやすいお店です。

 

2016年現在での、宮津ロイヤルホテルのバリアフリー状況です。宮津ロイヤルホテルから見る天橋立は、夕陽が落ちる方向。サンセットの美しさは定評があります。

南伊豆 弓ヶ浜 車椅子散策ガイド バリアフリー情報

静岡県南伊豆町の弓ヶ浜は、日本の渚百選に選定された、美しい白砂海岸が1,200m続く遠浅のビーチです。車椅子での散策コースを紹介します。

なお本稿は2019年12月の取材に基づいています。

南伊豆町の弓ヶ浜

○夏の喧騒を避けて

伊豆半島で最も南にある海水浴場です。トップシーズンは夏。駐車場は有料になります。

2019年の夏までの実績では、弓ヶ浜海水浴場は特別なバリアフリー対策は行っていません。

春夏秋冬、美しい姿をみせるビーチです。南伊豆は温暖な気候で、冬季は避寒地になります。

南伊豆町の弓ヶ浜

○駐車場のバリアフリー状況

車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。伊豆半島を車で縦断すると、渋滞がなくても2時間程度かかります。

弓ヶ浜に沿って駐車場があり、夏以外は無料で利用できます。特別なバリアフリー対策はありませんが、空いていれば車椅子での乗降は可能です。

弓ヶ浜に隣接してバリアフリー施設「休暇村南伊豆」があります。「休暇村南伊豆」の駐車場には、障害者用駐車区画が1台分用意されています。

南伊豆 弓ヶ浜 車椅子散策ガイド 

○弓ヶ浜の車椅子散策

ビーチ内は砂浜なので、車椅子では通行できません。ビーチに沿った道路が車椅子での散策路になります。

ビーチの中央部に休憩棟があります。道路からの段差回避スロープがあるので、車椅子で利用できます。ベンチと自販機などがある無料施設です。

南伊豆 弓ヶ浜 車椅子散策ガイド 

休憩棟から弓ヶ浜の全景を楽しむことができます。

南伊豆 弓ヶ浜 車椅子散策ガイド 

南伊豆 弓ヶ浜 車椅子散策ガイド 

○休暇村南伊豆のバリアフリー状況

弓ヶ浜に隣接する休暇村南伊豆はバリアフリー施設です。

休暇村南伊豆のバリアフリー状況

ツインの洋室はすべてバリアフリー仕様です。

1Fのショップはフラットでスペースに余裕があります。

ランチや入浴休憩など、日帰りでも利用できます。

パブリックスペースに障害者用トイレが用意されています。

休暇村南伊豆のバリアフリー状況

お庭があり、車椅子で散策することができます。夏はプールが営業します。

休暇村南伊豆のバリアフリー状況

伊豆半島最南端の海水浴場「弓ヶ浜」周辺は、車椅子で散策が出来るバリアフリーエリアです。