琵琶湖でバリアフリーな鳥人間体験ができる 車椅子パラグライダー

専用の車椅子「パラグライダーハーネス」を使用して、障がいのある人でも安全にパラグライダーによる空中散歩が楽しめるアクティビティが始まっています。

琵琶湖でこのサービスを提供しているのは「ローカス琵琶湖Flying Adventure」。2人乗りパラグライダーのライセンスを持った、プロのインストラクターと一緒に琵琶湖の空を飛びます。

車椅子パラグライダー

車椅子型パラグライダーハーネスとは、離着陸用の3本タイヤが付いたパイプ構造の特殊車椅子で、腰回りは横にサポートパイプがある構造です。

この頑丈なフレームに、足首、太もも、腰、そして上半身をしっかりと固定させてフライトします。上肢が動かせる人なら、手はバーにつかまることもできます。

離着陸は、安全な草地に作られた琵琶湖畔のモーターパラグライダー飛行場で行います。インストラクターが背負うプロペラエンジンの推力で離陸、上昇を行います。

車椅子パラグライダー

通常の参加条件は、体重20~80kgで約20m駆け足が出来る事ですが、車椅子型パラグライダーハーネスによる体験は、体重10~70kgであれば、立位がとれない人でも条件が合えば利用可能です。

しっかりと体を固定させるので、長時間の座位保持が難しい人でも利用できる可能性があります。

また足を軽く曲げた姿勢で着座するので、下肢の緊張が強い人でもシートが姿勢にフィットすれば、体験できます。

知的な面やコミュニケーション面での障がいがある人は、車椅子に乗って地上を走る練習をする、他の人が飛ぶ様子を何度も見学するなど、その人に合った事前練習をすることで、楽しくフライトが出来る可能性があります。

車椅子パラグライダー

障がいがある人でも、その人に合った楽しみ方が出来るかもしれません。

琵琶湖の自然を楽しむアクティビティ「車椅子パラグライダー」に興味がある方は、「ローカス琵琶湖Flying Adventure」にご相談ください。

滋賀県守山市洲本町 びわ湖MPPG守山飛行場内  ローカス琵琶湖Flying  Adventure

https://www.flying-biwako.com/

Mail:ja4044p28t@gmail.com

Tel:090-4768-7037

担当:川合 健一郎様

≪生きるちから舎バリアフリーニュース 2020年1月30日付≫