車椅子で行く日本橋~日本橋三越本店のバリアフリー情報

日本橋三越本店

100年を超える歴史がある老舗ですが、今やバリアフリー。全館快適に車椅子で利用できます。床面のフラット化、段差の解消、エレベーターの新設、障害者用トイレの増築。日本橋三越本店のバリアフリー事情を紹介します。

 

○地下通路にはエレベーター

地下鉄三越前駅の地下通路からのアクセス。パッとみると階段ですが、安心してください、ちゃんとエレベーターが設置されています。「銀座線口」へどうぞ。もともとは10段ほどの階段。その横に、上下それぞれのエスカレーターとエレベーターがあります。エレベーターは1Fまで通じているのでとても便利。重度障害者用の大型車椅子でも乗れる大きさのエレベーターです。

日本橋三越本店

○充実した障害者用トイレ

障害者用トイレは、新館は各階に配置。本館はおおよそ半分のフロアに後付設置されています。これだけの数があると不便はありません。

トイレの設備レベルはさすが三越というハイレベル。もちろん、お掃除も行き届いています。本館B1のデパ地下フロアにも、障害者用トイレがあります。

 

○安心できるエレベーター

本館エレベーターは、主要階にはエレベーターガールが配置されているので、車椅子でエレベーターを利用しようと向かうと、細やかに配慮をしていただけます。混雑時でも彼女たちの配慮で、気持ちよくエレベーターが利用できるでしょう。

新館のエレベーターには、エレベーターガールはいないので、その時の運次第。何度かは混雑で2台見送り、という経験があります。ただそれほど恐れることはないでしょう。ほとんどの場合は、問題なく利用できます。

 

○駐車場のバリアフリー事情

休日の午後になれば、駐車場はいつも満車。日銀本店の先まで、駐車場待ちの車の列ができます。

車椅子利用者が車で来た場合、誘導スタッフにその旨を伝えると、自走式駐車場の2Fにある障害者用駐車スペースに誘導していただけます。

このフロアから新館3Fへ、バリアフリー空中通路でそのまま移動可能。新館3Fと本館3Fは空中通路で連絡。縦の移動を全くせずに、パーキングビル、新館、本館間を移動できます。竣工年が著しく違う3つの建物ですが、すべて屋内でバリアフリーに移動ができ、雨の日も問題ありません。

またコレド室町の駐車場と提携しています。こちらもバリアフリーに地下通路で連絡します。

 

○最後のバリアポイントが解消

本館B1と新館B2の連絡通路は階段で、エレベーターはありません。この連絡通路だけは、車椅子では通行不能でした。

この解決策として、業務用エレベーターの利用が始まりました。現地でスタッフに連絡をとり、車椅子で利用します。これで三越本店のバリアポイントはすべて解消されました。

日本橋三越本店

○バリアフリー化以前の回想

新館の開業は2004年。これ以前の三越本店は、実はあまりバリアフリーではありませんでした。例えば本館BIのデパ地下フロアの場合、フロアの途中に段差があり、車椅子では引き返す羽目になっていました。障害者用トイレは少なく、段差が多く、通路も広くない。高齢者のお客様が多いお店ですが、2000年代前半まではバリア店舗。もっとも、老舗百貨店全般が、まだそういうレベルの時代ではありました。今や隔世の感があります。

日本橋三越本店

80年ほど前の建築物を、車椅子でバリアフリーに周遊できる。良い時代になりました。

周辺エリアの再開発も進み、エリア一帯がバリアフリー。すっかり車椅子で楽しめるようになった日本橋です。