車椅子で行く海の熊野古道バリアフリー情報

海の熊野古道バリアフリー情報

伊勢路から熊野三社へ向かう三重県内の「海の熊野古道」には、海岸沿いに車椅子で利用出来るバリアフリーな施設が並びます。「鬼ヶ城センター」「道の駅熊野」「道の駅パーク七里御浜」「道の駅紀宝町ウミガメ公園」のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

「鬼ヶ城センター」

○鬼ヶ城センターはバリアフリー

熊野の玄関口にある「鬼ヶ城」は、海岸沿いに奇岩、巨岩、千畳敷などがある岩場。散策ルートが整備されていますが、段差があり車椅子では通行できません。

「鬼ヶ城センター」は、2013年に開業した新しい施設です。1Fがお土産ショップ、2Fがレストラン、3Fが団体用食事処。駐車場には障害者用駐車区画が2台分設定。障害者用トイレは1Fと3Fに配置。施設全般やや通路が狭いのが欠点ですが、一般的な車椅子利用者なら十分に利用可能です。

海の熊野古道バリアフリー情報

○車椅子で熊野の海を眺める

3フロア構造の施設で、2Fへはスロープのみ、3Fへはエレベーター利用。2Fへのスロープは車椅子で利用できる緩い傾斜です。

施設の横の敷地に海を眺める小規模な展望デッキ。2Fレストランには海を見わたすテラス席。3Fにも小さなテラススペース。各所から熊野の海の眺望を車椅子で楽しむことが出来ます。

海の熊野古道バリアフリー情報

○奇岩「獅子岩」を観る

鬼ヶ城に来たのだから、車椅子で奇岩を観たい方へ。お薦めできるのは「獅子岩」。鬼ヶ城センターから車で紀伊勝浦方面へ移動してすぐの場所です。小規模な駐車スペースがあり、車からでも奇岩「獅子岩」を観ることができます。

海の熊野古道バリアフリー情報

 

「道の駅熊野・花の窟」

○日本最古の神社と道の駅

「花の窟」とは、神々の母である「イザナミノミコト」の御陵といわれる巨石のことです。この巨石を御神体とする「花の窟神社」は、日本書紀に記された日本最古の神社。この神社の隣接地に2012年に開業した施設が「道の駅熊野・花の窟」です。「花の窟」は世界遺産登録。ここは神代から現在まで続く聖地です。

海の熊野古道バリアフリー情報

○参道は車椅子可

道の駅施設から参道を通り「花の窟神社」へ。この参道は50mほどの未舗装路ですが、固く踏みしめられた道なので、乾いていれば車椅子での通行は可能です。社務所である「参龍殿」に到着。ここには小さな資料室のような部屋もあり、神事の様子などが掲示されています。「参龍殿」を通り抜けるとご神体である巨石「花の窟」の前にでます。ここまで車椅子での移動に大きな問題はありません。

海の熊野古道バリアフリー情報

○巨石は高さ45m

ご神体は見上げるような巨石です。高さ約45m。そこから大綱がご神木に繋がれています。参拝場所は窟の前。極めてシンプルな参拝場です。「花の窟」の前の参拝空間は未舗装ですが、ここも固く踏みしめられているので車椅子での移動は可能です。

海の熊野古道バリアフリー情報

 

「道の駅パーク七里御浜」

○目の前は熊野古道浜街道

目の前は海。そして海沿いが熊野古道浜街道です。熊野三社へは車で1時間圏内。施設のキャッチコピーは「熊野古道・熊野三社へのキーステーション」。道の駅なので、2Fには観光情報センターがあります。

海の熊野古道バリアフリー情報

○車椅子は屋内駐車場を利用

1988年に開業した大型施設で、基本設計がバリアフリーではありません。屋外駐車場側からのアクセスでは、施設内へは段差ルートのみで車椅子では行けません。車椅子利用者は、施設の1F屋内駐車場に車を停めてください。障害者用駐車区画があります。

海の熊野古道バリアフリー情報

○名産はみかん

車椅子では、屋内の業務用エレベーターを利用します。1Fは荷捌き場で店舗は無く、スーパーなどショップ系は2F。3Fはレストランとジュース工場です。

2Fのお土産コーナーは「浜街道」。3Fのジュース工場で生産されたみかんジュースが販売されています。他に地元の銘菓、名酒、海産物などが並びます。

海の熊野古道バリアフリー情報

 

「道の駅紀宝町ウミガメ公園」

○「七里御浜」はウミガメの産卵場所

紀宝町の井田海岸、別名「七里御浜」はウミガメの産卵で有名。その海岸の目の前に「紀宝町ウミガメ公園」があり、道の駅認定を受けています。ここはウミガメの保護、啓発活動の拠点。車椅子でウミガメに会える公園です。

海の熊野古道バリアフリー情報

○車椅子でウミガメ観察が楽しめる道の駅

「紀宝町ウミガメ公園」のメイン棟は「ふれあいパーク」。屋内にプールがあり、大きなウミガメが泳いでいます。他にも水槽が幾つも有り、別種の亀や各種の魚類を飼育。この施設は無料で利用できます。

海の熊野古道バリアフリー情報

○物産館もバリアフリー

物産館があります。1Fがショップで2Fが食事処。やや古い印象を受ける施設ですが、エレベーターがあります。車椅子で安心して利用できる物産館です。

海の熊野古道バリアフリー情報

海岸沿いバリアフリー施設の概況です。三重県内の「海の熊野古道」は、車椅子で観光できます。