山種美術館「色で読み解く日本画」展 車椅子観覧バリアフリー情報

東京都渋谷区広尾の山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2019年11月2日から12月22日までの開催です。

 

○8色で分類展示

青、赤以外に、緑、黄、黒、白、銀、金で分類された日本画が、51点展示されます。

東山、奥田の他に、川端龍子、平山郁夫、小林古径、山口蓬春、河合玉堂、奥村土牛、加山又造、横山大観、千住博・・・らの作品が並びます。

すべて山種美術館の所蔵作品です。

 

○美術館のバリアフリー状況

アクセスは恵比寿駅から徒歩10分の案内です。

身体障害者の利用に限り1台分の来館者用無料駐車スペースがあります。利用には事前予約が必要です。

入館料は障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で本人と介助者1名の入館料が無料に減免されます。

この制度は2020年3月14日から改訂され、本人と介助者1名の入館料は団体料金に減免されます。

館内の障害者用トイレは1Fのパブリックスペースにあります。

展示室があるB1へはエレベーターで移動します。展示室内はフラットで車椅子での移動に大きな問題はありません。

山種美術館の特別展「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」

○展示のバリアフリー状況

山種美術館の第一展示室内の観覧順は、動線としては行ったり来たりになります。会場が混雑している状況では、車椅子では観覧順に拘らずに、一方通行の動きで作品を鑑賞すると便利です。

展示は壁掛け展示で車椅子から問題なく鑑賞できます。

色を引き出す顔料の紹介など、一部の資料は中台ケース内に展示され、車椅子からの目線ではやや見え難い展示が一部あります。

第二展示室の展示は車椅子での鑑賞に問題はありません。

東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画

「東山魁夷の青、奥田元宋の赤-色で読み解く日本画」は、東山と奥田の二人展ではなく、多数の日本画家の名画を車椅子で楽しめる特別展です。

藝大「七感で楽しむシアター」車椅子観覧バリアフリー情報

「藝大アーツスペシャル 障がいとアーツ」の後継プログラムとして2019年12月1日に開催されました。車椅子からみたイベント内容と会場のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

藝大「七感で楽しむシアター」

○有料企画に変更

2011年から毎年開催された「障がいとアーツ」から大きく変わった企画です。

「障がいとアーツ」は無料企画でしたが、「障がいとアーツ」は有料で全席指定です。

各種の障害者手帳保有者は、一般料金の半額「アクセシブル券」で観覧できます。

藝大「七感で楽しむシアター」

また介助者1名との並び席になる「ペア券」が購入できます。料金は一般料金+半額料金です。

車椅子席の用意があります。ステージ前の座席が取り外され、今回は8組分のスペースが用意されました。車椅子利用者と介助者1名までが利用できます。介助者は折畳み椅子が用意されます。

藝大「七感で楽しむシアター」

また「就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください」となっています。

藝大「七感で楽しむシアター」

○会場のバリアフリー状況

会場は上野公園藝大キャンパス内の奏楽堂です。

藝大キャンパス内の奏楽堂

JR上野駅公園口からは、アップダウンの少ないルートで来場できます。

車利用の場合は、身体障害者の利用に限り、事前の許可がとれれば、キャンパス内に駐車することができます。

藝大キャンパス内の奏楽堂

奏楽堂のエントランスは階段構造ですが、段差回避スロープがあります。

奏楽堂内はフラットで車椅子での移動は可能です。車椅子席までは段差なく移動できます。エレベーターが1基あり、B1から2Fをむすびます。

藝大キャンパス内の奏楽堂

トイレはB1にあります。男女別トイレの内部に、それぞれ障害者用トイレが1つ用意されています。異性介護では利用が難しいトイレです。

藝大キャンパス内の奏楽堂

またトイレの洗面施設は、車椅子の足が入る台はなく、車椅子からの手洗いは苦戦します。

藝大キャンパス内の奏楽堂

○プログラムの概要

3部構成のプログラムです。

藝大「七感で楽しむシアター」車椅子観覧バリアフリー情報

第一部は谷川俊太郎氏の詩による「サン=サーンス(動物の謝肉祭)」。演奏は藝大フィルのメンバー、障がいのあるプロのダンサーによるパフォーマンス、視聴覚特別支援学校の生徒と普通小学校の児童による朗読で、14曲の構成です。

