水郷 与田浦コスモスまつり 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県香取市、水郷地帯の与田浦。JR鹿島線「十二橋駅」の近くで毎年開催されるイベントです。2020年は9月19日から10月18日の開催。イベントのポスターには「車イスでの入場可」と告知されています。車椅子で参加してみた、現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお会場には仮設トイレしかありません。車椅子の人はもちろん、そうではない人も、近隣で休憩をとってからの来場をお薦めします。

与田浦コスモスまつり

○アクセスは車で

十二橋駅からコスモスまつりの会場までは、700mほどの距離があります。

与田浦コスモスまつり

そしてこの間の車道には歩道がなく、会場へ向かう車の通行が多いので、車椅子での移動はお薦めできません。特に会場手前の最後の50mは、車がすれ違うと一般歩行者でも居場所がないほどの狭さです。可能であれば電車ではなく車でアクセスして、会場に隣接する無料駐車場を利用することをお薦めします。

与田浦コスモスまつり

○会場駐車場の状況

会場隣接の駐車場は未舗装路面です。会場の横に駐車スペースが縦長に伸びています。コスモス畑の横までは未舗装路面ですが、なんとか車椅子で移動できる程度のデコボコ路面です。

与田浦コスモスまつり

コスモス畑よりも奥の駐車スペースは、大粒の石がゴロゴロする路面で、車椅子の移動はかなり苦戦します。車椅子利用者は、コスモス畑の横までのスペースに駐車して下さい。2020年のイベントでは、障害者用の駐車区画は特に用意されていませんでした。

与田浦コスモスまつり

○鑑賞エリアの状況

駐車場のすぐ横の畑が「鑑賞エリア」で、その奥が「摘み取りエリア」の畑です。

与田浦コスモスまつり

「車イスでの入場可」のコスモス畑ですが、舗装路面はまったくありません。未舗装路面を移動します。

与田浦コスモスまつり

「鑑賞エリア」の外側の通路は、路面にある程度固さがあり、決定的なデコボコは避けて通行できるので、慎重に車椅子を進めれば移動できます。

与田浦コスモスまつり

畑の中に立ち入ることができますが、中の路面は荒れています。車椅子では畑の外側の路面からの鑑賞が無難です。

与田浦コスモスまつり

与田浦コスモスまつり

○摘み取りエリアの状況

「鑑賞エリア」の横に、無料で摘み取りができるコスモス畑が用意されています。会場では挟みの無料貸し出しがあり、畑の中に入り、好みの花を摘み取ります。

摘み取りエリアの畑は、路面が荒れていて、車椅子では最も外側に近づくのも苦戦します。手を伸ばせば届く、畑の手前側に花があれば、ギリギリで車椅子から摘み取りができるかもしれません。

畑の中に入る路面は、未整備の状態です。車椅子で畑の中に入ってコスモスを摘み取るのは困難です。

今回は日曜日のお昼過ぎに来場しました。帰り支度をしていた14時頃に「花が無くなるので、本日の摘み取りは終了します」というアナウンスが流れました。お詫びの言葉が重ねられていたので、滅多にあることではないようです。

与田浦コスモスまつり

○鑑賞ポイント

コスモス畑のバックに鹿島線の高架橋を臨む位置が「カメラポイント」となっています。

与田浦コスモスまつり

ポイントと案内されていますが、50mほどの畑の一辺すべてがポイントです。現地には、電車や貨物列車の通過予定時刻が案内されています。本数が少ないので、そのタイミングを狙いたい方は、事前に時刻を確認して来場されることをお薦めします。

与田浦コスモスまつり

「与田浦コスモスまつり」の会場は、「車イスでの入場可」と告知されていますが、バリアフリーではありません。多少のデコボコならクリアできる車椅子利用者は、イベントに参加できます。

(本稿は2020年10月に執筆しました)

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

栃木県前橋市、赤城山の南面にある1,000本の桜と菜の花のコラボレーションが楽しめる公園です。園内は舗装散策路が整備され、車椅子でお花を鑑賞できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

