淡路島のアンテナショップ 日本橋室町すもと館 バリアフリー情報

2020年1月に淡路島洲本市のアンテナショップが日本橋にオープンしました。日本橋から中央通りを北に進み、コレド室町を過ぎて「三重テラス」を通過します。

日本橋室町すもと館

さらに進み「室町三丁目」交差点を渡ったところにあります。中央通りの反対側には「ふくしま館」があります。

日本橋室町すもと館

ビル1Fにあるショップで、出入口は一か所です。

日本橋室町すもと館

元々は段差構造の出入口をスロープ化しています。少し急な角度ですが、力を入れれば車椅子で通過できます。出入口の幅は余裕がありませんが、一般的な車椅子なら通行可能です。

日本橋室町すもと館

大きなショップではなく、店内の通路は車椅子がギリギリで移動できる幅です。混雑していなければ、車椅子で買い物ができます。

店内には、淡路島の特産品、名産品が500アイテム以上並びます。名産品は「たまねぎ」。スープやお菓子など、玉ねぎ関連の開発商品が多々あります。海苔などの海産物も豊富。クラフトビール、地元の銘菓など、多彩な商品が並ぶ店内です。

あまりスペースに余裕はありませんが、イートインコーナー「島のキッチン」も併設され、淡路島牛丼、タコのから揚げなどのメニューが提供されています。

日本橋室町すもと館

日本橋室町すもと館は、淡路島の美味しいものに出会えるアンテナショップです。

(本稿は2021年9月に執筆しました)

新橋駅の県アンテナショップ バリアフリー情報

東京都港区の新橋駅周辺には、香川・愛媛「せとうち旬彩館」、「とっとり・おかやま新橋館」、そして「福岡久留米館」があります。それぞれのバリアフリー状況をを紹介します。

なお本稿は2018年1月の取材に基づいています。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

≪せとうち旬彩館≫

1Fが特産品ショップで2Fが食事処。どちらも人気です。

1Fのショップは香川コーナーと愛媛コーナーにスペースが二分された構成。レジは共通です。

出入口はスロープ設置で自動ドア。車椅子での利用に大きな問題はありません。

店内通路幅は一般的なレベル。混んでいるとやや苦戦しますが、空いていれば車椅子での移動に問題はありません。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

2Fの食事処「かおりひめ」はランチもディナーも人気店。ごく一部上がり座敷の席がありますが、ほとんどはテーブル席で一般的な車椅子での利用は可能です。2Fには障害者用トイレもあります。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

エレベーターは、1Fのショップ内にはありません。ビルの外周をまわり「新橋マリンビル」のエントランスへ移動。そこにあるエレベーターを利用します。現場にエレベーター案内の表示は見当たりません。初めての方は店舗スタッフにご照会ください。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

≪とっとり・おかやま新橋館≫

1Fはアンテナショップ、2Fがレストランの構成。1F入口はスロープ有りの自動ドア。車椅子での出入りに大きな問題はありません。

1Fショップ内の通路は余裕があります。よほどの混雑ではない限り、車椅子で店内移動ができます。

カウンター式イートインコーナーがありますが、このカウンターは車椅子のままではやや高い。利用できるかギリギリの高さです。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

障害者用トイレは1F店舗内から店外へ移動、「新橋センタープレイス」ビルのエントランス脇にあります。2Fへのエレベーターもこのエントランスからの利用。1Fショップ内からは階段のみです。

2Fレストラン「ももてなし家」はフラットで可動式のテーブルと椅子。車椅子での利用は可能です。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

≪福岡久留米館≫

ワンフロアの広さはこの中では一番狭いショップ。福岡県ではなく、久留米に限定したアンテナショップです。残念ながらビルの出入口の段差解消が雑で、車椅子では少々の段差を乗り越える必要があります。

新橋駅周辺の県アンテナショップ

1Fがショップ、2Fは工芸品コーナーと「ちょい飲み」が楽しめるイートインコーナー。500円で地酒3種の飲み比べなどの企画を展開しています。

2Fへはビルのエレベーターを利用。このエレベーターはショップの出入口から見える場所にあるのですぐに解ります。残念ながら1F・2Fとも障害者用トイレはありません。

 

以上のようなバリアフリー状況です。新橋駅周辺のアンテナショップは、車椅子で利用できます。