山梨車椅子観光 桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

山梨県笛吹市、「信玄餅」が1日8t製造される桔梗屋本社工場には、「桔梗信玄餅工場テーマパーク」があります。車椅子からみた現地のバリアフリー情報を紹介します。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

○テーマパークの全体構成

年間来場者数は160万人以上。大型観光バスも来場する山梨を代表する観光スポットです。

工場見学の受付があるコーナー付近には「テーマパークカフェ」と「水琴茶堂」「粋心亭」があり、お土産、喫茶、食事が楽しめます。

障害者用トイレは工場見学の受付の近くにあります。ユニバーサルベッドはありませんが、設備が更新されてとても綺麗な状態でした。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

工場棟の反対側が人気のアウトレットエリア。お菓子の「社員特価販売1/2」と生鮮の「グリーンアウトレット1/2」。そして独立棟で「お弁当激安コンビニ」があります。

工場見学と、このアウトレットエリア3店舗での買い物が人気です。

この他、工場の外側の隣接地に、独立棟でアイス工房、洋食、和食のお店があります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

○駐車場のバリアフリー状況

工場の舗装された前庭が、約100台収容する無料駐車場になっています。障害者用駐車区画は、工場見学の受付がある入口近くと、「グリーンアウトレット1/2」の入口手前にあります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

以下、アウトレットエリアの利用を中心に車椅子からみたバリアフリー状況を紹介します。

 

○「社員特価販売1/2」のバリアフリー状況

店舗の出入口は段差がありますが、簡易型スロープが設置されています。

店内はフラット構造で、通路の幅は余裕があります。

桔梗屋の菓子製品の他に、食器なども販売されます。

ここのトイレは一般トイレだけで障害者用はありません。

夕方になると、売れ残った商品が、アウトレット価格の半額になることがあります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

この売り場の横に、狭いながらもフリーテーブルなどが置かれるスペースがあり、自由に飲食できます。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

○「グリーンアウトレット1/2」のバリアフリー状況

この売り場も出入口は段差があり、スロープが設置されています。

一番人気の「お菓子の詰め放題」は、ここで開催されます。平日は9:30から、土日祝は9:00から。混雑対策にその前から整理券が配布されます。ほとんどの日は、朝一番ですぐに売り切れます。整理券を確保出来れば、車椅子での詰め放題参加は可能です。

2020年7月現在では、整理券配布前に検温を実施するなど、コロナ対策が行われています。

「グリーンアウトレット1/2」は、そもそもは桔梗屋グループの自社栽培野菜の規格外品のアウトレットコーナーで、店内は産直ショップのように平台に野菜が並び販売されていました。

ここも現時点ではコロナ対策で、詰め放題コーナーと種類売り場だけに変わっています。自社栽培野菜は、「社員特価販売1/2」に移動しました。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

○「お弁当激安コンビニ」

この棟が出来る前は、お弁当は「社員特価販売1/2」で販売されていました。

独立棟で出入口は段差がありますが、スロープの用意があります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

小型のCVSというイメージの店舗で、ボリュームがあるお弁当を安く販売しています。

店内の通路は広くはありませんが、小さな店舗なので空いていれば車椅子での買い物は可能です。

夕方になると、売れ残りのお弁当が、激安価格の半額になることがあります。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

○テーマパークの営業時間

季節により変わりますが、工場見学およびアウトレット店は朝9時から、飲食店は10時以後からの営業です。

夕方は、飲食店は原則15時までの営業。

工場見学の最終組は16時出発。

「社員特価販売1/2」と「グリーンアウトレット1/2」は17時頃まで。

正規品を販売しているショップと「激安お弁当コンビニ」が18時頃までの営業です。

「お菓子の詰め放題」に並ぶなら朝一番の来場。アウトレットの最終激安品なら16時以後が狙い目です。

桔梗信玄餅工場テーマパーク バリアフリー情報

「桔梗信玄餅工場テーマパーク」は、段差にスロープ対応の構造が多い施設ですが、店舗内に入れば床面はフラットで、通路幅は車椅子が利用できるレベルは確保されています。

先端のバリアフリー施設ではありませんが、車椅子で利用できる施設です。

(本稿は2020年7月に加筆修正しました)

千葉県バリアフリー情報車椅子で行く酒々井プレミアムアウトレット

千葉県酒々井町の酒々井プレミアムアウトレットは車椅子で利用しやすい施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は、第三期増設工事中の2018年7月の取材に基づいています。

○段差の無いバリアフリー設計

2013年に開業した「酒々井プレミアムアウトレット」。三菱系ではもっとも新しいアウトレットです。施設全体が、そもそも段差の無いバリアフリー設計。車椅子で快適に利用出来るアウトレットです。

酒々井プレミアムアウトレット

○複数の障害者用駐車区画

アクセスは車が便利。施設を取りまくようにP1からP8が用意されています。P7は現在増設エリア工事中ですでに閉鎖。P8だけは一区画先の場所。P1からP6は施設に沿ってあるので、どこを利用しても施設までの距離は変りません。

P1とP2に障害者用駐車区画が複数台分あります。

酒々井プレミアムアウトレット

○段差はあっても1cm

P1とP2からアウトレットへ。そしてアウトレット内を一周。この間ほぼ段差はゼロ。店舗の出入り口、通路のつなぎ目などに、微小な段差がないことはありません。段差はあっても1cm程度です。

酒々井プレミアムアウトレット

○トイレが複数で綺麗

障害者用トイレの配置は、現時点でアウトレット内5カ所に障害者用トイレを配置。内2か所は2戸の障害者用トイレあり。そして子供用トイレもその横に配置。利用者からすれば、トイレの複数配置は助かります。トイレ自体は広くて綺麗。車椅子で利用出来る障害者用トイレです。

酒々井プレミアムアウトレット

○ピーク時間の飲食店は混む

現時点での車椅子利用で困るのはピーク時の飲食店の混雑です。休日のランチ時は大変混み合います。フードコートの利用も混雑します。

○第三期増設工事中

訪日観光客の更なる取り込み、県外からの集客増を目指して、現在第三期増設工事中です。2018年秋に増設箇所が開業予定。同時に駐車場も800台分増設します。

開業が2013年。第二期増設が2015年。そして2018年の第三期増設で、開業時に比べて店舗数、敷地面積とも約2倍。駐車場は3500台から5000台になります。

現在184店舗、2018年秋には220店舗になる予定です。増設エリアはますますバリアフリーになるはずです。酒々井プレミアムアウトレットは、車椅子で利用できる施設です。