観覧は予約制 国立新美術館「古典×現代2020」車椅子鑑賞ガイド

会期は2020年6月24日から8月24日に変更されました。8人の現代アーティストによる企画展です。この企画展から、国立新美術館では事前予約制が導入されています。予約方法や入館方法を含めて、車椅子で鑑賞した状況を紹介します。

 

〇事前予約方法

オンラインで専用サイトから予約します。会期は3つの期間に分けられています。

開幕から7月13日までの予約は6月17日から、7月15日から8月3日までは7月1日から、8月5日から最終日までは7月22日から予約できます。

予約時間は15分単位です。日時指定は予定時刻を15分過ぎると無効になります。

「古典×現代2020」の観覧料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名は無料に減免されます。減免の適用を受ける場合は「日時指定券(無料)」を取得します。

来館時は印刷した「日時指定券(無料)」か予約したスマホ画面と、障害者手帳を提示して入館します。

国立新美術館「古典×現代2020」車椅子鑑賞ガイド

〇身体障害者専用駐車場での検温

国立新美術館では入館時に検温を実施しています。

車で来館して身体障害者専用駐車場を利用した場合は、駐車場のスタッフが非接触型体温計で検温をしています。

 

〇予約時間までの入場待ち

予約した時間まで、入場待ちの列に並びます。予約した時間から、次の予約時間である15分後までが入場可能時間です。したがって列に並ぶのが嫌な人は、予約した時間から数分経過した時点で、次の15分の前までに会場に行くと、待たずに入場できます。

国立新美術館「古典×現代2020」車椅子鑑賞ガイド

〇会場は混雑なく快適

15分単位に45名までの予約を受け付けています。そのためか、会場内は混雑することはなく、すべての展示を快適に鑑賞できました。

マスク着用、ソーシャルディスタンス、会話は最低限が鑑賞ルールです。

退出時間の制限はないので、長時間滞在する人が多いと、理論的には混雑する可能性はあります。

国立新美術館「古典×現代2020」車椅子鑑賞ガイド

〇車椅子での鑑賞ガイド

車椅子からの目線で見難い展示は1つ。「乾山×皆川明」のコーナーに、上から覗かないと鑑賞できないケース内展示があります。他には気になる展示はありません。

「仏像×田根剛」のコーナーは、暗い照明での演出です。現地にもその案内があり、スタッフからも説明があります。コーナー内の人数を少数にするために、状況によってはコーナーの暗幕の外で入場待ちになることがあります。

 

8つの部屋を巡り「アートのとびら」を開く企画展です。「古典×現代2020」は、古典の知識が足りなくても、楽しめる構成です。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」車椅子観覧ガイド

東京都港区六本木東京ミッドタウン内「デザインハブ」の第85回企画展です。会期は2020年6月5日から同27日までの予定。グッドデザイン賞の「ロングライフデザイン賞」を受賞した、歴代50点が展示されます。

東京ミッドタウンはバリアフリー施設、会場周辺及び会場内もフラットな構造で、問題なく車椅子で観覧できます。

「みんなのロングライフデザイン・ショウ」は見学無料です。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

懐かしいデザイン、いまでも現役のデザインが展示されます。

椅子。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

写ルンです。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

ポカリスエット、カロリーメイト。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

プラレール。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

スーパーカブ。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

楽器。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

ビール。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

椅子。

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」

デザインハブ「みんなのロングライフデザイン・ショウ」は、車椅子でゆっくり鑑賞できる企画展です。

江戸東京博物館特別展「奇才」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

会期は令和2年6月21日まで。江戸博の「奇才 江戸絵画の冒険者たち」が開幕しました。新しい表現に挑戦した江戸時代の画家35人の作品展です。ほぼすべての作品が車椅子で観覧できます。

江戸博は現在、館内への入口をJR両国駅側の1F一カ所にして、入口で来館者の検温を実施しています。出口もその横の一カ所にしています。

戸東京博物館特別展「奇才」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

入口は自動ドア、出口は手動ドアです。今回車椅子で退出する際は、スタッフがサッと来てドアを開けていただきました。

「奇才 江戸絵画の冒険者たち」は観覧料の障害者減免制度があり、本人と介助者2名までが無料に減免されます。会場入口で手帳を提示する運用なので、チケット売り場に立ち寄る必要はありません。

会場は1Fの特別展示室です。会場周辺および会場内はバリアフリー仕様で、車椅子での利用に大きな問題はありません。

戸東京博物館特別展「奇才」車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

展示は俵屋宗達、尾形光琳とビッグネームから始まります。構成は画家個人単位で、画家の紹介文書があり作品が並びます。

展示品のなかで、絵巻物など2点が、展示ケースの中に水平に置かれる展示で、車椅子からの低い目線ではやや観覧が難しい角度でした。その2点以外は、すべて車椅子から観覧できる展示です。

見ごたえのある特別展です。初めて名前を知る画家もいますが、ぐいぐいと作品に惹きつけられる印象です。そのため来館者の鑑賞時間は長め。各作品の前に1分程度立ち止まる人が珍しくありません。感染防止対策で、混雑時は入場規制がかかるそうです。逆に言えば、会場内は常に車椅子で観覧ができる、空いている状況を保てるのかもしれません。

同展は7月から8月にかけて「山口県立美術館」、9月から11月にかけて「あべのハルカス美術館」に巡回する予定です。