障害者は無料で使える 東京都障害者総合スポーツセンター 利用ガイド

東京都北区にある「東京都障害者総合スポーツセンター」は、プールや体育館がある障害者のための総合運動施設です。施設の概要と利用方法を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づき、2019年7月に加筆編集しました。

 

○施設の利用方法

東京都障害者総合スポーツセンターは、東京都の関連施設ですが、都民以外も利用できます。

利用出来るのは原則として各種障害者手帳の交付を受けている人だけです。

初回利用時に受付で障害者手帳を提示して利用証の交付を受けて下さい。次回からは利用証の提示で施設を利用できます。

施設の利用方法

○施設の構成

スポーツセンターには以下の施設があります。

温水プール、体育館、ボッチャコートなどがある多目的室、各種のマシーンがあるトレーニング室、卓球室兼サウンドテーブルテニス室、認定書の取得者が利用出来る洋弓場、2019年7月現在では工事中で利用できませんが運動場と庭球場、そして集会室や研修室、宿泊施設があります。宿泊施設の利用だけは有料です。

施設の構成

○アクセスのバリアフリー状況

無料駐車場があります。現時点では運動場の工事により一部閉鎖されている駐車場があり、利用出来るのは施設の正面と新棟1F部の駐車場です。車椅子利用者がとても多い駐車場です。混雑時はスタッフの誘導にしたがってください。

アクセスのバリアフリー状況

また車椅子対応の無料送迎バスがあります。スポーツセンターと王子駅を往復するコースと、西巣鴨駅経由で池袋駅とを往復するコースの2系統があります。30分から90分に一本程度の運行ダイヤです。

 

○利用時間

スポーツセンターの開館時間は9時から21時です。各施設の利用時間はそれぞれ異なりますが、概ね20時過ぎまでとなります。原則水曜日が休館日で、その他にも休館することがあります。

また各施設は団体利用、イベント開催などにより、個人利用が出来ない日、出来ない時間帯があります。HPでスケジュールを確認して利用して下さい。

利用時間

○障害者トイレなど設備の状況

開館は1984年の施設ですが、2010年代に改修工事や増改築工事が進められ、2019年時点では、ほとんどのエレベーターやトイレは設備更新されました。各設備は問題なく利用出来るバリアフリー施設です。

障害者トイレなど設備の状況

○温水プールの詳細

身体障害のある方にとってプールは貴重な運動施設です。

スポーツセンターのプールは介助者と利用できます。男女別更衣室と家族更衣室があり、どちらも車椅子で利用できます。ロッカーは100円硬貨リターン式です。ドライヤーは用意されています。

25m×6コースで、ウォーキングレーンの設定があります。車椅子のまま入水できるスロープはありませんが、手摺付きの階段入水路はあります。

特筆すべきは室温と水温の高さです。一般的な温水プールに比べて3℃は高い30℃以上の設定で、身体障害のある人でも寒さを感じない温度です。

プールサイドには採暖室もあります。

温水プールの詳細

○レストランも営業中

エントランスからすぐの場所にレストランがあります。手ごろな価格のメニューをバリアフリーに楽しめるレストランです。

レストランも営業中

2019年中には運動場の工事も完了する予定です。障害者のためのスポーツセンターは、無料で利用できます。