村松山虚空蔵尊 車椅子お参りガイド バリアフリー情報

村松山虚空蔵尊

茨城県東海村にあるお寺です。読み方は「むらまつさん こくうぞうどう」。弘法大師によって807年に創建されました。

本尊は弘法大師が一刀三拝の礼をつくして刻んだ虚空蔵菩薩。伊勢の朝熊虚空蔵尊、会津の柳津虚空蔵尊とともに、日本三体のひとつといわれています。

古寺なのでバリアフリーではありませんが、車椅子で本堂の前まではいくことができます。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

村松山虚空蔵尊

アクセスは車が便利です。参拝者用の無料駐車場が2エリアあります。参道から仁王門をみて左側が大きい駐車場。石がまかれた未舗装路面なので、車椅子での移動は苦戦します。

村松山虚空蔵尊

参道の右側も空いているスペースに駐車できます。ここも未舗装路面ですが、石畳の参道に隣接しています。

村松山虚空蔵尊

仁王門の手前に手水舎があります。段差解消された構造なので、車椅子で手を浄めることができます。今回取材時は、コロナ対策で柄杓はなく、龍の口から竹筒が伸びて浄水がながれていました。

村松山虚空蔵尊

手水舎の奥に一対の仁王尊像が護る仁王門があります。階段構造で門にスロープはありません。

村松山虚空蔵尊

仁王門の左側に車道があります。車椅子は車道に迂回して境内に入ります。このルートの傾斜はそれほどきつくはありません。

村松山虚空蔵尊

この迂回車道の横にトイレ棟があり、バリアフリートイレが用意されています。

村松山虚空蔵尊

スペースは狭い個室ですが、綺麗に清掃されていました。

村松山虚空蔵尊

舗装された路面を通り、鐘楼堂の横から本堂の前にでることが出来ます。

村松山虚空蔵尊

仁王門から本堂までの境内は、舗装通路が整備されています。境内に入ってから、車椅子で仁王門に戻ることができます。

村松山虚空蔵尊

本堂は段差構造で、賽銭箱は段の上です。車椅子では段の手前からのお参りになります。

村松山虚空蔵尊

本堂を護る一対。正面から見て右を護るオスの牛。

村松山虚空蔵尊

左は猫のようにみえますが、おそらくメスの牛だと思われます。

村松山虚空蔵尊

大客殿は段差構造ですが、護摩の受付などを行う社務所の窓口へは、段差を迂回して舗装路だけを通り、車椅子で移動できます。

村松山虚空蔵尊

お札やお守りの窓口への通路は中央に柱があり、通行できるか否かは車椅子の横幅次第です。

村松山虚空蔵尊

護摩祈願を受ける場合、社務所の窓口で申し込み、大客殿で待機して、渡り廊下を通り本堂に入ります。このルートが利用できない車椅子利用者のために、本堂の横にスロープが設置されています。角度はかなりある急坂スロープです。

村松山虚空蔵尊

境内は本堂の後ろ側に広がり、虚空蔵菩薩が鎮座する奥の院や三重塔などがあります。

村松山虚空蔵尊

このエリアには本堂横の渡り廊下の下からアクセスしますが、本堂の横からは砂地の未舗装路面になり、また本堂の裏は山になるので、奥の院や三重塔は段差の上に建ちます。車椅子では、無理をせずに本堂前までのお参りをお薦めします。

村松山虚空蔵尊

村松山虚空蔵尊は、車椅子で移動できるルートおよび範囲は限られますが、本堂前まではお参りができます。そして本堂へのスロープを上がれば、本堂内までいくことができます。

(本稿は2021年10月に執筆しました)