フジフィルムスクエア「平成・東京・スナップLOVE」展バリアフリー情報

東京都港区、東京ミッドタウン内のFUJIFIRM SQUAREで開催「HESEI-TOKYO Snap Shot Love」展に車椅子で行きました。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

「HESEI-TOKYO Snap Shot Love」展の会期は2019年6月21日から7月10日。入場無料です。

FUJIFIRM SQUARE

○会場のバリアフリー状況

FUJIFIRM SQUAREは、東京ミッドタウンの1Fにあります。地下からのルートは無く、1Fから入館します。そのため、どのルートを通行しても短い距離ですが雨天は濡れます。

出入口は複数ありますが、車椅子で通行しやすい自動ドアの出入口は正面の1カ所だけです。

フロア内はフラット構造で車椅子での移動は可能です。館内に障害者用トイレの用意があります。

会場のバリアフリー状況

○展示場内のバリアフリー状況

11人の写真家の作品約100点が展示されます。展示作品数が多い企画展ですが、会場内はスペースに余裕があり、車椅子でとても見やすい展示です。

展示場内のバリアフリー状況

会場入口に記念撮影ポイントがあります。ここも車椅子で利用できます。

展示場内のバリアフリー状況

○それぞれの平成・東京

「平成・東京・スナップLOVE」展は、スナップを愛する写真家11人が、平成の東京を舞台に生み出した作品群です。同じ時代、同じ場所を、11の個性が切り取ります。平成を回顧し、令和を想う企画展です。

それぞれの平成・東京

フジフィルムスクエア「平成・東京・スナップLOVE」展は、鑑賞スペースに余裕がある、車椅子で観覧しやすい企画展です。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」バリアフリー情報

東京都港区六本木、東京ミッドタウン内の21-21DESIGN SIGHTの企画展「写真都市展」は2018年2月23日から6月10日までの開催。

観覧料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます

 

○22世紀、未来の写真都市

20世紀を代表する写真家「ウィリアム・クライン」と、22世紀の都市デザインを見据えた21世紀の若手写真家たちによる、ビジュアルコミュニケーション展です。「22世紀」とは大げさなコピーに思えますが、作品をみると納得。若手写真家による先端のフォトアートは、確かに22世紀の都市を見据えています。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」

○会場へは車椅子で逆流します

1Fが受付。車椅子はエレベーターで地階の展示会場へ下ります。

エレベーター先の会場入り口は階段なので、車椅子では反対方向のスロープへ向かいます。

そして会場の出口から、車椅子では逆流して会場へ入ります。会場内はどこからみても大きな問題はありません。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」

○チャプター1は映像展示

本来の入口から入ると最初はチャプター1展示室。ここではクライン作品を映像で放映しています。

会場はそれほど暗いわけではなく、映像の光の点滅も激しくはありませんが、その種の刺激に危険な障がいのある方は、用心して鑑賞してください。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」

○チャプター2は若手による「22世紀」

チャプター1の幕をくぐると、チャプター2展示室へ。ここでは計12名の若手写真家の作品が展示されています。

様々な新しい表現へのチャレンジが並ぶ展示空間。写真展としては珍しく、ほとんどの作品は撮影OK。熱心に作品を撮影している人が目立ちます。「都市」はビジュアルコミュニケーションの素材です。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」

○車椅子で見やすい展示

会場へは逆流して入りますが、会場内の展示作品の鑑賞はバリアフリー。車椅子で見にくい展示はありません。

今回取材時はそれほどの混雑ではなく、快適に車椅子で会場内を廻ることが出来ました。

21-21DESIGN SIGHT「写真都市展」

21-21DESIGN SIGHTの企画としては、アート寄りで大人向けです。「写真都市展」は車椅子で観覧できます。

デザインハブ「日本のグラフィックデザイン2019」バリアフリー情報

東京都港区六本木、東京ミッドタウン内のデザインハブ第80回企画展「Graphic Design in Japan 2019」は、2019年6月20日から8月7日までの開催。入場は無料です。

約300点の展示作品を車椅子で観覧しました。現地のバリアフリー状況を紹介します。

Graphic Design in Japan 2019

○アクセスはタワーB1から

東京ミッドタウンはバリアフリー施設です。地下鉄駅直結、地下駐車場あり、周辺道路の歩道はバリアフリー化が進んでいます。

デザインハブはミッドタウン・タワーの5Fにあります。車椅子でのアクセスは、タワーのB1からエレベータを利用するのが便利です。詳述は省きますが、他のルートは車椅子では面倒なことがあります。またタワーB1には障害者用トイレの用意があります。

アクセスはタワーB1から

○車椅子でみやすい展示

デザインハブ会場内は、フラットな構造でスペースに余裕があり、車椅子での利用に大きな問題はありません。ただしデザインハブ内の障害者用トイレに行くには、手動ドアを開けて通過する必要があります。

車椅子でみやすい展示

「日本のグラフィックデザイン2019」は、車椅子からとてもみやすい展示。いずれの作品も問題なく観覧できます。

車椅子でみやすい展示

○日本秀作展覧会

イベントのサブコピーは「日本秀作展覧会」です。日本グラフィックデザイナー協会が発行する年鑑「Graphic Design in Japan」の2019年版に掲載された約600点の作品から、約300点が展示されます。

ポスター、映像、ロゴ、商品パッケージなど、様々な商用デザインの秀作が展示されます。作品数が多いので、丁寧にみると時間がかかる企画展です。

日本秀作展覧会

日本秀作展覧会

日本秀作展覧会

日本秀作展覧会

日本秀作展覧会

知っているデザイン、初めてみるデザイン。「日本のグラフィックデザイン2019」は商用デザインの今を知るバリアフリーな企画展です。