清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里の「萌木の村」は、傾斜地の中に、数多くのショップやグルメ、レストラン、ミュージアムなどが点在する、清里を代表するお洒落な観光施設です。ただし、車椅子からみると全般的にバリアフリーではありません。

萌木の村の中で、車椅子で無理なく利用できる範囲を紹介します。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○アクセス方法と駐車場の選択

清里駅からは近く徒歩圏内です。ただしエリア全体が傾斜地です。車椅子で坂道を移動します。

駐車場が北と南にあります。中央部の臨時駐車場は、通路がなく移動には不便です。隣接する「ともにこの森」にも駐車場があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

村内の通路は一部を除き舗装されていますが、とにかく傾斜路です。車椅子利用者は、車でアクセスして、利用したいお店の近くの駐車場を利用することをお薦めします。各駐車場には、今どきの仕様ではありませんが、障害者用駐車区画の設定があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○店舗のバリアフリー概況

数多くのお店や施設がありますが、多くのお店はエントランスなどに段差があり、車椅子で利用できるお店はごく一部です。

「オルゴール博物館」も段差があり「スタッフがサポートします」と案内されています。

その中でレストラン「ROCK」は、新しく建て直されたバリアフリー仕様店舗です。障害者用トイレは、ROCK店内にあります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストラン「ROCK」を利用する場合は、「北駐車場」に入り、そのまま右手の坂道を上がり「ホテルハット・ウォールデン」宿泊者専用駐車区画の並びの区画に停められれば、傾斜路を通行せずにレストランに移動できます。

隣接する「ともにこの森」の「ミルクプラント」などの店舗は、傾斜路はありますが決定的な段差はなく、車椅子で利用可能です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○南北エリアの移動は傾斜が強い

北駐車場または南駐車場に停めて、萌木の村全域を散策したくなりますが、北側が高地、南側が低地で、高低差があり、村内の素敵な散策路は強い傾斜があります。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

坂道に自信のある人以外は、車椅子利用者は南北それぞれに車を移動して、無理のない範囲で村内散策を楽しむことをお薦めします。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

夏恒例の「清里フィールドバレイ」の会場は、この南北間にある広場が会場です。どちらかといえば、南からのアクセスのほうが傾斜角度は楽です。

清里 萌木の村 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「萌木の村」は清里の魅力にあふれる素敵な観光地です。ただし通路の傾斜が強く、店舗の多くは段差があります。車椅子では無理のない範囲での観光に限定されます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

山梨県北杜市清里の清泉寮は、レストラン、ショップ、ミュージアムなど、複数の施設がある観光スポットです。しかし1938年からの歴史がある施設なので、必ずしもバリアフリーではありません。車椅子での無理のない利用方法を紹介します。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○施設全体のバリアフリー概況

アクセスは車が便利です。

車椅子利用でお薦めできるのは「清泉寮ジャージーハット」と「八ヶ岳自然ふれあいセンター」です。この2施設のバリアフリー状況は詳しく後述します。

「清泉寮ファームショップ」「やまねミュージアム」「清泉寮本館ギフトショップ」「ポール・ラッシュ記念館」は、段差解消スロープなどがあり、車椅子で利用出来ないことはありません。ただし、そこに行くまでの通路が悪路であったり、施設の出入口が手動ドアであったり、内部のスペースに余裕がないなど、古い施設なので必ずしも車椅子向きではありません。

宿泊施設は、コテージは段差構造ですが、本館内には障害者用トイレがあります。ただし、いわゆるバリアフリールームはありません。

本館レストランは2Fで、メインエントランスは階段です。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○清泉寮ジャージーハットのバリアフリー状況

ここは新しい施設なので施設内はバリアフリー仕様です。綺麗な障害者用トイレが1つ用意されています。ユニバーサルベッドはありません。

ただし駐車場の選び方は悩ましい問題があります。本館横の駐車場からアクセスすると、舗装通路ですが、部分的に傾斜がつよい下り坂を通行します。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

牧場側の駐車場からは、逆に上り坂です。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

道の反対側にある、高さがほぼ等しい八ヶ岳自然ふれあいセンターの駐車場は、路面が未舗装で小石がゴロゴロしています。

ジャージーハットでは、ソフトクリームを販売しています。その他に、物産品、パン、テイクアウト総菜などがあります。

清里の雄大な風景を楽しめるテラスは、バリアフリー仕様です。テラスには足湯がありますが、一般的な構造で車椅子のままでの利用は困難です。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