第二部は義足のパフォーマーを中心にした藤倉大氏による「Sounding Seven Senses」の世界初演。演奏、音響にもトッププロが参加します。

第三部は第二部の関係メンバーによるトークセッション「音楽と肉体」。作品の製作過程や、各人が考えるこれからのアーツについて、約30分間のトークが行われました。

七感で楽しむシアター

○「七感で楽しむシアター」は後継ではなく新企画

有料企画に変っただけに「七感で楽しむシアター」のプログラムは、洗練されたプロの表現に進化しています。一般的にいえば正常進化です。

七感で楽しむシアター

「藝大アーツスペシャル 障がいとアーツ」の一部のプログラムに合った、子供向きの解りやすい企画が無くなったことや、トークショーがあることが、知的あるいはコミュニケーション面で重い障がいのある人にとっては、大きな変化かもしれません。それをどう感じるかは、その人次第です。

七感で楽しむシアター

これまでの企画の後継ではなく、「七感で楽しむシアター」は2019年からの新企画です。

東京ミッドタウン イルミネーション2019 バリアフリー情報

東京都港区六本木の東京ミッドタウン。車椅子での冬のイルミネーションの楽しみ方を紹介します。イルミネーションは12月25日までです。

スターライトガーデン2019

○芝生広場「スターライトガーデン2019」

11月26日から始まりました。芝生広場の周囲は時計回りでの一方通行になります。したがってガレリアB1から横断歩道を渡って芝生広場に向った場合や、ミッドタウンガーデンから向かった場合の通常ルートは、芝生広場の正面左端から一周回って正面中央に戻るルートになります。

スターライトガーデン2019

今回取材時は、芝生広場の周囲が3重の人垣が出来る程度の混雑状況でした。スタッフが車椅子をみると「混雑で一周するのは大変なので、正面に誘導します」と声をかけていただきました。短距離ですが一般ルートを逆流して広場正面に向かいました。

スターライトガーデン2019

ガレリア1Fから横断陸橋を渡り、エレベーターで地上に下りると、広場正面右端に出ます。少々の混雑状況なら、このルートだと特別誘導無しで、広場正面に車椅子で近づけます。

スターライトガーデン2019

例年のことですが、12月24日と25日は大混雑するため、車椅子やベビーカーでの一般ルートでの見学は制限されます。

スターライトガーデン2019

東京ミッドタウン イルミネーション2019

東京ミッドタウン イルミネーション2019

○ミッドタウンガーデンのイルミネーション

2019も「ツリーイルミネーション」や「シャンパン・イルミネーション」が輝きます。

シャンパン・イルミネーション

ミッドタウンガーデン内の散策路は、通常極端な混雑はありません。どのようなルートでも、車椅子で問題なくイルミネーションを鑑賞できます。

シャンパン・イルミネーション

ミッドタウンが推奨している散策ルートは、外苑東通り側から芝生広場方面へ向かう方向です。24日と25日は、その方向での一方通行規制になります。

シャンパン・イルミネーション

通常日でも、同方向に散策する人が多数で、反対方向からはやや逆流するイメージにはなります。

シャンパン・イルミネーション

また外苑東通り側から芝生広場方面に進むと、「ツリーイルミネーション」や「シャンパン・イルミネーション」の先に「スターライトガーデン2019」が見えてくるコースになります。

シャンパン・イルミネーション

東京ミッドタウンのイルミネーションは、24日と25日以外は、2019年も車椅子で楽しめます。週末は混雑するので注意してください。