横浜美術館 ヨコハマトリエンナーレ2017 バリアフリー情報

神奈川県横浜市の3年に一度の現代アート祭「ヨコハマトリエンナーレ2017」。主会場である横浜美術館のバリアフリー状況を紹介します。

・解りやすいアートが大集合

「ヨコハマトリエンナーレ2017」は、2017年8月4日から11月5日の開催です。

解りやすい現代アートが展示されました。現代アートに縁の薄い方も親しみやすい作品群です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・手帳で駐車場は90分無料

車利用の車椅子利用者は専用駐車場の利用が便利です。横浜美術館の1Fは屋内駐車場。みなとみらいエリアの駐車場が満車が多くても、比較的空きの可能性が高い駐車場です。障害者用駐車区画は歩行者出口付近に5台分確保。美術館入館手続きの際に駐車券を提示すると90分無料減免措置を受けられます。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館入口までは外通路を通る

1F屋内駐車場からエレベーターで2Fへ移動します。2Fの高さが美術館フロア。エレベーターから美術館入口までは外通路を通ります。シッカリとした屋根の下なので、普通の雨なら濡れませんが、外気にあたるので寒い日は用心してください。体力に不安のある重度障害の方は、屋内駐車場から外を通ることを想定した備えが必要です。移動する路面はフラット。車椅子の通行に大きな問題はありません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・美術館内エレベーターは一基のみ

横浜美術館は2Fと3Fの2フロア構造。「ヨコハマトリエンナーレ2017」は2フロアを使用したフル展示です。

一般利用者は2Fで受付をして3Fへは階段利用。車椅子利用者はスタッフがエレベーターに誘導します。館内のエレベーターは一基のみ。帰りも同じ手順です。

障害者用トイレは2F・3Fの両フロアとも配置されています。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・階段部の展示は遠くから見る

ほぼ全ての展示作品を車椅子から鑑賞できます。例外は2Fと3Fをつなぐ2ヵ所の階段部の展示作品。階段の途中に展示された作品なので、車椅子では遠くからの鑑賞になります。

階段部以外は、通路幅に余裕があり車椅子からとても鑑賞しやすい展示です。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」

・多少騒いでも許される雰囲気

騒いでしまうタイプの障害のある人と美術館に行くと心配しますが、「ヨコハマトリエンナーレ2017」はその点はユルイ雰囲気です。ハチャメチャをしてはいけませんが、多少の興奮状態なら許される空気です。もちろん作品に触ってはいけません。

横浜美術館「ヨコハマトリエンナーレ2017」トリエンナーレ=3年毎。次回は2020年です。

東京ミッドタウン日比谷「超ふつうじゃない2020展」バリアフリー情報

「超ふつうじゃない2020展」。日比谷ステップ広場での開催期間は2019年8月8日から25日までです。体験型のスポーツイベントなので、車椅子のままで参加できる企画はほとんどありませんが、車椅子から見るだけでも楽しい無料のイベントです。会場全体の状況や主な企画を紹介します。

 

○ステップ広場周辺のバリアフリー状況

「超ふつうじゃない2020展」は、階段を利用した企画展示はありません。1Fのフラットな広場スペースで開催されています。

東京ミッドタウン日比谷はバリアフリー施設です。地下鉄駅から、地下駐車場から、車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。

 

ステップ広場周辺のバリアフリー状況

○泳ぐのは「ジャナイくん」

一番の写真撮影ポイントは「ジャナイくん」正面です。現地では、イベントのレギュラー選手と紹介されています。

泳ぐのは「ジャナイくん」

泳ぐのは「ジャナイくん」

○子供に人気は「クライミングポスト」

小学校低学年くらいの子供に大人気なのは、4mの郵便ポストに登ってカードを投函する「クライミングポスト」。特に女子の参加が目立ち、子供用ルートを次々に攻略しています。

子供に人気は「クライミングポスト」

○フェンシングはポーズを決める

実際に体を使う企画が多い中、フェンシングとウェイトリフティングは、ポーズを決めて写真を撮る企画です。特にフェンシングは、車椅子のままでもポーズを決められます。

フェンシングはポーズを決める

○偉業を達成した人数が掲示

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画で、その時点までに目標を達成した人数が掲示されています。0人の企画はありません。「ふつうじゃない」ことが出来る人が来場しています。

偉業を達成した人数が掲示

偉業を達成した人数が掲示

偉業を達成した人数が掲示

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画

ジャンプ力、力技、肺活量など、「ふつうじゃない」レベルに挑戦する企画

暑い8月の企画。会場は屋外です。ステップ広場はビルの日陰になる時間帯が多い場所ですが、暑さには注意してください。

令和元年の「はっきょいKITTE」バリアフリー情報

東京都千代田区丸の内、東京駅前のKITTEのイベント「はっきょいKITTE」。令和元年は8月13日から25日まで。最終日の25日は「大相撲KITTE場所」が開催されます。

「はっきょいKITTE」は車椅子で楽しめるイベントです。令和元年の主な企画を紹介します。

はっきょいKITTE

○グッズが充実

会場はKITTEの1F。KITTEはバリアフリー施設で、車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。会場内もフラットで車椅子での見学は可能です。

KITTEはバリアフリー施設

毎年恒例のイベントです。昨年よりも充実しているのがグッズ販売コーナーです。木村庄之助の軍配、職人手作りの力士ペーパーウェイト、湯呑、ハンカチ、ソックスなどがワゴン販売されます。スペースに余裕があり、車椅子での品定め、買い物は可能です。

グッズが充実

○すもう撮りカメラは人気

自分の顔をお相撲さんに変える「すもう撮りカメラ」は今年も人気です。今回取材時は15分待ちという案内でした。

すもう撮りカメラは人気

○食べ物企画は「ちゃんこの量」

令和元年の大食い系食べ物企画は「ちゃんこ鍋の量」。どのような食材が一度にどれだけ使われているのか、リアルな展示です。鍋の横にあるフォトブックには、実際に調理をしている写真などが納まっています。

食べ物企画は「ちゃんこの量」

○手足の展示

力士の手と足の模型は今年も展示されています。大きさというよりも、鍛えられた形に注目です。

手足の展示

○くじは3千円のレシートで

おみくじ「SUMOMIKUJI」は、KITTEの利用3千円以上で参加できます。

くじは3千円のレシートで

○大相撲KITTE場所の混雑

最終日の大相撲KITTE場所は例年混雑します。1Fと2Fの席は事前抽選制。3F以上の自由観覧スペースは混雑して、車椅子からの観戦は苦戦します。

大相撲KITTE場所の混雑

「はっきょいKITTE」は、大相撲KITTE場所観戦以外、車椅子で参加できます。