練馬区立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

練馬区立美術館 車椅子からみたバリアフリー情報

東京都練馬区中村橋の「練馬区立美術館」は、車椅子で利用出来る施設です。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2015年10月の取材で初稿を執筆し、2019年9月に修正しています。

 

○アクセスの状況

中村橋駅から徒歩3分の案内です。中村橋駅はバリアフリーに改修されています。

来館者用の一般駐車場はありません。身体障害者は事前予約をすれば業務用駐車場の利用が出来ます。

 

○施設の構成

開館は1985年です。

美術館の庭が「美術の森緑地」で、2015年4月に「幻想美術動物園」にリニューアルされました。

美術館の建物は3F構造で、1Fが区立図書館、2Fと3Fが「練馬区立美術館」です。

 

○車椅子での館内ルート

美術館の入口は2Fです。「美術の森緑地」から階段を上がります。

車椅子利用者は、1F図書館フロアに入り、エレベーターを利用します。

2Fと3Fの移動も同じエレベーターになります。

美術館の受付は2F。障害者用トイレも2Fにあります。

2Fはコレクションが展示される常設展示室が1つ。

3Fは企画展示室が2部屋あります。

いずれも車椅子で利用できるフラット構造の展示室です。

 

○観覧料の障害者減免制度

無料の展示会が開催されることもあります。

有料の展示会の観覧料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が半額に減免されます。

観覧料は展示会毎に確認してください。

 

○幻想美術動物園の展示物

天然芝の広場に、20種類32体の動物系彫像群が展示されます。芝路面ですが、車椅子での鑑賞は可能です。

「4mのくま」は植栽に覆われた巨大な熊の像です。上部から水が流れて熊像を覆う植物に水分が供給されています。植栽に覆われた植物系の大型彫像物はこの一体だけです。

幻想美術動物園

「植栽彫刻」という呼び方をされているが、「4mのくま」像ともう一体「ネリマーマ」。体と足が「大根」で、頭とたてがみが「植栽」の親子の馬一対の彫像です。

ほかの彫像は、カラフルな「キリン」、ブロンズの「ライオン」「ゴリラ」、ステンレスの「トンボ」、プラスティック製の「ゾウ」「トラ」など。

統一された表現テーマではなく、個々それぞれが独自のアートの世界を表現しています。ご近所の家族連れが、楽しく遊べる雰囲気の公園です。