LIXIL GALLERY「クリエイションの未来展」バリアフリー情報

会場は東京都中央区京橋のLIXIL GALLERY。第19回クリエイションの未来展は、2019年7月20日から9月24日の開催。入場無料です。

展示タイトルは「more than Reason」。隈研吾氏・サカナクションの山口一郎氏・ANREALAGEの森永邦彦氏のコラボレーション作品が展示されます。

現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○LIXIL GALLERY入口の選択

会場は東京建物京橋ビルの2Fです。LIXIL GALLERYの通常の入口は、中央通り側の自動ドアになります。1Fはギャラリーのショップがあります。

健常者はショップから階段で2Fへ上ります。

エレベーターはショップから手動ドアを開けた先にあります。手動ドアを回避する場合は、警察博物館側の入口からビル1Fに入ると、正面にエレベーターがあります。

エレベーターを2Fで降りると、ドアはなくLIXIL GALLERYに出ます。

LIXIL GALLERY入口の選択

○トイレの状況

LIXIL GALLERYのトイレは2Fにあります。男女別に2つ、障害者用を兼ねる大きな個室が用意されています。大型のベッドはありませんが、オストメイト設備はあります。

 

○ギャラリーのバリアフリー状況

LIXIL GALLERYには3つの展示室があります。すべての展示室はフラット構造で車椅子での利用は可能です。

 

○「more than Reason」のバリアフリー状況

クリエイションの未来展の鑑賞方法です。

展示室入口にQRコードがつた3種類のカードが置かれています。好きなカードをとってQRコードからアプリに入ると音楽が流れます。聞きながら展示を鑑賞します。

会場内は車椅子で移動出来るスペースがあります。車椅子での鑑賞に問題はありません。

more than Reasonのバリアフリー状況

more than Reasonのバリアフリー状況

展示は写真撮影OKです。

ポーラミュージアム「SUMMER SPIRITS中村弘峰」バリアフリー情報

銀座ポーラミュージアムアネックスで、2019年8月8日から9月1日までの開催。中村人形四代目の中村弘峰氏の個展です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

銀座ポーラミュージアムアネックス

○中央通りからエレベーターで3Fへ

ポーラミュージアムアネックスは、ポーラ銀座ビルの3Fです。中央通りからビル正面右手にある2基のエレベーターで3Fへ上ります。

エントランス周辺から会場出入口にかけて段差はなく、車椅子で問題なく移動できます。

ポーラ銀座ビルの3F

○入場無料、写真OK

エレベーターホールから自動ドアを通り会場へ入ります。

会場内はスペースにゆとりがあり、車椅子での移動に問題はありません。すべての作品が車椅子から鑑賞できます。

エレベーターホールから自動ドアを通り会場へ

エレベーターホールから自動ドアを通り会場へ

エレベーターホールから自動ドアを通り会場へ

○日本人形×現代アスリート

解りやすくて楽しい作品が並びます。

日本人形×現代アスリート

日本人形×現代アスリート

日本人形×現代アスリート

個展のタイトル「SUMMER SPIRITS」とは、「白日夢のような時間を忘れる人形の世界を感じてほしい」というメッセージが込められているそうです。

読売新聞本社ギャラリー「ユーミン パネル展」バリアフリー情報

デビュー45周年を記念した「読売新聞・報知新聞が報じたユーミンの45年」展。

東京都千代田区大手町の読売新聞本社で2017年11月10日から12月20日の開催です。

会場には来場した際のユーミン本人のコメントが掲示。「歴史上の人物になったみたい」とのことです。

読売新聞本社「ユーミン パネル展」

3Fギャラリーはバリアフリー

会場の読売新聞本社3Fギャラリーは車椅子での利用が可能です。1F正面玄関から入館。健常者は3F直通エスカレーターの利用。1F奥にエレベーターがあります。

3Fフリーエリアには障害者用トイレがあります。2013年竣工のビルなので、バリアフリー面での大きな問題はありません。

読売新聞本社「ユーミン パネル展」

・パネル40点で45年を振り返る

3Fギャラリーは吹き抜け回廊を利用した空間。その壁面と吹き抜け側に40点のパネル展示。紹介された記事の本数は70本。デビュー、結婚、豪華ステージなど、その時代のユーミンを象徴する記事が選ばれ、パネル展示されています。

客層の中心は中高年。活字文化に慣れている世代。違和感なくアナログな展示を見学しています。

 

・新聞の役割も振り返る

昨今、スポーツ新聞の見出しを見る機会も、滅多になくなりました。紙媒体としての新聞が、メディアとして輝いていた時代を振り返る企画でもあります。

こんなに多くの新聞見出しに触れたのは実に久しぶり。3Fには新聞の歴史などを紹介する常設コーナーもあります。

新聞社内ですが出入り自由なギャラリーです。本展は入場無料。読売新聞本社ギャラリーは、日曜祝日は原則休館です。