〇赤城南面千本桜と一体化した公園

桜並木が約1.3km続く「赤城南面千本桜」の通りに隣接して整備された公園です。公園内には37種類の桜が多数植栽され、園内からはトータルで約1,000本の桜が楽しめます。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

赤城南面千本桜はソメイヨシノが中心ですが、みやぎ千本桜の森公園の桜は、八重桜系、枝垂れ桜系、海外の品種など多彩です。また菜の花の植栽エリアがあり、様々な桜色と菜の花の黄色が織りなす風景を楽しむことができる公園です。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

〇第一駐車場に障害者用駐車区画あり

例年「赤城南面千本桜まつり」の期間は大混雑となり、駐車場は有料になります。混雑の状況により利用の実際は変わりますが、公園の入口に近い第一駐車場に、屋根なしで障害者用駐車区画が数台分用意されています。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

この駐車場が公園の低地部です。駐車場から坂道を上がりながら、桜と菜の花を楽しむ散策になります。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

〇散策路は車椅子通行可能

公園内のメイン散策路は、緩やかな傾斜の舗装路で、園内を蛇行するルートで整備されています。一般的な体力がある人なら、車椅子でみやぎ千本桜の森公園内をすべて散策することができます。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

赤城南面千本桜は狭い車道の両脇に並ぶ並木です。開花シーズンは交通量が多いので、車椅子で車道を通行するのは安全ではありません。また並木の下の散策路は未舗装でデコボコが激しく、車椅子での通行は困難です。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

赤城南面千本桜も含めて、車椅子ではみやぎ千本桜の森公園内から桜を楽しむことをお薦めします。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

〇障害者用トイレの状況

公園内の公衆トイレに、障害者用が1つ用意されています。2020年4月時点では、ウォシュレットなどの快適設備はない、シンプルなトイレです。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

ソメイヨシノの寿命は、生育環境にもよりますが70年前後が一般的です。終戦後に植栽された赤城南面千本桜は、そろそろその時期がきます。みやぎ千本桜の森公園は、新しい花の名所として整備された、車椅子で散策ができる公園です。

赤城山 みやぎ千本桜の森公園 車椅子利用ガイド

(本稿は2020年4月に執筆しました)

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺バリアフリー情報

創建は745年。平清盛の長男、重盛が眠る古寺です。また小松寺は、枝垂れ桜の古木が何本もある桜の名所として人気です。それでも、人混みが気になるほどの混雑には滅多になりません。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

とても静かな趣のあるお寺で、基本的にはバリアフリーではありません。車椅子でお参りをして確認した、現地の状況を紹介します。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇駐車場は参道の上

アクセスは車が便利です。県道に面して始まる参道は階段です。県道沿いに最初の枝垂れ桜があります。とても趣のある階段参道ですが、車椅子利用者は坂の上の駐車場を目指してください。10台強を収容する参拝者用駐車場があります。

駐車場から境内へは、あまり高低差がなく、車椅子で移動できる路面です。境内には巨大な枝垂れ桜の古木が二本あります。樹齢は約100年と伝えられます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇枝垂れ桜の由来

桜ファンの間にでは有名な銘木です。駐車場から移動してすぐの場所にあるので、車椅子で鑑賞できます。

水戸光圀公お手植えの枝垂れ桜の二代目です。初代は元禄六年に植えられた記録があるそうです。

とても重みのある古木で、一本桜としての風格があります。ソメイヨシノよりもやや早い時期に開花します。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

〇境内のバリアフリー状況

枝垂れ桜の横を通過して本堂の前、そして観音堂の前までは、舗装路を通り移動できます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

ただし本堂、観音堂とも、堂に上がるには階段がある構造です。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

階段参道の先にある唐門は、境内側から鑑賞できます。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

平重盛公の墓は、階段路の上なので車椅子ではお参りできません。

茨城県の一本桜 枝垂れ桜の古木がある 城里町 小松寺

城里町の小松寺は、車でアクセスすれば車椅子で枝垂れ桜を楽しめます。境内は部分的ではありますが、車椅子でお参りが出来ます。

(本稿は2020年4月に執筆しました)