車椅子で行く日本橋~県アンテナショップ

日本橋には各県アンテナショップが10店舗あります。永代通りの北側、三越周辺に「福島」「三重」「島根」「新潟」「奈良」「富山」。南側の八重洲よりに「長崎」「山梨」「山口」。そして中心地に「滋賀」。各ショップのバリアフリー概況をまとめます。

 

・日本橋ふくしま館

店舗入口には大きな「あかべこ」。お店は基本的にバリアフリー。店内通路の幅は並みレベルで、混雑がなければ車椅子での利用は可能です。

物販でもっとも力が入っているのは、お酒。福島は酒どころ。物販コーナーの奥に、フードコートのような飲食コーナーがあり、お酒も楽しめます。ただし店内には障害者用トイレはありませんので、呑み過ぎには気をつけてください。

日本橋~県アンテナショップ

 

・三重テラス

再開発ビル、YUITOのアネックスにあります。ビルが新しいのでバリアフリーレベルは高いショップ。車椅子で快適に利用できます。また地階にはビルの障害者用トイレがあります。

物販コーナーにレストランを併設。松坂牛をはじめ三重の美味しいものが楽しめます。三重テラスのレストランは、スペースに余裕があるので車椅子でも利用しやすいお店。11時から23時までの営業です。日本橋~県アンテナショップ

 

・にほんばし島根館

キャッチコピーは「東京に島根がまるごとやってきた」。2018年2月にリニューアルオープン。物販店と飲食店があります。物販店はバリアフリーで、車椅子の敵は混雑だけ。

飲食店は「のどぐろ」や「さばしゃぶ」など、島根の魅力あふれる郷土料理が自慢。飲食店の問題は店内が狭いこと。出入口や店内通路に余裕がありません。ご利用の際にはご自身の障害に応じて、直接店舗にバリアフリー状況をご確認ください。

日本橋~県アンテナショップ

 

・ブリッジにいがた

新潟のアンテナショップは企画型。3日間から7日間程度で販売企画が変わる、面白い運営です。したがってその企画によって、店内通路幅などは変ります。店舗の基本設計はバリアフリー。通常の企画なら、車椅子での利用に大きな問題はありません。

日本橋~県アンテナショップ

 

・奈良まほろば館

「奈良まほろば館」は入口に段差のある構造。お店の人に車椅子利用方法を訪ねると「私たちがお手伝いします」とのことです。

店内は物産品、一部生鮮品、そして観光案内。県アンテナショップとしては、観光情報に大きな面積をとっているのが特徴。観光案内専門スタッフが常駐しています。

日本橋~県アンテナショップ

 

・日本橋とやま館

店舗は新しくて綺麗ですが、やや詰め込み過ぎで通路が狭い。イートインコーナーがありますが、カウンター形式で車椅子のままでの利用は苦戦します。井波彫刻のコーナーがあるなど、アンテナショップとして内容は濃いのですが、スペースに余裕がないのがバリアフリー面での欠点です。

日本橋~県アンテナショップ

 

・日本橋長崎館

新しくて綺麗、そして広いショップです。イートインコーナーは止まり木席ですが、物販コーナーの通路は広くてバリアフリー。車椅子でとても利用しやすいお店です。スペースに余裕があるという意味では、トップクラスのアンテナショップ。車椅子での利用をお薦めできるショップです。

日本橋~県アンテナショップ

 

・富士の国やまなし館

店内スペースいっぱいに商品が置かれています。販売されているアイテム数はトップクラス。ワイン、ほうとう、果物から印伝や水晶の加工品と、ジャンルも多彩です。

ビルの1階にあるショップで基本構造はバリアフリー。店内通路幅は並みレベル。混雑していなければ、車椅子で楽しく買い物ができます。

日本橋~県アンテナショップ

 

・おいでませ山口館

日本橋プラザビルの1F内にあります。ビル内なのでバリアフリー度は高く、店内の通路幅はギリギリ車椅子OK。甘党、左党どちらにも嬉しい品揃えです。ビル内なので、外からはショップの存在が目立たないので、見逃さないでください。

日本橋~県アンテナショップ

 

・ここ滋賀

超一等地、日本橋交差点の独立棟です。1Fがショップ、2Fはレストラン、屋上はテラス。エレベーターが一基あるので、車椅子で上下階移動が可能です。店舗内はやや狭く通路幅に余裕はありません。車椅子での利用はなるべく空いる時間を狙って下さい。

日本橋~県アンテナショップ日本橋~県アンテナショップ

各県の魅力溢れるアンテナショップが10店舗あります。日本橋へ車椅子でお出かけください。