東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウンの恒例イベント「ストリートミュージアム」が、2020年3月20日から5月31日まで開催されます。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

会場はプラザB1。「TOKYO MIDTOWN AWARD 2019」で、アートコンペを受賞した作家6名による新作展です。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

観覧は無料。会場はバリアフリーで、車椅子で作品の観覧ができます。

最も若い作家は1994年生まれです。

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

東京ミッドタウン ストリートミュージアム2020 バリアフリー情報

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)

バリアフリーイベント情報 東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

「アートとテクノロジーを通じて、みんなで未来の社会を考えるお祭り」です。恒例の未来の学校祭が、2020年2月20日から24日に開催されました。様々なエキシビションから、車椅子で参加体験しやすいアートを紹介します。

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

〇脱皮ルームで自分から脱皮する

プラザB1の特設会場「脱皮ルーム」には、参加体験型の2つのアートがあります。

「リミナル」は、輪をくぐる動きにより、違う自分が大型スクリーンに映されるアート。車椅子で参加できます。

「アルターエゴ」は、2人で体験するアート。顔を同じ高さにする必要があるので、車椅子と健常者のペアの場合は、健常者がかがみこめば参加できます。

バリアフリーイベント情報 東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

〇ガレリアB1のカーニバル

アトリウムでは「ぶくぶくカーニバル」が開催。アプリをダウンロードして拡張現実の世界を体験します。

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

エスカレーターは「バンダイナムコ研究所」がエンターテイメントをインストール。車椅子ではエスカレーターの横からの体験になります。

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

〇各フロアのエキシビション

声をお化粧する体験、のぞくと有り得ないものが映る鏡、街中での英語体験ができるVR、ピアニストの名演奏を自動演奏で再現するAIピアノなど、ミッドナイトの各フロアで、未来を考えるエキシビションが行われています。

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

東京ミッドタウン「未来の学校祭2020」 

開催期間が5日間と短いイベントです。毎年、2月に開催されています。

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」車椅子観覧ガイド

スキリンジ氏の日本初個展となる写真展を車椅子で観覧しました。会場のバリアフリー状況を紹介します。

本展は2020年1月15日から2月16日までの開催。会場は銀座シャネル4Fネクサスホール。入場は無料です。

 

○車椅子でのアクセス方法

銀座シャネルネクサスホールへのアクセス方法は、企画展によって変わります。本展の一般ルートは、店内1Fからエレベーターで4Fへ上ります。ただし1F店内に段差があるため、車椅子ではエレベーターを利用できません。

別のエレベーターを利用して4Fへ上る方法があります。ネクサスホールの利用を申告して、スタッフの誘導に従ってください。

 

○会場内のバリアフリー状況

4Fホール内はフラットな構造で車椅子での移動に問題はありません。

「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」の展示は、オーソドックスな大型パネルの壁掛け展示が多く、車椅子から作品を鑑賞できます。

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」車椅子観覧ガイド

○音楽と写真アートの融合

スキリンジ氏は現代音楽作曲家でもあります。会場には、モデルの体に描かれた五線譜が奏でられているような楽曲が流れています。

モデルの表情や肉体の力強さ、そして場内に流れる音楽の重さに、作者の感情の動きを感じる展示会です。

 

銀座シャネルネクサスホール「ヤコポ バボーニ スキリンジ展」は車椅子で観覧できます。スタッフの誘導に従って上下階移動をして下さい。