○八ヶ岳自然ふれあいセンターのバリアフリー状況

古い施設ですが車椅子で利用出来ます。ポイントは駐車場です。一般駐車場とは別に、センターと同じ高さに障害者用駐車場があります。一般駐車場入口よりも少し高い場所にある専用の入口から、標識に従がい進んでください。センター建物の横に、障害者用駐車場があります。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

エントランスは階段ですが、段差回避スロープが用意されています。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

センター内に障害者用トイレが1つあります。

センター内の展示は、車椅子で見学可能です。八ヶ岳、清里の動物が紹介されています。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

八ヶ岳自然ふれあいセンターには、2種類のオフロード用車椅子があり、無料で借りることができます。車椅子で周辺のハイキングに挑戦できます。

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

清里 清泉寮 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

清里の人気施設「清泉寮」は、「ジャージーハット」はバリアフリー仕様です。そして「八ヶ岳自然ふれあいセンター」が案外バリアフリーで、車椅子で利用出来ます。

(本稿は2020年8月に執筆しました)

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

茨城県の汽水湖「涸沼(ひぬま)」の畔に建つ大型宿泊施設で、東京都休養ホーム事業の宿泊先になっているバリアフリー施設です。日帰り温泉やランチ営業があるので、宿泊しなくても利用できます。2016年に「インフォメーションプラザ」が誕生。涸沼の自然を知ることができます。

車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇施設の全体状況

メイン棟は本館と新館があり、レストラン、展望大浴場、そして客室があります。バリアフリールームは1Fに3室あり、和室8畳とツインベッドで最大6名まで宿泊できます。

屋外施設は、多目的グランド、プール、庭園、パターゴルフ場、グランドゴルフ場などがあります。また体育館「スポーツプラザ」があり、バドミントン、卓球、フットサル、スポーツ吹矢が楽しめます。

広い敷地に施設が点在する構造で、駐車場は6カ所用意されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇メイン棟のバリアフリー状況

段差のある個所にスロープを設置して、バリアフリー改修した施設です。エントランスは段差回避スロープがあります。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

車寄せから階段を上がるルートには屋根がありますが、スロープ上には屋根はありません。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

出入口は自動ドアです。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

館内に入るとフロントがあり、その先のロビーへと段差がありますが、スロープが設置されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

レストランはその奥。段差のないフラット構造で、可動式のテーブル席です。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

眼前に涸沼を眺望しながら、車椅子で食事を楽しめます。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fのパブリックスペースに障害者用トイレが1つ用意されています。今回取材時の状況は、ウォシュレットやユニバーサルベッドなどはない、シンプルな設備のトイレでした。

展望大浴場は2Fで、エレベーターはあります。浴場内は車椅子のための特別な装置はありませんが、手摺の設置など一般的なバリアフリー設備は用意されています。

 

〇屋外の状況

フラットな地形なので、敷地内の車椅子での移動は可能です。舗装通路が整備されています。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

涸沼に面して遊歩道が整備されています。「船溜」の横から遊歩道に上がるスロープの手前にはポールがあり、間隔が狭く車椅子では通行できませんでした。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

〇インフォメーションプラザのバリアフリー状況

インフォメーションプラザは独立棟の施設です。エントランス正面は階段ですが、段差回避スロープが用意されています。入館無料です。

建物の外向きにトイレがありますが、障害者用はありません。

館内はワンフロアでフラットな構造です。涸沼に生息する鳥類など動植物の写真や、涸沼の歴史や文化を紹介する展示があります。ガイドスタッフが、展示の解説をしていただけます。

涸沼の名産は「ヤマトシジミ」。涸沼全域の沿岸部で採れます。スタッフの解説によると、東日本大震災による津波の影響で、涸沼の水質はむしろ改善され、シジミにとっては良好な状態になったそうです。資源保護のためシジミ漁は平日のみ実施。小舟による漁を見学したい方は、平日の午前中を狙ってください。

インフォメーションプラザの屋根は、ヤマトシジミのイメージということです。

いこいの村涸沼 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

いこいの村涸沼は、各所にある段差箇所にスロープが用意されています。車椅子で利用できる大型施設です。

(本稿は2020年7月に執筆しました)