巨大ミュージアム 国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

千葉県佐倉市、江戸時代初期に築かれた「佐倉城」跡地一帯が「佐倉城址公園」として一般開放されています。

国立歴史民俗博物館(歴博)は、その公園内の約13万平方メートルの敷地に建つ、延べ床面積約3万5千平方メートルの規模を有する巨大ミュージアムです。1981年に開館しました。

車椅子からみた現地のバリアフリー状況を紹介します。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

○アクセスは車が便利

京成佐倉駅から徒歩15分の案内ですが、小高い山の上にあることもあり、車椅子利用者は車でのアクセスが便利です。佐倉城址公園と共用の無料駐車場があります。

障害者用駐車区画は第一駐車場に2台分あります。混雑時は第一駐車場に「満車」の掲示が出ることがありますが、出入口に最も近い場所にある障害者用駐車区画は空いている可能性はあります。確認して利用してください。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

障害者用駐車区画から歴博のエントランスまで、200m近くの距離があり、この間に屋根はありません。エントランス近くに車寄せ出来ない構造なので、傘がさせない車椅子利用者は、天候の安定した日の来館をお薦めします。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

○駐車場からエントランスへ

昭和50年代に誕生した施設なので、駐車場からエントランスまでが、あまりバリアフリーではありません。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

車道と歩道は段差がある構造なので、段差解消箇所を選び進みます。そして車道を横断します。

エントランスまでは階段路で、段差回避スロープが設置されています。

エントランスの出入口は自動ドアです。館内は改装されてバリアフリーですが、古い構造が残る箇所もあります。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

○障害者減免制度あり

館内に入ると正面に受付があります。国立歴史民俗博物館の入館料は障害者減免制度があり、本人と介助者が無料に減免されます。受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行います。

複数名の介助者が必要な重度障がいがある人は、必要な複数の介助者が無料対象になります。詳しくは歴博にご照会ください。

 

○観覧ルートのバリアフリー概況

展示室は常設が6室、企画展示室が2室。そしてレストランとミュージアムショップがあります。

歴博は3フロア構造です。受付のフロアが1F です。この高さに「第1展示室」から「第3展示室」まであります。

「第4展示室」からは地階(BF)フロアです。「第3展示室」から「第4展示室」への車椅子での移動は、エレベーターを利用します。スタッフの誘導に従ってください。

「第4展示室」から「第6展示室」、そして2つの企画展示室までの観覧を終わると、一般見学者はエスカレーターで中間階(MF)に上がります。このMFにレストランとミュージアムショップがあります。車椅子利用者は、エレベーターを利用してMFか1F出口に移動します。

 

○トイレ利用上の注意点

障害者用トイレは館内3箇所にあります。

最初のトイレは、1Fのエントランスホールの横、有料エリアに入る手前にあります。

次がBFの「第6展示室」を出たところ、すべての展示を見終わった地点です。

もう一つは、MFにあります。

歴博は巨大ミュージアムです。かなり端折って見学しても、「第1展示室」から「第6展示室」まで1時間半から2時間ほどかかります。この間に障害者用トイレがありません。もちろん急ぎの場合は観覧を中断して最寄りのトイレに行くことは出来ますが、「第1展示室」に入る前に、1F のトイレを借りておくことをお薦めします。

歴博の障害者用トイレは、古い設備を改修しながら使用されています。そのため1Fのトイレは面白い構造です。また大きな洗面台がないなど、設備的に少し癖があります。実用には耐えるトイレですが、今どきの障害者用トイレとはイメージが異なるトイレがあります。

 

○フロア内移動の注意点

1Fにある3つの展示室間の移動ルートは、緩いスロープ路です。そして次の展示室に入る手前に、休憩スペースと一般トイレがある構造です。休憩スペースには飲料の自動販売機が設置されています。

BFの第4展示室から第5展示室への移動ルートは、屋根の下ですが中庭を臨む屋外を通行します。中庭横に屋外休憩コーナーがあります。

 

○展示のバリアフリー状況

開館以来、各展示室は改装されています。最も新しいのは「第1展示室」で2019年にリニューアルオープンしました。この展示室は、車椅子で見難い展示はありません。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

しかし「第2展示室」と「第3展示室」には、車椅子から見えないタイプのケース展示が相当数あります。横面がガラスではなく、上からしか見えないタイプのショーケースが多用されています。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

「第4展示室」から「第6展示室」は、車椅子から見えない展示は若干数です。

国立歴史民俗博物館 バリアフリー情報

歴博は「第2展示室」と「第3展示室」のケース内展示が、車椅子からみた場合バリアフリーではありません。ただし全体の展示ボリュームからすれば、車椅子で見難い展示はごく一部だといえます。

 

○レストランとショップのバリアフリー状況

MFのレストランは、フラットな床面で可動式のテーブル席です。車椅子で利用できます。

ミュージアムショップはフラットな構造ですが、通路幅は十分ではありません。混雑していなければ車椅子で利用できます。

 

膨大な展示がある巨大ミュージアムです。丁寧に見学すると、どれだけ時間があっても足りないかもしれません。トイレ、水分補給、食事のタイミングなど、ご自身、あるいはご家族の障がいの状況に応じて、無理のない時間での観覧を計画してください。

(本稿は2020年8月にリライトしました)